愛車でドライブ

まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマっ!

2024年3月 9日 (土)

梅は咲いたか?~2024初春

本日は地圧配置も冬型に戻り、今週末は関東山岳部でも雪の予報…

先月下旬の話ですが、梅を観にちょっとドライブ。
4_20240309093101

場所はこちら↓11_20240309090201水戸の偕楽園ほどではないですが、北関東ではちょっと有名。

9_20240309090201まだ3分咲きといったところでしょうか?
神職衣装の体験着用会も行っておりました。

8_20240309090201
14_20240309090201ロウバイは終了間際…

で、お昼近くなったので、初めて訪れる場所に移動。
長野新幹線の開業当時、新幹線通勤の顧客を狙って、駅周辺に住宅分譲地を開発。
土地が広く、大きな家が立ち並んでいました。
12_20240309090501駅売店で「峠の釜めし」を購入出来ると思いきや、お昼直前になっても到着せず。
あきらめて、倉渕までおりてコンビニでおにぎりを食し、国道144号迄出て酒饅頭を購入し、岩櫃山を横目で眺めつつ一気に榛名山に駆け上がります。

標高が上がってゆくと、日陰の箇所には一部雪もありましたが、スピードを落として慎重に上ってゆきます。
6_20240310220201 湖畔は雪化粧でした♩

風もなく小春日和…下り際にある展望台より1枚
5_202403090930013三連休の中日だったので、伊香保市街地は駐車場待ちの渋滞でめっちゃ混んでいました。
ですので、日帰り温泉に浸かるでもなく、そのまま帰路につきましたぁ~

p.s.
勤務先駐車場近くの梅の木
208 昨年4月に異動で現勤務地に戻った形なので、今回久しぶりに開花に遭遇

202香りもたくさん楽しみましたぁ~

2023年11月26日 (日)

紅葉狩り2023~秋

暑かった10月から一ヶ月で、もう冬。

秋らしさを感じませんでしたが、近郊での紅葉狩りを楽しんだ備忘録などを…

赤城山 2023.10.21
3_20231126092001覚満淵やその周辺は終了だったので、この日は赤城白樺牧場にて撮影

小河内ダム 2023.11.4
12_20231126095201
10_20231126095201
4_20231126092001はじめて訪れましたが、ダムと絡めた場所の色づきはイマイチでした。

妙義山 2023.11.18
Myougi23_01ビジターセンターからの眺望では色づきは望めず

で、先週は見頃ではなく、昨日再度リベンジを兼ね、総括的に近郊をドライブです。

妙義山 2023.11.25、先週と同じ場所から
Myougi23_02バッチリでした~

桜山公園 2023.11.25
8_20231126092001
6_20231126092001
16_20231126092001紅葉は見頃、冬桜は三分咲き程度で、これからのようです

神流湖(下久保ダム) 2023.11.25
13_20231126092101道の駅おにしで、永井屋さんのおまんじゅうをゲット!

間瀬湖 2023.11.25
14_20231126092001奥の方は相変わらず釣り客が多かったです。

高崎 観音山 2023.11.26
18_20231126201501白衣観音 慈悲の御手

天候や気温次第で追いかけましたが、まずまず楽しめました~~Myougi23_03

紅葉に映える 妙義山

2023年7月27日 (木)

猛暑ドライブ~花と天狗と滝の涼(後編)

前編のラベンダーパークから、次の目的地は迦葉山弥勒寺にステアリングを向けます。

たんばら高原から迦葉山への近い分岐からは、すれ違い不可能な下山専用の一方通行なので、さらに先の対面通行の分岐まで戻ってから登る必要があります。ナビのルート案内は正確に指してくれます。

20_20230725213801大きな観音像が建っております。

09階段下に狛犬がおりますが登りきると両側に対の天狗が座しております。

10_20230724231301内部はこんなカンジ。
SHフォレスターの純正ナビは群馬県境を越えるとこの天狗の画像が現れました。
(現在のBT5ナビは草津の湯もみ写真です♪)
19_20230725213801
道の駅「川場田園プラザ」で昼食を摂ろうにも、めっちゃ混みなので、おにぎり専門店で各自お好みを購入しベンチで昼食。そそくさとその場を後にします。

その後は本日最終目的地、吹割の滝へと国道120号を進みます~

脇の駐車場にクルマを停め、階段を下りてゆきます。
21_20230725214401先ずはつり橋側から

徐々に下流へと歩いてゆき、吹割の滝へ
13_20230724231301
11_20230724231301滝は吹割(ふきわれ) 片品渓谷

14_20230724231301

12_20230724231301更に下流へと鱒飛びの滝へ
 
22_20230725214901クルマに戻り、16時近くで外気温34度~ドリンクで涼を摂りながら来た道で帰路につきました~~

2023年7月24日 (月)

猛暑ドライブ~花と天狗と滝の涼(前編)

関東地方は梅雨が明けたようです。
昨日はアウトバックBT5で三世代女子会(義母・カミさん・娘)の運転手

前々日の金曜夕方、首都圏情報番組で玉原高原のラベンダーパークが紹介されており、行く先を決定!

上武国道を渋川伊香保ICまで走り、関越道で沼田ICまで。
満車に近い駐車場の奥から入り口まで歩き、チケットを購入して入場。
06_20230724224401Tambara Lavender Parkの略みたいです。

07先ずは正面左側のラベンダー&ひまわり畑へ。

03_20230724224401
15_20230724230301冬期営業のたんばらスキーパークの斜面を利用してラベンダー等夏の花々を栽培。

04kaiいつも~いつも~想~ってたぁ~♪

その後リフト(別料金)で登り、上部の会場へ~
05_20230724224401まずはラベンダーソフトクリームでのどを潤します。

17kai
02_20230724224401その後、数々の花を楽しみました。

16_20230724230301縦笛、ケーナのコンサートは南米の薫りが~♪
「コンドルは飛んで行く」から始まりジブリ、中島みゆきさんの曲もマッチしていました~

下りは徒歩で正面まで降ります。
18_20230724231001ドッグランもあり、途中はコキアの畑が多かったですが、ラベンダーのシーズン後は
こちらを楽しませてくれる予定でしょう。

たんばらダムにも行きたかったのですが、分岐箇所を入ってよいのかわからなかったので、
08帰りに道沿いの展望台から見下ろしました。


後編に続きます

2023年6月27日 (火)

臨江閣とさちの池~

一昨日の土曜日は家人のリクエストで前橋へドライブ

前橋公園の駐車場にクルマを停め、まずは臨江閣へ

臨江閣は、地元の偉人楫取元彦や前橋市が中心となって寄付を集い明治時代に迎賓館として建てられました。
その後は数々の行事で使われ、近年では大河ドラマや今期の朝ドラでも撮影されました。

4_20230627045901最初に建てられた本館(1884年9月竣工)と、その脇には茶室(同年11月竣工)もあります。
京都の宮大工による建築とのことです。

11_20230627045901茶室の庭から本館、別館を望む~紫陽花が見頃です

1_2023062704590135㎜換算36㎜では全景が入りきりません~別館の竣工は1910年8月です。
室内は空調が効いており、湿度も低く見学にはもってこいです。

9また、2階の広間は柱のない構造で、鉄を南北(横方向)に渡し、その張力で支える構造を採用したとのこと。
当時最先端の工法だったことでしょう。

夜にはライトアップされ、そちらも雅な姿で私たちの目を楽しませてくれることでしょう。
日本庭園側からの眺めは、常緑樹の葉が落ちた冬場の方が建物が。

さちの池は、臨江閣から県道をくぐって南にあります。
5_20230627050601
池の中央には鶴の像が↓
23上からの眺めは後述します~。

17_20230627050401鳩がたくさんおり、子供がパンくず?を与えていました。
近くにはおこぼれに預かる雀の姿も…

周りは桜の木がいっぱいで、春は楽しめそうです。
6_20230627045901しかし一角にはひまわり畑もあり、梅雨明け頃も楽しめそうです。

その後は徒歩で県庁舎へ~

中に入るのもエレベーターで最上32階へ登るのも初めてです。
最上階からは前橋市や関東平野、群馬の山々を眺めることができます。
3_20230627045901入り口ではぐんまちゃんがお出迎え

19_20230627050201臨光閣全景(室内照明の映り込みはご容赦のほどを…)

10_20230627045901子持山~榛名方面

13_20230627050201先ほどのさちの池は、群馬県の形を成しております。

1フロア降りて遅めのお昼にランチ…とも思いましたが、市内のパスタ店にてランチにしました~
高崎の本店がよくTV放映される有名店です。

2_20230627045901県庁舎から駐車場への戻り道にも満開の紫陽花が

21_20230627051001アウトバックの距離は稼げませんでしたが、楽しいドライブでした~


2023年6月10日 (土)

ツツジとショーンに会いに行く赤城山~♪

日曜日は晴れていたので、予定通り赤城方面へ~
 
11_20230610041301BT5の慣らしも兼ね、目的地まで一般道にてほぼEye Sightの全車速追従を設定して走行。
ほぼ2500rpm以下をキープ、坂道の追従発進で3000rpm手前まで一度だけ上がりましたが、その後は昇り下り(エンブレ)共に2000rpm前後で推移。
 
当日はビジターセンターでスタンプラリーの用紙をいただいたので、その地点も周りました。
 
10_20230610041301小沼の駐車場には満車で止められず。八丁峠に向かう道沿いの駐車スペースから1台、出てきたのでタイミングよく駐車。そこから地蔵岳に向かいます。
 
準備運動も兼ねた歩き始めは息が上がってしまいますが、途中で休憩した後は徐々に呼吸も慣れてきます。 
8_20230610041301ヤマツツジでしょうか?
上り下りの道中、あちこちに咲いており満開でキレイでした。

2_20230610034401北側は至仏山~燧ケ岳の尾瀬方面がキレイです。
  
山頂に到着も時間が早いので少し休んで、南側を見下ろす場所に移動。
3_20230610034401小沼を挟み、先々週に登った長七郎山越しに関東平野を望みますが、前線の影響か江戸方面は望めず。
 
5_20230610034401ちょうどお昼時に降りてきたので、小沼湖畔でランチ(コンビニのサンドウィッチ)
中学生?の遠足組が賑やかでした。
 
4_20230610034501小沼湖畔から地蔵岳を望む
 
その後、鳥居峠に寄るも、各満淵につつじは見られません。
7_20230610035701ここは風の通り道なので周辺より気温が低く、レンゲツツジはこれからのようです。
 
6_20230610035801個人的にはヤマツツジとレンゲツツジの違いが分かりにくいので、時期で判断しています。
造成された花山公園もよいですが、自生のこちらも、お気に入りです。
  
12_20230610034501大沼で休憩し、赤城神社でスタンプをいただき、応募条件を満たしました。
  
その後はショーンに会いに白樺牧場へ~
14_20230610042201
13_20230610034601実際はユキちゃんやフワちゃん等、それぞれに名前がついているようです。
ツツジと絡めたショットはこのような感じ↑
 
15_20230610034701今回、至る場所の駐車場も混んでいたので、クルマの写真はありません。
 
17_20230610034801もう少し空いた時期に撮影に来ようと思います~

2023年5月24日 (水)

定期点検と近場ドライブ


先週の土曜日に6ヶ月点検実施

特に異常なし。
昨年の大半は米国出張だったこともあり、21年暮れから最近まで1年6ヶ月スタッドレスで過ごしました。
で、今回久しぶりにノーマルタイヤへと点検ついでにディーラーにて戻しました。
Akg2305_21_20230610030501   6ヶ月点検だと工賃は有料なんですよねぇ…。天気が良ければ自分で換えたのですが。

外した17インチのホイール&タイヤはそのまま買い取りショップへ持ち込み~。
Tk04_202305242328014シーズン愛用したスタッドレスタイヤの買取価格はゼロでしたが、8シーズン愛用のホイールは買取いただけました。
来シーズンは冬タイヤ、ホイールともにチェンジです!

で、翌日曜日は前橋方面へ~

高崎市内のパスタ屋さんで、しばらくぶりのサラダバー&ランチパスタの後、カミさんリクエストで臨江閣に向かうも、お茶会のイベント開催中だったので見学は断念し、近場の赤城山へ~
Akg2305_19_20230524232101小沼をぐるっと一周の予定が、途中で標識を見たら近いので急遽ルートを変更し長七郎山へ~地蔵岳よりも負荷は少ないです。

長七郎山は、小沼の南側にある頂です。

Akg2305_13山頂に着くも雲の中で関東平野の景色も、向かいの地蔵岳も望めず。

Akg2305_22まあ、よい運動にはなりましたが…薄紫色のつつじがたくさん咲いており奇麗でした。


Akg2305_14駐車場に戻ったころには地蔵岳も見えてきて、大沼到着の頃には薄日が差してきました。

Akg2305_07湖畔にてソフトクリームで水分補給?の一休み

Akg2305_17山つつじはこれからのようなので、2週間後の週末が晴れたら、また来ようと思います~



2023年5月16日 (火)

GWは安近短で(後編)


5月4日(木)

マッタリと寝坊したので、朝食を摂って赤城山に出発!6_20230519230501昨年は黒檜山をリタイヤしたので、足慣らしで再び地蔵岳へ~

8_20230519230501登り切ってお弁当(コンビニのサンドウィッチですが)を食し、2時間強の行程で楽しみました。

7_20230519230501帰りに富士見温泉に向かうと、隣接した道の駅も施設の駐車場も満車で今回は諦めました。

ヤマツツジの時期になったらもう一度行こうと思っています~


5月5日(金)
義母と一緒にカミさんが予約しておいたダム見学ツアーへ3人でGo~

神流湖経由で途中おいしいお饅頭をいただきながら上野村へ。
20_20230519230501ちょっと早かったので白水の滝や

15スカイブリッジ方面を散策。

定番のお蕎麦屋さんで昼食。
1_20230519231801開店直後に入店しましたがGWだからでしょうか、あっという間に満席。

その後は村主催のツアーで「上野ダム」上流、御巣鷹山直下の神流川発電所へ~
19ここは揚水発電の下部ダムで、上部ダムは長野県の南相木にあります。
 
17_20230519230501バスに揺られトンネル内部へ30分、御巣鷹山の内部に長さ210m、幅33m、高さ52mの巨大地下空間があり、そこに発電設備が据え付けられております。

11_20230521064101ネットやSNSへの投稿は控えて欲しいとのことなので、パンフの一部を掲載します。
 
5_20230519230501その後は「しおじの湯」に浸かり、疲れた体を癒しました~

2023年5月12日 (金)

GWは安近短で(前編)

今更ですが、今年のGW、我が家の前半は冬物の洗濯や掃除、洗車等を実施し、
中盤から後半にかけては、安近楽の日帰りドライブ三昧~
久しぶりに日本の連休を楽しみましたので、2回に分けてお届けします。 

5月2日(火)
夕方にチャリで近場を走行中、西の方の山々がクリヤで雲もなくカミさん誘い急遽こちらにドライブ~

残念ながら月が出ていたので細かい星々は望めませんでしたが、クレーターのアップを観ることができました。
冬の星座の終わり沈みかけた昴~北斗七星より続く春の大曲線~夏の星座(こと座ベガ)の出現までを解説いただきました。
そして、最新のスマート天体望遠鏡(eVcope2)では、M51ソンブレロ銀河(リンク先はWiki)を堪能。Nikon製のEVFから覗く銀河の姿が、メッチャ美しかったです!Mn3502マイデジイチによる手持ちで駐車場にて月を撮影

片道2時間かけて滞在は1時間程度でしたが、沢山の家族連れが訪れており枕草子やギリシャ神話等、説明員の方が小学生にもわかりやすく説明されていたので、耳を傾けて感心しました。
 
次は夏の星座、お盆休み狙いですね~天の川に出会えるか?

5月3日(水)
ニュースで紹介された藤を観に藤岡市の藤公園に出撃!
4_20230515225701
藤棚が見事で、ステージではイベントも開催されていました。
5_20230515225501
帰りは定番の白寿の湯につかって帰ってきました~~


1_20230515225501
後編に続きます~

2023年4月16日 (日)

続サクラサク2023

先週日曜の4月9日、桜を眺めにササっと再びドライブ。
 
例年、平野部より満開が少し遅い妙義方面へ
9_20230416134401先ずは道の駅妙義に駐車し、妙義神社へ~

2_20230416134301

坂道と階段が長く、一苦労。

4_20230416135401 散り始めだけど、楽しめました。
  7_20230416134601  
18_20230416134301
20続いてさくらの里へ。
駐車場が満車につき、上部の第一駐車場まで上がります。

16_20230416134301やはり桜は終わり気味でしたが、アップダウンを徒歩で楽しみま

横川駅ではちょうどSL(デゴイチ)が停車中
12_20230416134301
11_20230416140001逆側はEF64

その後はドライブインで峠の釜めしを食し、碓氷峠バイパスにて軽井沢方面へ

信濃追分近辺を少し走って、雄大な浅間山を堪能。
サミットの予行らしく沿道の警備体制が厳しく、そそくさと往路を戻ります。
検問を受けたわけではなく後ろめたいこともありませんが、なぜか落ち着きませんでした。
 
裏妙義?
14_20230416134301帰りは松井田町の「峠の湯」につかり、疲れた両足を癒してきました~

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー