無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

映像作品のはなし

アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも

2021年10月16日 (土)

命短し、恋せよフレイア!

劇場版「マクロスΔ 絶対 Live!!!!!!」観てきました。
 
ネタバレなしで行きますが、前作「激情のワルキューレ」がTVシリーズ+新作カット&新曲挿入の総集編だったストーリーに対して、今回は完全新作。前作のラストが消化不良だったのは、この新作に向けての伏線だったのですね!
 
Ablive_02そして初代マクロスやマクロス7でおなじみだった、エキセドル参謀にマックス(マクシミリアン・ジーナス)艦長!、メガロード1、シャロンアップル、バジュラ、などという単語も登場し、「レディM」の核心に迫るか‼
 
Ablive_01劇場プレゼントはポストカード。裏面は来春行われる幕張ライヴの先行予約コードNo付き申し込みインフォ。

ヒロインのフレイアに主役のハヤテ…歌が流れダンスが舞い、それを切り裂くバルキリー。
~前へ、前へと走り、歌い続けるフレイア~もう、涙なくして観れずにはおれませんでした。
 
Ablive_03青い実ひとつ~  ひかれてふたつ~♩
 
新曲もたくさん出てきて、ソングアルバムもGet。まだ聴き込んでいませんが、再生しながら曲のシーンを思い出すとグッときます。
 
本作は先に観たヤマト2205前章と違い円盤を買う予定なので、発売後には本記事タイトルの意味も含め、思い切りインプレッションしようかと思います。
 
もう1作は、少し大人になったランカちゃん…
Ablive_04同時上映だった劇場版短編「マクロスF~時の迷宮~」も映像、楽曲共にGoodでした。
 
Fは娘が小中学生の頃に熱中したので観はじめて、親の方がはまっちゃいました~その勢いでΔまで。
  
マクロスファンの方は、ぜひ劇場へ~♪

 

2021年10月13日 (水)

2205年、新メンバー、艦長、目的による新たなる旅立ち~

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 前章-TAKE OFF- を観てきました。
 
ネタバレなしで書きますが、新人クルーの習熟航海、3名の新艦長による艦隊運用、全権大使としてのイスカンダル表敬訪問と、新たなクルー、組織、目的による航海が始まりました。
 
ここで記したように、「さらば」以降、観賞熱は格段に下がったヤマト旧シリーズでしたが、今回は固定観念もあまりなく、純粋に楽しめました。しかし、「ヤマトという時代」までの時のように劇場パンフレットや限定BDを購入することはありませんでした。
 
2202jidai_08_20211016103501単純に価格面から、ムビチケで観賞
 
理由は、2199や2202が一話完結のTVサイズに分割され今回もそのフォーマットらしいこと、冒頭のごとく旧作ではワタシのモチベーションが落ちていたこと、これらの劇場版限定BDは「追憶の航海」も含めすでに売却してしまったこと、などが挙げられます。劇場公開版に再編集された2199のBD Boxは購入し、「星巡るー」や「時代」は手元に残しておりますが。
 
公開後のレビューを見る限り、前作2202と比べ好意的に受け止められている数が多いような気早期売り切れの劇場が多く早期売り切れの劇場が多く好調だったようですし。
  
2205_03見直しや、後章直前の復習鑑賞のために、今回はじめて円盤ではなく、ストリーミング版を購入しようと思います。
劇場版と同じ、一気上映のロングエンディング、このフォーマットがいいですね!
 
2205_02後章の公開直前に、外部の情報は流す程度に、本編で描かれた事象を中心に過去作と絡めて前章の復習紹介でも行いましょうかねぇ…
 
2205_01旧作に思い入れがほとんどなかった分、新作は新鮮な気持ちで楽しめました。上映後の特報では山ちゃんによるオリジナル版同様のセリフも聴けました!
 
今回は旧「新たなる」+「永遠に」+「III」の設定がミックスされているので、後章でどのようなエピソードが待ち受けているのか、期待を膨らませる作品であったことは間違いありませんので、今から楽しみです!
 
 
p.s.
アングルドデッキがイカしている航空母艦ヒュウガのプラモ、出ないかなぁ~
 

2021年7月10日 (土)

7月10日はウルトラマンの日

M78星雲ではなく、初代ウルトラマンの第一回放映日だったということらしいです。
 
この日までにシン・ウルトラマンを鑑賞してレビューを上げたかったなぁ~
 
記念日シリーズネタばかりですが、本日はワタシの二番目に好きな「帰って来たウルトラマン」を紹介します。以下、「ジャック」ではなく「新マン」と表記
 
有料衛星放送で何年か前に録ったBD-Diskを再生したら一部壊れていたので、廉価なImport版を購入↓
Utm_01
1971年放映開始なので今年50周年。一番目に好きな「ウルトラセブン」放映終了後、何度も行われた再放送や短編「ウルトラファイト」で盛り上がりつつ、満を持しての第一話スタート。当初はゼットンに敗れた「初代」ウルトラマンが傷を癒して帰ってくる、という触れ込みでしたが、実は別人で、ウルトラ3兄弟である事が作品後半から設定されました。

Utm_02(右)18年前に購入した、本作を1話ごとに微に入り細に渡り深く掘り下げた「帰ってきたウルトラマン大全」。製作者への緻密な取材と、作品への深い洞察に優れた一冊です。(左)今春、そのメインライターが執筆した新作「帰ってきたウルトラマンの復活」こちらは放映当時の社会環境やライバル番組隆盛などから本作誕生の背景にまで遡り、現代日本史の1つとして本作を俯瞰し評価した一冊となっております。


作品背景は「初代」や「セブン」が遠い未来のお話だったのに対して、「新マン」は公害や台風、津波、戦後の痛手、民話etc.といった放映当時の世相に沿ったテーマが多く、またスポ根もの要素も加わり、人間、郷秀樹の成長がウルトラマンとしての困難克服といったテーマで描かれている様は、中高生や大人になって見返してもグッとくるものがあります。
 
Utm_03
新マンと共に戦うMAT(Monster Attack Team)の装備も、1号=戦闘攻撃機、2号=偵察/攻撃機、ジャイロ=輸送機と用途に応じたデザインがなされており、デザインも当時の航空機の延長で超兵器感があまりありませんでした。まぁ、1号とジャイロという巡航速度が全く異なる2機が異機種編隊を組むシーンなどは今となっては?でありますが。陸上でパトロールするマットビハイクル(マツダM10B)も後半でウィングが追加されてスマートでした。
 
Utm_05写真は実家から持ってきた東京マルイ製のプラモデルで、放映当時の金型による平成初期の再販物ですが、ゼンマイで空中を走る!機能がウリ。近々組み立てようと思っているので、完成したらお披露目したいと思います~。
 
また、放映当時のワタシは小学2年生で、小学館の学年誌に連載↓されていた内山まもる氏の作品が好きでした。
Utm_04「新マン」サントラ集のコーラスは、ワンダバの元祖!作曲は「セブン」から続投の冬木透氏で、同じウルトラシリーズということで「セブン」のライブラリーからもBGMが流用されています。予算の都合もあったのでしょうが、同じ曲が使われることにより、ウルトラシリーズの統一感が出ていると思います。このパターンは同じ冬木氏音楽の「エース」まで続きました。
 
子供心に恐怖感や残酷さが強調されたエピソードもありましたが、日本人離れしたスタイルの団次郎氏が最も人間臭い新マンを演じきった、良作であります。最終回の「ウルトラ5つの誓い」は平成ウルトラマンにも受け継がれていますね~
 
 
p.s.「セブン」の記事は、長くなるのでまた今度(汗。
個人的にはマスコミが騒ぐほど初代ウルトラマンには強い思い入れがないんですよねぇ…

2021年7月 8日 (木)

今日は、ガンダムの日

連日UPスミマセン

RX-78だからなのか何なのか、イマイチいわれは分かりませんが、Webの一部で盛り上がってます。
Odb_-gdm00最初のOdaiba Gundam。EXIFデータは2009年7月26日、サブ機のコンデジ Casio EX-FC100で撮りました。

Odb_-gdm01定刻になるとBGMにあわせて、胸のダクトから冷却水蒸気?を吐きます。
 
で、本日を記念して? 買い置きしていたキットを組んでみました(笑 
Odb_-gdm06テンバイヤーの格好の餌食で、通常価格の3倍!もするEntry Gradeですが、現行製品なので運が良ければ、お店で購入出来ます。
 
ちょっと遠いのですが、春先、時々食料を買いに行くショッピングモール内のホビーショップで入手できました。
定価+税、一人1個の制約でした。武装がないので、ポーズをあわせて並べてみました。
 
Odb_-gdm05ランナーからむしり取って、パチ組で1H足らず…プラモ本来の楽しみ方で、なかなかいい感じでしょうか?
当時会場で販売していたG30やRGの方が、1/1ガンダムをリアルに再現しているとは思いますが…。
 
1/1を初めて見たとき、このサイズが市街地でバトルし合うという光景はすさまじいだろうと思っていましたが、現在公開中の「閃光のハサウェイ」は、その恐怖が見事に描かれています。
 
最初のガンダム第一話で、ザクのライフルから吐き出された薬莢はドラム缶並みでした?…怖っ!
 
Odb_-gdm03コッチはD70+Tamron A05で撮りました。
 
1/1 Yokohama Gundamは、このサイズが動くのですかぁ~
  
動画を見ると、サンダーボルトに出てきたサイコザクの筐体みたいな感じですが、コロナが開けたら、見にゆきたいですねぇ
 
まだ当分先になりそうですが(大泣。

2021年7月 7日 (水)

本日7月7日は、

日本における特撮の父、円谷英二さんの誕生日にちなんで制定されたそうです。

Tsuburaya120
で、若き日に彼が撮影した「かぐや姫」の短縮版フィルムが英国で発見され、この度、日本に里帰りしたとのことです。
 
Mn1935年製作と言うことで日本に現存するオリジナルは消失してしまったのでしょうか…? 
 
 
 
それともう一つ特撮に関するニュース↓ こちらも英国発です。

Tunderbids55/Go Goが2022年公開とのことです!
 
Tb55 
詳細はリンク先を見ていただくとして、スーパーマリオネーションによるオリジナルデザインのマリオネットやプロップによる操演メカが活躍するとなると、サンダーバード6号以来の復活ですねぇ。
 
昭和の時代にいくつか購入したプラモが実家にあるので、これを機に作りましょうかねぇ~
この作品が円谷含む日本の特撮に大きな影響を与えました。

どちらも楽しみな七夕のニュースでした~~

2021年7月 3日 (土)

五輪Vを陰で支えたジャンパーたち

本日、やっと鑑賞できました。

「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」


GW中、ネットで五輪関連の情報収集しているときにこの作品を知りました。
 
Hinomaru
スキージャンプ団体はリレハンメル五輪で失速の銀、そして迎えた長野での1本目でまさかの原田選手失速で4年前の悪夢再来~吹雪で競技再開を待つ中、2本目ジャンプでの逆転V、カーラジオで聞いていた我が家の涙の影に、このようなドラマがあったとは…

脚本も映像も説得力があり、キャストも主演、若手をはじめ、ごく一部を除いては演技派で固めており納得です。
 
公開から日数も経ち、日に1回程度の上映館も多くなってしまったかと思いますが、興味ある方は鑑賞されてはいかがでしょうか?
 
 
 
さて本夏の五輪は、どんなドラマが生まれることやら……

2021年6月23日 (水)

宇宙戦艦ヤマト 2202年の選択、雑感

 劇場公開2週目ということで、ネタバレなしで?感想などを述べてみます。
 
幸か不幸か、多感期に松本零士作品に強い影響を受けてしまったおかげで、今だにヤマトシリーズから抜けられません…「旧第一作」と「さらば」限定ですが。当時はプラモも複数組みましたし、現在でもヤマトやアンドロメダの平成版は押さえていたりします。
 
正式タイトルは以下
「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択
  
2202jidai_012枚目のビラにもある当初の公開初日1月15日には、オールドファンには懐かしいオールナイトニッポン特別番組が放送され、冒頭10分が音声のみで紹介。ここから延期になり半年も首を伸ばすことになりました。
 
ネタバレといっても、2199と2202をドキュメンタリー風のダイジェストにまとめた作品なので、流れは既知のままです。
2202jidai_022度に渡るヤマトの航海にかかわった歴史の証言者として真田志郎をインタビュアーに据え、シリーズ主人公の古代 進や兄、守(真田の親友)への想い、2202における進の立ち位置、苦難等を語りながら最終話での投票演説に至るまで真田自身の気持ちの変化、有り様を語ります。
 
主観を真田に置いたことで客観的に古代進を浮き上がらせる仕掛けとなっております。
 
2202jidai_03予約席が一人置きだったからか?劇場版BDは一人二つまで購入可能でチケットも目視確認のみ。購入後の検印もありませんでした。特典が読みたくて、結局一つ買ってしまいました。通販予約の通常版はキャンセルしました。 
 
古代守には語られなかった、新見女史や真田の辛い秘密…この三人の関係性は2199当初より気になっております。
2202jidai_04左のクリヤーファイルは2199第5章で購入のものでお気に入りです。右下がBD特典の短編小説で、コレ1冊の感想でブログ記事が1本書けてしまうくらいガチな2202後日談となっております。2199「観測員9号の心」にグッと来た方は、ぜひご一読を。
 

2202jidai_05

パンフレットと一緒に撮ったプラモの方は、2199劇場版の頃に組み立てたので2013~14年頃のものです。これは2199最初のロットで、改装された2202版のプラモはドラマと同じく、本体形状が大きく異なっております。
 
まぁ、2199に参加していない福井氏や岡氏も、本作をまとめることで、史実~2199~2202までうまくつなげられ、次回作への助走になったのではないでしょうか?
 
脚本に参加した皆川ゆか氏(2202ノベライズ版著者)の、ブレのないヤマト感が秀でていたと思います。お約束の冒頭10分公開は、新作部も多く、出せないはずです。
 2202jidai_08今週末の公開からは、2205冒頭6分が見られるとな!
 
「2199追憶の航海」がダメダメ評価なワタシとしては、今回はうまくまとめられており★4つと評価します。旧作も「新たなる~」以降は惰性で観ていたカンジなので、次回作も一度くらいは劇場に足を運ぶことになるでしょう。
 
 

p.s.

一つ☆マイナスの理由は、あと3分、止めカットでよいから、史実~2199までを新作で描いてほしかったからです。
 
例えばスペースシャトル~ISS、火星探査はNASAの計画を下敷きに描くとか。大和復興の造船シーンとか(ロケ地は呉ですよね?)、村雨型の進水や金剛型の改修↓エピソードや、波動エンジンの建造、ヤマト艦首に波動砲を装備する設計中の真田とか…etc.
 
2202jidai_06kai パンフレットには、tamaさんによる艦首陽電子衝撃砲を備える前の初期金剛型の設定が記載されております。その下はワタシが作った後期型(キットストレート組み)プラモです。

例えば第一次内惑星戦争における、火星のオーバーテクノロジーを利用した艦隊による砲撃戦等…見たかったシーンは山ほどでしたぁ~。
もしかしたら2199前史は2205の中でも語られてゆくのかもしれませんので期待しましょう。

2021年6月 1日 (火)

どっちのメーテル?

 

 

Dem0js4u0auylze
  
 
 

 
少し前に、こんなビールが話題になりました。
 
999_01そう、銀河鉄道999ヒロイン、メーテルのヴァイツェンです。口当たりはライトでフルーティな香りです。パッケージは東映動画の描き下ろし(新作画)のようです。
 
ワタシの誕生日は、原作者松本零士氏と同じ1月25日。生まれ年は二回り以上も下ですが、そんな縁もあってか小学生のころから氏の描くコミックを読んでいました。最初はサンデーに連載の「戦場まんがシリーズ」。それ以前は青年誌にも多数書いていたらしいですが、そのころの作品は高校生になるまで見たことはありませんでした。
 
999_02コミック↑(左)の方はS57年9月の第26刷、初版の51年8月から丸6年でこの重刷が、人気のすさまじさを物語っております。宇宙戦艦ヤマトが大ヒットしてからは、コミックもアニメも本作やハーロック、エメラルダス等、スペース系にハマりました。
 
劇場版999がヒットしたのはワタシが高校生の頃、当時は宮﨑ならぬ松本アニメブームでした。
 999_03TVアニメについては当時ビデオデッキなど無かったので、見逃した回はそのまま未視聴でした。劇場版は世界観のデザインや作画の統一感がお気に入りで、レンタル開始後のビデオテープダビングや、DVDは発売と同時に購入しました。第1巻から購入していた原作コミックは、知らないうちに購入をやめていましたけど。
 
劇場版は、もう1作ありましたが、ワタシにとっては消化不良でした。
 
999_04サントラCDも持っていたりして。DVDと同じイラストなのがアレですが、どちらも当時のポスターが元だと思いマス。
 
999_05今週末は好評だったフィルムコンサートも再演のようです。画像↑の出展も含めコチラ

 
県外なのでワタシは参加を見送りましたが、まだチケットもあるようです。
 
 
思い出深い作品ですが、ワタシは最近、コッチ↓ のメーテルさんにハマっています~
 
銀河鉄道ローカル線の旅「呑み鉄メーテル」
 
冒頭含め、イラスト計3枚はこちらから引用させていただきました。この番組が作品のヒントになったようです←新作が厳しい状況ですが、ワタシも時々BSPを観ていマス。
 
Dc55otqw4ae8dbj作中では、「駄目ーテルとエメ姐さん」の愛称でいい味出してマス
ただの飲み友達にしか見えませんが、コッチの世界でも双子の設定でしょうか?
 
もう一枚だけ↓
Ddiegifv0aa8jxwワタシはもっぱらTwitterで読むだけですが、同人誌も人気のようで、脇役やメカに至るまで、作者さんの999愛が伝わってきます。
 
おぼろげながら松本氏原作のコミックでも、メーテルさんは酒豪だったような記憶が…
 

 
紹介したヴァイツェンのモデルは、どっちのメーテルさん??

2021年3月28日 (日)

飛び立つ君の背を見上げる

「今日、私たちは北宇治高校を卒業する」

響け!ユーフォニアムシリーズの外伝的作品から、卒業にまつわるお話を紹介します。

1点目は、未だ京都アニメーションの続編リスタート待ちであるファンに向けてのオーディオドラマCD

「5th Annyversary Disc きらめきパッセージ」

2枚組のこのCD、原作小説のインサイドストーリーを集めた短編集「北宇治高校の吹奏楽部日誌」と「北宇治高校吹奏楽部のホントの話」
Yftk_04
より、Disk1には前者から中編2作と、Disk2には後者から短編6作がアニメシリーズの声優陣にて収められています。
 
本日はDisk2から①「飛び立つ君の背を見上げる(Fine)」と②「飛び立つ君の背を見上げる(D.C.)」の2本を紹介します。
こちらは、主人公より1学年上の4人組の卒業式の朝のエピソード。
Yftk_02最初の①(Fine)は中川夏紀、吉川優子、鎧塚みぞれ、傘木希美たち4人の同級生が卒業式へ登校する風景が端的に語られ、最後に②(D.C.)にて真相部を含めた内容が紹介されます。
 
そして二点目は、同じタイトルの小説③「飛び立つ君の背を見上げる」作者も原作と同じ武田綾乃氏。
Yftk_01こちらは、その4人組の一人、吹部副部長だった夏紀が主人公で他の3人を紹介するエピソードとなっています。TVシリーズ1期、2期、劇場版「リズと青い鳥」を補完する形の、いわば彼女らの学年の完結編的なストーリーです。ユーフォシリーズのこの4人のメンバーに強い思い入れを持つ方や高校時代の友情、友達関係に興味を持った方には、ツボだったのではないでしょうか?
 
ワタシのリコメンドは、TVシリーズ第二期スタートで劇場版「リズと青い鳥」→「誓いのフィナーレ」鑑賞後に①Fine→③小説→②D.C.→①Fineの順に楽しむことです。ちなみに音楽用語でD.C.は最初に戻る、そしてFineで終わるという演奏順になります。 
 
また、CDのパンフレット内に掲載されている短編小説「君ありて幸福」も、彼女ら4人を見送る黄前ちゃんたち後輩の視点で、在校生から卒業生に向けてのエピソードとなっております。(北宇治カルテット2年生編の総括ともいえます)
Yftk_03CD特典として、卒業式の朝、部長の吉川優子から夏紀へ宛てた手紙の複写が同梱されています。「こっぱずかしい内容なので、読んだら捨てるように…」って言ってた優子サン、量産されちゃいましたねぇ~
 
卒業を通して巣立つ彼女らへの今後に幸あれと、願わずにはおれません。
 
 
それではみなさんご唱和ください。
 
「京アニファイトォ~ッ‼」
 
 
~そして、次の曲が始まるのです~
  

p.s.
アニメ化が待たれている主人公、黄前ちゃんたち北宇治カルテットの3年生編、「決意の最終楽章」後の卒業エピソードも、エピローグとして最後まで見届けたいですねぇ…。
 
 
 
p.p.s.
Disk1については、長くなるのでいずれまた(汗

2021年2月 5日 (金)

ノースライトに魅せられて

年末休みに録画したドラマを観て、ロケ地に行ってみたくなりました。

その作品は、「ノースライト

建築士の主人公が、自分の家族や依頼人の生い立ち、現在の雇用主である親友の生き様を追いかけてゆく、重くも熱いヒューマンドラマです。

原作は元上毛新聞記者の横山秀夫氏、キャストは主人公が西島秀俊、元妻に宮沢りえ、建築依頼主が伊藤淳史、親友に北村一輝、その妻に田中麗奈と、安心して観ることができる演技派ぞろい。
 
Bt05写真は佐久スキーガーデンパラダより
 
依頼主に「あなたの思い描く家を建ててほしい」という条件が提示され、信濃追分に雄大な浅間山を全面に取り入れた北向きの家を建て、引き渡す。とても喜んでいるように思えた1年後、その家には家族の姿はないという…。
 
主人公の別れた元妻と娘、親友の経営手腕や彼の妻と息子への疑惑、失踪した依頼主に浮かぶ元妻の影…いくつもの謎が交錯します。
 
Bt01ワタシがバイクを転がしていた頃は、確か「梅田ダム」の呼称だったような…?

いくつかのミステリーが交錯し、主人公と依頼主の接点として、依頼主の新居に残されたブルーのタウトが設計したといわれる木製の椅子と、桐生市奥の桐生川ダムとが、二人を結んでゆきます。

ブルーノタウトは高崎市に滞在していたことのあるドイツの建築家で、数々の建築物を日本に残したことで知られています。

Bt03ブルーノタウト展も、いよいよ今週末の2/7(日)迄

カミさんもワタシもこの作品に魅せられて、正月明けに群馬県民の森美術館の特別展に行ってきました。実際滞在中は、高崎市少林山達磨寺境内の離れに暮らし、地元の人たちに木材や竹細工の加工等も指導していたとのことです。この史実も、ドラマに絡んできます。
 
Bt04群馬の森にて。散策していたらロウバイの香りが豊かでした。
 
劇中、信濃追分のノースライト(北向きの光)をふんだんに取り入れた「Y邸」も、桐生川ダムも、ロケ地の風景がたまらないです。そして終盤、コンペに挑む建築模型にも、この光をふんだんに取り入れた桐生でも有名な、ある構造が取り入れられております。
 
(同型車の写真)
そして主人公が駆る愛車は、舞台が2000年代中盤の設定ということでシックな青/銀2トーンのアウトバック(BP型)です。雄大な浅間が背景なシーンや、梅田湖にかかる梅田大橋を渡るシーンが印象的でした。

非常事態宣言の解除後は信濃追分にも行き、そこから浅間を眺めてみたくなりました。

再放送が決まったら、皆様もぜひご覧ください。


p.s.

Bt02 蛇足情報ですが、梅田大橋から先(画面後ろ)は、足利市や田沼町へ抜ける道で、30年前はローリング族がひしめき、一時期は2輪通行禁止だったと思います。今回は行きませんでしたが、この先も走ってみたくなっちゃいました。

~この日もマフラー弄ったウルサイバイクが、何度も往復しておりました~

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。