無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月28日 (木)

野辺山観測所、クラウドファンディング終了

以前こちらで紹介した「さとふる」での募集が終了しました。
目標金額3000kに対し、終わってみればは6206kと、倍の実績となりました。
 
私が冒頭の記事をUPしたときは目標到達直後。そこからかなり伸びたので嬉しい限りです。本ブログも微力ながら応援できたと思いたいです。
 
Nagano_18_20210127220301送られてきたクリスタル。3Dモデルデーターをレーザー加工で彫ったもので、サイズも思ったより大きく、ずっしりしております。
 
集まった金額の用途は直接の運営に充てるのではなく、ふるさと納税の一環として長野県南牧村「国立天文台野辺山宇宙電波観測所特別公開」の開催費用として活用されるということで我々宇宙ファンのイベント向け&地元の町おこし的なイベントに供され、両者にとってWinWinの恩恵が受けられそうです。
1983_smmer05ss正月に実家から持ってきた1983年夏の写真。
 
撮影条件も保存状態も良くなく、白黒スキャン+無理やりレタッチで修正しましたが、奥にうっすらと45m望遠鏡が確認できます(1982年から運用開始)。その時は奥まで行かなかったので、記憶に残ってなかったようです。
 Nobeyama05JAXAのように防衛技術研究にも協力すれば予算はケタ違いの様ですが、国立天文台の長い歴史の中から打ち立てた「平和利用の研究しか行わない」というポリシーゆえに苦境に立たされている、ということです。
 
Nagano_17返礼品と共に同梱されていたリーフレットと
 
1982年といえば、高校を卒業して大学に入学した年。ワタシ自身もあちこち体にガタが来て運用に保守を要しておりますが、リフレッシュしつつ、さらなる前進を継続する所存です。
 
Nobeyama01  風光に恵まれ、学術貢献や地元活性化のために、ぜひとも運用の継続を願うばかりです。
  
今後も応援します。

2021年1月26日 (火)

今年やりたいこと

それはズバリ、天体観測です。
2021年最初の月も終えようとしておりますが、遅まきながら新年の抱負なんぞを。
 
年末に撮ったガリレオ衛星を見ちゃった時から、いや、その数年前にデジイチを買って月に向けた時 ↓から、その興味はありました。
 
Sm_6y14滞在中のアメリカで撮影したSupermoon 2016年11月
D7200+Tamron A005にて手持ち撮影後、トリミング/レタッチ/リサイズで、今にして思えばビギナーズラックでしたが、この1枚で月の美しさにハマリましたっ

そして、観測スタイルを実現するためにアウトバックで車中泊♪~
 
このご時世でソロキャンプや車中泊がブームらしいですが、テントを張ったり、クッキングをしたり、一人でまったりの時間を過ごすことにも憧れます。でも、天体観測が主であれば、機器操作の関係からアルコールもほとんど入れずに食事もチャッチャとすませて星空に思いをはせる…なんていうのもありかも。天候が優れなければ飲んだくれ→フテ寝モードになっちゃいそうですが~
 
天体ショーとしては、今年は年に二度、月食が楽しめそうです。
 
Moon_01上は昨年の半影月食(同じ写真の使いまわしでスミマセン)。
 
本格的な観測は赤道儀に反射望遠鏡でしょうが、まずは屈折式の経緯台でデビューでしょうか?
デジイチを軽量の明るいレンズ+フルサイズミラーレスに移行して赤道儀に載せて星夜撮影…なんていうのにも憧れますがコストもかかるし、敷居が高そうです。しかし、夢は広がります。
Mn01朝の月
   
望遠鏡はピンキリですが、自宅の庭で直ぐにセットアップ出来て就寝前の1時間程度楽しめる入門機が良いかな?と物色しております。上を見なければ交換レンズ1本程度でそこそこなものが買えそうです。創業者が元スバリスト(今はロドスタリスト?)のこちらのお店の商品に憧れております~。
 
Obkそんな話をしたら「賛成っ!」と、カミsanからはソロならぬ「夫婦キャンプ」をせっつかれてしまいました…。まあ、我が家の財務省を味方につけて認可が下りれば進めやすくこの上ありませんが、いくらアウトバックでも荷物を積んで2人車中泊はキツイと思います。
 
まずは自宅で月、近くの河原で惑星、星団星雲は双眼鏡でも良いかもですが、山間部でキャンプ&観測にも挑戦したいです~

 

2021年1月22日 (金)

新型アウトバック2021国内版はこうなる!(勝手に妄想)

オーストラリア向け(右ハンドル版)の発売が発表されました。
 
以下、上記ページの画像を引用させていただきながら勝手に膨らんだ妄想です。
 
Obk_au_02G馬県 O田市 Y工場生産のモデルでしょうか ?
現行型右ハンドル車は、すべて国内生産と聞いたことがありますので。

エクステリアの第一印象は「XVの兄ちゃんじゃん!」という感じでしたが、動画を見ると質感は良さそう。
 
Obk21_03 無印(上)、Sport(中)、Touring(下)

テールは2枚下の写真のように北米仕様と変化が無さそうですが、フォレスターと意匠の共通感があります。まぁ、スバルの外観は実車を見るといつも良い方向に裏切られているので、この目で見るまで楽しみにしておきましょう。
 
新型アイサイトについては、どうやらレヴォーグ同様にヴィオニア製のハードウェアが載るようですが、AU向けではアイサイトXの搭載は無さそう。ただ、通常のアイサイトも進化しているようで、こちらのページに詳述されております。
 
Obk21_04 アイサイトXは詳細マップとのマッチングも(オセアニア地区なら「みちびき」も使えそうですが)あるので、国内に比べて、当該地での検証やマップ更新も含めて採用は難しいのでしょうねぇ…
 
パワーユニットはNA2.5Lのみの様ですが、FB16DITも国内のみの展開だったし、ここは国内向けへCB18搭載に期待するしかないようです。
Obk_au_05
個人的には、本オーストラリア仕様の外観と内装で
 
1.パワーユニットはCB18(必須)
2.安全装備にはアイサイトX搭載
3.最上級グレードの価格はレヴォーグSTI以下
4.ただし、外国ユーザー同様に立駐を使いませんので、ロータイプのルーフレールではなく、XVやフォレスターのようにゴツイ ルーフレール有無の選択式を希望。クロスバータイプは、どうせ後期型X-Breakとかでの展開でしょうし。
 
Obk_au_01_20210124215701という条件なら、ワタシの購入第一候補となりそうです。
  
現行BS9の注文も今週末の1月24日まで。
 
新型ちゃんの国内仕様の発表(←あるよね?)を期待して待ちましょう~

 

2021年1月17日 (日)

2021年最初のドライブ

先週の日曜日、北部は雪の予報だったのでソロスキーはあきらめて、カミさんと久しぶりに県内でスノードライブ。
 
行き先はおなじみの赤城山。
 
道にはほとんど雪はなく、赤城観光案内所までは標高が上がってゆくと日陰に積雪が増えてゆく程度でしたが、そこを越えて下りに差し掛かったとたんに雪が増え、前に走る数台のクルマも慎重に進むようになりました。
 
 
まずは毎度、鳥居峠の駐車場にて
Akg2021_01_01筑波山(ノートリ)と
 
Akg2021_01_02スカイツリー(超トリミング)も♪
 
遠方は少しガスっていたので、テレコン装着だとAFが迷う迷う。
MFでもぶれたので、上記2枚はテレコンなし、換算600mm相当にて撮影、レタッチしたものです。
 
Akg2021_01_03ここからの覚満渕は、春夏秋冬問わず好きな眺めです。
 
 
その後は小沼方面へと上がり、八丁峠にて撮影
Akg2021_01_06南面は通行止め。前回はこちら、レヴォーグではこちら
 
今回、年末年始の寒波が厳しかった割には雪が少なかったです。
 
ビジターセンターで洗面所をお借りし、ぬいぐるみのぐんまちゃんやころトンにあいさつした後は再びアウトバックに乗って湖畔に降ります。
Akg2021_01_07氷はまだ薄いようで、ワカサギ釣りは、この翌日(今週)から部分解禁になったようです。
 
赤城スキー場も赤城神社も駐車場は混雑していましたし、登山の方々も結構見かけました。
安近短の日帰りで比較的、身近な距離だからではないでしょうか?
 
Akg2021_01_04大沼を挟んで、鳥居峠の逆側より。
氷が厚く張るのはこれから、ワカサギ釣りのピークは2月だと思います。
 
帰りは大沼をぐるっと1周して、
Akg2021_01_05営業再開した富士見温泉に浸かって帰路につきました。
 

 

2021年1月 7日 (木)

初すべりは、県境を越えて

年も明けた2021年1月2日、天候を見ると、どうも県内北部はよろしくないので、県境を越えて西へ~。
 
上信越道で八風山トンネルを越える。昨シーズンは辟易した下り出口付近の補修工事は終了しており一安心。佐久平PAで休憩後、佐久小諸JCTから無料区間の中部自動車横断道を通って終点の八千穂高原ICまで乗り、着いたスキー場がココ
 
Yachiho21_01八千穂高原スキー場です。
 
本日は全リフト運航、半日券を購入してリフト営業開始からゲレンデへGoです~。
Yachiho21_02 いくつかのショートカット&上級者コースは閉鎖されていましたが、それでも代表的なコースは、すべて滑走可能でした。
 
本日は4つの主だったコースを3本づつ、北から滑ってゆきます。人工雪なので積雪量はありませんが、到着時-9℃と気温も低く、硬く締まっておりゲレンデコンディションはGoodです。
 
リフト乗り場やレストハウス内ではマスク着用義務がありますが、滑走中も装着。吐いた息がマスク内で水分となり、数本滑ると両ほほの部分まで冷たくなり、滑走中の呼吸でかなり水分をはいていることが実感できます。
 
Yachiho21_03浅間山は雲がかかっておりました。
 
十数本滑ったところで時刻は10時30分手前、トイレ&休憩でレストハウスに向かいます。
 
お正月2日目ということもあって、ほどほどの混雑です。
11時手前からはペースを落として滑走、リフト降り場の時計がちょうど12時だったので、ラストを滑って終了としました。
Yachiho21_05 
県外からのナンバーを見渡すと、群馬、とちぎ、大宮、熊谷、山梨とかをよく見かけました。相模原や伊豆、静岡なんてのもありましたが、不思議と多摩、八王子等、都内のナンバーは見かけませんでした。

帰路は同じく中部横断道にて佐久南ICまで行き、少し遅い昼食(パン)を購入。食事後は国道254号の内山峠越えで道の駅下仁田でお土産を購入。
Yachiho21_04ネギとこんやく 下仁田名産(←あと椎茸も♪)…

今年もお年賀のティッシュをいただきました~

初すべりから県外になってしまいましたが、予防をしっかりと行ってスキーを楽しみたいと思います!

2021年1月 1日 (金)

あけおめことよろ2021

 いつもお越しくださり、ありがとうございます。

○愛車とSUBARU
先ずは昨年デビューの新型レヴォークのカーオブザイヤー受賞おめでとうございました。ワタシの購入検討リストには入っておりませんが、同じエンジン搭載のフォレスターに本年の年改でアイサイトXが載るか興味津々です。また、新型登場がウワサされているアウトバックにも同様にCB18&アイサイトXが搭載されるか、気になるところです。一方では今年デビューする新型SUBARU車の商品構成によっては、購入見送りもアリかな、と思い始めております。

ウチのアウトバック、車検は12月まで丸一年ありますので、楽しみに待つことにしましょう。

Nengabs9_01○ぼっちスキー
昨シーズンは5回程度、本シーズンも同様な回数で楽しむ予定です。ただし現時点で本県は警戒レベル4なので、県内or県境のスキー場に絞って楽しむことになりそうです。最近は信州のスキー場がお気に入りなのですが、自粛警察(スキー場にもいるのか?)も怖いですし…

○航空機
各地の航空祭がほぼ全滅のため、昨年は展開ゼロでした。1971年からおよそ50年に渡り日本の空を守り続けてきたF-4EJシリーズも先月をもって退役となったようです。長い間、お疲れ様でした。J79のAB音が聞けなくなると思うと、寂しさもひとしおです。

一部の機体には博物館でお目にかかる事になると思います。写真の440(世界生産としても最終)号機は、浜松基地の広報館へ到着したとか…。となると各務原は先日塗装のお色直しした301(日本での初)号機でしょうか?
今年は本格的にプラモ製作を復活したいです。
Nengaf4ejhdkai_20210109093401また、旅客機撮影デビューも目論んでおりましたが、成田も羽田も県外のため遠征ならず。エアーバンドもIC-R6を購入してしまいましたが、活躍の場も無く、受信の練習も出来ていません(涙)。

○写真撮影
昨年当初はフルサイズ&ミラーレス移行…いっそのと、この機会にマウント替え~なんて言うことを本気で考えておりましたが、昨今のコロナ禍にあって見送りました。SONYやCanonはセンサーから自社開発しているので、ちょっと興味があります(特に後者)。
まぁ、ミラーレスに移行されたユーザーの評価が定まり、メーカーもそのフィードバックを受けて改良されたものにマイナーチェンジしてからでも良いかと。
また、ミラーレス機を本気で弄った事はありませんが、撮像の出来や自分の腕はさておき、OVFの方がEVFより覗いた感じが見事なんですよねぇ。

なんてことをつれづれ思いつつ、本年もよろしくお願い申し上げます。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。