無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ゲレンデが呼んでいる

オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!

2021年4月20日 (火)

スキー2020-21シーズン総括

タイヤも履き替えたことですし、今シーズンのスキー&ドライブをまとめておきます。
 
Skiウェアもクリーニングのため、袖のホルダーからチケットを取り出しました。

 
〇八千穂高原スキー場
 
関東地方は非常事態宣言下でも、長野県はそちらや中部地方からたくさんのスキーヤーが。マスク着用、レストハウスはトイレ借用のみで、足慣らしはバッチリ。
Yachiho21_02_20210414224701 
 
 
〇白樺高原国際スキー場
 
謎の頭痛に襲われ、早々に切り上げ。症状は、この時に酷似していました。
発熱や咳もなく、帰宅後は問題なし。どうも気温と湿度がダブルで低い時に発生した模様。
来シーズンは頭痛薬持参で来ようと思います。
S_kokusai_21_01_20210414223301
〇パルコール嬬恋スキー場
 
久々の県内スキー。天候も雪質も恵まれ、楽しんだ。最近八ッ場ダム方面への近道をGooglemapで見つけたので、来シーズンは活用する予定です。Tg_2021_0011 
〇丸沼高原スキー場
 
こちらも久々。シングルリフトのコースを堪能しました。ファーストフライデーチケットは来シーズンも、2月か3月に狙ってみようと思います~休暇が取れればですが。 
Marunuma21_007  
〇しらかば2in1スキー場
 
景色は雲がかかっており、雪質も気温が上がりちょっと残念でしたが、大好きなスキー場なのでコースは十分に楽しめました。
2in1_07_20210414223001
  
〇ピラタス蓼科スキー場
 
デジイチ&交換レンズをリュックに背負ってロープウェイで山頂に。遠景がサイコーでした。
次回は樹氷の時期にしましょうかねぇ…。
Pt_001 1月の記事は緊急事態宣言下で自粛しておりましたが、3月中旬に宣言が解けてからシレッとUPしました。
 
そのため2月は県内、3月は天候との兼ね合いで長野へ行ったので、今シーズンは新潟方面には行けませんでした。
Soukatu21_001そろそろ用具(特にブーツ)も更新時期。モデル落ちを物色していますが、ワタシのサイズは見当たりません(涙
 
Soukatu21_002来シーズンはもうちょっと回数も増やし、行動範囲も広げたいですねぇ。

2021年3月25日 (木)

シーズン最後は平日スキーで

先週の木曜日、今度こそシーズン最後のスキーに行ってきました。
  
この日は休業なので前の晩にQで復習して、メンズデーなのでシン・エヴァでも観に行こうと思っていたのですが、先日の景色スマホ撮影のみでイマイチだったことと、天気予報で気温が下がりそう+晴れだったので、いつもの時間に起きて準備を整え、信州方面へ~。八ヶ岳西麓のピラタス蓼科を目指します。
  
今回は朝の通勤時間帯は上信越道に乗って回避しつつ、西へのドライブを楽しみます。行楽の乗用車はほとんどなく、営業車や物流車ばかりです。時々レクサスやBMWが迫り追い抜いてゆく様を観察すると単身スーツ姿で移動中のビジネスマンだったりと、平日であることを実感します。
  
着替えてチケットを購入し、スタートは9時20分。稼働リフトはスーパークワッドの1本+ロープウェイのみ。

足慣らしでしらかばコース3回、もみの木~黒ユリコース経由で2回、急斜面のテクニカルバーンを2回堪能します。
  
12 テクニカルバーンより(スマホ画像)
  
  
リフト1本あたりの距離が長く、降り場直後~中腹までは少し凍っておりバーンが締まっています。
トイレ休憩の後、ロープウェイで上部へ~

スノートレッキングや登山客と、スキー又はボードの乗員が半々でしょうか?それでもロープウェイ乗員の1/5程度でしたが。
  
山頂駅では山のカフェ2237に隣接する展望台から、しばし景色を楽しみます♪
 
5m南アルプス方面

3m中央アルプス方面

2m御嶽山は噴煙ありません。


前回のしらかば2in1では遠方の景色に恵まれなかったので、今回はゲレンデコンディションは期待せず、景色を楽しむ目的でデジイチを背負って、ピクニック気分での遠征でした。しかし滑り始めると前回よりゲレンデコンディションも良く、眺めのよいクワッドリフトで沢山滑ってしまいました。

14_20210320040501しらかばコースのスタート地点より2in1方面を望む。(スマホ画像)
こんな景色を前面に受けながら滑るのはサイコー!

7mその後再びスーパークワッドを、今度は景色を楽しみつつ、ゆっくり&コース途中の休憩含めて滑ります。
  
時刻が12時を過ぎたところで終了。
  
本当はロープウェイでもう1本4kmを堪能したいところでしたが、今回はデジイチをリュックに背負っての滑走だったので止めておきます。
 
注記の無い写真は、すべてD500によるものです~。
  
帰りはお馴染みの夕日の丘公園で景色を楽しみ、帰路につきました。
17 正面の車山方面

18美ヶ原方面


来年は樹氷のキレイな晴れた日に来たいと思いました~~


P.S.今回の装備

NikonD500、TAMRON A005、SIGMA 18-50mm
24-120mmや80-400㎜は重くて断念(涙16

浅間山の雪は、1週間足らずでかなり溶けてしまいました~

2021年3月17日 (水)

先週末は県境を越えて

天気予報では群馬は雪、長野県中南部は晴れの予報でしたので、先日の日曜日は県境を越えて長野県のスキー場へ
2in1_2021_00途中休憩の道の駅ヘルシーテラス佐久南では、浅間山の雲が下までかかり、行く先での山頂からの景色は絶望的(涙。

到着は8時30分。到着後の駐車場では、栃木を除く関東地方すべての県のナンバーに地元長野、山梨、果ては静岡から名古屋まで多岐にわたり来客が。
ただし、スキー場内はマスク着用、リフト待ち時間の会話は小声で、等のアナウンスがミュージックの間に頻繁に流れており、レストハウス入り口や化粧室の除菌アルコールは十分に用意されていました。

滑っている間もマスク着用は今シーズンのお約束。リフトに乗るとゴーグル内が曇ってしまいますが、滑り出せば問題なし。
 
ゲレンデはしらかば2in1。シニア午前券を購入し、毎度おなじみのプレジャーゲレンデで足慣らしから。

2in1_2021_01少し経つと南アルプス方面が晴れてきました♪

その後は東側のパッションコース~ヘブンフリーゲレンデで急斜面に慣れます。このスタート地点からは蓼科山の絶景が。↓
2in1_2021_03
3本滑ったらちょっと疲れたので最も東の南平ペア3リフトに乗ってリフト脇のコースを交互に7~8本滑ります。
2in1_2021_04

その後休憩し、再び上から下まで数度滑ります。

2in1_2021_05中央アルプス方面、右には御嶽山が見えます

11時前に休憩後、お昼近くまで1時間弱滑りましたが、気温もかなり上がり、中腹以下はベタ雪でブレーキがかかるほど…速度のコントロールもままならなくなったのでケガしないうちに切り上げました。

2in1_2021_06帰路は道の駅ほっとパーク浅科で休憩。浅間のこの景色が見たかったのです!
この後お馴染みのR254で内山峠越え。道の駅下仁田では、ネギのシーズンも終わったので何も買わずに帰りました。

桜の開花も例年より早まるとの予報なので、今シーズンのスキーも、今回が最後になりそうです。

2in1_2021_07

今回、画像はすべてスマホ撮影によるものです。

2021年3月10日 (水)

有休消化で平日スキー♪

ありがたいことに?有休休暇取得が法令化されたので、義務化5日残りの最後1日を先週の金曜日に取得して県内sking~
 
向かったのは県内最奥の丸沼高原スキー場。
しばらく来ていませんでしたが、何年ぶり?
土日祝は高くて来れない所なので、久しぶりです。
 
普段の通勤時と同じ時間に起き、朝食も摂って出発。上武国道では前橋の工業団地付近で通勤渋滞にハマりましたが、渋川伊香保ICからは関越道で昭和ICまで~。
 
ここで降りて利根沼田望郷ラインを走ります。~本来は沼田ICで降りるのが定番でしょうが、国道120号や市街の混雑を避けることと、景色を眺めながらのクルージングと一石二鳥のドライブ~ルート最後の沼田大間々線に降りる片品川直前の下りはヘアピンになっているので、気持ちよく速度に乗っていると危険。特に雨天、凍結時は要注意です!
そこからは園原湖経由で120号に合流。道はすべてドライです。
 
で、本日はファーストフライディということで1日券+食事&ドリンク1200円のチケットがついてなんと3700円!というか、チケット売り場のお兄さんはどのお客さんにもコレしか勧めていません。

Marunuma21_03事前情報を掴んでいなかったのでビックリ…超・ラッキーでした♪

滑り始めは9時30分。少し薄日が差して気温は上がり気味でレストハウス付近のコンディションはザラついています。
下のリフトで足慣らしをしたのち、ゴンドラでトップまで登ります。

Marunuma21_01日光白根山。さすがに天空の足湯はお休みしていました。
 
ゴンドラ降車~中腹までは標高が高く雪質も締まっていました。

Marunuma21_02晴れていれば正面に尾瀬岩鞍スキー場が望めるのですが、終日厚い雲に覆われていました。
 
お気に入りは第五リフト両脇のバイオレットコースとローズコース下部、特に後者は傾斜もきつく、パラレルでスピードが乗ること請け合い。
2時間続けて滑り、混まないうちに昼食に。

Marunuma21_04ドリンクの分は足が出ちゃいましたが、塩味の豚丼(1200円)をいただきました。
ちょっと休んでいたら混雑してきたので、午後の滑りに入ります。
 
無理をせずにゆっくりと、腹ごなしでイエローコースやオレンジコース下部を滑り、ゴンドラから見えたゴールドコースに向かいます。
Marunuma21_05超、が付くぐらい久しぶりのシングルリフトで上部へ
 
最初は斜度が急ですが、バーンも広く楽しく滑ります。
 
3度滑って下まで降り、時刻は13時を過ぎたので終了です。

Marunuma21_06お隣さんはグローバル共通サイズになったRAV4、デカイです。 
 
着替えて出発し、途中、「道の駅かたしな」に寄り、帰りは椎坂バイパスのトンネルを抜けてから沼田望郷ラインに入ります。
ここから岩本の駅を過ぎ、永井食堂に向かったのですが、駐車場は大混雑!
さては、TVで取り上げられましたね~?
 
ということで寄らずにそのまま赤城ICに駆け上がり、でもそれを越えてクルーズし、富士見温泉で汗を流して帰りました。

普段の年なら年7~8回は休暇を取るのですが、今年は休業が続いている(=収入減)ので、休暇の取得は最低限。年度末になんとか取得は完了です。
 
温泉を出るとにわか雨に降られましたが、楽しく一日を過ごせました。

 

2021年2月10日 (水)

パルコール嬬恋へGo!

2月6日(土)冬型が緩み気温が高く、今回は体調を万全に整え県内のスキー場へ。
 
いくつかの候補の中から高崎市~二度上峠経由で長野原町~万座鹿沢口~パルコール嬬恋スキー場に到着。 Tg_2021_00朝の二度上げ峠から浅間山を望む。日陰の一部以外に凍結路面はほとんどありません。
 
この写真と最後のみD500で、間はスマホ画像です。 
 
到着は9時前、バラギゲレンデ側は駐車場が空いておりレストハウスへ上る階段の近くに停めることができました。
 
着替えてリフト乗り場付近を見渡すと、リフト券売り場がないのでリフト乗り場の係員の方に聞くと、まずは最寄りの第五カルテットに乗って、パルコール側のセンターハウス(チケット売り場)に行き、購入との事。なんか1回得した気分でクワッドに乗ってパルコール側へ。
 
Tg_2021_07午前券が11時までであること、午後券は11時からリフト終了(緊急事態宣言中は15時)まで、ということで大人1日券(シニアは60歳からなので)を購入して滑る。比較検討したノルン(5時間券)や水上高原(午前は13時まで)は55歳~だったので、コスパはちょっと落ちました。
 
準備運動後は第一カルテットでモデラートやドルチェコースで足慣らし。
  
雪質は締まっているが、ドルチェコースは雪上車で慣らしてない印象。その後はバラギゲレンデ側へ移動し、浅間、黒斑、それぞれからビギナーコースへ合流することを繰り返す。新しく買ったゴーグルと昨年まで使っていたヘルメットとのマッチングが良くないので、今回はウールキャップ+ゴーグルのスタイルで滑走。ゲレンデも広く、スキーヤーの密度も低いので、衝突もほとんどないと思わます。
 
Tg_2021_0211時過ぎにトイレ休憩した後はゴンドラに搭乗して山頂駅へ。
万座山の右奥からは遠く雪を頂く尾瀬の至仏山や日光白根の山々が見えました。
 

Tg_2021_05山頂の眺めはGood、同じ構図で恐縮ですが、この時以来なので6年ぶりです。
ここからは第4フーガを数回、ビバーチェや樹氷のプレストコースを数回楽しみます。
 

Tg_2021_03樹氷のプレストコースの向こうには、今朝通ってきた二度上峠の浅間隠山が望めます。
 
個人的には中腹のパノラマコースが大好きなのですが、この日は日光を浴びてコンディションが良くないことと、往復できる第六デュオが休止中だったので、あきらめて下り、最後は冒頭の第五カルテットを数回滑り、12時30分過ぎに上がりました。
 
Tg_2021_06ランクルから1台開けて停めたあとから、間にSKフォレスターが…スバルの法則ですね!
 
着替えた後は、道の駅八ッ場まで降りてちょっと遅い昼食&仮眠zzz…なんと16時近くまで寝過ごしてしまた。
Tg_2021_08その後榛名山を経由して伊香保へ向かいます。酒蒸饅頭の角田製菓さんの駐車場が混んでいたので温泉饅頭目当てで榛名山を縦断しました。
 
時短営業なのか、お気に入りのお店は閉店しておりましたので、そのままスルーです。
 
…にしても土曜夕方のの伊香保は、石段や歩道に結構人が出ており、入浴セットを持ってこなかったのを少し後悔しつつ、水沢経由関越道で帰路につきました~。

 

2021年2月 2日 (火)

シーズン第2弾も、県境を越え信濃の国へ~

今シーズン2回目のスキーですが、1月も末の週末、上信越道八風山トンネルを抜けて佐久小諸JCT経由で佐久南ICで降り、向かうは白樺国際スキー場へ~

天候は晴れ。雨境望月線から登って諏訪白樺小諸線に合流する付近から路面は積雪状態。気温も-3℃からどんどん下がり、駐車場到着時は、なんと-10℃。着替えて、シニア午前券のチケットを買い、滑り始めは9時過ぎ。

準備運動を済ませて左側のクワッドリフトを3本ほど滑ったが、息切れが激しく調子が思わしくない。
S_kokusai_21_015本滑ってさらに上のペアリフトに乗る。

雪質は閉まっていてパラレルのスピードも乗るが、やはり息切れが激しく、2本滑ってからペースを落とし、リフトを降りてから少し景色を願めて滑走インターバルを開け、三本滑るが、どうも調子が出ずに頭痛もしてきた。
S_kokusai_21_02なので、無理をせず最後の1本はスピードも落としてレストハウスで、トイレ休憩。
その後休憩所のソファーに座っていたら眠気を催して30分ほど腕組みをして睡眠していたようです。

頭痛はおさまったのですが気分が乗らず、こんな日は無理して滑ってもろくなことが起こらないので、本日はさっさと切り上げて帰路につきます。運転には支障ないのですが、どこかに寄りたい気にもなれず、家人からのリクエストで道の駅下仁田にて、ネギ、椎茸、しらたきを購入して帰路につきました。

睡眠不足でもなく、特段疲れていた状況でもないのですが、帰路の運転中に原因を考えていました。恐らく気温が低く、湿度も乾燥していたので、激しい運動で酸欠を起こしなのかな?と思います。

こんな経験、長年スキーを続けていてまれです。

次回は体調も万全に、ゲレンデを満喫したいと思います。

2021年1月 7日 (木)

初すべりは、県境を越えて

年も明けた2021年1月2日、天候を見ると、どうも県内北部はよろしくないので、県境を越えて西へ~。
 
上信越道で八風山トンネルを越える。昨シーズンは辟易した下り出口付近の補修工事は終了しており一安心。佐久平PAで休憩後、佐久小諸JCTから無料区間の中部自動車横断道を通って終点の八千穂高原ICまで乗り、着いたスキー場がココ
 
Yachiho21_01八千穂高原スキー場です。
 
本日は全リフト運航、半日券を購入してリフト営業開始からゲレンデへGoです~。
Yachiho21_02 いくつかのショートカット&上級者コースは閉鎖されていましたが、それでも代表的なコースは、すべて滑走可能でした。
 
本日は4つの主だったコースを3本づつ、北から滑ってゆきます。人工雪なので積雪量はありませんが、到着時-9℃と気温も低く、硬く締まっておりゲレンデコンディションはGoodです。
 
リフト乗り場やレストハウス内ではマスク着用義務がありますが、滑走中も装着。吐いた息がマスク内で水分となり、数本滑ると両ほほの部分まで冷たくなり、滑走中の呼吸でかなり水分をはいていることが実感できます。
 
Yachiho21_03浅間山は雲がかかっておりました。
 
十数本滑ったところで時刻は10時30分手前、トイレ&休憩でレストハウスに向かいます。
 
お正月2日目ということもあって、ほどほどの混雑です。
11時手前からはペースを落として滑走、リフト降り場の時計がちょうど12時だったので、ラストを滑って終了としました。
Yachiho21_05 
県外からのナンバーを見渡すと、群馬、とちぎ、大宮、熊谷、山梨とかをよく見かけました。相模原や伊豆、静岡なんてのもありましたが、不思議と多摩、八王子等、都内のナンバーは見かけませんでした。

帰路は同じく中部横断道にて佐久南ICまで行き、少し遅い昼食(パン)を購入。食事後は国道254号の内山峠越えで道の駅下仁田でお土産を購入。
Yachiho21_04ネギとこんやく 下仁田名産(←あと椎茸も♪)…

今年もお年賀のティッシュをいただきました~

初すべりから県外になってしまいましたが、予防をしっかりと行ってスキーを楽しみたいと思います!

2020年2月14日 (金)

大好きな、しらかば2in1

2月最初のUPです。

先週の土曜日は、昨年初めて訪れてダイスキになってしまった、しらかば2in1に行ってきました。

朝起きて現地の予報は晴れ、今シーズンからマイ、定番ルートとなったの上部国道(R17)→R354バイパス→R18号経由で妙義松井田ICから上信越道経由で佐久南ICを目指します。台風で被災した八風山トンネル下り線の復旧工事のためトンネル出口の対面通行渋滞がハンパなかったです。たぶん20分くらいロスしました。

長野の下道は雪がなさそうだったので、R142から県道雨境望月線ー諏訪白樺湖小諸線に合流し、一路目的地を進みます。
スキー場到着後は着替えてシニア半日券を購入し、予定より30分遅れて、9時スタートで滑り始めます。
2in1_01_20200221200001最初はプレジャーゲレンデを足慣らしで数回滑り、混んできたので、その奥のヘブンフリーゲレンデへ移動、最上部のView Pointに到着するも、八ヶ岳頂上付近には雲がかかり、景色はあまり望めません。雲は流れているので、晴れたり曇ったりという様相でしたが…

2in1_04_20200221200001正面ちょい左は、富士見パノラマリゾートスキー場でしょうか?

昨年気に入ったパッションからヘブンフリーのコースを何度も滑ります。パッションの滑りはじめは急ですがヘブンフリーとの境目で一度緩斜面となり、そこからは幅広バーンとなり、一度落ち込んでから緩斜面となり、ロングターンでスピードに乗ります。
10時ころから市民団体らしきスノーボード講習の開会式が盛大に開かれ、人数が多くなってきました。ですので、トイレ休憩をしたのち、再び上まで登り、ヒルトップコースから西側へ移動します。

2in1_02_20200221200001車山方面は晴れております。

ラッツラッツやラン・ラーン、パラダイスコースを交互に滑り、雪の感触を楽しみます。
1度10分くらい休憩したのみで12時過ぎまで滑り、着替えて帰路につきます。

帰りはビーナスラインを少し上り、夕日の丘公園に寄り、楽しんだスキー場を振り返ります。
2in1_07_20200221200701午前中より晴れ間が見えていますねぇ(涙。


帰路はちょっと遅い昼食をコンビニで摂った後、R254の内山峠経由で道の駅下仁田で休憩し、吉井ICから上信越道に乗り帰りましたぁ~

p.s.
写真ではわかりにくいですが、クラッディング付近の塩カルの汚れはリヤゲートよりも酷く、
2in1_06_20200221201501 自宅付近のGSで給油と共に洗車しました~~。

2020年1月27日 (月)

誕プレは、一日券

1月25日は、ワタシの五十ン歳のBirthdayでした。
で、土曜日なのでバースデーリフト券プレゼントのスキー場を探して行ってきたのがココ↓

上州は片品村のオグナほたかスキー場です。
Oguna_03
国道17号で渋川伊香保ICまで走り、そこから沼田ICまで関越に乗り、国道120号をしばらく走ったのですが川場への分岐を過ぎても流れが滞っていたので、いくつかある右折ポイントを折れ、片品川に沿って河岸段丘の下側を進み、薗原湖経由のルートを進みます。

スキー場に到着したら着替えて、センターハウス迄徒歩で登ります。シャトルバスもありますが、準備運動を兼ねてスキーを担いで進みます。
リフト券をGet後、リフト2本を使って一番上の尾根まで登ります。
Oguna_05左が至仏山、正面は燧岳、その下は尾瀬岩鞍スキー場でしょうか?岩鞍のてっぺんより、標高はこちらの方が若干高いようです。

緩斜面の第五リフトを数回乗って、慣れてきたので、第六リフトに乗って一番標高の高い第六ゲレンデを滑ります。
固く締まったバーンで楽しく滑ります。

その後は尾根コースを下って、南端の第一ゲレンデを数度、その少し奥の第四ゲレンデへとチェンジします。
ここは斜度も適当で、結構楽しいコースなのですが、本日は残念ながらアイスバーンとなっておりエッジのコントロールが効かず、1度滑っただけでやめちゃいました。
Oguna_04ワタシがスキーを始めた1980年代後半~90年代前半の頃は国設武尊(国有林内の村営)スキー場といって、バブルの頃の拡大投資には乗り遅れたが、マイナーで客も少なく、雪質バッチリなスキー場として一部のスキーヤーの支持を得ていました。その頃は毎年草レースに出場しておりましたが、後ろから数えると、常時入賞圏内でした(汗。

Oguna_02
トイレ休憩の後は再び上まで登り、第六ゲレンデを何度も滑り込みます。
Oguna_01正面は日光白根で、その左下は丸沼高原スキー場でしょうか

時刻はお昼。晴れていて気温も高く春スキーの様相を呈してきました。
最後に第一ゲレンデを2本滑って上がりです。


のどが渇いたので、国道沿いのコンビニで飲み物を買って帰りました~
Oguna_00
帰路はR120号で沼田市街手前まで進み、そこから再び右折で片品川沿いに出て、昭和ICにて関越に乗り、帰路につきました~

 

2020年1月14日 (火)

正月休み明け前にもう1回

正月休み最終日の1月5日(日)、この日は上州、越後方面は曇りや雪の予報だったので今回は山梨県のサンメドウススキー場へ

往路は北回りで上信越道を下仁田ICで降りて内山峠経由で佐久から国道141号、野辺山を過ぎてから左に折れて上ってゆきます。
ドライブ時間的には小海リエックスへの道のり+30分程度先でしょうか。
前日に降雪があったと見え、一部凍結があります。

ここは初めて訪れるスキー場です。到着後は着替えてセンターハウスへ。
駐車場からはエスカレーターで上れるので、子供連れやシニアには優しいです。
ゲレンデに出るにはもう1フロア階段で上り、室内でリフト券を購入してスタートです。

Sanmedo_01滑り始めは午前9時。フラワーリフト両脇のG-1,G-2コースから、まずは足慣らし。
正面は赤岳でしょうか?真っ白です。

リフトは3本ある内の2本が稼働中。
急斜面で雪の着きが少ない上級コースと連絡コースの一部がクローズでしたが、雪質はまずまずです。

Sanmedo_02さすが山梨だけあって、富士山が近いっ!

本スキー場は、日本一の名峰を木々の切れ間から眺めながら滑り降りることが出来ます!
脚が慣れてきたところで、パノラマリフトを使ってAコースもしくは途中からC→G-2コースに抜けるルートを何度となく楽しみます。
Sanmedo_03こちらは秩父方面だと思いますが、山の名前がイマイチ分かりません。

八ヶ岳周辺は晴天率が高く積雪は少ないですが標高が高いため、一度降ると天然雪も人工雪も溶けにくく、バーンも硬くスピードに乗ります。

Sanmedo_04中腹は一部凍っていましたが写真のAコースが一番楽しくてオススメ!
標高1900mから2kmのコースを一気に滑り降ります…って、オッサンには息が切れますがっ。

一度トイレ休憩を挟んで12時過ぎまで滑り、上がりましたが、団体さんはジュニアのスキー学校くらいでした。

帰りは南に降りて須玉ICから中央道上り線で富士山を観ながら双葉スマートICまで行き、甲府市経由国道140号で秩父に出て帰りました。
今回、SAで放蕩を買ったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。


P.S.帰り道に良い景色があったので閉店中の農産物店の駐車場に止めてパチリ。
Sanmedo_05   楽しいドライブ&スキーでした~








より以前の記事一覧

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。