無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月15日 (日)

捨てられないもの

それは昔、録音したカセットテープたちです。
 
先日カセットデッキを修理したのも、これらをデジタル化してPCやスマホで聴くためです。
  
実家が狭かったこともあり、音楽鑑賞はもっぱら運転中に愛車の中で、CDチェンジャーを購入するまではカセットテープが主流でした。
 
大学時代にオーディオ好きな友人のデッキで録ったものや就職後に自分で購入したデッキで録ったテープは音質も良く、エアチェックで録音した音楽番組や、CDとして買い直してないアルバムは、保存しておく価値があります。
 
Tape_031980年代以降のカセットテープ群 ノーマルポジションはTDKよりもSONY、特にBHFを多用。その後、コスパでFujiのER(耐熱性に強いとカーステレオ愛用者には評判だった、後にAXIAにブランド名を変更)を愛用。ここぞ!という時のメタルポジションはSONY、でも通常のメタルはThat'sを愛用、コスパ優先で運用していました。
 
実家から持ってきたテープたちは、ざっと数えて100本強ありました。ここから思い出深いテープをピックアップしてゆきます。
 
Tape_06A→D変換のハードは数年前に購入していた「デジ造 音楽版」。上写真のようにデッキのライン出力を本機に介してPCのUSBポートへ。サンプリングソフトは使用経験のあるAudacity(フリーウェア)を使います。最近久しぶりにメジャーバージョンアップされ、ビックリポン!です。
 
Audacity
かつてWindows7の頃、前述のデッキを使って学生時代のコンサート等をCD音源レベル(16bit/44.1kHz)でのMP3化は行いました。近年ではPCのスペックも上がっているので、今回は自分が演奏したコンサートやお気に入りのアルバムはHi-Resスペックでのサンプリングに挑戦してみようと思います。
  
まぁ、どんなに分解能を上げてもマスターテープ以上の音質にはなることはありませんけど…ね。
 
Tape_01合唱団時代のテープや、かつて愛車で聴いたアルバムをサンプリングしてスマホで聴けるようになることが楽しみ。さすがに中・高生時代のテープはラジカセ録音(NRなし)がメインなので厳しいものがあるとは思いますが。

Tape_04左上は乾式テープヘッドクリーナー。ヘッドを摩擦で拭き取る原理のため、購入以来少ししか使用していません。右下はヘッドイレーザーで、コレを挿入して5秒間くらい再生すると、ヘッドまわりの磁気を消去してくれます。ヘッドとの接触部を押すと作動ランプが点灯したので使えそうですが、ワタシの聴感では効力が感じられず、ほとんど使用したことはありません。高額でしたが、猫に小判かな?
 
 
最後はコチラ↓
Tape_05ワタシの結婚式でBGMに用意したテープたちで、こちらも捨てられません。
 
1曲づつ別のテープに落としてというのが式場からの指示だったので、それに従い十数本用意しました。
 
8㎜ビデオカセットで録ってもらった動画はカメラが故障し廃却したので見ることは叶いません。しかしコチラのBGMカセットはデッキが治りましたので、気が向いたら記念にデジタル化しておきましょうかねぇ…

これらは当分捨てられそうもありません~~♪

2021年8月 2日 (月)

F-4 ファントムは終わらない

航空自衛隊の実機ファントムは、本年3月をもって全機退役されました。

しかし、模型や書籍の世界では終わることはありません。
 

F4_forever_01_078428
 
F4_forever_02_778399オジロワシ302SQスペマ機を、目に焼き付けるがごとくシャッタ-を切りました
 
まずは書籍↓ 右側の二冊 「侍ファントム最終章」、「Happy Phantom Days」共にワタシの尊敬するNikon使い中野耕志氏による書籍です。
F4_forever_07特に後者はJ-Wingsに連載されていた「今日もファントムに会いに行く」をまとめた内容で、去り行くファントムや世界各地で飛行する姿が熱い想いと共に掲載されており、大切な1冊となりました。
 
徳永大センセの大判写真集も気になってはいますが、書店で確認して今回は見送りました。
 
左のもう一冊は洲崎氏、普段はCanon使いのようですが、各社新鋭機の撮影レビューも行っており、本書では複数の撮影機材によるショットが収められています。書店で手に取り、見開いた大判のファントムたちは、もうため息しか出ません(感涙。
気づいたら手に持ちレジに並んでいました。
 
F4_forever_08ファインモールドの新金型によるRF-4EJのキットで、以前に本ブログで紹介したキットの内、未開封の2つは手放しての購入です。
 
この、ヨーロピアンワン風迷彩のRFにぞっこんです! 
F4_forever_03_776397コチラ ↑は百里基地航空祭での実機写真 ↓も。
 
F4_forever_05_378315_hyakuri2019空自のファイナルスぺマ機(限定版)も、1/72ではハセガワやファインモールド、1/48は造形村やハセガワから複数リリースされておりますが、キリがないのでガマンです。
 
また、1/48ではタミヤから新金型でF-4Bがリリース。シリーズ展開されるとは公表されていませんが、ランナーのパーツ分割を見ると、少なくとも英国除く海軍型(ショートノーズ)は網羅されそう。別売のデカールも米海軍B/J型の兼用となっています。1/32の実績から、空軍型(ロングノーズ)ボディも出るのではないでしょうか?ということで、海軍型は1/72、1/48ともにCAD設計によるK国メーカー製の未組立キットも早々に手放しました~。

 
今年のGW中には組立予定の無い未開封キットを上記以外も含めて終活として?売却しましたが巣ごもり需要によるものか、大きな段ボール箱2箱ほど、私の予想相場より高めの下取価格で旅立って行きました。まぁ、新しいキットへの軍資金となって循環するので終活にはならないでしょうが(汗。
 
F4_forever_09英国型特有の機体を近年のCAD技術を駆使して設計、モデル化↑したAIR FIX社のキット。
 
さすが自国の実機や豊富な資料をリサーチしただけのことはあります。30年前に1/48ハセガワ、1/72フジミでキット化以来の新金型で嬉しいです。これら日本製が出るまでは、ロールスロイスエンジン搭載の機体は本国マッチボックス製1/72しかありませんでしたからねぇ。こちらも、いずれ組まねば。  
 
F4_forever_06そうそう、ハセガワ1/48のF-4EJ改も、1-300さんの動画を流しながら、微速前進ですが順次進めておりますぅ~~
 
ダメ押しでもう1冊。
F4_forever_10先日到着の書籍。隣はここ数年で購入したパッチ類。書籍の方はパラパラ眺めた程度ですが、ワタシの中では誌上通販のパッチ購入をもって、一応の区切りはつけようと考えております。

でも、TAMIYA1/48のEJ型が発売されたら、買ってしまいそうですが…やっぱエンドレス~(滝汗。
 
 
p.s.
冒頭で紹介した実機写真等の一部を含め、下記リンク先にワタシの撮った飛行機たちを投稿しております。

FLY TEAM Woodpecker のページ

無料会員登録すると、大きなサイズの画像を見ることができます。
よろしかったら覗いてやってください~

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話など
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマっ!
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。