無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ヨタばなし

2019年8月17日 (土)

京アニよ、再び立ち上がれ!

先ずは、この度、犠牲になられた皆様に心より哀悼の意を申し上げます。

京都アニメーションの作品は、「響け!ユーフォニアム」シリーズしか観ていないのですが、本作品の評価は巷で語り尽くされているとおりだと思います。

ワタシの場合、宇宙戦艦ヤマト2199の何作目の劇場上映イベントだったでしょうか?
その時に流れた「先輩と吹きたい!」という劇場版予告編が気にかかり、NHKBSで放映された第一作TV版を観て見事にハマってしまいました。

Yufo_003_20190818165501まず宇治市出身の武田綾野さんの原作が発行され、同じ京都を舞台にしていた原作を探していた京都アニメーションの目に止まり、アニメ化が実現し、TV化、映画化、原作の続編と沢山のヒットによりシリーズ化されているとのことです。

Yufo_001音楽を追求する理想高さ、限界に取り組む真摯さ、部活に賭ける一途な姿勢、家族、友人、先輩後輩への対立や思いやり等、吹奏楽部員たちの織りなす青春の瑞々しさが秀逸で、原作もさることながら、実際に音のついたアニメ作品に引き込まれてしまっております。

コンクールや演奏会の吹奏楽は、洗足学園大学1年生による演奏だそうですが、このレベルがハンパないです。

ワタシは吹奏楽部ではありませんでしたが、高校、大学と音楽系の部活を足かけ7年通して、彼女らと同じ気持ちの多くを経験しており、原作もさることながら、その映像化された作品を高く評価しております。
音楽系の部活も本気で真剣に取り組むと、体育会系や企業の組織運営と変わりません。

Yufo_002最新作「誓いのフィナーレ」パンフと上映プレゼント。
コースターイラストの「Happy ICE CREAM」~ワタシの高校生時代には耳たぶをタッチするというローカルルールがありました
いつもいがみ合っている部長と副部長のこの二人も、要、注目です!
 
まぁ百合っぽい表現はオジサン的にはどうでも良く、保護者目線では異性との健全な感情を育んでいただきたいな、と思うのですが、友情と愛情のせめぎ合う表現、ドキドキ感も中高生を中心に支持を集める要素なのでしょう。

同社作の「けいおん」などのユルユル系や、他の萌え系の作品とは一線を画していると思います。

被害に遭われた方の中には、未だ予断の許さない収容者の方々もいらっしゃるとのことですが、心よりお見舞い申し上げます。

基金も沢山集まったそうで、ワタシも自分で出来る限りの応援をさせていただこうと思います。

この苦難を乗り越えて、是非とも新作の製作&リリースを、期待せずにはおれません。

何年かかってもかまわないので、心よりお待ちしておりますっ!

 

 

 

2019年8月11日 (日)

衝動買いでドラレコ装着!

先日(、PC専門店へBD-RWディスクを買いに行ったときに、数量限定でClass10のマイクロSDカード32BMつきで5000円で販売されているのが目に入りました。
 
一度駐車場に戻り、機種をネットで調べてみるとTECH社のTDB-FHD(中華製?)でした。Full HD、オモチャ的にお試し利用の価値ありです。価格.comでは、メディアなしで5400から6200円前後の価格となっております。
Dr00昨年の夏にとても残念な事があって以来、いつかは装着しようとは思っていましたが、カミsanのPLEO Plusのドラレコ(KENWOODナビ連動)画像が優れものだったので、安物でしたが、手にとってレジへ。
 
自宅に戻り、早速、動作と録画した動画の確認まぁ、ちゃんと動くので助手席側に装着して電源はフロント側のシガープラグから引き回し。OUT BACKへの取り付け時間は配線の引き廻しを含めても30分程度で完了。
Dr05画質は2種(1920 x 1080/30fps | 1280 x 720/30fps )が選択可能。またWDR(Wide Dynamic Range)対応で白トビや黒ツブレの抑制を行ってくれる模様。
 
Dr04s32MB容量のフルハイビジョン設定で、140分。1分で1ファイルで、Gセンサーで検知した衝撃の瞬間の動画がファイルは自動的に検知して上書きを回避…まぁ、この辺りは他のドラレコと同じ仕様なのでしょうが。
 Dv2kai実際の走行画像はフルHDとはいえ、レンズがチープなのか、圧縮率が高すぎるのか、画像はイマイチ。
道路標識は読めますが、前を走る車のナンバープレートはダメです。
 
中華製は耐久性が気になるところですが、しばらく様子見で運用してゆこうと思います~。

2019年8月 8日 (木)

秘境のグンマーに巨大寺院がっ!

猛暑の中、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
 
信仰に厚い訳でもないのですが、時々神社仏閣めぐりをカミさんと行ったりします。
神前で結婚式や七五三を行い、お宮参りや彼岸や盆には寺に行き、クリスマスには七面鳥やケーキを食すという、典型的な多宗教な生活です。
  
そんな訳で、先日某、国営放送のTV番組で取り上げられていたG馬県S市にある巨大な寺院に娘も含め3人でいってきました。
アウトバックで関越道に乗って前橋インターで一度下車し、ちょっと早めの昼食をここで↓軽く食し、
Hustler_00
再び関越道に乗り、一つ先の駒寄PA出口で下車、榛名山麓を伊香保・水沢方面へとステアリングを向けます。
うどん屋さん街や水沢観音を抜け、しばらく走ると左側に巨大な施設が見えてきます。
 
Ikaho01はい、本日の目的地はこちら、水沢山の北東側に位置する佛光山 法水寺です。
敷地も広く、かなり長い階段を上ります。
 
入り口には謎の像が…もうこの辺から台湾らしい。
Ikaho02登っている途中にもかわいらしい石造りのお地蔵さんのようなものと出くわします。
 
Ikaho04上りきると本堂↑があり、振り返ると赤城↓、子持、小野上の山々が広がります。
 
Ikaho07向かって右側の入り口から入ると、途中でお茶が差し出され、その後、お坊さん(年配の女性)が中の施設を案内してくださりました。たまたま午後の早い時間だったのでウチらともう一組(家族連れ)が一緒に案内されました。写経や座禅を行う部屋もあり、開祖の方が書した書物も美術展のように展示されております。
 
元は台湾・高雄にある仏教(臨済宗)で、アジア、南北アメリカ、欧州等、世界各地にあり300万人もの信者がいるそうです。で、ここが日本各地に数箇所あるうちの本山ということです。
 
Ikaho05で、娘はコレが目的、中のカフェで販売しているタピオカミルクティー ←カップはぐんまちゃん、ってギャップがTVで紹介されて気になっていたそうです。ロイヤルミルクティーでなくウーロンティーベースというのが台湾らしいと申しておりました。
 
Ikaho03  
駐車場の近辺には謎の鍾乳石が沢山生えておりました ←いや、海外から持ってきて設置したらしいのですが、日本の雨で溶けてしまわないのか、そこが気になりました。
 
まぁ、他の方のブログを見ると禁止ではなさそうですが、内部の撮影は控えておきましたので画像はありませんが、この寺院の1区画だけ日本ではないような雰囲気が味わえます。ワタシ達が回ったのは午後の早い時間だったので人が少なかったのですが、駐車場に戻る頃には何台も入場し家族連れやカップル、若者のグループ等、結構な人が訪れて来ました。
 
寺院を見た後はコチラ↓
Ikaho08
伊香保温泉、石段の湯に浸かり気分を癒し、その前のお店の串刺しこんにゃくも楽しみましたが、週末の午後は利用客も多く、混んでいました。
 
Ikaho09伊香保温泉石段街は、某とうふ屋漫画でも主人公たちが楽しんでおりました。
春先までは、期間限定で巨大カップ焼きそば(地元群馬の企業)のオブジェがあったとか?
 
この手の散策は義母も大好きで、娘もしばらく休んでいたご朱印帳を持って、また来たいと申しております。
恐らく彼女はタピオカアゲイン目的でしょうが…。

Ikaho06   涼しくなったら、もう一度訪れて見ようと思います~!

 

2019年7月21日 (日)

ちょっとアメリカに…

12日間ほど出張してきました。

勤務先は、ある役職以上がビジネスクラスなので、ワタシ1人がPe-Pe-なエコノミー
19us_01Air Mosは、市井の味方(笑

今回はExecutiveな方々のカバン持ち的な業務につき、到着日からイキナリ運転手!

で、アサインされたクルマがコレ↓
19us_02  アウトバック2.5のレンタカーです。後ろは滞在先のホテル、隣はウィスコンシン州ナンバーのSHターボで、USAでもスバルの法則が。
まぁ、エキストラ払っても良いので新型フォレスターをリクエストしていたのですが、予約できず、コッチが来ました。
エンジンはNA2.5LでワタシのBS9と同じ。フォグもアイサイトもついておらずエアコンもダイヤル式。日本にはないスタンダードベースグレード?でしたぁ~。

週末、お偉いさん2人は出張先のお偉いさんとゴルフ。で、ワタシは某社から出向してきたお偉いさん1人(この方はゴルフをやらずUSA出張も初めて)を連れて、観光案内のミッション。今回の出張先がオハイオ州のインディアナ州との州境だったので、ちょっと提案しOKをもらったのがここ↓
19us_08上の写真のみ、右記の過去画像を使用しております。展示物に関しては、こちらのブログにまとめてありますので、よろしければご覧ください。

19us_04航空機にはほとんど興味の無い方でしたが、そこは物作り企業の重鎮、この博物館の規模を国力の差に投影し感心されておりました~。

19us_03お土産買いだし時のWAL MARTのパーキングにて。左上にLimited gradeもいれてみました~

日本で気になっていた低速低回転時の振動は一切なし。
というのも、そのシチュエーション(20km/h以下の緩い登坂を1500~1800rpmで徐行)など発生せず、踏み出しから2500rpm以上で徐行も20mph(32km/h)程度のため、件の領域は常時超えていました。

19us_07自分自身へのお土産は、キャップと月のマグカップ、同行の「飲み師」に教えていただいたバーボン←普段は飲みませんが、夕食で注文したらおいしかったので。あとは職場や家族、知り合い等へのものです。


久しぶりのUS出張でしたが、また行きたいと思いましたぁ~。


p.s.
アセントに一度も遭遇しなかったのが残念!

 

2019年6月17日 (月)

Strawberry moon

Strawberry_moon_01だそうです、本日は。80-400mmで撮影後、リサイズ&レタッチ

梅雨の中休みと言ったところでしょうか?昨日にも増して、シーイングがヨカッタですねぇ…

話変わりますが、レンズを購入しました。

9616_04Nikon 24-120mm f4G VRです。SIGMA 17-50mm f2.8のズームリングが回転しない故障となり、代替機としての購入です。

9616_05キットバラシの新品購入ですが、いやいや、コスパが高いです。サイズがでかいのと重いのが欠点ですが…。
DXの16-80mm f2.8-4と悩んでのですが、FXレンズとしました。

9616_013枚とも絞り開放(f4)で撮りましたが、コレに我慢できなくなったら、もう大三元に行くしかないのでしょうねぇ?


p.s.
ワイド端は、単焦点が欲しいですぅ~

下の1枚だけは上記レンズが来るまでにツナギで使っていたSIGMA 18-300mm f3.5-6.3 Zoomです。
Obk07sD70購入当時←2004年頃?、中古(5000円)で購入したもので、モーター非搭載なのでAFは迷いっぱなしですが、SSを上げた晴天下でちょっと絞れば(写真はf4.8)、結構イケル事を新発見しました!

2019年4月20日 (土)

今宵の満月

帰宅時は曇っておりましたが、

映画のレイトショーから帰ってきたら、明るく輝いておりました。

Last_full_moon_1

  平成最後の満月です。

F8 1/500 ISO320 D500(80-400mmテレ端)の手持ち、ピクセル等倍を1/2リサイズです。
例によってアンシャープやトーンカーブ、カラーバランスを調整しています。

2019年3月13日 (水)

星野之宣作品と月~ 後編

「残像 -An after image-」

こちらは前編の満月に比べ、今宵、月齢6.5上弦の月です(20時頃撮影)。
 
Moon_10
満月に比べ、少し欠けていたほうが太陽光が斜めに差すため、クレーターや山脈に立体感が生まれます。
 
 
「月は地球から遠ざかっているという。」
 
 Moon_06  こちらは早朝、明るくなった頃の下弦の月
 
「あなたの月になりたい。月になって、あなたの回りをぐるぐる回っていたい」
 
  
前回紹介した「月夢」と同じ作者である星野氏の「残像」も月にまつわる切ないSF作品となっています。
 
-月面の隕石落下事故で一人の女性が命を落とす。その女性の遺した一枚の写真には、古代パンゲア大陸が鮮明に写りこんでいた。調査に訪れた男は、高名な宇宙カメラマンで彼女の元夫。その写真が撮影できたナゾと、彼女の気持ちが理解される時、男は彼女の真の思いを知る-
 Photo 
写真もジャンプコミック「残像」より。
 
こちらは太陽系内の地球のすぐ内側の金星を舞台とする「神美曲」、すぐ外側を巡る火星が舞台の「世界樹」との3部作で、SFと人間ドラマが重厚に織り成す短編集となっております。
 
 Photo_3 
こちらは先月末に発売された最新刊「龍星」。
 
といっても2010年代の作品は1編のみで、それ以外は70年代から90年代の物が収録されています。懐かしいところでは「冬の惑星」「タールトラップ」などもあり、前編で紹介した「妖女伝説」未発表の下書きも1編、習作として収められています。
 
他にも多数の秀作を描いている氏の作品群を、皆様も春の匂いを感じ始めたこの季節の夜にご一読されてみては、いかがでしょうか…。

2019年3月 1日 (金)

某戦闘機乗り新作アニメを観てみた。

以前、この記事を書くために参照した方(←今度はTC380も入手されたとな!!)のブログで、戦闘機の機動がリアルと紹介されていたので、プライムビデオで2話ほど観てみました。
 Kotobuki01ワタシが知らないだけでしょうが、たぶん第一話最初のエンジン始動なんて実際と同じ手順を踏んでいるのでしょう。
発艦前のタキシング時に前の機体のプロペラ後流を避けるために後ろの機体が機軸をずらしたり、パワーを上げると左に傾くのをラダーで補正して蛇行する辺りもリアルなのだとおもいます(たぶん)。
 
Kotobuki02確かに機体形状やカメラアングルはバッチシ。機動にあわせて曳航弾が描く軌跡も、恐らく物理現象に基づいてモデリングされていることでしょう…。
 
ストーリーや舞台背景が分からないこと、迷彩柄はよいけど国籍マークがかわいらしいこと、主役の飛行隊がすべてうら若き美女というのがワタシのツボから外れますが、確かに飛行シーンや戦闘シーンは紹介されたとおり◎です。しかしドラマの背景を考えると、いかにも飛びそうなオリジナルのレシプロ機体でもよかったのでは?と個人的には思います。
 
Kotobuki03まあ、「艦これ」は戦艦、「ガルパン」は戦車、のレシプロ戦闘機バージョンを狙った作品なのだとは思いますが、コクピット内にオイルや煙がにおってくるようなアナログ感はありません。
 
この動画の搭乗員として、装備までしっかりと考証された松本零士キャラ(男性)を乗せて、「音速雷撃隊」や「潜水航法1万メートル」、「ベルリンの黒騎士」なんて重厚なストーリーを楽しみたいと思うのは、我々世代のオッサンだけなのでしょうねぇ~~
 
 
 
*画像は、youtube 動画より引用しました。

2019年2月20日 (水)

星野之宣作品と月~ 前編

先ほど撮った、本年のスーパームーンです。本日といい、昨年の皆既月食といい、月には、不思議な感慨が込み上げてきます。

S_moon_19_02ISO100 F8 1/400 35mm換算600mm相当でサイズSをクロップし等倍切り出しです。
↑トーンカーブ調整のみ行っています
 
満月をPCモニターで引き延ばして眺めていると、星野之宣氏のコミック作品「月夢」を思い出します。

 

-満月の夜に月に帰ったわが娘の思い出を胸に、数百年の歳月をかけてNASAの宇宙飛行士となった男、その思いが叶い、月に降り立ったとたんに、育ての父が起こした行動とは-
 
Kaguya02
-再びめぐり合った乳飲み子を、女手ひとつで育ててゆき、彼女の人生を見ることで、はるか昔にもそのような事があったと、数百年も生き続け八百尼と呼ばれるようになった育ての母の想いとは-


竹取物語を下敷きに、古典とSFが交錯する秀作で、娘の成長を見守る親心と、その幸せな一時が忘れられず、一途な想いが織り成す、儚くも美しい短編です。

 
Kaguya00

写真はジャンプコミック「妖女伝説」全二巻。第一巻の表紙が月夢です。
 
各地の伝説、その中の女性をキーに描く人間の欲望や怨念を見事に織り込んだ作品集となっております。

2019年2月 5日 (火)

とんだバースディだぜ、こりゃ~

1/27(日)発熱(Max39.0度)休日診療で6時間も待ったが、インフル結果はシロ。
28(月)熱下がらず(38度中盤)、AM通院で検査結果はクロでA型。

Inhuru02

ゾフルーザ処方で当日1回飲むと、30日(水)には平熱近くまで解熱。
ただし、頭痛は継続し、咳もあるため、勤務先の指示に従い、2/1(金)まで強制休暇。

 

まぁ、足掛け8日間、仕事もプライベートも滞りましたが、順調に回復したので昨日から職場復帰しました。

 

ただし、辛いことばかりではなく、娘からキーホルダーの誕プレをいただいたり…

Inhuru01
もう、ほとんどのスキー場でシニア料金となってしまいました~。

 

頼んでもらえるものじゃないので、とても嬉しかったです。
有名なレザー製品のブランドみたいです。

Inhuru03
早速、アウトバックのキーに取り付けてみました~

 

ありがとさん!

より以前の記事一覧