無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

アウトバック BS9

2020年6月26日 (金)

アウトバック_BS9 燃費データまとめ

 
6月も下旬となりました。

緊急事態宣言も5/末週に解除されてから1ヶ月、全県をまたぐ移動も可能となり、いよいよ人々の移動が本格的に動き出し始めました。
が、人口密集地や夜間の活動をはじめ、まだ予断を許さないようです。

ワタシの勤務先は製造業なので、GW明けから生産が始まっていますが、海外調達や物流の関係で生産が休業前の60~70%くらいです。
今後は、休業の比率を減らしつつ、コロナ禍解消時のフル操業に向けて、準備の段階に入ります。
以前の操業を取り返すのは、いつになるやら見当もつきませんが。

ということで、GW中にやっと整理できた燃費を今回はStay@home 番外編的に公開します。
基本はVM4でまとめた記事に沿って比較を織り交ぜながらのUPです。

0_kihon-data
基本データ

ヒストグラムでBS9と比較する関係から、VM4はデータ数を同じにあわせ、手放すまでの直近のn=58を用いました。
BS9は中古購入のため、自分が購入した後の給油数となります。
以上のことから、オドメーターの走行距離は、今回考慮しません。
ばらつき幅Rは0.5と同じで、X-Bar(データ平均)で0.6km/ℓほどBS9が良いです。 
 01_kyorinenpi走行距離と燃費の関係
走行距離とともに下がっている印象ですが、乗り方(街乗り、遠乗り)で変わりますので、2車の差は何とも言えません。

 
02_mantanhouhikaku 満タン法燃費比較
原点を通る直線で回帰すると、BS9は=平均値、VM4は平均値より若干良く出ました。


03_histgram 満タン法のヒストグラム
まぁ、これは参考データですが、こんな分布になりました。どちらの車も13km/ℓを境に街乗りと遠乗りに分かれたということだとお考えます。

04_mfdmantanhou  MFD表示と満タン法の燃費比較
原点を通り傾き=1の直線に対して、どちらの車種も 6~7%MFD燃費の方が良く表示されるようです。

05_idle-stop_time_20200609170201アイストと節約給油量比較
これは、傾きだけを比較するとBS9の方がジャスト1.5倍節約されており、公称排気量(2498/1599=1.56倍)に近い値となっています。まぁ、アイドル時の噴射制御や回転数が同じなら排気量の比率差になりますよねぇ…?

今回の結果から、ワタシの仮定に反した!、FB25NAは、かなり優秀なスコアが出てしまいました。

Bs9_14
NB25NAがFB16DITよりも高燃費なんて、新型FB18DIT(仮称?)ちゃんは、24km/ℓとは行かないまでも、FB16DITよりかなり良い燃費スコアを出さないとヤバイのでは!

いよいよSUV(Forester)に1.8ターボ搭載?なんて情報もあるので、アウトバックもFB25では無く、1.8リーンターボの搭載を希望。フラッグシップでも輸出を考えると2.4ターボは厳しいのでは。

なので、SUVに1.8リーンターボが搭載されたら買っちゃうと思いますけどね…やっぱり(苦笑。



 









 

 

2020年4月10日 (金)

こんな時だからこそ

4月5日(日)の桜です。

20200405_01桜の散り落ちる速度は、秒速5センチメートル
いつかレビューをUPしたい作品ですが、何年経っても見返すと言葉の整理がつきません。

20200405_02前の週に慌てて撮った場所と同じですが、散らずに持ってくれました。

かわってこちらは、4月7日(火)のスーパームーンです。
Moon20200407_01エンジン切ってアウトバックの窓を開け、安倍ちゃんの放送を聞きながらレンズを夜空に向けました。ノートリですがリサイズ&レタッチ、D500をクロップして1000mm相当の画角です。大昔のレンズを借用できましたので、三脚に装着して撮りました。今は自粛の時期ですが、チャンスがあればこのレンズで撮りに出かけたいです~

「劇場版 響け!ユーフォ二アム 誓いのフィナーレ~」近年イチオシのアニメシリーズです。
Sound_ep_01もちろん劇場でも鑑賞し、BDも2月末には届いていたのですが、有料衛星放送で録画しておいた、劇場版前2作品と本作の原作小説を読んだ後に鑑賞しました。

もう、自分の学生時代の部活動の思い出が溢れてしまって止まず…。

次回はそのあたりを懐かしみつつ、私的な思い出を語ってみようと思います~

 

2020年3月27日 (金)

サクラサク2020

一ヶ月以上ご無沙汰しました。

新型コロナに感染された方にはお見舞いを、犠牲になられた方には、心よりお悔やみを申し上げます。
個人的には今のところ、勤務先関係も身内のまわりも異常ありません。


主務ではありませんが勤務先のBCPに絡んでいると19年度下期は結構シンドカッタですし、来期に向けても継続中です。今月初めに後輩を北米に送り出したまでは良かったのですが、向こうで自宅待機となり業務が止まっています。世界が止まっています。
国難もとい、世界規模の苦難を乗り越えて前に進んでゆくしか無いと、強く思っております。

スキー場は特に規制はかかっていませんでしたが、なんとなく行く気にはなれず今シーズンは先月中旬で終了です。
Sakura01_20200327205201
そんな中でも、桜は咲きます。

先週はお彼岸だったので実家の墓参りも、我が家からは代表でワタシが、母と共に行ってきました。
Sakura02週末は天気が崩れそうなので、今朝、少し早く自宅を出て、出勤途中でササッと撮影。

他の記事も書いていましたので、少しずつ上げてゆきたいと思います~

p.s.
昨年撮ったオマケです~
Nb02_s

2019年12月 1日 (日)

最低でも、二年後に…

OUT BACKの車検を通しました。
 
Obk_ss_03
こちらからのリクエストメニューは以下の通り。
 
ノーマルタイヤ(18インチ)持ち込み、組み換え、バランス調整、交換
オイル交換(銘柄はお店に一任)
オイルフィルター交換
エア―フィルター交換
エアコンフィルター交換
エンジンルーム、下廻り洗浄
その他、必要な消耗品類は交換
 
車検終了後にスタッドレスタイヤ(17インチ)にローテーション
 
購入から14か月で14,000km走行しました。
 
特に異常等はありませんが、最近早朝のアイドリング音が大きくなったような気がします。
気温が下がって回転が上がったからでしょうか?
 
LEVORGの時同様、正規ディーラーで車検を行いましたが、特別に高いとは思いませんでした。
今までワタシは、購入、車検共に整備専門の町工場的なお店で長年お世話になっておりましたが、跡取りのいない店主の高齢化で店を閉めることとなり、正規スバルディーラーへとチェンジした次第です。
 
四半世紀前のイメージでは、ディーラーはメカニック等、たくさん従業員を抱えているのでコストが高い、その割には接客人員が少なく、問い合わせの回答も遅く対応も良くないという、個人的なイメージがついていました。昔からのスバリストと家族等その周辺のリピート客で回転していた頃はそれでよかったのでしょう。しかし、競争が激化したからなのか、他銘からの乗り換え客に鍛えられたのか、本体のSUBARUの国内販売が急上昇し始めたころから、様子が大きく変わりました←利益で店舗改装、スタッフ人員、教育の強化ができたのかも?
 
Obk_s_07 
恐らく次の車検までの2年間で、ワタシが気になる新型車やビッグマイナーチェンジ車が出そろうと思われるので、勝手に欲しいグレードを妄想して待とうと思います。
 
新型LEVORG
 
何といっても1.6の無過給時の低速トルクが改善される(願望)1.8ターボエンジンが魅力。
モーターショーでは内装がブラックアウトされていましたが、コネクテッドされたインパネ等がどのようになるかも楽しみ。でも悪路走破性はSUV系には敵わないよなぁ。
 
新型OUT BACK
 
LEVORGの1年遅れでよいので、安全装備levelはLEVORGと同じにしてほしい。現行モデルの安全装備アップデートは常にLEVORGが先行して、そのあとを追いかけていたので今回も同じパターンでしょうか?今の販売台数だと、ターボモデルの登場は厳しいでしょう…いっその事、フラッグシップはLEVORGに譲って、初代フォレスターみたいに1.8ターボエンジン1グレードで勝負に出てはいかがでしょうか?いや、無理でしょうねぇ。
 
フォレスタービッグマイナー
 
1.8ターボ搭載なら、安全装備は現行のままで我慢しますので買います。上記2車種よりも確実に安いと思いますので。
現行のX-Break辺りの価格+αで出してもらえれば言うことないです!
 
 
いやー、楽しみ、楽しみぃ~


p.s.

って、書いてみた文章を見直すと、結局1.8ターボ搭載車が欲しいだけじゃん!(爆

2019年6月19日 (水)

御神水を汲みに、再び赤城山へ~

洗車して撮影した先日の日曜日は、あまりに天気が良かったので、最近、赤城山に嵌まっているカミsanを誘ってドライブです。

今回は榛名山にしようと誘ったのですが、どうも前回訪れた際に旧山頂駅から少し下ったところにある「御神水」が気になったらしく、汲んで帰りたいという。まぁ、ドライブならどこでもよいので、温泉セット(タオル、バスタオル、着替え)とカメラも積んで昼前に出発。伊勢崎市内でランチを摂って、いつものルートで大沼を目指します。

Goshinsui_02途中、雲がかかってきて、路面がぬれている箇所にも出くわしましたが、ケーブルカーの旧山頂駅に着いたときは晴れ間が出てきました。

で、ここからかつての線路沿いに急な階段を下ってゆきます。
左カーブを更に下ってゆくと、階段は崩落しており、その右側に鉄パイプで汲んだ階段が…
Goshinsui_03_1パイプで組んだ橋を降り、更に岩場を少し下ると、ご神水の汲み場に到着します。

Goshinsui_04   
能書きが書いてあります。
Goshinsui_09800段以上下って、汗びっしょり。

2Lのペットボトル2本に水を汲んで、少し休んでから、来た道を登ります。
Goshinsui_05すれ違いは厳しいので、下りの方が、避けて待っていてくれます。

お礼の挨拶を交わしながら更に進むと、やっとゴールが見えてきました。
Goshinsui_06ここ↑から振り返ると、筑波山が遠くに見えます↓
Goshinsui_08
展望場所で江戸方面を眺めていると、景色がよいので、うっすらとスカイツリーも見えました!Goshinsui_07Google map先生によると、直線で約108km…明るさとコントラストをちょいと弄りましたが、等倍切り出しですぅ。

9616akagi_01 駐車場に戻ったら、お隣さんもアウトバック…スバルの法則は健在ですねぇ…。

息も整ってきたので、サントリービアホールのソフトクリーム(写真忘れました)をいただきました。
9616akagi_04そのまま来た道を下って、富士見温泉に浸かって疲れを癒して帰宅しました~

 

2019年5月25日 (土)

アウトバック 半年後インプレッション!

GW前に書き溜めた最後のネタです。
 
納車後ファーストインプレッションを書こうとしていたのですが、アレヨアレヨと時が経ち、今になってしまいましたので、遅ればせながら使用感も含めてインプレッションします~。
 
○静的質感
Obk_25
○エクステリア
  
以前、過去の記事でアウトバックのエクステリアデザインについて記入したことがあります。


Obk_03フロントフェイスは前モデルのBN9よりおとなしくなっており、個人的にはこちらの方が好感が持てます。
 
Obk_08リヤについては、コンビランプ周りに最新のインプレッサワゴン系やフォレスターと共通の意匠のさきがけのような統一感が見受けられます。
 
Tenjin13 サイドビューはフロアからルーフまでの高さを低く見せるためにクラッディング(サイドシルカバー)とドアプロテクターをブラックアウトしています。リミテッドの場合はドア側をメッキ処理することで、ベースグレードよりランクが上であることを醸しています。暗色系の色でもアクセントになっております。またレヴォーグではウィンド周りは下部のみだったメッキ加飾が全周にされており、ForesterのPremiumやAdvanceも同様の処理になりました。
 
ルーフレールが低いタイプなのは立体駐車場を考慮してのことかと思います。
00_obk05ルーフスポイラーも標準装備なので一体感のあるデザインです。
 
 
○インテリア
 
人生初!の本革電動シート(シートヒータつき)…メモリー機能がついていることがウレシイです。00_obk06独特なにおいがしますので、微香性の消臭剤を1ケ、運転席側の吹き出し口に追加して様子見でしたが、半年経って気にならなくなりました。シートアレンジでは、助手席のヘッドレストを外してフルフラットにすれば、前輪を外した状態のチャリを積んだまま車中泊が出来そうです。その際には荷物は運転席側に移動する必要があります。
 
ナビゲーションはカロッツェリア7インチ…。たぶん楽ナビかと思います。ステアリングリモコンとは連動しておりません。装着可能か調べてみましたが、ミュートボタンが機能しないようです。恐らくこのナビの仕様でありしょうがない(←親父ギャグ)のだとは思いますが、LEVORGのときはミュート、選曲、ボリュームを最も操作したので、ミュートボタンが無いことは残念です。
 
USBダイレクト接続用のケーブルは後付けで装着をお願いしました。音はまあまあ。昔はスピーカー配置やヘッドユニットにこだわりもありましたが、最近は特に高音質を望みません。志向性の強いフロントのツィーターだけは自分のほうに向けたい気もしますが。
 
 
○動的質感
 
NAモデルですが、なぜかS#モードも搭載しております。←個人的にはSモードまでで充分です。
Obk_16 エンジンはNA2.5L、新型フォレスターと型式は同じFB25ですが、直噴ではなくマルチポイントインジェクションです。カバーも無くむき出しのインマニは樹脂の一体成型でアルミ合金製よりも見た目の安っぽさは否めませんが、軽量化とコストダウンには貢献していると思います。
 
サスペンション周り
 
エンジンはクレードルにマウントされるタイプで、静粛性に優れていると思います。
Sb_09
フロントはマクファーソンストラットで、スタブレックスライド機能ダンパーを搭載。ロワアームは板金製、レヴォーグのGTS系(今はSTIのみ)は軽量アルミ鍛造製でしたので、コストダウンされております。スタビライザービポットは、長いことロワアーム取り付けでしたが、ストラットマウントに変更されております←こちらの方が、システムが同じなら、より効くとされています。
 Sb_10リヤサスペンションは、レヴォーグと同様のダブルウィッシュボーン。アッパーアームはレヴォーグが板金溶接構造に対して、アウトバックは、恐らく鋳物です。スポーティモデルは軽量に、SUVはタフに、というコンセプトの違いでしょうか?
 
マニュアルを読むと、メーターリングの発光も何色も選べるようです。
00_obk07VM4Aでは気になった1500r.p.m.以下の低速走行は、さすがに2.5Lの排気量なので安心。ただし過給直前だった1500~1800r.p.mが、今回はNAなので、少々もたつくのと、振動や騒音が少々増幅されます。そこを超えれば、トルクも豊かで登坂路も問題なしです。
 
p.s.
写真は沢山撮っていますが、走行中の写真を自分で撮れないのが残念です…。

 

 

2019年5月16日 (木)

タイヤ交換のついでに…

スキーに行った時の走行で、スプラッシュボードが必要なことを実感しました。

そういえばSHフォレスターのときも新車納車時は装着しておらず、一冬越した後に装着しました。

レヴォーグでは車高が低いこともあり最初からからエアロスプラッシュを装着しておりましたが、今回のアウトバックではSHフォレ同様「必要なら後付けでいいか。」と思っていましたが、いざ雪道やぬかるみの走行を行うと結構な泥はね、特に前輪が顕著に汚れました。
Sb_11で、ネットで探していると、中華製のリーズナブルなものを発見!ユーザーレビューも悪い評価ではなかったので、国内純正の1/3程度の値段でネット購入。海外からの直接発送だったので若干不安(自宅住所とTELの個人情報が、かの国へ…)もありましたが、無事届きました。

Sb_03実際にフィッティングさせようとするとタイヤを外す必要があったので、先月、夏タイヤへの交換と同時に実施しました。

ユーザーレビューにもありましたが、取り説等は一切ついておりません。
グロメットやボルト類も、必要以上に同梱されていますので、この中から探して着けろということなのでしょう。

Sb_01前輪は、グロメットとタッピングスクリュー、固定用樹脂クリップで装着します。

Sb_06下側の黄色の固定用樹脂をタッピングスクリューで止める作業が厄介でしたが、右側でコツを掴んだので、左側はスムーズでした。

Sb_02後輪は、グロメットとタッピングスクリュー、スクリュー固定用金具を利用して固定します。

Sb_07やはり下側のグロメットが抜けなかったので、タミヤのプラモ専用ニッパーを持ち出し、切り飛ばして外しました。

Sb_05取り付けもここの部分が超やっかいでしたが、しっかり固定されたので、走行中も問題ないと思います。

GW含め交換後にぬかるみを走る機会に恵まれていませんが、効果のほどは、いずれ確認してゆきたいと思います~。
Sb_12いまさら自身で取り付ける方もいらっしゃらないとは思いますが、備忘録で記録しましたぁ~

このタイヤで年末までの3シーズンを過ごします。今年の12月が1回目の車検なので、夏タイヤはその時か、来年の春先にチェンジしようと思います~。

2019年4月 9日 (火)

サクラサクミチ2019

記事は昨日(4/8)に終りましたが、ココログの編集画面で画像が挿入が出来ませんでした。
本日帰宅したら可能だったので1日遅れでUPします。
 
Sakura2019_05   サクラが満開だった4月7日の日曜日は天気も良く、カメラを持ってちょっとドライブです。
 
Sakura2019_04 早朝、義母宅近くのお寺にて
  
下は、自宅から勤務先へ向かう途中の名所?にてSakura2019_03 その1、過去記事ではコレです。

 
Sakura2019_06その2、過去記事のコレになります。
 
自宅へ戻ってきて朝食後に夏タイヤに交換。
その顛末については、別記事でUPします。
 
午後、少し雨がパラつきましたが、実家に着く頃には再び晴れ間が。
Sakura2019_01母を乗せて、すこし走った近くの河原沿いをゆっくり流します。
  
今年の桜は、結構楽しめましたぁ~~


 

2019年2月17日 (日)

ワカサギ釣りを眺めに、赤城山大沼へ~

昨日、朝の情報番組で赤城山、大沼から生中継レポをカミSanと二人で観ていたら、「行きたい」というので、約一名への家族サービスのため、アウトバックに乗り込み、二人でドライブしてきました←嫌いじゃ無いです。
   
上武国道で前橋市に入ってから大鳥居近くの手打ちそば店で昼食を摂り、そのまま上ってゆきます。昨年末の冬タイヤ確認時に比べ、道にはほとんど雪も無く、アッサリ山頂記念展望台まで到着。

Akagi01来る時に山の形がくっきり見えたので、ここから関東平野方面の眺望もバッチシ。
 
Akagi08
定番の記念撮影も撮りましたが、風の通り道で、外にいられません。
その後ガンガン登り、小沼を超えて通行止めの八丁峠まで。
 
Akagi02
LEVORGで訪れた時はここの2枚目の写真と同じ位置です~。
  
Akagi04
小沼も晴れて穏やかで、周囲を散策したり、地蔵岳に向けてスノーシューを行う方にも数多く出会いました。
大沼まで降りてきて、ワカサギ釣りの様子を眺めます。
 
Akagi06_2  
Akagi03 
Akagi10 大沼の上は風が冷たく、結構寒いです~氷の上を歩くこと数分、そそくさとクルマに戻ります。
 
馬事公苑付近まで降りてきて右折し、「道の駅富士見」に併設されている「富士見温泉」にゆっくり浸かります。
Akagi07ここの温泉は、地下千数百メートルで太古の海が熱せられた、塩分を含む成分となっておりガッツリと暖まります。
 
くつろいだ後は日も落ちてきたので帰路につきました。

2019年1月 6日 (日)

アウトバック(BS9)冬タイヤ・ファーストインプレッション

Snow_09今回、アウトバックのスタッドレスには、勤務先のクルマ好きからの縁もあって、ピレリのアシンメトリコプラスを選定しました。
サイズはリミテッドからのインチダウン225/65/17(ノーマルアウトバックは、このサイズ)でホイールはVM4から流用しましたので、中華製の組み合わせとなります。
 
Snow_00トレッドパターンは非対称、内外指示で回転方向の指示は無く、車両中心に対称のパターンとなり、これは内側と外側で特性を変えていることになります。発泡ゴムで無いと言うことと、サイブが皆、タイヤ中心から角度を持っており、旋回時の食いつきに効くのでは無いでしょうか?
 

Snow_07年の瀬も押し迫った12月31日、赤城山へ試走です。

 
Snow_03
展望広場より覚満淵、大沼方面を望む。見た目より雪が舞っており、さみいぃ~~。
 
この後、小沼への登りは凍結しておらず、X-MODEなしでも滑ること無くぐいぐい進んでゆきます。
Snow_08_2
小沼駐車場で引き返し、下りは20km/hのX-MODEオンで、速度が上昇すること無く下ってゆきますが、ここも凍結は無く圧雪(その下は凍結かも知れませんが、そこには食いつきません)でした。
 
Snow_02
大沼までさらに降りて、周囲を一周。キャンプ場付近は道の雪も少し深かった(上の写真)ですが、X-MODE登場には至らず、発進停止時のスリップもありませんでした。
 
Snow_01少し薄日が差してきました。雪は雲が降らせていると言うより、風で積もった雪が舞っている感じです。年末は暖冬せいか、VM4の時よりも雪は少なかったです。
 
スポークが細くスポーティであるホイールデザインはVM4向きでしたが、アウトバック(=SUV)にはディッシュタイプのような力強さのあるデザインが似合うと、個人的には思います。
 
Snow_05
中腹まで下ってきて、地蔵岳山頂の電波塔を振り返ります。
 
Snow_04今シーズンもスキーに行くので、使用感は、おいおいレポートしてゆきます~