無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

大空の彼方へ

2019年4月29日 (月)

平成と共に去り行くオジロワシ

先月(2019年度末)を持ってF-35への機種変更にともないF-4EJ改ファントムIIの運用が終了した航空自衛隊第302飛行隊の部隊マークです。
 
2015_hyakuri_00部隊発足が北海道で、この地に生息する尾白鷲をモチーフとして精悍な赤い胴体に、青い翼が3、白い尾が0、黄色い足が2で部隊名をあらわしています。
 
2010_hyakuri08  2010年 百里基地航空祭 D70+TAMRON A05
航空祭専用マーキング、某コミックの新撰組塗装です♪
 
部隊マーキングは国籍マークサイズの面積以下、というルールが決まる前に制定されたので垂直翼の半分に迫るサイズのまま、一時は低視認性を考慮して小型化も試験運用された時期もありますが、変更を受けずに最期まで全うしました。
 2015_hyakuri_03s2015年 百里基地航空祭 D7200+TAMRON A005
 
F-4EJ改の「改」内容は、機体の管理変更による寿命延命に伴い、性能向上目的で当時現役の初期型F-16のレーダー採用によるデジタル化やA-10の航法管制装置、後方警戒レーダーを搭載、アップデイトして迎撃機としてF-15J初期型と同等の性能を持たせました。更に対地攻撃能力も強化、対艦ミサイル等の搭載も可能となり、F-1退役からF-2配備までのつなぎとして第一線級の能力を維持しました。

 
いつかは完成させたいと思いつつ、ここ30年で確実に在庫が微増している戦闘機プラモ。302sq_02左1/48、右1/72のEJ改、中1/72のEJこれら↑は輸出も考慮してか、ボックスアートは、すべて尾白鷲が描かれた302SQの機体です。また、デカールも必ずセットされています。ワタシのコレクションはハセガワばかりですが、タミヤ1/32、1/100やフジミ1/72のEJキットも302SQのアートだったと思います~。
 
また、記念塗装機の種類も豊富です。
Hyakuri_932018年 百里基地航空祭 D500+Nikon 80-400mm
 
垂直翼に燦然と輝く尾白鷲マークのファントムは世界中の航空機マニアに人気らしく、昨年の百里基地航空祭では沢山の欧米系のファンも見受けられました(さすがに他の観光地のような中韓系の言葉は聞かれませんでしたが)。

302sq_01来月から令和に入る本年度は、偵察部隊の501SQの解散、来年度は301SQの機種変更となり、日本でのF-4ファントムIIの運用は終了となります。
 
改元と共に去り行くその日までは、子供の頃からの憧れだったマッハ2級の本機を応援し、この目に焼き付けておこうと思います。

2018年12月20日 (木)

航空自衛隊イベント展開2018 まとめ

年の瀬なので、総括的な記事をUPします。
 
1.静浜基地(前編後編
 
藤枝駅前Pから、チャリで初参戦!
天候が午前中はイマイチで、2015年頃のようつべ動画に比べると機動飛行ではなく、ほとんど航過飛行で残念でした。

Shizuhama_3

会場からは終日逆光でした。
 
 
桐生八木節まつり

今回のイベント用に開放された河川敷まですぐの駐車場から、徒歩で参戦
Bi010

イベントとしては初めて群馬の空を舞ったそうですが老若男女問わず、ギャラリーの歓声もひとしおでした。
 
熊谷基地ではブルーが飛ばず、また、松島基地、小松基地は天候がよろしくなさそうなのでキャンセルしました。
 
 
2.入間基地(前編後編
 
飯能駅から電車で参戦、晴れました。Iruma_09

 
Iruma_50C-1のスペマ機と、Iruma_54kaiお昼休みの太鼓囃子が印象的でした。Iruma_44場内から、ブルーのウォークダウンも堪能しましたし、C-2もはじめて見ましたぁ~。
 
 
3.岐阜基地(前編後編
 
アウトバック車中で前泊し、電車で初参戦。Gifu_56DJまそたん
  
南会場は順光でしたが、気温が上がるとメラメラ(陽炎)がすごかったです。
 
X-2もナマで観れましたが、最後の航過飛行を見なかったのが悔やまれます。
Gifu_48川重のビル内には、用廃となったBI#726の展示がっ…お疲れ様でした~。
 
  

4.浜松基地(前編後編

駅近のパーキングから、チャリで初参戦。往路は登り坂がキツかったです。
 
エアパーク浜松の脇で終日を過ごしましたが、柵でタキシング等は撮れず、ブルーも逆光気味。
Ham_14E767がデカかったです!
Ham_19
来年はチャリでもう少し西側を散策したいです。
 
 
5.百里基地(前編後編
 
石岡駅前Pから、チャリで参戦!
会場近くに駐車場を配置せずシャトルバス運行に切り替えたため、周辺の道路は空いていました。
 
Hyakuri_22mなんといっても302SQのF-4EJとしては、基地祭ラストイヤー
 
2機のスペマ機が華麗なAGGを魅せてくれましたぁ~
Hyakuri_08
来年度は、ケロヨン301SQのラストイヤーでしょうか?
 
最近は、米軍機のゲスト展示はほとんど見かけなくなってしまいましたが…なぜ?
 
米軍のデモチームは過激すぎるとか??
 
チャリも購入しましたし、アウトバックで夏以外なら車中泊も何とかなりそうなので、前日(ブルーの予行)から参戦できそうです。
 
Hyakuri_77前輪を外さなくても日帰りならば、この積み方が、最適解。
 
雨さえ気にならなければ、関東地方から遠征可能な距離の航空祭には、積極的に赴こうと思います。
 
特に、ウチから最も近い熊谷基地にはしばらくご無沙汰ですし、今年キャンセルした小松基地には、ぜひ初参戦したいです~。
 
以上、2018年のまとめを終了しますぅ~。

2018年12月 7日 (金)

百里基地航空祭2018(後編)

後半はイーグルの機動飛行から~
 
Hyakuri_73スペマオジロのタキシング中にAfter Burnnerの轟音がっ! 
2頭を追うものは…の格言どおり、どちらも中途半端になってしまったのです(涙。
 
お昼休みはテクテク歩き、地上展示周辺をウロウロ…。
 
Hyakuri_75k
2機のスペマ機の周りは、かなり混んでいますので、一直線でエプロン西側エリアへ。
 
Hyakuri_27

個人的に大好きなヨーロピアン迷彩のRF-4EJ、戦闘機からの転用でセンタータンクに偵察ポッドを搭載するタイプです。なので火器管制装置やバルカンはそのまま使えますが、EJが改となる前の仕様なので、あくまで応急で対応可、というレベルの話だと思います。用廃もかなり進んでるようで残念ですが、再び航空祭で舞ってくれることを期待します。
 
で、午後の機動飛行は301SQから
Hyakuri_64 
 
Hyakuri_61302SQは18年度いっぱいでF-35Aに機種更新されます。
 
Hyakuri_09

そうするとファイター部隊では筑波のケロヨン、301SQが唯一の部隊となってしまいます。

 

残るもう一つの部隊は偵察です。こちらも見せてくれました~

Hyakuri_02_2見敵必撮のRF-4EJ、誤字ではありません。

 
Hyakuri_67
 

Hyakuri_71501SQも、飛びっぷりに気合が入っていましたよん~♪

  
 
当日は新田原へ展開だったブルーが来なくても、かなりの人手でした。

Hyakuri_76駐輪場からは機材を背負って、17km先の駅駐まで帰投です(涙。
 
 
来年はもっとチャリを乗りこなして、同じルートでチャレンジしたいと思います~

2018年12月 4日 (火)

百里基地航空祭2018(前編)

本年ラストを飾る航空祭、百里基地に、アウトバックにて北関道経由で常磐道石岡小美玉スマートIC経由で、石岡駅前のパーキングからはチャリで出撃です。
 
二輪はテクノパークの道路に駐車ということで片道17km強、アップダウンも多く、結構きつかったですが白黒二機の尾白ファントムに会えるとの想いで、漕ぐペダルにも気合いが入りますが…途中2箇所の上りでは息が切れ、死ぬかと思ったので降りて押しました(いやマジで)。
 
二輪駐車場から更に徒歩で正門着。セキュリティチェック後のエプロン到着は8時過ぎになってしまいましたが、お目当ての場所、芝生エリアの通路前は確保できました~♪
 
 
Hyakuri_51
ウェザーチェックから帰投したT-4
 
天候は晴れの予想に反して曇りで、風も少し冷たく、前日が暖かかったので携帯カイロを持たず、少し凍えていました。曇り空で映える機体の撮影条件だしに戸惑い、苦労しました。結局、機動中はSSを上げねばならず、空が白飛びを起こすぐらいオーバーでないと、難しいかも。
 
Hyakuri_07
航過飛行に向けてぱっかーん(コンバットテイクオフ)
 
Hyakuri_03_2
UH-60
 
そしてメインの302SQスペマファントムによるAGG&VADSによる迎撃展示
Hyakuri_13 
Hyakuri_40
撮影位置がVADS(機関砲)から距離も近く、まっすぐこちらに向かってくるようですが引き起こしが結構高く、正面形は小さいため、超、トリミングしてます(汗。
 
Hyakuri_15 
Hyakuri_33
レフトターン離脱、ライトターン離脱と7回くらい繰り返したでしょうか?
 
Hyakuri_52  
Hyakuri_23
着陸後のタキシングも決まっていました。
 
 
後編は地上展示機とイーグル、ファントムの機動展示をお送りしますぅ~♪

2018年11月30日 (金)

浜松基地航空祭2018(後編)

昼休みの間に、エアパークを散策。
 

Ham_28建物の間のQF-104J(UF-104Jが正式でしょうか?)、会いたかった~
 
無線操縦機に改造されたターゲットドローン運用部隊(駐留の硫黄島に生息するサソリと、当地から望める南十字星をあしらった物)のマークです。

Ham_24展示格納庫内の、零式艦上戦闘機
 

Ham_23機体展示エリアのT-2ブルー
 

Ham_22同、F-104J(またかい!)
 

広報館のすぐ北はエプロンになっており、格納展示館の扉をオープンすると、そのまま中に運搬することが出来ます。

扉の窓は大きなガラスになっているので、タキシングやデパーチャーはここから狙えると思います。事実、場内大扉側のベンチに座って待機しているマニアの方も数名おりました。

 

救難展示は会場から遠いので今回パス。

Ham_42sそして午後のブルーですが、ここからでは柵に苦しめられ、タキシングや離発着、低い高度での演技はうまく撮れません(涙。
 

Ham_16

Ham_18kai


Ham_15

 

Ham_31高度のある演技も、この位置からだと午後の太陽が入ってしまい完全な逆光です(涙。
 

ワタシとしては本年見納めのブルーインパルス終了後、チャリでパーキングに戻りますが、こんどはスマホの案内でしっかり予習して出発。

ただ会場を後にする人の波が多かったので迷わずルートに乗ることが出来ました。
 

帰りは新東名に乗るため、浜松北ICへ~マイカーでは初めての運転です。制限速度は110km/hですが、追い越し車線は120~時には130km/hオーバーで流れています。
  
東名が超混雑してきており、楽ナビちゃんが渋滞回避ルートを指定してきたので、新富士で降りて富士山を右に見つつ、R139号で北上、精進湖の脇で358号にスイッチし、140号雁坂トンネル経由で帰りました。このルートは富士宮市街の4車線と甲府市街の一部を除けば、とても走りやすい道です。埼玉県側はトンネルを抜けてから秩父市街を抜けるまでが、メッチャ長く感じますが、予測のつかない渋滞も無く、市外を抜ければ、ほとんど信号もないため安心して走れました。

2018年11月27日 (火)

浜松基地航空祭2018(前編)

岐阜に続き、初参戦の浜松基地航空祭です。

 

今回は駐車場の抽選応募を失念してしまったので、深夜に自宅を出て、関越、圏央道、東名道経由で浜松ICを目指します。そして浜松駅周辺の駐車場からチャリで出撃です。

 
Ham_27チャリは新調して1ヶ月足らず。前輪をはずせるタイプなのですが数回程、通勤に使った程度なので、そのままアウトバックのラゲッジルームに放り込んで出発です。ニューチャリのインプレッションは、もう少し走りこんでからにします(汗。

 

朝7時頃パーキングに到着したので、チャリを降ろしてエアパーク浜松(広報館)を目指します。途中道に迷うも、野生のカンで浜松オート西側に着いたので、ほぼ合っていました。
 
Ham_26ゲートガード?のハチロクブルー、80(120)mm 開放f4!

 
開門は歩行者、二輪車の来場者のみ、いつもの9時より早めに開けていただきました。ウェザーチェックのT-4(たぶん)の排気音が聞こえてきました。
 
以下、午前の部です
 
Ham_05ベースのT-4は、元気良かったです
 
Ham_11ベースのE-767
 
Ham_10静浜から、T-7
 
Ham_08岐阜から、F-15
 
Ham_34 こちらも岐阜から、F-4


と、ファイターは捻りこみの腹も背中もバッチリで楽しめました。
 
 
 
ここで一息の間にエアパークを散策…後編に続きます~

2018年11月22日 (木)

岐阜基地航空祭2018(後編)

岐阜のブルーインパルスです。
 
ただただ、貼り付けるだけで何も申しません。
 Gifu_16 
 Gifu_13m 
 Gifu_15 

Gifu_25_2 

Gifu_18 
 
 
地上展示機 以下、コンデジ(Canon G12)によります。

Gifu_38X-2 順番待ちの列の後ろから片手を上げて撮影。
 
Gifu_35スペマファントム その①ホワイト302SQ Final Year 2019 ←来月の百里、行けるか?
 
Gifu_36スペマファントム その②デジタルモザイクは昨年の各務原飛行場100周年記念塗装
機体自体はすでに退役されているとのこと。お疲れ様でした。

  
あまりの人の多さに、疲れましたので、帰りは北門から三柿野駅へ~ここから名鉄で岐阜方面へ戻る途中、電車の上をバリバリ機動飛行音が!
たしかラストは航過飛行のはずでしたので、静浜のイメージで帰路についてしまいましたが、どうもイーグルやF-2が暴れていた様子…岐阜の航過、侮りがたしっ!!
 
来年も晴れたら必ず来よう、そして最後の航過飛行まで必ず残ろうと誓うのでしたぁ~。
 
 

2018年11月20日 (火)

岐阜基地航空祭2018(前編)

初参戦の岐阜基地航空祭です。

往復の道中は別記事に譲るとして、イキナリ入場からです。

 

6時30分正門到着を目標に歩きましたが、既に開門されており、そのまま南エリアへ歩いてゆくと最前や2列目は埋まっていました。開門はかなり早かったようです。3列目を確保してトイレに戻り、売店等を少し散策。

 

Gifu_32陸自の装備展示も、まともに撮れたのは、朝のうちだけ。

ワタシが子供の頃、最新鋭としてデビューした74式戦車、憧れでした。

 

そうこうしているうちに、オープニングフライトの開始です。

 
Gifu_04
複座の「まそたん」、本年4月期、一部の熱狂的なファンに支えられた、ここ岐阜基地を舞台とするアニメのキャラです。

 Gifu_28F-2
 Gifu_23F-4
 
オープニングフライトとは思えませんでしたが、次の機動飛行も、気合が入ります
 Gifu_20 単座も「まそたん」でしたぁ~
 Gifu_24F-2はテストカラー機
 Gifu_11F-4は301号機、Made in USAの初号機です。

 

Gifu_09ドラッグシュート付きで、もう一枚
 Gifu_22KC-767の給油訓練デモです。15Jは、今まさにブレイクするところ。
 
写ってませんが、少し離れてF-4がエスコートしていた理由は、日本のファントムには空中給油装置が非装備のため。F-4導入検討時、野党の猛攻にあい、政治論争の犠牲として非装備となった経緯があります。航続距離の延長が軍拡に直結するという、そのような風潮が当時あったということでしょう。

 
後編のブルーインパルスに続きます。

2018年11月 9日 (金)

入間基地航空祭2018(後編)

後編です。
 
お目当て、ブルーインパルスのウォークダウンから開始です。
Iruma_39
 
Iruma_07
 
4機によるダイヤモンドテイクオフなし~ダーティーターン
Iruma_46
 
Iruma_43
 
Iruma_45
途中、飛行空域内に、進入機があるとのことで中断し、再開後は4番機の矢がないハートマークのキューピットから。
 
待機のポジションか次の演目上、仕方が無かったのかもしれません。
Iruma_28k
タッククロスもこの位置からだと、安全を配慮して、こんなタイミングになってるんですねぇ~。
 
Iruma_34
同様にコークスクリューも。
 
Iruma_42
ロリコンのブレイク
 
戻ってきたブルーのクルーにミス入間航空祭さんたちが花束贈呈する合間を縫って、F-2Bと、15Jが帰投。
Iruma_32k
松島の複座は、レフトターンでそのままサヨウナラ。
 
Iruma_25kk
小松の単座は、戻ってきて翼を振ってご挨拶。
 
Iruma_33
C-2の帰投を見送り、前回同様に徒歩で入間市駅へ行き、帰路に着きました。
 
帰りは飯能市街が秋祭りだったので、駅前パーキングから299号まで渋滞。すぐ走って再び県央狭山ICまで渋滞。
圏央道も鶴ヶ島JCT方面は渋滞で関越道に乗るまでにかなり時間がかかりました~。
 
毎年晴天の特異日である3日、行楽シーズンと相まって多くの人手で賑わった航空祭でした~。
 
 
p.s.左腕が50肩の身には、1日中レンズを支えていた腕が結構疲れ、最後の方は左下がりになってしまいました(UPした画像は、補正してあります)。

2018年11月 7日 (水)

入間基地航空祭2018(前編)

今年も行ってきました入間基地航空祭2018
 
ルートは2015年と同じ、アウトバックで飯能駅前パーキング経由、西武池袋線で稲荷山公園前駅へ。
 
昨年は21万人の人出ということでビビッていましたが、ほぼ同じ時間で駅前に着きましたが、進みも速く場内手荷物検査も順調に済んで、ロープを張った隊員の誘導で緩やかにエプロン前へ。
 
Iruma_20
位置は最前列2番機のすぐ脇。前回とほぼ同じ位置になってしまったのは前の人の歩行の流れで、最前列はここしか選べませんでした。
 
まぁ、3年前のようにスタートダッシュだと心肺機能の劣化著しいオッサンにはとても最前列など望めません。
 
8つに小さく畳んだ状態のレジャーシートを開いてリュックを置き、折りたたみの椅子は自宅に忘れてきてしまったので、靴を脱いであぐら座りを行います。
 
Iruma_22kai273式でエスコートするドライバーもWAFさん~♪
 
入間基地ミス航空祭のきれいどころ紹介パレードの後、いよいよオープニングフライトのT-4&U-4から1機。
Iruma_17
赤ドルフィンは多くUPされたでしょうから、ロービジ部隊マークの方を紹介↑
 
Iruma_16
HU-60Jは、離陸シーンがうまく撮れました。
 
Iruma_06
通常迷彩と、入間基地60周年記念塗装のC-1、歌舞いてます~
 
Iruma_19
空挺降下はトイレから出てすぐの場所で。
 
Iruma_09
T-4大編隊はレジャーシートエリアの前のほうから。
 
一度最前列から離れてしまうと、なかなか元の場所に戻れません。
 
 
後編に続きます。