« 遠く、時の環の接するところで再び会おう~ | トップページ | 団さんウルトラの星になる »

2023年3月 2日 (木)

月と火星の接近2023

先月中旬には帰国していたのですが、体調を崩したり個人的にいろいろあったり…で、なかなか記事が書けませんでした。

帰国後の再始動1本目が松本零士氏の訃報になるとは。

一昨夜の画像ですが、感度を上げると月のディティールが潰れ、適正露出だと火星が見えません(涙。

Moonmars2023大きなモニターで上の画像をクリックいただくと点として見えます。

視野角で5度程度なので、結構離れて見えます。
 
Moonmars2023feb
アメリカ滞在中の昨年晩秋、出勤前のまだ暗い時期、西の空に赤く輝くのは火星だったのかな?
と、今考えれば思います(検証はしていませんが)。

出勤前のわずかな時間でしたが、振り返ると撮っておけばよかったかなぁ

« 遠く、時の環の接するところで再び会おう~ | トップページ | 団さんウルトラの星になる »

大空の彼方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠く、時の環の接するところで再び会おう~ | トップページ | 団さんウルトラの星になる »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー