無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウタノチカラ

2017年5月 5日 (金)

手を伸ばす君、五月のこと

Levo_may_03s近所の花水木がきれいです。

 


Levo_may_01m_2
この時期ウチの近くでは、たくさん咲いています。
 
Levo_may_06s薄紅色のかわいい君のね、果てない夢がちゃんと、終わりますように~
 
Levo_may_05s
君と好きな人が、100年続きますように~♪
 
 
花言葉は、「返礼」です。 
 
 
100年ほど前、かつて明治の末期に日本からワシントンD.C.に送られた桜のお礼として、日本に送られ、全国に普及したとのことです。 
 
 
 
p.s.一青窈さんの「ハナミズキ」は、9.11後、
  アメリカ在住の友人への想いを込めて作ったのだそうです~♪

2015年3月14日 (土)

レヴォーグ(VM4)純正オーディオのサウンド

SEKAINOOWARI、秦基博、Baseball BearGoose house

…これは娘(JK)の趣味

 

松田聖子、テレサテン、ドリカム、徳永英明

…これはカミsanの趣味

 

車内では非公開(何を聞いているのか、よくワカラン)

…これは息子(今春からDK)

 

岩崎宏美、辛島美登里、飯島真理 、夏川りみ、May’n、etc.

…女性ヴォーカルばっかりだが、これがオレの趣味だ

なので、我が家の車内で聴く曲は、もっぱらJ-POPである。

 

蛇足だが、息子は友人に録ってもらった曲や、オレが放り込んだ曲(J.I.、小田和正、尾崎豊、浜省、アンジェラ・アキ、etc)をiPodで聞いてくれているようだが、気に入ったのかな?

 

○ソフトウェアによる補正

納車後、乗り出してみて即、FMラジオをONしたら、音量がこもって聞こえた。自分がいつも新車を購入し、まず行うのが、高音、低音の調整とフェーダーによる前後音量配分だ。

LEVORG純正のパナナビには周波数ごとに細かい設定が出来るイコライザーや、いくつかの音場にチューニングされたプリセットメニューが内蔵されている。これらの設定画面を適当に触っていた助手席の娘と「いい音になったね!」と互いに納得したのが、「音の匠」だ。今のところそれ以外の細かい調整は行ってないが、画面からのセッティングはワンプッシュなので、いずれまた試してみようと思う。

 

○ハード面はスピーカの再配置願望

レヴォーグの純正フロントスピーカーは、ツィーターとはセパレートタイプでインパネ前側に上を向く形でツィーターが設定されている。まぁ、高音は指向性が強いのでフロントウィンドに反射させて乗員の耳に届けようという魂胆なのだろうが、ガラスの反射で減衰すると思うので忠実度は微妙だ。SHフォレではサイドミラー取り付け基部の裏側にツィーターがあり、これがダイレクトに前席乗員の耳に向かっていたので、高音の伸びやかな音色に一役買っていた。

なので、今後は据え置きのツィーターを設置したいと目論んでいる。更にフロントスピーカー交換とデットニングキットによるDIYを暖かくなったら(←気候も懐も?)挑戦したいと思っている。

2012年3月25日 (日)

本日確認、春バージョン!

本日、はじめて観た「ねぇ ここにいて」春バージョン。リンク先の左上バナーをクリックすると選択できます…って、前回と同じ書き出しじゃん!

「東北に、また春が来ます。」

今回の演奏は一関修紅高等学校 音楽部(岩手)

さわやかで明るく、澄んだ演奏を聴かせてくれる。

「東北の春は、寄り添うようにやさしいです。」

うららかな春の日差しを感じる歌詞だ。

Facebookに春バージョンは、まだなさそうなので、UPされたら改訂します。

2012年1月27日 (金)

昔も今も、J.I.さんかなぁ…

学生時代に仲の良かった友人はマイカー持ちで、自分のレコードコレクションをカセットテープに録音して、カーステレオからたくさんの曲が流れていた。その頃は彼が中森明菜や沢田聖子らが好きだったこともあり、アイドル路線では少なからず影響を受けたナァ。そんな彼のコレクションの中でオレが最もお気に入りだったのはJ.I.こと稲垣潤一さんだ。「ドラマティックレイン」でブレイクした彼ではあったが、1stアルバム「246:3AM」が忘れられない。

当時神奈川の秦野に住んでおり(しかも西日の強いアパート!)、ステディはいなかったが国道246号線は箱根、小田原方面へ仲間とのドライブに良く使用していた。アルバムタイトル曲の舞台となった246号は同じ国道でも、たぶん渋谷とか都内のお店のイメージだったのだとは思うが…。

就職してオーディオをそろえ始めたとき、初めて買ったCDが「compelete」だった。大きく飛翔し、ブレイクした後はポップでおしゃれなJ.I.さんで、そちらも魅力的なのだが、デビュー後の上昇区間であった2nd「SHYLIGHTS」、3rd「J.I.」位までが、強く印象に残っている。今もマイカーで良く聴くのは、これら初期のアルバム達である。

そして現在、最近の曲「大人の夏景色」を含むバラードアルバムを、マイカーからよく流している。これは数年前に、雨をテーマにしたセレクトアルバム向けにリリースされた曲だが、上記アルバムや当時のシングルBサイドからのセレクトも多く、初期からJ.I.さんの曲を聴いていたオレには、当時の仲間たちの想い出がオーバーラップして仕方がない。

ブログネタ: ドライブのときに聴きたい曲、教えて!参加数

2012年1月19日 (木)

本日視聴、冬バージョン!

本日、はじめて観た、「ねぇ ここにいて」冬バージョン。

「東北に、冬が来ました。」

ここ2、3日、ウチのブログの検索フレーズランキングに冒頭の曲名キーワードが顔を出し始めたと思っていたら、冬バージョンの放送が始まったワケね!

今回の演奏は福島県立橘高等学校 合唱部

あたたかく落ち着きのある演奏だ。

「雪化粧した東北は、綺麗です。」

90秒バージョンも、しっかりFacebookにUPされている。

また、女声合唱版が、オンラインでここから購入することが出来るっ!

…で、早速購入してしまったが、前回好評だった秋バージョンが1番の歌詞、今回の冬バージョンが2番の歌詞となっている。

またしばらくお茶の間で楽しむことが出来そうだ。

2011年12月 5日 (月)

紅白出場に想う

東北道無料化が始まった。

3年前に104歳にて天寿を全うした父方の祖母は、会津地方の出身で、上京して栃木出身の祖父と東京で結婚し、戦時中疎開して今の実家の街に居を構えたとのことだ。

Fukushima この曲の動画をTV番組で初めて観たときは胸が詰まって直視できなかったが、家族や友人、親戚らがマイカーに乗ったときは良く流した。祖母の実家に行ったことはなかったが、今シーズンは東北方面のスキー場にステアリングを向けてみようと思う。

2011年10月12日 (水)

先ほどNHKで…

…流れていた女声コーラス。

 

「東北に、秋が来ました。」

 

「きらり!東北の旅」という東北地方にエールを送る特集の案内。

こちらのページの左上バナーをクリックで動画を見る事が出来ます。

いつまで流れているか分かりませんが、リンクを張っておきます。

 

わずか1分。

 

「ころも替えした東北は、あったかいです。」

NHK東日本大震災プロジェクトの一環らしいが、彼女らの歌声をバックに東北の秋の景色が流れた直後、気になって直ぐに検索をかけちゃいました。

歌唱は、宮城県立塩釜高等学校 合唱部。

曲目は、「ねぇ ここにいて」どうやら、NHKのオリジナル?らしい。

フルコーラスで聴けないものかなぁ…。

p.s. 90秒バージョン発見!

Kirari_touhoku1

2011年7月19日 (火)

あすという日が

先日、実家のお袋と和食系ファミレスへ食事に行った際、レジ前に並んでいたので、思わず手にとって購入してしまった。

宮城県仙台市立八軒中学校…震災がなければこの曲で全国大会に出場していたという強豪校だけあって、歌唱レベルは抜群だ。_ss
自分も学生時代に7年間合唱活動していたので懐かしい事もあったが、何よりも避難場所となった母校での彼らの演奏活動や歌詞に、強く惹かれたのだ。

近年のコンクール課題曲は、アンジェラ・アキの「手紙~15の君へ」や、いきものがかりの「Yell」等の人気J-POPミュージシャン物もあり、それはそれで嬉しいのだが、オリジナルの合唱曲の中にもすばらしい物があるなぁ。

最近はこれらの曲たちを、カーオーディオで良く聴いている…。

2011年4月16日 (土)

瞳・元気

~都会のひまわり~ 辛島さんバージョンかなぁ。Photo 永井真理子さんへの提供でヒットした曲だが、自分向けに歌詞を変更してセルフカバーした曲のほうがイイ。じつは辛島美登里さんの曲には20代の頃から惚れていて、CDはもちろんのことコンサートにも何度か足を運んだことがある。

曲の感じからは、入社数年目で首都圏のビルに電車で通勤するOLさんのイメージが強い。きっと「メトロの朝」のような恋をして経験を重ねると「Woman」のように、しなやかでサラッとした素敵な女性になれるかと。

この2曲も元気が出るのでオススメだ。

働く女性の姿ってダイスキ!!

ブログネタ: 元気のでる歌や音楽を教えて!参加数拍手

2010年4月12日 (月)

サクラサクミチ…

今年の桜は、先月末に寒さが続いたせいか、遅咲きだった。この場所は例年なら子供らと自転車で来る場所なのだが、今年はVIVIOでやってきて徐行で春の香りを楽しんだ。特に4枚の窓を開けてのろのろ徐行すると、「春だぁ~」という気持ちが満喫できる。モチロン花粉症のクスリの服用は必須だが(汗)。2010m_3 この土手は、軽自動車でもすれ違い出来ないほど狭く、対向車が来たらコチラ側が桜の間に入って譲るのがお約束だ。しかし、ほとんど車は通らず、日中は歩行者によく会う。先週後半のこの日は、老夫婦が散歩していたり、ベビーカーを押したママさん2組が会話していたりと、この場所にあった、のどかで和やかな雰囲気だった。並木が連続している長さは、たぶん数百メートルだと思う。写真が切れる右端に橋があり、その先も所々短い桜並木が続き、進入禁止になった所から公園になっている。

2010_01m こちらは昨日、近くの神社で撮った一枚。ここの神社は人もまばらで、本当に穴場だ。2台の車で桜を楽しむことが出来て満足だ。

余談だが、コネタマのネタにあった「桜の栞」、娘が録画しておいた「春うた2010」に収録されていたものを聞いたが、ピアノ伴奏の女声合唱だったとは…自分らの時代もオールナイターズやおにゃん子なんてあったけど、秋元おじさん率いるAKB48などというアイドルグループは、自分のJ-POPの嗜好性と対極にあるグループだが、曲に罪はない、オレ好みで結構イイじゃん!2010_03_2 同じ番組内で北乃きいが歌っていた「サクラサク」もよかったよ~島谷ひとみっぽいアレンジのポップな曲で、コッチの方が純、アイドル系で共感できるかなぁ。彼女は芝居も結構ウマイし。