アウトバック BT5

現在の愛車、人生最後のガソリンターボ車⁉

2024年3月16日 (土)

雪上ドライブII

今週はかなり暖かい日が続き、花粉症がひどかったのですが、先週末は例によって義母、カミさん、娘の運転手で草津温泉へ一泊ツアー。
20_20240316093201開通間近の上信道厚田IC付近、正面は岩櫃山

冬型で気温も低く、八ッ場ダム、道の駅等を経由して草津道路を上がって草津温泉の宿泊先へ。
道に雪は無く、普通に到着しましたが、夕方から夜間に雪が降って翌朝は積雪。
15_20240316090501…ということで、雪を払うために外出と言いながら、温泉街の中沢ヴィレッジから品木ダムへ抜ける道の雪上を単独でドライブ。

13_20240316090501車に積もった雪は重みがなくサラサラで、水分は少ない様子。

ペンションや宿、宿泊施設を抜けると小型車のすれ違いがやっとのカーブ路へ。
18_20240316092501タイヤと路面の感触を確かめつつ、ブレーキングのテスト。
つるつるのアイスバーンでは、ABS作動の限界が早く、この辺りは以前乗っていた車種と変わらず。

19_20240316092401しかし圧雪や新雪路面では、やはりABS作動までの時間が長く、減速限界ギリギリまでブレーキが効いている感触がありましたので、自分の腕よりも車両&タイヤの性能が上がっていることを今回も確認しました。

14_20240316090501過信は禁物なので、安全運転で走行です。


2024年1月30日 (火)

Newスタッドレスで雪上走行2024

年が開けて2024年1月2日
試走で赤城山を選んだのですが、行程にほとんど雪はなく、ビジターセンターから小沼手前まで少し残っている程度。
4sですので、ちょっと感触を確かめただけにとどまりました。

次は1月5日
正月休みのピラタス蓼科スキー場へのルート上、白樺国際から先の道は、往路、復路共に雪道でした。

2024-snow11_20240119000101特に往路はスズラン峠を越えてから日陰の露出した路面はテカテカのアイスバーンで、前走する軽自動車から車間を取りつつ、慎重に走行します。

アイスバーン、圧雪路共に0~60㎞/hの領域では全く問題ありません。
見通しの良い直線路で60㎞/h程度からフルブレーキしてもしっかりと止まりました。
1_20240127225401
BT5の特性なのか本タイヤとの組み合わせのためなのか、今まで乗って来たBS9、VM4、SH5あたりと比べても明らかにABS作動時のキックバックが小さく、ペダルからの反力がないように感じられました。ABSが作動しているタイヤ音は変わりません。
2024-snow06
また、それを差し引いてもBS9よりABSが効き始める減速Gが大きくなったように思います。例えば、この速度域ならこの辺でABSが効き始める、という体感よりロックが始まる時間が遅く感じます。減速Gが小さい時はタイヤの性能に合わせているのかもしれません。
ドライ路面におけるノーマルタイヤのABS作動時には大きな差は感じられなかったのですが。

2024-snow08_20240119000601そう何度もトライを行ったわけではありませんが、この感覚は体に覚えさせておくことが必要で、毎冬、雪道走行の初めには行っております。
まぁ、あくまでも対向車の無い見通しの良い直線路での話だけなので、これを知ったうえで急制動、急ハンドルを行わない車間距離で走る事は言うまでもありません。

スタッドレスは雪面やアイスバーンでの駆動/減速/操舵力を確実に路面に伝えタイヤグリップ力を向上させる機能があり、ABSとの組み合わせで減速時の安全をさらに向上させる機能を持っています。

2024-snow05よくABSは制動距離が小さくなると思われがちですが、条件により万能ではありません。

新車の国産車では軽自動車も含めて見かけなくなったABS装着なしの場合と比べると、

1)ブレーキロック時のスリップを抑制し、確実に制動を行う。この意味では路面μが低下する雨天、積雪、凍結路面等ではロック時制動距離よりも確実に短く止まれる。まぁ、新雪路や砂利道等、ロックさせた方が止めやすい路面状況もありますが。

2)上記のスリップ制御により車両が停止する最後まで操舵が効く。
カーブの途中でロックするとそのまま直進してガードレールにキスをする♡という事です。速度ゼロまで確実に操舵できることが危険回避には有効です。

9s まぁ、頻繁に雪道を走行される方には釈迦に説法だとはおもいますが、安全運転でドライブしましょう~~。


 

2024年1月27日 (土)

アウトバックBT5 スタッドレス選定の経緯

アウトバックBT5も購入半年を過ぎ、冬タイヤを選定することにしました。

スタッドレスの選定基本はこの頃とは変わっていません。
しかし、最近は比較的軽量な乗用車向けで氷上性能に優れる発泡ゴム系の銘柄と、氷上性能は劣るがトレッド摩耗の耐久性を重視した重量車向けの2種類があるようです。
Vm4 その昔、発泡ゴム系はBSの独断場で他のメーカーはアーバンスタッドレス(高速で目的地付近まで行って、その後は雪上をカバー)なんていう触れ込みで商品を展開していました。まぁ、技術的に絶対的な雪上性能には時間がかかったのだと思います。
更にスタッドレスと夏タイヤとの中間であるオールシーズンもあり、悩むこと請け合いです。

それぞれ利点と欠点があり、愛車の運用方法(どんな路面の走行比率が高いか、冬はどのような使い方をするか)を把握すれば、おのずと銘柄は決まってくると思います。

Bf3a01m初めて買ったスタッドレスこそYOKOHAMAガ―デックスでした(↑)が、独身時代は、スキーの頻度が高く、その後はBS一択。子供らを連れて行くようになってからはフォレスターに標準装着のオールシーズン(↓)、久しぶりのツーリングワゴンであるレヴォーグではBS(1枚目の写真)に返り咲き、腰掛のつもりだった前車アウトバックBS9では中華製のPILLERIを選択し運用しました。 

Sg5かつて愛用したどのタイヤも、そんなに悪い印象はありませんでした。関東平野部に住み、休日に高速道を使って上州や信州のスキー場に行く程度では大差ありません。夜間や日の出前の山岳路を走らない限りは氷上の絶対性能とも無縁です。逆に毎日そんな路面を仕事で走行する機会が多い場合は絶対性能が必須かと思います。

BT5のスタッドレス選定にあたってはYOKOHAMAのSUV向けG075を選択。ホイールはインチダウンせず18インチ、タイヤサイズも夏と同様の225/60/18としました。タイヤ購入はネット通販のこちらで。昨年11月の最終週末に指定された近隣のショップで下記ホイールと共に装着しましたが、そのお店の対応はGoodでした。
12_20240127034901アルミホイールサイズはP.C.D.=114.3mm、オフセット=55mmと同じで、デザインが気に入っているVM系STIグレードの18インチをチョイス。BT5新車購入時に品番を指定して新品購入しようと思っていたのですが、担当セールスにやんわり断られてしまいました。

10s_20240127034901それなので、中古パーツ通販サイト#VMレヴォーグSTI #アルミ18インチ中古でググって探し、中古なので現品をお店まで行って状態を確認して購入。新車外しに近いコンディションの物を格安価格でゲット。

5kai2購入後ラゲッジに積み込むときに「このアウトバックに履くのですか?…似合うと思います!」と、おっしゃって下さったショップのお兄さんがかけてくれた言葉が嬉しかったです~。
購入後ですから、営業トークとは思えませんでした?

2023年11月30日 (木)

BT5 6ヶ月点検終了

とある土曜日の朝、運転中にエンジン警告灯が点灯、販売店へ連絡するようにメッセージが出たので、エンジンを切らずにそもまま自走。アイサイトも機能せず、#Iモードのみで法定速度以下でビビりつつ慎重に運転して販売店へ。

32monoCB18DST搭載車のEGR圧力センサーのリコールという事で、そのまま翌日まで入院。
対作品はすでに届いており、恐らくそのお店での処置第1号だったようです。
ネットの書き込みを見ると、交差点で動かなくなってしまったケースもあったようで、助かりました。

35当該部は確か2回目のリコールで1回目はワタシの契約前に既に対策済のようです。
6ヶ月点検もこの時に行ってしまったので、予定より2週間早く終了。

点検内容的には他の問題はありませんでした。
消耗品はエンジンオイルとオイルフィルターの交換のみ。
34kai これから寒くなってくるので、タイヤの交換と積雪走行の準備を行う予定です~。
ウィンターブレードはどのメーカーにするか悩み中です…

2023年7月30日 (日)

いやもう熱くて

写真は、本日午後の外気温

BT5もそうだと思いますが、一般的な外気温センサーはラジエター前側下方辺りにセットしてあります。ですので、路面に近いと言えばそうなのですが、人が感じる一般的な位置より低く、アスファルトの反射を受けやすいと思います。

43degree自宅停車時からは、走り出せば2℃くらい下がるのですが、コレは走行停止直後の撮影なので、走行中も43℃表示でした~。


お風呂の温度でも入れないですよねぇ…
26

2023年7月20日 (木)

アウトバックBT5のエクステリア


車体骨格レイアウトはBS9を基本的に踏襲。
ただし、フルインナーフレームとすることで車体剛性は向上。この構造、国際的には北米BT9の方が国内VN5よりもデビューは早いようです。
13_20230720190501エクステリアについて、フェイスは同時期にデザインされたVNレヴォーグ向けと似たようなコンセプト。

22_20230720190001「新型アウトバックのすべて」のデザインスタディを見ると、同じ時期に活動しているとみられ類似のデザインスケッチもみられます。またXVと似た意匠の樹脂フェンダーアーチもWildernessほどではないですが力強さがあります。

10kaiデイライトについて、BS9ではイカリングのようなLEDでしたが、BT5ではヘッドライト周りのコの字部分が発光。

23_20230720190001クラッディングからメッキの加飾が廃止されましたが、造形は力強い張り出しとなりました。デザインソースとしてトレッキングシューズのソールをイメージしたとか?
またドアとウィンドの境界もBS9に比べて後ろに行くにしたがって角度が急になっています。
ドアサイドモールは、のっぺりとした表面にアクセントラインとなるためデザイン面の理由でチョイス。

16_20230720190801リヤはSK5フォレスターやVN5のようにカニのハサミっぽいテールライトのデザインです。
またバンパーの造形も併せて全体的に腰高感が強くなっているようです。

8_20230720190101バンパー後部には後方センサーが標準装着です。今回、オプションだとしても装着しようと思っていたので、ありがたいです。

ホイールは最近はやりの楕円+五角形を複数組み合わせた意匠で、Limitedは切削光輝、(X-Breakはダーク系塗装)仕上げ。
11_20230720194901現車を見るとこのホイール、思ったより力強さ感がありこのままの使用で良いと思っております。

Limitedのルーフレールは北米仕様と同等、BR9最終型やBS9後期X-Break同様のクロスバー方式でルーフキャリヤーに様変わり。
27久しぶりにスキー/ボードキャリヤーでも装備しようかな?という気にさせられます。


2023年7月 2日 (日)

BT5 一ヶ月点検終了

昨日、ディーラーへ点検に行ってきました。

納車日より約1200km走行、機内外とも異常なし。
オイル(お店に銘柄はおまかせ)とオイルフィルターの交換を行ったのみ。

ディーラーへ持ち込み前に、早起きして碓氷峠へ。1month_00旧道では純正ドラレコの横G、減速Gによる衝撃検知のイベント録画頻度が激しく、めがね橋で折り返して横川バイパスに向かい登り直します。

1month_03途中の碓井湖にて。
バイパスでのG検知はほとんどありませんでしたので、スマホ用アプリをインストールしてG感度設定を下げなければ…。
1month_04上野国でシモツケの花とは、これ如何に…

1month_05 バイパス往復後、帰路は松井田妙義ICより上信越道にて高速路デビュー。

アイサイトXの試運転を兼ねて操作系を習熟します。
1month_02ネタがまとまり次第、随時UPしてゆきたいと思います~

 

 

2023年6月 3日 (土)

愛車更新~アウトバックBT5!

デビューと同時に購入予定でしたが、購入に至らなかった経緯はこの記事に記しました。
実はそこで述べませんでしたが、当時は翌年初夏から半年以上にわたるUSA出張を打診されており、購入を見送った事が第一の理由です。

本年2月に帰国、候補の選択肢をスバル以外にも広げ、SKフォレスター後期型、RAV4(HEV)、カローラクロス(HEV)、マツダCX-8も検討。現行RAV4は試乗したけどイマイチ、CX-8(ガソリン+7人乗り)は混雑した販売店で対応に時間がかかったので試乗は断念。現車を見るとエクシーガクロスオーバーのようだった。カローラクロスは次期車でもよいかな?

ということで結局スバルのCB18搭載車、アウトバックに決定し3月に試乗を兼ねてディーラーに赴き契約。ラインオフは先月中旬、その後ディーラーOP装着&ナンバー取得~3か月待って納車と相成りました。

昨日、午後休を取得し土砂降りの中の納車式(販売店の整備場の中に付き写真なし)。
7_20230603192601本日は午後から晴れたので、郊外で軽く撮影。 

BS9の車検は12月まであり、2.4ターボ搭載やLEVORGのSUVバージョンもウワサに上がっています。しかし年改で値上がりの懸念もあることですし、フェイスリフトでフォレスターや北米後期型、クロストレックのようなコンセプトでチェンジするのであれば現行フェイスが個人的に好みなので、決断しました。
 
フォレスターSportsも最終候補まで残りましたが、フルモデルチェンジが控えていることと、フェイスデザインやルーフまでの高さよりも荷室長でアウトバックを選択。コロナ禍も収束に向かいつつあるので、車中泊が下火になれば占めたもの。
17_20230603193001ただし山間部はクマ出没の恐れがあるためソロキャンプには抵抗があります。
近隣では埼玉、山梨、群馬、栃木、長野、新潟、福島~どの地域もヤバいっす。
 
12_20230603193101昨日~本日の2日間で100kmほど慣らし走行。

グレードはLimited EX ボディカラーはシルバー

メーカーOP

〇本革シートブラック
3_20230605232601ディーラーOP

ETC2.0車載器キット (メーカーオプションナビ連動用)
ETCビルトインキット
ベースキット (〇バイザー・スプラッシュ・〇ロックナット・〇カーペットマット)

〇カーゴステップパネル 樹脂
ボディサイドモールディング

〇後席用ステップガード

アクセサリーランプ
〇ドライブレコーダー
〇点検パック(5年)

〇印のオプションは値引き交渉時に目標額まで削除可能な項目として入れましたが、値引き+BS9の下取り査定UPで予算に入ったので削らずに成約となりました。

8_20230603192601アルミホイールの購入も検討したのですが、新車装着ホイールも現車を見ると、これで良いカナと思ったので、冬場になったらスタッドレス用としてホイールもチェンジ予定に変更しました。

ワタシにとって、恐らく人生最後のガソリンターボ車。
まだ慣らしで少し走った程度なので、徐々にインプレッションしてゆこうと思います~~。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー