無料ブログはココログ
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月27日 (日)

再読了、US-2救難飛行艇開発物語

まぁ、最終巻は昨年1月末に完結しましたが、先頃再び全巻通しで読み終えました。
 
Us2_00コンセプトをまとめて要素開発、全機開発と進み、審査→評価を経て試験飛行、部隊引き渡しと、その一連のプロセスを知ることができ、興味深かったです。
 
もちろん、「超理系コミック」という通り、すべての専門用語が理解できたわけではありませんが、命を懸けた限界領域で運用される航空機開発の大変さを垣間見ることができました。
 
 
国産救難艇のルーツは、第二次大戦中に活躍した二式大艇にまで遡ります。
 
Us2_02終戦後、その技術に興味を持った米グラマン社から研究用にUF-1の供与を受け、そこに独自の技術を持ち込み、4発化のUF-XSとして試験評価(↑)や運用を行いました。
 
まずは対潜哨戒艇としてPS-1、その改良版で救難US-1(↓)
Us2_03上二枚はコンデジ画像で、かがみはら航空博物館の展示機です。
 
そして遂に室内与圧、デジタルフライバイワイヤーとして、さらなる発展型US-2へと進化しました。
Us2_05 US-1A改、あらためUS-2  国際宇宙博覧会2008年みなとみらい会場にて
Nikon D70+TAMRON A05
 
この時初めて飛行する救難艇をみました。さすがに着水、離水はなく、1度きりのフライバイで終了でした。
 
ワタシもうまく整理できていませんが、日本における飛行艇の機体を整理すると上記のような流れでしょうか?
 
Us2_04_20220226142101軍用機の民間転用への壁は、ワタシにはよくわかりませんが、ぜひとも歴史あるこの技術を国内のみならず他国の警察や沿岸警備、消防等にも活躍いただくチャンスはないものか、と思います。

2022年2月21日 (月)

2022冬、滝とダムと駅舎跡!

先日、有休消化日と題して義母とカミさんを誘って、地元のローカル番組で紹介されていた場所へ行ってみました~
 
群馬県安中市の横川にある麻苧(あさお)の滝です
 
上信越道の松井田妙義ICを降りて旧道を軽井沢方面へと向かいます。
Yk_01途中の案内板が見づらいですが左に折れてすれ違いのできない程の細い道を下ってゆくと駐車場があります。
 
そこにクルマを停めてつり橋を渡り、入ってゆきます。

Yk_25足元は前の週に降った雪で覆われています。
 
Yk_19最初に弁財天が岩の下に祀られています。

Yk_17


Yk_18先に進むと、所々に七福神が安置されています。
  
奥のつり橋から正面には麻苧の滝(父滝)を望むことができます。
沢伝いに近くまで↓
 
Yk_05この日は上の方まで凍っておらず、水が流れておりました。落差40mすべて凍っている時は見事でしょうね。
 
Yk_26左側にはさらに上方奥に大きな滝(母滝?)がありましたが、急な鎖場を登らねばならず、足下が濡れており滑ったので諦めました。
リュック持参で肩にかけたカメラを格納して両手が自由ならばチャレンジできたかもしれません。
 
麻苧の滝の後はダムめぐり。
 
Yk_08まずは坂本ダム(碓氷湖)へ~ 事前情報でダムカードは霧積ダムで配布とのことです。

こちらに寄った後は、旧道にてめがね橋を越え熊野平駅駐車場まで進み、階段にて熊野平駅跡まで登ります。Yk_16旧信越本線の横川-軽井沢間は電化された設備を残したまま保守が行われていましたが、心無い電線泥棒の被害にあった後はどうなってしまったのでしょうか?
 
その後、次の目的地、霧積ダムへと向かいます。 Yk_24霧積ダムでは放水を行っていました(右下に僅かに見えます)
 霧積湖も所々凍っていました。
 
ダムカードをゲットした後は、少し遅めの昼食は横川駅に向かいます。
Yk_13写真の駅舎のちょうど向かいにある食事処で峠の釜めしをいただきました。
 
食事後は駅周辺をしばし散策。
Yk_11碓氷峠の関所跡
 
電気機関車の警笛がなっていたのは、碓氷鉄道文化むらで運転体験をされているからでしょうか?
恐らく信越本線横川駅のホームにいた高崎行きの電車ではないと思うのですが…

走っている姿を見ることはできませんでした。

その後は坂本宿跡の外れにある峠の湯に浸かり、疲れを取って帰宅しました~
Yk_27逆光ですが、駐車場より裏妙義を望む事が出来ます

峠の湯までは鉄道文化むらからトロッコ列車が運行されていますが、3シーズンのみで冬期は運休中でした。

Yk_10

 

2022年2月18日 (金)

県内スキー場へGoですが

 先週の土曜日は県内スキードライブ~
 
Asm2000_02場所は嬬恋村のアサマ2000スキー場~と言っても、冬期は長野県側から車坂峠を越えてのアクセスしかできません。ですので、上信越自動車道の小諸ICを降りて目的地を目指します。
  
Asm2000_05
朝食を摂ってから出発したので、現地到着は9時30分過ぎ。峠付近はスノーシューの登山客が多く、駐車場も、ほぼ満車状態。そこから少し下ったスキー場の駐車場も、ゲレンデから少し離れた場所で、着替えてからゲレンデまで少し歩きました。
 
Asm2000_07
リフト券はシニア1日券を選択。4時間券(年齢制限なし)と同額だったので。こちらのスキー場は昨年同様、シニアは55歳以上からなのでありがたいです。
 
第一リフト脇を数本を滑って足慣らしの後は、第三リフト脇SENTRALコースで少しスピードに乗った後、隣のPANORAMAコースを滑ります。
 
その後、第四リフトSUNSHINEコースを数回、SENTRAL、PANARAMAも交互に数回滑り、トイレ休憩でレストハウスへ。
 
Asm2000_04
20分ほど休憩した後は、PANORAMAコースから第二クワッドのDIBINGコースへ。いつもはフラットにならされていますが、前々日に降った雪のまま整地されておらず、大きなターンで弧を描くと、少し足を取られそうになります。
 
14時少し前まで滑って、着替えて上がります。
 
Asm2000_08
昼食を摂っていなかったので、佐久市内のコンビニでチキンとマフィンを購入して食し、帰路につきました~。
 
天候は薄日が差す曇り空でしたが、風もなく気温も比較的高く、楽しく滑れました。
 
Asm2000_10
今月はもう1回行けるかな?


2022年2月16日 (水)

今宵の満月は

Snow moon~♩
 
Snowmoon_non2022.2.16 22:26  f8 1/320手持ち 35mm換算600mm相当からトリミングJPEG撮って出し

本日は明るく、シーイングも良好なのでISOは125まで落としています

Snowmoon_ret自分好みにシャープネス&コントラストをちょっとレタッチ
 
ココログの仕様で画像の圧縮率は変わってしまいますが。

2022年2月11日 (金)

2205後章観賞!

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち~
後章-STASHA-を観てきました!
 
旧作を観てから、と思っていたのですがレンタルDVD店は貸し出し中だったので、
昨年購入してあった2205 前章-TAKE OFF-を復習鑑賞して参加。
発売中の円盤はOP、ED、予告編が小刻みなTVシリーズ全4話構成となっていますが、ストリーミングは劇場フォーマットを踏襲して本編連続上映+フルサイズEDとなっており、こちらの上映方式の方が好きです…って、前章の時も書きましたが。
  
前章で旧作の 新たなる~永遠に~ヤマトIIIのバックグラウンドが紹介され、本章はイスカンダル編の伏線改修といったところ。
 
2205_06内容的には前章に続く評判通りの出来で、2202のネガティブな面は払拭されております。
 
2205_01_20220211204901パンフに広告もなかったので、ヒュウガのキット化は無さそうですね(涙

このようなストーリーであれば、次回作「ヤマトよ永遠にLEVEL3199」や、恐らくその後に続くヤマトIII リメイクも期待が持てそうです。
 
音楽も上出来、2枚組ということでCDも購入。 
2205_07いや~古代、デスラー、スターシャの絡みはもちろんのこと、土門君が活躍しましたし、ヤーブ元機関士もヨカッタデス!
劇中や円盤のOPに採用された旧作からの主題歌音源も三曲収録されています。
  
次の3199は間違いなくデザリアム編ですよね!
 
2205_08「敵は宇宙戦艦ヤマト」の意味は?
 
いや~次回作が楽しみで働くモチベーションが沸いてきました←とても楽しみですぅ~~

2022年2月 9日 (水)

南岸低気圧接近

帰宅時は晴れていたので綺麗な上弦の月でしたが、夕食後に風呂から出たら薄曇り。
20220209_0120時過ぎの撮影ですので、上の画像は薄曇りをクリヤーにするため、かなりレタッチ。

現在は完全に曇りで、雲に隠れてほとんど見えません。

まだ雪が降りそうなほど外気は冷えておりませんが、明朝の関東平野部は雪の予報ですので、気をつけて通勤しましょう~

 

2022年2月 1日 (火)

水上高原スキー場へGo~

今年初のゲレンデリポート
 
実は正月休みの2日に八千穂高原に行ったのですが、風も強く3本目で派手な転倒を行ってしまい、その後躊躇しておりました。ケガはなかったのですが、ちょっと脳震盪を起こしてしまい、静観していた感じ。
 
で、先週の土曜日に県内の近場に体調の様子見がてら出撃。
 
朝食を摂った後、上武国道で渋川伊香保ICまで走り関越道へ~赤城ICを越えたあたりから渋滞になったので昭和ICで降りて下道へ~ Minakami22_01途中で休憩時の駐車場にて
 
で、到着したのは県内の水上高原スキー場。 
Minakami22_02 娘から水上方面で2000円分使えるクーポンをもらっていたので、それを足しにしてリフト券を購入。
 
先ずはクワッドリフトを使て5~6本軽く足慣らし。
10時少し前に滑り始めましたがゲレンデ表面は凍っていました。と言ってもアイスバーンではなく、雪が硬く締まっている感じ。
 
その後、第二ロマンスに乗ってモンキーダンスやかもしかコースで少しスピードに慣れます。
 
最後に第一ロマンスで最長部まで行きました。
Minakami22_05南側に広がる水上宝台樹スキー場と、その下はゴルフコース。
 
第二ロマンスからは上越の山々が
Minakami22_06このゲレンデは奈良俣湖の南に位置するので、僅かですが中央にダムが見えます。
 
リフト券終了近くの13時前まで滑ってから上がって着替えます。
Minakami22_07最近はゲレンデ隣接のレストランやカフェも休業が多く、ミニバンのゲートを開けて折り畳みテーブルやいすをセッティングしてランチを行うファミリーやカップルが駐車場のあちこちで見られます。それがいけないわけではないのですが、私のような早帰りするクルマたちも走行しますし、スペースがない場合、切り返しで向きを変えねばならずちょっと危険です。

Minakami22_04朝、到着時に誘導してくださる係の方がもう少し前後の間隔を広めにとっていただけると安心できると思いました。
ということでワタシも着替えた後にトイレに寄ったり売店を覗いたりして13時30分ごろクルマに戻ってきたら前や左前方に停めていたファミリーの方の片付けも終わったので左折して帰路につきました。
 
おまけ
 
リフトから見えていたので、スノードライブを楽しみつつ奈良俣ダムへ~
Minakami22_03_20220201005701先客がいたので以前の位置から撮ることはできず、少し後ろから撮影。除雪された雪の壁がルーフ近くの高さまでありました。
 
水上市街ではお土産を購入
Minakami22_08以前からよく購入している温泉饅頭(左)&最近TV等で有名なチーズタルト(右)←こちらは初!
 
どちらもおいしくいただきました~~。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話など
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマっ!
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。