無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

愛車でドライブ

まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~

2021年10月 7日 (木)

2021年秋のドライブ第一弾は、丸沼方面へ~(後編)

前編では、丸沼高原ゴンドラ山頂駅から西北に広がる群馬県境の山々を紹介しました。
  
後編ではそこから振り返ると、足湯場の奥に日光白根山が!
Mrn18
  
Mrn19神社脇から、野生動物除けのゲートを開けて、散策コースを進みます。
  
Mrn21 二荒山神社を起点にUP~Down続きで、ぐるっと小一時間
  
木立が高く遠景は望めませんでしたが、散策後は水分補給でソフトクリーム。
Mrn20ミックスショコラの断面が観たくて、ちょっと遊んでみました。
  
山頂駅よりゴンドラを下り駐車場に戻ったら、遅めの昼食を摂るため「道の駅かたしな」へ向かいます。
  
まずはインフォメーションセンターに向かい、撮った写真を見せてダムカードをいただきます。
  
そこのレストランで注文したのは丸沼ダムカレー。なんとダムカレーカードと食べ方の取説、旗!がついてきます←お子様ランチかよ。
Mrn2314時のラストオーダー少し前だったので、席も空いていました。ライスが多めだったので食べ終わった後は、お腹が少し苦しくなりました。
   
食後は外に出て、尾瀬大橋を望みます。
Mrn24ワタシがスキーを始めた頃からこの橋ができるまでは、鎌田地区の狭い市街地道路を抜けるのに、冬場は凍結しており厄介でした。当時はスキーブームも手伝って、混雑に輪をかけていました。この橋が架かり国道401号のバイパスとして地元の方もスキーヤーもWin-Winの関係になったのは、皮肉にもブームが下火になってからと記憶しております。
  Mrn07_20211007230001写真は前編(丸沼ダム)の駐車場にて
 
食事の後は国道120号から薗原湖経由で昭和ICに向かい、関越道上り線の赤城IC経由で営業再開した富士見温泉に行き、ゆっくり湯に浸かって疲れを取り、帰路につきました~。

2021年10月 5日 (火)

さてさて、2021年秋のドライブ第一弾は丸沼方面へ~(前編)

緊急事態宣言の終了した秋晴れの週末、県内では段階的に緩和措置に行こうということで、今回も県内ドライブ。
 
カミさんを誘って片品方面へアウトバックのステアリングを向けます。
 
で、第一目的はこちら↓
Mrn06丸沼ダムです。堤頂へは立ち入り禁止で進めません。
仕方なく駐車場へ戻ってからダム下流側の沼へ細い道を下ってゆきます。
 
ほとりに着くと、対岸へ渡るためのドラム缶製のいかだがあります。乗り場には「自己責任で」という注意書きがあり、二人で乗り込みます。
Mrn03その名も「トムソーヤ号」…TDLアトラクションのような名前ですっ!
  
人力で滑車に繋がれたロープを引っ張って渡りますが、ロープが沼に接触しているので、引っ張ると濡れます。汚れても良いハンカチまたはタオルは持参必須です。
Mrn04で、中央付近で撮ったのがこの写真↑ D500+24㎜ワイド端(36㎜相当)では全景が入りきません。
駐車場に戻ると、クルマが3台も入ってきたので、そそくさと次の目的地に向かいます。
  
走り出してすぐに着いた場所は、丸沼高原スキー場。
メインの第一駐車場は県内&他県ナンバーのオンパレード。宣言解除をみんな待っていたんですねぇ。
夏営業のスキー場ゴンドラに乗って、山頂駅へ上ります。
Mrn22山麓駅から東側の斜面ではサマースキーを行っています。
 
また、西側の足元直下のゲレンデはキャンプ用に開放中(有料)されており、こちらもRVやミニバンがたくさん駐車していました。
  
山頂駅に到着後は、展望台より遠くの山々を望みます
Mrn13 浅間山
  
Mrn10 正面は武尊山、右奥は谷川岳、その間に苗場山も見えます。
  
Mrn14尾瀬の至仏山↑と燧ケ岳↓
  
Mrn16_20211006000401手前に山で見えませんが、2枚の写真の間には尾瀬ヶ原が広がっています。
 
後編に続きます~

 

2021年10月 1日 (金)

鼻高展望花の丘

 

緊急事態宣言も解除されましたが、県内では段階的に緩和されるとのことで、
Tk21_02
地元のローカル番組で紹介されていたこちらに、やって来ました。

Tk21_07
春に来たとき以来で、晴れていれば榛名山麓を望めるのですが…

Tk21_06 
こんな小春日和の~穏やかな日は~♪

Tk21_08
いつも~ いつも~ 想ぉ~ってた~♪

Tk21_09誰の~ために~咲いたのぉ~♪

昭和の歌ばっかりでスミマセン…ずいぶんとカラオケも歌ってないですね(涙

Tk21_04
夏と秋の同居…平日なのに、結構な人がいました。


途中、トイレ休憩に寄った少林山達磨寺では、
Tk21_10
ブルーのタウトが滞在したと言われる洗心亭を見学したり…

帰りは、ちょっとだけ県境を越えて
Tk21_01温泉に浸かったりと、ゆっくりと休暇が取れました~~

2021年7月23日 (金)

先週末、県境辺りをウロウロ…

昨日から始まった4連休、初日は東名、関越、東北道共に下り線は至る所で渋滞…
4都府県で緊急事態宣言+まん防発令中?なので都心方面にはに来るなと、移動の自粛要請??
矛盾だらけの梅雨明け日本列島~

まあ、このような状態は予測できたので、先週末に、しばし県境方面をドライブ…
 
早朝出発し草津白根ルート経由で万座温泉、さらに県境を目指して到着したのがここ↓
 
Manza21_03標高2000mの毛無峠です。
 

Manza21_10万座温泉から万座峠を越えて長野県高山村へ。ここから尾根直下の道を南へ進み到着となります。
 
ネット上で秘境とされ、冒頭の看板が有名ですがが、グライダーのラジコンクラブ?らしき団体様でにぎわっておりました。
Manza21_15荒れ地と草原…どうせならここの草原をバックに、ナウシカのメーヴェやガンシップのスケールモデルが飛ぶ姿でも眺めたいですねぇ…
 
ライダーやサイクリストの方々も大勢。
Manza21_18チェーンで閉鎖された峠を林道沿いに下ってゆくと、かつては硫黄の鉱山があったようです。

Manza21_17  峠の西にそびえる破風岳、毛無峠からは小一時間で山頂に行けるようですが、今回は次もありますので、登らずに向かいの毛無山へ向かいます。
 

Manza21_06_20210723054401途中にある索道跡。硫黄鉱山は長野県から掘り始めたので、群馬県側へ移っても索道で長野県側に運んだそうです。峠から群馬県側へは通行止めですが、下には精錬所や坑道跡があるようです。
 
毛無峠を後に万座鹿沢口近くで昼食を摂り、もう一つの目的地へ向かいます。
 
国道144号線が復旧工事中で通行止めにつき、迂回して湯ノ丸スキー場のある地蔵峠へ~長野県側に入ってさらに上って、池の平湿原に到着。

Manza21_11午後の日差しの中、しばし散策
 
Manza21_16
 
Manza21_14花々の時期は逸してしまいましたが、澄んだ空気を散策できました。
 

Manza21_12湿原より、小諸、佐久方面を望む
  
その後はフラットなダートの高峰林道経由で車坂峠に到着。対向車やハイキングの登山者が多く、写真は諦めました。
 
あいにくの雲で富士山は望めませんでしたが、ここから下って軽井沢に抜け、国道18号で帰路につきました~
 
Manza21_02_20210723060801喧噪からは離れた、楽しいドライブでしたぁ~


(2021.7.27誤記訂正)

2021年6月28日 (月)

ダムカード展と神流湖~

先週末はカミさんと延期になっていた、こちらを見学↓
 
Dam21_01「道の駅鬼石」で開催が始まった、全国ダムカード展

Dam21_05九州から北海道まで、全国のダムカードの紹介、限定カード↑正面も掲載されていました。

会場から最寄りの下久保ダムについても、構造や生い立ちが紹介されています。
Dam21_03理想の電化に 電源群馬
絵札のモデルは、このダムだったのですね~
 
上写真の右下、くの字の折れている右が谷の部分にかかる主ダム、左が山の尾根を更に嵩上げした副ダムで、神流湖に必要な貯水量を得るため、この構造を採用したとのことです。
 
Dam21_04見学後は城峯公園 に上り、展望台より下久保ダム&神流湖を望みます。中央下の建物がダム管理事務所
 
映写室では、工事中の動画が紹介されていました。この映像が観たかったのです!
古い画像なのが残念ですが、さしずめプロジェクトX、埼玉、群馬県境版といったところです! フィルムが残っていれば、4Kスキャン&レストアした画像で観たいものです。
 
Dam21_09

埼玉県側の城峯公園はキャンプ場にもなっており、あじさいが見ごろでした。
 
Dam21_07帰りは桜山温泉に浸かり、気分転換しました。ここは初めて訪れましたが、露天風呂は地元産の三波石で造られており、風情がありました。
 
ダムカード展は7月25日(日)まで。この日は自宅で昼食を摂ってから出かけたのですが、食べずにこちらでダムカレーをいただく手もありましたねぇ…。
Dam21_06駐車場には県内や隣県からのクルマやバイクが多く停まっていましたので、興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか?
 
ポスタータイプのカレンダーと共に、西日本や東北のダムカードを1枚いただくことができます。お饅頭はこの辺で有名な永井製菓さんのもので、スタンプ狙いで行ったお店の方は売り切れでしたが、道の駅の売店(こちらはスタンプ対象ならず)で購入できました。
 
Dam21_08今の時期は夏草が茂っていますが、埼玉県側の見晴らしポイントにて。↑
 
 

2021年5月17日 (月)

恐竜博物館としおじの湯

年初に伊香保温泉の某日帰り温泉施設では、同じ県内でも居住地が警戒地域に指定された市町村ということでケッチン喰らってからは自粛しておりましたが、ツキイチの常連だった「富士見温泉見晴らしの湯」が諸事情で休業となり、県内の日帰り温泉を物色。
 
その第一弾が河原湯温泉「王湯」でしたが、第二弾は、先日スカイブリッジに行った際に看板が気になっていた上野村「浜平温泉しおじの湯」へカミさんとGo~
  Mikabo21_17早朝に出発し、スーパー林道を経て上野村へ~お昼にはまだ早く、その前に少し下って神流町の恐竜博物館を久しぶりに見学。
過去の画像を確認したら子供が小学校に入学した2004年以来です。
 
Mikabo21_16ここ神流町は、平成の大合併前は中里村と呼ばれていました。恐竜たちが生息した時代、この辺りは海岸線だったようです。
 
Mikabo21_27モンゴルとの提携?で、そこから発掘された恐竜の化石レプリカが多く並んでいます。何でもその頃は陸続きだったので地層帯に関連性があるようです。
 
Mikabo21_19もちろん、ここ神流町で見つかった化石も数多く展示され、貝類も多かったです。
 
Mikabo21_25売店では、化石の高精度レプリカ技術による副業?の恐竜フィギュア↑が販売されていました。予約すればレプリカ体験コーナーもあります。
 
ワタシはその技術を活かした、タルボサウルスの頭部を型取ったマグネット(右上)と、すべて本物と謳っていた化石のガチャ(右中、ゴニアタイトという貝の化石が出ました~)を購入↓しました。
Mikabo21_26ちなみに、中央から左側がパンフ、右下はチケットです
 
Mikabo21_03見学後は先日来たときも好評だった村営の「福寿庵」へ。
 
Mikabo21_22天もりそばはボリューミーだったのでカミさんが注文して天ぷらは二人でつまむこととし、ワタシは十石そば(冷)を注文。上野村産の椎茸と上州産の舞茸が盛り付けられておいしかったです。供された器も、同村の木工工芸品だそうです。
 
Mikabo21_24で、こちらも前回と同じく「道の駅上野」にて食後のデザート。十石味噌が練り込まれたソフトクリームがお気に入りとなったカミさんですが、ワタシはアップルマンゴーミックスを注文。
 
Mikabo21_23上の写真は休憩処からの眺めですが、今回は国道両脇の至る所の山々で、自生する藤が見事な花を咲かせておりました。
 
そして目的のしおじの湯へ。
 
Mikabo21_18塀で仕切られているとはいえ、すぐ外の川沿いに釣り客が多くてアレでしたが、露天風呂も内湯も気持ちよく、充分温まることができました。
 
欲を言えば、自宅から短時間で来られれば回数も増えるのだと思いますが~。
 
*「見晴らしの湯」は、先月末より営業再開されているらしいので、詳細がわかり次第レポートします。

2021年5月14日 (金)

新緑のスーパー林道を走る

群馬県藤岡市から神流町、下仁田町、上野村、南牧村を尾根伝いに走る御荷鉾スーパー林道という名のルートがあります。ワタシがバイクに乗っていた30年前は、全区間70km弱が未舗装のダートでした。
 
今回は休日にアウトバックで、この一部区間を走ってみました。
 
スタートは藤岡市から。R462号線の神流湖脇から上がってゆきます。
雨降山、東西の御荷鉾山への登山を脇に観ながら走ります。
 
近年では御荷鉾のエクスカリバーが有名ですが、草が生い茂っており今回はパスし、そのまま進みます。このあたりは両側に杉が生い茂っており、地図上では尾根の直下ですが景色は良くありません。
 
LEVORGでは舗装区間、赤久縄牧場(跡?)まで来て神流富岡線に合流し甘楽、富岡方面へ下ってしまいましたが、今回はみかぼ森林公園側のダートへ進入です。
 
Mikabo01ここから塩ノ沢峠まで約20kmはダート比率が高いですが、自治体によって舗装区間もあります。
ただし雨や台風の状況次第で通行止めとなりますので、現場の看板指示に従うことが大切です。
 
Mikabo21_02公園内ではところどころ木々が開けた場所があり、その脇に駐車して景色を楽しむことができます。しかしガードレール等はなく道からあまり離れない方が安全です。
 
Mikabo21_11オフロードバイクに乗っていた時代は、多少のヤンチャもしましたが、未舗装区間はフラットなダートだけでなく、げんこつより大きな鋭い石がゴロゴロしたり先端だけ露出して埋まっていたりする箇所もあり、速度を上げることができません。
 
Mikabo21_15まだまともな路面の方↑ですが、徐行です。腹を擦ることはありませんが、速度を出すと石跳ねがフロア下面を傷つけます。
 
Mikabo21_08猛禽ちゃん。240㎜の画角から、等倍切り出し。
 
Mikabo21_07上2枚は、上野村の展望台より。林道からのアクセスは、すれ違いのできない細い道なので対向車やバイクに注意が必要です。
 
上野村に入ってからは舗装区間も増え、杉伐採の林業が盛んで、道の両脇には切り揃えて積み込むエリアが散見されます。このあたりは切った後に植林されたエリアから遠くの山々を眺めながら走ることがでます。
 
Mikabo21_10塩ノ沢峠以西も木々に囲まれて暗く、一部ダート&下りになりますので、林道走行はここまでにして上野、神流町方面へ下ります。
 
Mikabo21_09バイク時代に休暇を取って平日に走りに来て林業や砕石運びの大型車とのすれ違いでヒヤリハットを多々経験したので、以後は土日しか出没しませんでした。
 
Mikabo21_13今回走って、クルマで来るもんじゃないと思いました。Wildernessなら問題ないかもですが、でも嫌だなぁ…。
 
ここを走るのなら、対向車への細心の注意&業務車両優先なので、そこは守っていただければ、と思います。

2021年5月 4日 (火)

県内日帰り、東から西へ~後編

館林~高崎ドライブの後編となります
 
科学館をあとに、かつての館林藩主、旧秋元邸へ
Tbtk_21
 
Tbtk_22その後は、旧モリスン事務所(上)、田山花袋旧居(下)を回ります。
 
Tbtk_25 
Tbtk_40誇る文豪 田山花袋
 
Tbtk_26R354ルート上の伊勢崎市にてパスタのランチを摂り、高崎市鼻髙、展望花の丘へ
 
Tbtk_28菜の花とネモフィラが見頃
 
Tbtk_31
駐車場は少し混んでいましたが、土地が広く各自の滞在時間も短いためか、比較的すいていました。
 
Tbtk_37 
Tbtk_20午後は風が強かったですが、沢山の花々を満喫しました~
 





2021年5月 3日 (月)

県内日帰り、東から西へ~前編

GW飛び石連休、ほとんど家で過ごしていますが、先日、天気が良かったのでカミさん乗せて、日帰りドライブ。

今回は前編、つつじヶ丘公園です。
 
 
蜜を避けるために通勤と同じ時間に朝食を摂って出かけたら、9時の開館時間より結構早く到着。
Tbtk_07

ここからは写真をご覧ください↓
Tbtk_18
 
Tbtk_08
 
Tbtk_11 
 
Tbtk_05花山公園 つつじの名勝
 
Tbtk_06
 他の花たちも綺麗でした~

Tbtk_13
 
Tbtk_19公園散策のあとは、向井千秋記念こども科学館へ。
 
Tbtk_23十数年前に子供たちを連れてISS観測会に来て以来です。
 
Tbtk_17宇宙ツツジは咲いていなかったので、宇宙メダカ(の子孫)をお楽しみください~
 
Tbtk_151000CCの自動車(SUBARU1000)用水平対向エンジンを積んだSUBARUプレーン。まぁ、グライダーに補助用動力を積んだイメージですが。

 
かつてはここ、館林にも民間飛行場がありましたので、家族で遊覧飛行を楽しもうと貯金をしていたのですが閉鎖されてしまい、とても残念でした。

Tbtk_09後編へ続きます~

2021年4月28日 (水)

開通明けの草津~白根ルート

草津白根ルートが23日に開通したので、都心部の緊急事態宣言前の24日(土)にカミさんとドライブしました。
 
最初の目的は国道406号から県道377号経由で湯河原温泉に抜ける大柏木湯河原トンネル。この記事をまとめようとしてGoolemapにて偶然発見。八ッ場ダム建設に伴い資材運搬用として活用されたのちに河原湯から高崎方面への利便性向上(30分短縮はデカイ!)のため昨年12月に一般供与が開始されたとのことです。
Manza21_06Googlemapより
 
かつて国道406号は榛名山西麓をぐるっと回って、東吾妻町郷原でR145に合流し、戻る形で長野原方面へ向かいました。
八ッ場ダム工事が本格化してからは、大戸関所跡から西へ折れて須賀尾峠を越えてR145へ合流する道が、対面通行可能まで拡幅整備されました。これだけでもうれしかったのですが、降雪後の峠越えは凍結するので、このトンネルの完成は時短+路面良好で、とてもありがたいです。
 
Manza21_00東吾妻町側入り口
  
このままR292にて道の駅「草津茶屋運動公園」にて休憩&買い物を行い、白根方面へ。
 
雪の壁を見たことないとの事なので、登ってゆきます。開通後、最初の土曜なので車、バイク、自転車が多い、多い~っ!
停車禁止看板の先で、サイクリスト2名が記念撮影中に出くわしました。確かにここは日常とは違う風景を楽しめますが、停車禁止区間は走り切らないと。初めてここを走ったときはバイクでしたが、ヘルメットの内側まで強い硫黄の匂いが入り込んで「止まったらヤバイ」と感じました。昨年のこの時は自転車や2輪は通行止めでした。警戒レベルが1とはいえ、安全性はどうなんでしょうねぇ?
 
Manza21_01で、白根、万座への分岐、山田峠を越えて雪の回廊へ。途中、数か所工事用の信号があり、交通規制を行っていましたが、それにしても人が多いです。雪の回廊なんて、映える写真を撮ろうとバイクや自転車は路駐、歩行者も立ち止まって反対車線から記念撮影。道路を通る車は一方通行状態。
 
この時期に来たのは10年ぶりですが、その時は撮影している人などおらず、今回、歩行者が多すぎてびっくり、車線もそれをよける交互通行となってしまいヤバかったです。
 
で、その後はスカイレータ向かいにある2307スカイカフェでお茶して戻り、万座方面へ向かいます。
Manza21_05途中のパーキングにて、北アルプス方面
 
実はここからメインの目的地へ向かうはずだったのですが、なんと、まだ冬季閉鎖中(涙。草津白根ルートとは開通時期が異なっており、よく確認してから出かけてくるべきでした(大泣。
 
ですので、有料の万座ルードで鹿沢口まで降りて遅めの昼食を摂り、道の駅「八ッ場ふるさと館」で買い物をしつつ、川原湯温泉の王湯へ~
Manza21_02初めて利用しましたが、思ったより狭く、コロナ禍でもあり男女各10人の定員制限中でしたが14時台ということもあって待たずに入れました。帰りはR145で郷原ランプまで戻り、県道28号線で榛名山に上り伊香保方面へ降り、前橋ICから関越道で帰路につきました。
 

Manza21_04目的達成とはなりませんでしたが、いずれ挑戦したいと思います~。

より以前の記事一覧

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。