無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

映像作品のはなし

アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも

2021年3月28日 (日)

飛び立つ君の背を見上げる

「今日、私たちは北宇治高校を卒業する」

響け!ユーフォニアムシリーズの外伝的作品から、卒業にまつわるお話を紹介します。

1点目は、未だ京都アニメーションの続編リスタート待ちであるファンに向けてのオーディオドラマCD

「5th Annyversary Disc きらめきパッセージ」

2枚組のこのCD、原作小説のインサイドストーリーを集めた短編集「北宇治高校の吹奏楽部日誌」と「北宇治高校吹奏楽部のホントの話」
Yftk_04
より、Disk1には前者から中編2作と、Disk2には後者から短編6作がアニメシリーズの声優陣にて収められています。
 
本日はDisk2から①「飛び立つ君の背を見上げる(Fine)」と②「飛び立つ君の背を見上げる(D.C.)」の2本を紹介します。
こちらは、主人公より1学年上の4人組の卒業式の朝のエピソード。
Yftk_02最初の①(Fine)は中川夏紀、吉川優子、鎧塚みぞれ、傘木希美たち4人の同級生が卒業式へ登校する風景が端的に語られ、最後に②(D.C.)にて真相部を含めた内容が紹介されます。
 
そして二点目は、同じタイトルの小説③「飛び立つ君の背を見上げる」作者も原作と同じ武田綾乃氏。
Yftk_01こちらは、その4人組の一人、吹部副部長だった夏紀が主人公で他の3人を紹介するエピソードとなっています。TVシリーズ1期、2期、劇場版「リズと青い鳥」を補完する形の、いわば彼女らの学年の完結編的なストーリーです。ユーフォシリーズのこの4人のメンバーに強い思い入れを持つ方や高校時代の友情、友達関係に興味を持った方には、ツボだったのではないでしょうか?
 
ワタシのリコメンドは、TVシリーズ第二期スタートで劇場版「リズと青い鳥」→「誓いのフィナーレ」鑑賞後に①Fine→③小説→②D.C.→①Fineの順に楽しむことです。ちなみに音楽用語でD.C.は最初に戻る、そしてFineで終わるという演奏順になります。 
 
また、CDのパンフレット内に掲載されている短編小説「君ありて幸福」も、彼女ら4人を見送る黄前ちゃんたち後輩の視点で、在校生から卒業生に向けてのエピソードとなっております。(北宇治カルテット2年生編の総括ともいえます)
Yftk_03CD特典として、卒業式の朝、部長の吉川優子から夏紀へ宛てた手紙の複写が同梱されています。「こっぱずかしい内容なので、読んだら捨てるように…」って言ってた優子サン、量産されちゃいましたねぇ~
 
卒業を通して巣立つ彼女らへの今後に幸あれと、願わずにはおれません。
 
 
それではみなさんご唱和ください。
 
「京アニファイトォ~ッ‼」
 
 
~そして、次の曲が始まるのです~
  

p.s.
アニメ化が待たれている主人公、黄前ちゃんたち北宇治カルテットの3年生編、「決意の最終楽章」後の卒業エピソードも、エピローグとして最後まで見届けたいですねぇ…。
 
 
 
p.p.s.
Disk1については、長くなるのでいずれまた(汗

2021年2月 5日 (金)

ノースライトに魅せられて

年末休みに録画したドラマを観て、ロケ地に行ってみたくなりました。

その作品は、「ノースライト

建築士の主人公が、自分の家族や依頼人の生い立ち、現在の雇用主である親友の生き様を追いかけてゆく、重くも熱いヒューマンドラマです。

原作は元上毛新聞記者の横山秀夫氏、キャストは主人公が西島秀俊、元妻に宮沢りえ、建築依頼主が伊藤淳史、親友に北村一輝、その妻に田中麗奈と、安心して観ることができる演技派ぞろい。
 
Bt05写真は佐久スキーガーデンパラダより
 
依頼主に「あなたの思い描く家を建ててほしい」という条件が提示され、信濃追分に雄大な浅間山を全面に取り入れた北向きの家を建て、引き渡す。とても喜んでいるように思えた1年後、その家には家族の姿はないという…。
 
主人公の別れた元妻と娘、親友の経営手腕や彼の妻と息子への疑惑、失踪した依頼主に浮かぶ元妻の影…いくつもの謎が交錯します。
 
Bt01ワタシがバイクを転がしていた頃は、確か「梅田ダム」の呼称だったような…?

いくつかのミステリーが交錯し、主人公と依頼主の接点として、依頼主の新居に残されたブルーのタウトが設計したといわれる木製の椅子と、桐生市奥の桐生川ダムとが、二人を結んでゆきます。

ブルーノタウトは高崎市に滞在していたことのあるドイツの建築家で、数々の建築物を日本に残したことで知られています。

Bt03ブルーノタウト展も、いよいよ今週末の2/7(日)迄

カミさんもワタシもこの作品に魅せられて、正月明けに群馬県民の森美術館の特別展に行ってきました。実際滞在中は、高崎市少林山達磨寺境内の離れに暮らし、地元の人たちに木材や竹細工の加工等も指導していたとのことです。この史実も、ドラマに絡んできます。
 
Bt04群馬の森にて。散策していたらロウバイの香りが豊かでした。
 
劇中、信濃追分のノースライト(北向きの光)をふんだんに取り入れた「Y邸」も、桐生川ダムも、ロケ地の風景がたまらないです。そして終盤、コンペに挑む建築模型にも、この光をふんだんに取り入れた桐生でも有名な、ある構造が取り入れられております。
 
(同型車の写真)
そして主人公が駆る愛車は、舞台が2000年代中盤の設定ということでシックな青/銀2トーンのアウトバック(BP型)です。雄大な浅間が背景なシーンや、梅田湖にかかる梅田大橋を渡るシーンが印象的でした。

非常事態宣言の解除後は信濃追分にも行き、そこから浅間を眺めてみたくなりました。

再放送が決まったら、皆様もぜひご覧ください。


p.s.

Bt02 蛇足情報ですが、梅田大橋から先(画面後ろ)は、足利市や田沼町へ抜ける道で、30年前はローリング族がひしめき、一時期は2輪通行禁止だったと思います。今回は行きませんでしたが、この先も走ってみたくなっちゃいました。

~この日もマフラー弄ったウルサイバイクが、何度も往復しておりました~

2020年7月14日 (火)

こんな居酒屋があったら、モチロン常連にっ!

原作小説が大人気でコミックやアニメ化もされているようですが、ドラマになるまで存じておりませんでした。

それは春先からハマっている有料衛星放送の「異世界居酒屋 のぶ」

主役二人の魅力もさることながら、従業員や常連、ゲストの魅力、店の雰囲気や調理シーン、そしてその料理を口にした登場人物の表情、いがみ合った人達を融和させたり、すさんだ心を和ませたり…実に暖かさに満ち溢れています。


Nobu04
番組公式HP動画より引用↑

店主である大将の師匠、チコちゃん? もとい、板長キム兄ィ(木村祐一さん)も魅力的なキャラを好演されていました~。

最新エピソードではビールのエールとラガーの違いが話題になっておりましたが、出される料理に影響されて、春なのにおでんを食べたり、カミsanには鳥から揚げやイカリングをリクエストしたり、実家の母には里芋料理を作ってもらったりコンビニではカツサンドを買ってみたり…

そしてドラマに影響されて、先日の日曜にはこんなランチを作っちゃいました。
Nobu03そう、ナポリタンです。ドラマのレシピを参考にしながら、オリーブオイルを敷いたフライパンに厚切りベーコン、玉ねぎ、ピーマン、隠し味にはちみつを…ケチャップではなくトマト缶を使い、ゆでたパスタを和えました。

居酒屋でカツサンドやナポリタン?いやいや、賄いメシも立派なエピソードなのです!

物語もいよいよ終盤ですが、その前に全エピソード一挙放送もあるようですし、ネットでは第一話のみ期間限定で無料視聴もできるようです。

Nobu02_20200714212201蛸とジャガイモのアヒージョ。コレも先月ですが家族にも好評でした~左脇のラガーは「のぶ」のサーバーと同じ銘柄♪ 

主題歌も異国情緒があってGoodです。

リアルな居酒屋へは、とんとご無沙汰で、この先もしばらく行けそうにありません。しかしこのドラマの暖かいエピソードでおなかも一杯、心もほっこりする作品なので、ぜひともシーズン2も希望します~!!

2020年5月24日 (日)

Stay@home 第六話

シン・ゴジラにみる描写をコロナ禍に重ねてみる。

先日、本作品を再鑑賞しました。通しではなく風呂上りから就寝前まで3夜に渡って流しながらでしたが、日本に迫りくる禍に日本人がどう対処していったかが詳しく描かれています。

1.正体がわからない恐怖
禍の現象、断片的な情報に翻弄され、皆、言いたいことを言っている。経済が優先、禍=巨大生物という仮説は、メンツの上で否定され続ける。最初の提唱者は「出る杭」となって打たれる。ただし、現実となって表れれば認めざるを得ない。

赤坂「完璧ではないが、最善は尽くしている。うぬぼれるな、矢口」


2.正体がわかっていても対処できない
禍の状態は分かったが全体像がつかめない。憶測ばかりが先行して対処できない。Shingodzi_04 矢口「家族や友人、同僚を失った悲しみが消えることはない。だが、それを乗り越えることはできる。今は国民のため、対策と凍結プランの完遂に力を注いでくれ。」

  「たのむ。」

3.今、できることから対策を計画立案、実行する
禍への活動原理とその対処法がわかれば、活動停滞期に断固として有効性の確度を上げ、実行する。外部の圧力に屈せず、耐え、実現を目指す。

矢口「この国はまだまだやれる。そう感じるよ」


4.禍との共存、ハッピーエンドにはならない

矢口「日本いや人類はもはや、ゴジラと共存していくしかない」 Shingodzi矢口「結果はどうあれ、多くの犠牲者を出した。その責任をとるのが政治家の仕事だ。政治家の責任のとり方は、己の進退だ。…自分の責任は自分でとるよ」

矢口「だが今はやめるわけにはいかない。事態の収束にはまだ程遠いからな」

赤坂「スクラップ&ビルドでこの国はのし上がってきた。今度も立ち直れる。」

ご存じのように、この作品は3.11を題材に原発を巨大不明生物の活動原理に例えて映画化したフィクションで、台本から重なりそうな台詞を順不同で拾ってみましたが、図らずも今回の禍にも当てはまるような気がしました。

2020年5月13日 (水)

今日は、TOP GUNの日

 

だそうですので、このネタをUPします。

第一作が公開されたのは1986年5月13日、本国では大ヒットで海軍志願者が続出し、軍のリクルート活動に一役買ったとか。日本でも前評判から大人気で、年末公開日の翌週末に大学時代の後輩と新宿で待ち合わせて観に行きました。当時は自由席で先着順の入れ替え制、その後食事の予定もあったので立ち見しました…。ああ、何もかも皆、懐かしい←コレは違う作品のセリフでしたぁ~。

-----閑話休題-----

で、第一作の内容については以前コチラに挙げました ので、ご参照のほどを…

続編の公開日も12/25に変更と冒頭のリンク先でアナウンスがありました。21年のお正月映画ということですね!

146716212389065381178_dtas_27s 映画「The Right Stuff」ではT-33がMissingman formation を演じていましたが、本作の予告編ではF/A-18が行っていましたので、大スクリーンで見ることができるのか、今から楽しみです。

Tg_day_03写真は映画の実機プロップと同じ復座のF/A-18F 予告では単座のE型も出ていました。

一部では新作なのに第四世代機と揶揄されていますが、厳密には4.5世代機で名前もスーパーホーネット(スパホ)です。第四世代機のレガシーホーネットに対しアビオニクスもアップデート、エンジン推力も向上させ、ほとんど互換部品もなく再設計された機体もFナンバーとシルエットのみを残した別物です。マーベリックにはF-35よりも、実質F-14の後継となるこの機体の方が似合うと思います。

バイクは前回がKawasaki Ninja(GPZ900R)だったので最新型となると、今回はH2あたり(予告のチラ見ではソレっぽい!)でしょうかねぇ~
 Tg_day_04往年のP-51のフライトも見ることができそうです。(後ろは偶然にもスパホ)

本ページの写真4枚は、すべてDayton Air Show 2016にて、ワタシが撮影したものです。

Tg_day_01年末の公開を楽しみに待ちましょう~

     
次回から再び Stay@home ネタに戻りますぅ~

2020年5月10日 (日)

Stay@home 第壱話

今年度はオリンピックイヤーだったので、勤務先(製造業)の操業も変則カレンダーで、ワタシの所属する部署のGWは5/2~10日まででした。現物相手なので情報のみで業務を完結する部署とは異なり、テレワークの範囲も限られてしまうので毎日の出勤を余儀なくされています。まぁ、SARS-CoV-2の影響で今月も操業は半減状態からスタートとのこととなので、予防に努めながら業務を再開し、勤務シフト体制を構築して再開する予定です。

そんな中でGW最終日ですが、ここ2ヶ月ほど遠出のドライブもままならず、県をまたぐ実家へも行けず、一人暮らしの母とは電話で近況確認を行っておりますが、この間、何をやっていたかヨタ話等を書き連ねてみようと思います。

今回の第一夜はTVによる映画鑑賞です。有料衛星放送で矢口監督特集をやっていたので、リビングの部屋の片づけをしながら鑑賞。


○スウィングガールズ

ジャズにかけるJKたちの実演奏による演奏が懐かしかったです。主要キャラクターが今を時めく女優としてブレイクしているのには驚かされます。先日語った「響け!ユーフォニアム」シリーズほど音楽内容に関してはハードではありませんが、エンターテイメントの傑作として、同監督作の「ウォーターボーイズ」のDKに対し、JKによるビッグバンドJAZZ版といったところでしょうか?
Sg_01コチラの作品はDVDとサントラも持っているのですが、HD録画の方が若干画質は良いですが、音はDVDの方が上でした。


○サバイバルファミリー

北米大停電からヒントを得て企画されたという作品、電気もバッテリーもダウンし、移動手段が徒歩か自転車になった日本で繰り広げられる家族の物語。都内から母の実家である九州へ行く旅を通して、コミカルかつシリアスに互いの絆を確認する物語…合成には見えないロケ地等、どこで撮影されたのかも気になる作品。主役家族4人はもちろん、脇を固めるキャスティングもGoodな作品でした。


○ハッピーフライト

公開時に見逃した作品。今は貨物機しか見られなくなってしまったジャンボジェットですが、ワタシの最も北米出張が多かった時代(9.11前年から2010年にかけて)にお世話になった機体でした。まぁ、ANAではなく、取引先との関係で(今はなき)Northwestの常連だったわけですが、実際起こりうる事象(バードストライク)をもとに乗客のクレーマーや機内のドタバタは映画として誇張されている感はありましたが、「あるある」だと思います。荷物の持ち込みサイズの制限が厳しい理由も納得です。またグランドスタッフやオペレーションセンター、工具を1つなくしたら大変、という整備の裏方さんまでしっかりと描かれていました。

あとは別の監督ですが、録りっぱなしだった「3月のライオン」前、後編や、SW「ハン・ソロ」なんかも鑑賞しました~~。

第弐話へ続きます~

2020年4月22日 (水)

響け!ワタシの部活経験~後編

前編からの続きで、今回も「響け!ユーフォニアム」シリーズに触発されて書き始めた、ワタシの部活体験記です。

〇イメージできている音に演奏が追い付かない。

これはもう、言葉の通りです。自分がイメージできないレベルならば苦しむことはありません。そのレベルで満足しちゃえば楽しいんです。でも、一度鳴ったハーモニーの快感を体感し、練習中にその片鱗が見えたとしても、くりかえす演奏で再現できなければビギナーズラックなだけなのです。アスリートの方々が「普段通りの実力を繰り返して本番でその通りに発揮できることが大切」とおっしゃることと同じです。普段通りできないことが本番でできるわけがありません。奇跡は当たり前の積み重ねの、その先に起こる(起こして見せる←by タカヤノリコ女史)ものなのです。

04歳がバレますが、高校時代の演奏会パンフと当日タイムスケジュール(コピー)の一部
この年、合唱祭の時点で男子部員は5人だったので、秋の演奏会に向けて部員確保に奔走することになりました。

ユーフォの劇中同様、高校2年に進級したときに顧問の異動があり、音楽性や運営方針がガラッと変わったことも経験しました。


〇組織の運営と個人技能向上の狭間

部長(高校2年次)や学生指揮者(大学3年次)なんぞをやっていると、自分が歌う練習時間がない(特にパート練)。部の運営サイドと個人のスキルアップの両立は課題でした。プライベートな時間を削って復習、予習で演奏力維持をカバーするしかありません。時には後輩のそれに付き合ってあげることもありますが、出席率の許す範囲で授業の自主休講もしばしばで大学時は履修単位も進級ギリギリ。落とした専門選択や教養科目は4年時にまとめて取得…親には申し訳なかったです。高校の時はユーフォの黄前ちゃんと同じで、朝練、居残り、休日なしは当たり前でした。大学では練習後は食事や飲みに行っちゃうので居残り練習がない分、昼練や休講、授業の空き時間で賄っていました。日曜は郊外でのイベントや他大学の演奏会への参加で、クラブ運営に関しても、高校時代は顧問に一任の項目(特にお金関係)も、大学時代は自分たちで議論して決め、運営してゆく必要がありました…。


〇誰かは、誰かの特別

これは、個人的には経験がなかったかな?

大学時代のメンバーでは、学内の女声合唱団のメンバーと結婚した方もおりました。既に銀婚式以上継続されている仲間もおります。まぁ、ワタシはそんな縁には恵まれませんでしたが。

話は変わりますが都内で飲み会をした夜、帰りに歩きながらハモったり、電車待ちのホームでハミングによる音が決まった時など、白い目で見られていることも何のその、そんなときは力が抜けてきれいな和音が出ているものなんですよねぇ~。また、定期演奏会後のロビーコールも、本番終了後の緊張が抜けてテンポも走ることなく歌い上げる…この時は後ろからOBたちも参加したりして、いがみ合ったことなど忘れて、みんなとの一体感がありました。

05

大勢いるメンバーの中でも自然と食事や飲みに行くグループは狭まれてゆきますが、異性、同性、問わず特別誰かのためにという気持ちはありませんでした。


〇響け!ユーフォニアム~

このタイトルの曲にまつわるエピソードは本編(特にTVシリーズ2期と劇場版2作目)をお楽しみください。短い曲ですが暖かくも懐かしく、そして切なさもこみあげてくる名曲です。
ワタシの場合は高校時代も大学時代も、愛唱曲集というものがそれぞれの合唱団に存在し、とりわけ日本でポピュラーな曲や文部省唱歌のコーラス版なんかを、入部と同時にまず覚えて、何かイベントがあるたびにOB・OGも含めて世代を超えて歌われ続けている曲がありました。大学時代は、常任指揮者の先生の友人が作曲した合唱曲の、男声版初演をさせていただいたことも良い思い出です。


〇うまくなりたい、うまくなりたい、悔しくて死にそう。

まぁ訪れるタイミングに個人差はあるにせよ、音楽に限らず何かをストイックに追求したことのある方なら、必ず湧き上がる瞬間があるものだと思います。


〇今、というこの瞬間~♪

TV第二期主題曲「サウンドスケープ」の冒頭です。全編グッとくる良い歌詞です。

ワタシが奏者(歌い手)として純粋に、一途に合唱技能を追い求めたのは大学2年目まででした。

学生指揮者の3年になると、全体のハーモニーの組み立て、おだて、叱り、諭しをミックスして集団をどうイメージした演奏に持ってゆけるか?が課題でした。高校時代は顧問の指揮者と圧倒的に差があるので、よい指導者に巡り合えれば、このアニメシリーズのように、実力はぐんぐん上がります。私の高校時代も部の方針は異なりましたが、良き指導者に恵まれて楽しく過ごせました。大学時代は指揮者、ボイストレーナーともに外部の指導者なので、運営自体には干渉しないため、予算管理も含めて自分たちで決めてゆかなければなりませんでした。

理系だったため4年次になるとほどんどクラブ活動に参加できなくなってしまいましたが、愛唱曲+αで構成された演奏会のステージだけは参加しました。時々練習に出ては経験者として後輩の相談に乗ったり、授業の空き時間には部室でパート練習やそこにいるメンバーで合唱などもやっていました←隣がジャズ研だったので、ベースやサックスがアドリブ(合いの手)なんか入れてくれちゃったのも楽しい思い出です~♪

TV第一期主題曲「Dream Solister」は、新しくスタートを切って進んでゆく勢いや合奏への真摯で熱い思いが、また、主人公2年時の劇場版主題曲「Blast!」は音楽や演奏への情熱に加え、友情や恋、の要素が入ってきます。←あ~カラオケで歌いてぇ~~!

本アニメシリーズを観ることで、自分の学生時代を一気に思い出して耽った昨今ですが、思い出は色褪せないものだなぁ、と思いました。

環境や要素が変わっても、優れた音を奏でたいという気持ちがあれば、どんな制約があったとしてもそれを乗り越えて、その時々の一瞬を精一杯演奏に捧げることができれば、その先に見えてくるものは、必ずあると思います…って、今期の朝ドラとも被ってしまいますが、それは、どの趣味にも共通する真理ではないでしょうか。

06「響け!ユーフォニアム」のアニメシリーズは、キャラデザだけを見てしまうと、一見、萌え系にも見えなくもありません(ワタシも最初は、そう思いましたし、企画として狙ってはいると思います)。しかし、ストーリーはどっこい骨太。ここまでお読みいただいて気になった方は、ぜひアニメや小説をご覧いただくことをオススメします~~っ!

2020年4月18日 (土)

響け!ワタシの部活経験~前編

劇場版「響け!ユーフォニアム 」シリーズ5周年だそうです!

作品自体の評価は巷にたくさんあふれているブログや記事に譲りますが、今回から2回に分けて、次回作への大きな期待を込めてワタシの部活体験を綴ってみたいと思います。
01
以下は、原作小説も含め本シリーズの主要キーワードを自分の部活動(合唱)経験に重ねて綴ったものです。あくまでも個人的な感想ですが、音楽系の部活経験のある皆さんがこの作品を観た後、どんなキーワードが気になり、自分と重ねれらたでしょうか?
また、音楽経験はないが、何かに夢中になった皆さんはどのような感想をお持ちになったでしょうか?


〇先輩よりうまい後輩、経験者と未経験者。

高校生の時は混声合唱団で中学での経験者はゼロ(地元の中学数校ともに合唱部はなかった)。同級生や先輩も高校に入ってから始めた初心者ばかりでした。なので、1年生の入部時は基礎練中心で即戦力化のトレーニング。でも先輩がやさしく、楽しかったです。もちろん練習は朝、昼、放課後+休日練習で盆暮れ正月以外はほとんど休みはありませんでしたが…。

また本シリーズのように、私が所属したクラブの中から音大の声楽科に進学した1年上の先輩男子や同期女子もいました←蛇足ですが後者の彼女は、大学院卒と同時に某企業の社長夫人になったと聞いた時にはピックリポンでした!

03右は2年時の定期演奏会のパンフと他の3冊は3年分の高校時代のコンクール課題曲楽譜。Nコンでは無く、朝日新聞社主催の全日本合唱コンクールに出場しておりました~


〇ユルくやるか、トコトン極めるか?

大学のグリークラブには経験者として入部。
歌い続けたいという意味では、他の経験者も一緒でしたが、男声合唱を極めるという面では温度差がありました。また、初心者の中には女子大のコーラス部との合コンが目的みたいな仲間もおり、本気で取り組むように促すと「なんでお前は音大に進学しなかったの?」とか「合唱始める前からタバコは大好きなので、のどに悪いからと言ってやめられない」とか、多様な価値観のオンパレード。

まぁ、そんな連中のベクトルを合わせるのには並大抵ではありませんでした。

そこでワタシが達した結論は「自らは合唱を極めるために全力を尽くすが、他人には強要しない」というバランスをとることでした。今でこそ合コンに溺れようがヘビースモーカーだろうが、演奏会にはベストなコンディションで本人の実力を遺憾なく発揮してくれれば文句は言いませんが、そんな落としどころを見いだせなかったワタシも、青かったですねぇ…。


〇がんばるって、何ですか?

努力は必ず報われるか…「必ず」ではなく、「ほぼ」と言いたいです。

その時はムダだったと思っても、いつか将来、間接的でも一部でも糧になると信じてます…と半世紀以上生きてきた中で思いますし、この先もそう思わなければ生きる価値を見失ってしまいます。私は「いい!」と思った事にはのめりこむし、「なんで好きになったのだろう?」と、その理由は後から考えます。逆に嫌いなことは、やらねばならぬ意味、意義を考えて事に当たってしまいます。まぁ、多くの方はそうじゃないかと思いますが。私の場合、コーラスの楽譜が、製造業に入社した当初は図面(その書類の制約を守った中では表現、工夫は自由)に例えられたり、管理屋になってからはガントチャート(ユニゾンやポリフォニーなんて、まさにそう!)に見えたり、いろいろと音楽的な思考を反映させていただきました。
高校時に部長をやり、主人公の黄前ちゃんみたいに人間関係の機敏さに振り回されたことは、会社組織の中で管理監督層になってから活きてきました。

努力は必ずしも報われない。でも、多くの登場人物のその悔しさ、辛さ、絶望を乗り越えてゆく過程が「響け!ユーフォニアム」シリーズの醍醐味といえます。その群像劇の中には、必ずや皆さんとも被る「あるある」を見出すことができると思います。


〇実力でねじ伏せる。

大学時のグリークラブでは3年生がクラブ活動運営の中心で、2年生になると副学生指揮者として指名を受け、1年間学生指揮者について3年次は学生指揮者となるシステムでした。この副学生指揮者の指名をめぐってひと悶着、結果は…実力でねじ伏せた(笑。まわりの批判に負けないためには、実力で勝負するしかない。知識、声量、音程、奏法、指揮法…。人前でタクトなんて振ったことなんてありませんでしたから。
02コールユーブンゲンと指揮法入門。

前者は高校時代の学生指揮者だった同級が常に持ち歩いていました。後者は副学生式者になったときに購入で、高名な高階先生の著。2年次はサブパートリーダーもやっていたので、パート練前の声出しのオルガン演奏もやっていました。これはユーフォ第一作のトランペットソロをめぐる一件とよく似ていました。立場が人を作るって、このことを言うんですねぇ~。

このことで「負けた」と感じた奴は捨て台詞を吐きながら退部していったし、こちらの実力を認めて納得してくれて力になってくれた友もおります。後者の彼はワタシの結婚式にも呼びましたし、今でも年賀状をやり取りしており、感謝に堪えません。

後編に続きます~

 

2019年8月17日 (土)

京アニよ、再び立ち上がれ!

先ずは、この度、犠牲になられた皆様に心より哀悼の意を表します。

京都アニメーションの作品は、「響け!ユーフォニアム」シリーズしか観ていませんが、本作の評価は巷で語り尽くされているとおりだと思います。

ワタシの場合、宇宙戦艦ヤマト2202の何作目の劇場上映イベントの時だったでしょうか?
その時に流れた「先輩と吹きたい!」という劇場版の予告編が気にかかり、NHKBSで放映された第一作TV版を観て見事にハマってしまいました。

Yufo_003_20190818165501まず宇治市出身の武田綾乃さんの原作が発行され、同じ京都を舞台にした原作を探していた京都アニメーションの目に止まり、アニメ化が実現し、TV化、映画化、原作の続編と沢山のヒットによりシリーズ化されているとのことです。
第一作では新入部員だった主人公(黄前久美子さん)が、シリーズの中で二年、三年と学年が進むにつれ、成長してゆく過程が描かれます。

Yufo_001音楽を追求する理想の高さ、演奏の限界に取り組む真摯さ、部活に賭ける一途な姿勢、家族、友人、先輩後輩との対立や思いやり等、吹奏楽部員たちの織りなす青春の瑞々しさが秀逸で、原作もさることながら、実際に音のついたアニメ作品に引き込まれてしまっております。

コンクールや演奏会の吹奏楽は、洗足学園大学1年生による演奏だそうですが、このレベルがハンパないです。

ワタシは吹奏楽部ではありませんでしたが、高校、大学と音楽系の部活を足かけ7年通して、彼女らと同じ気持ちの多くを経験しており、原作もさることながら、その映像化された作品を高く評価しております。
音楽系の部活も本気で真剣に取り組むと、体育会系や企業の組織運営と変わりません。

Yufo_002最新作「誓いのフィナーレ」主人公が表紙のパンフと上映プレゼント。
コースターイラストの「Happy Ice Cream」~ワタシの中学、高校時代には耳たぶをタッチするというローカルルールがあり、女子同士は結構盛り上がっていました←さすがに男子は行っておりませんでしたが。
いつもいがみ合っている部長と副部長のこの二人も、要、注目です!
 
まぁ百合っぽい表現はオジサン的にはどうでも良く、保護者目線では異性との健全な感情を育んでいただきたいな、と思うのですが、友情と愛情のせめぎ合う表現、ドキドキ感も中高生を中心に支持を集める要素だと思います。

同社作の「けいおん」等のユル系や、他の萌え系の作品とは一線を画していると思います。

被害に遭われた方の中には、未だ予断の許さない収容者の方々もいらっしゃるとのことですが、心よりお見舞い申し上げます。

基金も沢山集まったそうで、ワタシも自分で出来る限りの応援をさせていただこうと思います。

この苦難を乗り越えて、是非とも新作の製作&リリースを、期待せずにはおれません。

何年かかってもかまわないので、心よりお待ちしておりますっ!


〇2019.8.27追記
本日のニュースにて私のリスペクトしているスタッフさんの犠牲も発表されました。
今まで優れた作品をありがとうございました。

一ファンとしては安否がわかっただけでですが、ご遺族の方々にはお悔やみ申し上げますとともに、重ね重ねではありますが、故人のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

2019年6月22日 (土)

今期イチオシなアニメション~♪

4月度からスタートし、1クール終盤に差し掛かった「Carole & Tuesday」
Ct_01
ネイティブイングリッシュによる曲のオンパレードで、ワタシは存じてないのですが、楽曲提供者もメジャーな方ばかりだそうです。

Ct_02_20190621233001上2枚の画像は番組HPより引用しました。
 
ストーリー的には17歳の二人の少女が、AI作成による楽曲に自身のナチュラルな自作曲で挑戦しプロを目指すサクセスストーリーとの事ですが、流れる曲がどれも秀逸でスバラシく、久しぶりにシングル版のCD買っちゃいました~←限定でアナログ盤も出ているそうです。

Ct_04 まず、OPとEDの楽曲にヤラレました。演奏シーンにリアルGibsonのGuitarが出演するのもすばらしい!←演奏シーンの楽器は、すべて3Dで手描きの人物と合成だそうです。私ら世代の学生時代は、GibsonやMartinのアコギといったら憧れの的でした←ちなみにワタクシはYAMAHAのフォークを愛用。FやBmが最初の壁でした~~。


楽曲の表現を活字であらわすのは苦手なので、アニメという既成概念を捨て、Back Ground Visualとしてでも良いので、まずはご視聴を…。

ホントはVocal Collection 1が発売されたらUPしようかと思っていたのですが、そちらのインプレは別に譲るとして、発売が延期されてしまったので、待ちきれずに本日UPしちゃいましたっ!

より以前の記事一覧

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • ドライブ紀行
    愛車と共にドライブした記事です。
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。