無料ブログはココログ
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月15日 (月)

昔造った3Dモデルを引っ張り出してみた

先日、「ワタシとニフティ」というタイトルで記事をUPしたのは、ココログのお題だったからですが、おかげさまでこの記事がニフティ賞(←下の方に載っています)を頂きました。ありがとうございます。

その記事に3DCGソフト「六角大王」 で遊んでいた話を載せましたが、本日は後日談です。

「六角大王」はパソコン通信Nifty-Serveに公開されたフリーソフトですが、バージョンUPを重ねた後に製作者が法人化してパッケージ販売され、その後さらに権利譲渡先にて発売され続け、昨年6月に販売終了となりました。
先日、古いHDDを探っていたらフリーソフト時代に作ったデータが出てきたので、当時のフリーウェアをインストールして確認しようとしたら、ウチのWin10Pro(64bit版)ではいくつかの32bitのdllファイルが見当たらず作動不可でした。
Roku_bf3_01BF3 初代レガシィ

色々調べたら最後に販売していたメーカーのサイトにて機能制限付きの体験版が入手可能で、インストール。立ち上げてデーターを読み込んだのが上の写真(第三角法?)です。
一応、車の構造に則って全体のアウトラインをデザインし、その後各パート(ドア、ウインドウ、ピラー、フード、フェンダー、ルーフ、前後バンパー&ライト類)毎に分割位置を決め、各ディティールのモデリングを行いました。

また、どのバージョンからか忘れましたが、JPG画像を背景において、それをなぞるように点や線を置くとモデリングできる機能が付与されました♪

Bf3kai六角大王データを作成した際に参照したマイBF3のJPG画像

こんなのを2代目 PC PC9821 Na13のSVGA画面でシコシコとモデリングしていました。フリー版は左右対称形状のみでしたが、逆に労力は半分で済みます。
 
3DCGはPC上の仮想空間にてモデリングを行い、その表面に色を塗ったり、テクスチャ(模様)を貼ったり、光源を設定してレンダリング=計算する事でCGを完成させます。

ちょっと乱暴な区分ですが、モデリングには大きく分けて、骨組みのみのWire Frame(点と線の集合体)、表面のみのSurface(面のデーター)、面厚み方向に塊(体積)を持つSolidの3つがあります。ワタシが遊んでいた頃の「六角大王」は、Surface モデリングソフトだと思います。Wire FrameやSurfaceは点群と線なので、Solidに比べ、PCスペックがプア(例えばi486DX-66MHz RAM8MBクラス等)でも、それなりに動きます。

Roku_bg9_012代目レガシィBG9
 
BG9もそれっぽさを失わないように、なるべく少ない面数で作ってみました。処女作のBF3はカクカクしていましたが、BG9はオリジナル同様に丸みを持たせたつもりです(汗。ルーフレールのモデリングが、細かくて厄介でしたし、アルミホイールの黒い部分は、塗り潰しただけでモデリングしていません!
 
Roku_bg9_02上記BG9のWire Frame Data

ワタシは六角大王Superの頃、恐らくWin95~98の時代に一度製品版を購入しておりましたが、その後バージョンUPを行うこともなく、XP以降はインストールすることもせず、いつしかCD-ROMも処分してしまいました。結局、ワタシはバーチャルにて細に入るような緻密な作業には向かないことも、これらのモデリングを通して感じました←個人的には手に取って眺められる1/24プラモを作った方が精神衛生上よろしいかと。
Bg9_04
ワタシがやりたかった事なんて、今ではSUBARUのWebサイトにて(多分オリジナルのCADデーター使用 !?)で、現行車をあらゆる確度から色も自由に変更して動かせてしまいます。でも、六角大王のモデルを作るために写真やカタログとにらめっこしながら形状を作りこんだ事は、ワタシの中では楽しい思い出です~。

2021年2月10日 (水)

パルコール嬬恋へGo!

2月6日(土)冬型が緩み気温が高く、今回は体調を万全に整え県内のスキー場へ。
 
いくつかの候補の中から高崎市~二度上峠経由で長野原町~万座鹿沢口~パルコール嬬恋スキー場に到着。 Tg_2021_00朝の二度上げ峠から浅間山を望む。日陰の一部以外に凍結路面はほとんどありません。
 
この写真と最後のみD500で、間はスマホ画像です。 
 
到着は9時前、バラギゲレンデ側は駐車場が空いておりレストハウスへ上る階段の近くに停めることができました。
 
着替えてリフト乗り場付近を見渡すと、リフト券売り場がないのでリフト乗り場の係員の方に聞くと、まずは最寄りの第五カルテットに乗って、パルコール側のセンターハウス(チケット売り場)に行き、購入との事。なんか1回得した気分でクワッドに乗ってパルコール側へ。
 
Tg_2021_07午前券が11時までであること、午後券は11時からリフト終了(緊急事態宣言中は15時)まで、ということで大人1日券(シニアは60歳からなので)を購入して滑る。比較検討したノルン(5時間券)や水上高原(午前は13時まで)は55歳~だったので、コスパはちょっと落ちました。
 
準備運動後は第一カルテットでモデラートやドルチェコースで足慣らし。
  
雪質は締まっているが、ドルチェコースは雪上車で慣らしてない印象。その後はバラギゲレンデ側へ移動し、浅間、黒斑、それぞれからビギナーコースへ合流することを繰り返す。新しく買ったゴーグルと昨年まで使っていたヘルメットとのマッチングが良くないので、今回はウールキャップ+ゴーグルのスタイルで滑走。ゲレンデも広く、スキーヤーの密度も低いので、衝突もほとんどないと思わます。
 
Tg_2021_0211時過ぎにトイレ休憩した後はゴンドラに搭乗して山頂駅へ。
万座山の右奥からは遠く雪を頂く尾瀬の至仏山や日光白根の山々が見えました。
 

Tg_2021_05山頂の眺めはGood、同じ構図で恐縮ですが、この時以来なので6年ぶりです。
ここからは第4フーガを数回、ビバーチェや樹氷のプレストコースを数回楽しみます。
 

Tg_2021_03樹氷のプレストコースの向こうには、今朝通ってきた二度上峠の浅間隠山が望めます。
 
個人的には中腹のパノラマコースが大好きなのですが、この日は日光を浴びてコンディションが良くないことと、往復できる第六デュオが休止中だったので、あきらめて下り、最後は冒頭の第五カルテットを数回滑り、12時30分過ぎに上がりました。
 
Tg_2021_06ランクルから1台開けて停めたあとから、間にSKフォレスターが…スバルの法則ですね!
 
着替えた後は、道の駅八ッ場まで降りてちょっと遅い昼食&仮眠zzz…なんと16時近くまで寝過ごしてしまた。
Tg_2021_08その後榛名山を経由して伊香保へ向かいます。酒蒸饅頭の角田製菓さんの駐車場が混んでいたので温泉饅頭目当てで榛名山を縦断しました。
 
時短営業なのか、お気に入りのお店は閉店しておりましたので、そのままスルーです。
 
…にしても土曜夕方のの伊香保は、石段や歩道に結構人が出ており、入浴セットを持ってこなかったのを少し後悔しつつ、水沢経由関越道で帰路につきました~。

 

2021年2月 5日 (金)

ノースライトに魅せられて

年末休みに録画したドラマを観て、ロケ地に行ってみたくなりました。

その作品は、「ノースライト

建築士の主人公が、自分の家族や依頼人の生い立ち、現在の雇用主である親友の生き様を追いかけてゆく、重くも熱いヒューマンドラマです。

原作は元上毛新聞記者の横山秀夫氏、キャストは主人公が西島秀俊、元妻に宮沢りえ、建築依頼主が伊藤淳史、親友に北村一輝、その妻に田中麗奈と、安心して観ることができる演技派ぞろい。
 
Bt05写真は佐久スキーガーデンパラダより
 
依頼主に「あなたの思い描く家を建ててほしい」という条件が提示され、信濃追分に雄大な浅間山を全面に取り入れた北向きの家を建て、引き渡す。とても喜んでいるように思えた1年後、その家には家族の姿はないという…。
 
主人公の別れた元妻と娘、親友の経営手腕や彼の妻と息子への疑惑、失踪した依頼主に浮かぶ元妻の影…いくつもの謎が交錯します。
 
Bt01ワタシがバイクを転がしていた頃は、確か「梅田ダム」の呼称だったような…?

いくつかのミステリーが交錯し、主人公と依頼主の接点として、依頼主の新居に残されたブルーのタウトが設計したといわれる木製の椅子と、桐生市奥の桐生川ダムとが、二人を結んでゆきます。

ブルーノタウトは高崎市に滞在していたことのあるドイツの建築家で、数々の建築物を日本に残したことで知られています。

Bt03ブルーノタウト展も、いよいよ今週末の2/7(日)迄

カミさんもワタシもこの作品に魅せられて、正月明けに群馬県民の森美術館の特別展に行ってきました。実際滞在中は、高崎市少林山達磨寺境内の離れに暮らし、地元の人たちに木材や竹細工の加工等も指導していたとのことです。この史実も、ドラマに絡んできます。
 
Bt04群馬の森にて。散策していたらロウバイの香りが豊かでした。
 
劇中、信濃追分のノースライト(北向きの光)をふんだんに取り入れた「Y邸」も、桐生川ダムも、ロケ地の風景がたまらないです。そして終盤、コンペに挑む建築模型にも、この光をふんだんに取り入れた桐生でも有名な、ある構造が取り入れられております。
 
(同型車の写真)
そして主人公が駆る愛車は、舞台が2000年代中盤の設定ということでシックな青/銀2トーンのアウトバック(BP型)です。雄大な浅間が背景なシーンや、梅田湖にかかる梅田大橋を渡るシーンが印象的でした。

非常事態宣言の解除後は信濃追分にも行き、そこから浅間を眺めてみたくなりました。

再放送が決まったら、皆様もぜひご覧ください。


p.s.

Bt02 蛇足情報ですが、梅田大橋から先(画面後ろ)は、足利市や田沼町へ抜ける道で、30年前はローリング族がひしめき、一時期は2輪通行禁止だったと思います。今回は行きませんでしたが、この先も走ってみたくなっちゃいました。

~この日もマフラー弄ったウルサイバイクが、何度も往復しておりました~

2021年2月 2日 (火)

シーズン第2弾も、県境を越え信濃の国へ~

今シーズン2回目のスキーですが、1月も末の週末、上信越道八風山トンネルを抜けて佐久小諸JCT経由で佐久南ICで降り、向かうは白樺国際スキー場へ~

天候は晴れ。雨境望月線から登って諏訪白樺小諸線に合流する付近から路面は積雪状態。気温も-3℃からどんどん下がり、駐車場到着時は、なんと-10℃。着替えて、シニア午前券のチケットを買い、滑り始めは9時過ぎ。

準備運動を済ませて左側のクワッドリフトを3本ほど滑ったが、息切れが激しく調子が思わしくない。
S_kokusai_21_015本滑ってさらに上のペアリフトに乗る。

雪質は閉まっていてパラレルのスピードも乗るが、やはり息切れが激しく、2本滑ってからペースを落とし、リフトを降りてから少し景色を願めて滑走インターバルを開け、三本滑るが、どうも調子が出ずに頭痛もしてきた。
S_kokusai_21_02なので、無理をせず最後の1本はスピードも落としてレストハウスで、トイレ休憩。
その後休憩所のソファーに座っていたら眠気を催して30分ほど腕組みをして睡眠していたようです。

頭痛はおさまったのですが気分が乗らず、こんな日は無理して滑ってもろくなことが起こらないので、本日はさっさと切り上げて帰路につきます。運転には支障ないのですが、どこかに寄りたい気にもなれず、家人からのリクエストで道の駅下仁田にて、ネギ、椎茸、しらたきを購入して帰路につきました。

睡眠不足でもなく、特段疲れていた状況でもないのですが、帰路の運転中に原因を考えていました。恐らく気温が低く、湿度も乾燥していたので、激しい運動で酸欠を起こしなのかな?と思います。

こんな経験、長年スキーを続けていてまれです。

次回は体調も万全に、ゲレンデを満喫したいと思います。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。