無料ブログはココログ
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月26日 (土)

JupiterとSaturn、超接近!

12月21~22日の日没直後は、タイトルのような天文ショーが見られました。
まあ、地球から見たときにそう見えるだけで、実際の二つの惑星間の距離とは違いますが。
 
ワタシは残念ながら仕事中で、23日(水)は少しだけ勤務先の屋上(吹きさらしの喫煙所になっている)から見上げたらバッチリ確認できました。なので翌24日は、期待に胸を膨らませて機材を持って通勤したのですが、あいにく西の空は雲がかかっておりました。
 
で、残業だった25日くらいまでは月の直視径(0.5度)以内に見られるとのことでしたので、26日の本日、河川敷に行って撮影してきました。

Js_01sSS1/400 F8.0 ISO3200 手持ち35mm換算800mm相当からトリミング+リサイズ+レタッチ
明るく見える左上が木星、右下が土星。手ブレもあるとは思いますが、土星は輪も含めて楕円に見えるような気も…

Js_02s同じ画角で切り出した本日の月(月齢11.4)と。
こちらの撮影条件はSS1/320 F11 ISO400 です。
 
で、自宅に帰ってきて画像を確認していたら、数枚、木星のガリレオ衛星が捉えられていたのでビックリ!
土手への進入禁止とするバリケードに上半身と左腕で抱えたレンズをそっと押しつけて固定し、SSを落としISOを上げました。
Js_03sSS1/25 F5.6 ISO3200 上記と同じ撮影サイズからトリミング+リサイズ+かなりレタッチ
十数年前に子供と雑誌付録の望遠鏡を作って与えて木星に向け、4つの衛星を捉えた時以来の感動です! ←子供らは興味なかったようです。
やるなD500+80-400mmテレ端!

こりゃ天体望遠鏡が欲しくなってしまいますねぇ…

Js_04s撮影場所より遠くの山を望む。肉眼ではもう少し暗かったですが、風も無く穏やかな夕暮れでした。

出来れば最接近時に撮りたかったですが、平日だったので叶わず、本日の成果でヨシとしましょう!

2020年12月16日 (水)

Outback 定期点検とForester Sport 試乗記~

2週間以上前になってしまいましたが、11月29日(日)はMy Outbackの12か月点検でした。
 
特に不具合はなく、延長メニューのオイル交換とフィルター交換のみ。ホイールを外すついでにスタッドレスに交換。

Tk01バッテリーが要注意領域に入ってきたので、スキーシーズンが始まる前に交換するか思案中です。
 
Tk04 
お店にはForester SportsとLevorg STIの試乗車が揃って並んでいました。STIの方は何組かお客さんが待っていましたが、Foresterは直ぐ乗れるとのことで、運転させていただきました。まず踏み出しはLevorg 1.6DITの操作感に近く、アクセルを踏んで少し回転が上がってから前に出る感じ。少し道が開けたところで通常に加速しますが、ターボラグは感じず、気が付くと80km/hちかくの速度表示が…ヤバイヤバイ。
 
アウトバックに比べると出だしが半テンポ遅れ気味ですが、慣れてくれば気にならないレベルだと思います。試乗はすべてIモードだったので、エンジンの本質や実燃費は分かりませんが、期待させてくれそうです。
 
Tk03試乗して気づいたのですが、内側のエアコン吹き出し口が縦長なので、上下部分を設計変更すればインフォテインメント(information  と entertainmentを合体した造語?)システムが搭載できる準備ができているのかな?と思い、助手席のセールスの方に質問してみましたが、苦笑いするだけでした。機構的には初期の設計段階から対応できるようにしておいて、技術の進歩や商品価値向上のタイミングで投入可能なのでは?と勘繰ってしまいました。
 
Tk02点検後はForester+Levorgの本カタログを合計で3冊いただきました。
 
Levorg STIの試乗は点検待ち時間内に順番が来なかったのでキャンセルしました。来店客はそこそこな賑わいだったので、賞与が出そろう12月期前半は販売店も書き入れ時だと思います。ご成約された方も多かったのではないでしょうか?
 

…あとは来年リリース予定がウワサされている新型アウトバックにもアイサイトXとこのCB18が載ることに大きな期待を寄せています~。

2020年12月10日 (木)

伝説は 音速の遥か彼方へ~

チャック・イェーガー氏の訃報がニュースで届きました。
 
人類で最初に音速を超えた(1947)パイロットです。
 
詳しくは、Wikiや映画「THE RIGHT STUFF」に譲りますが、ノースロップの顧問だった時代に当時売り出し中の新鋭機F-20で空軍協会の年次総会(1986)に乗り付けたり、初めて音速を超えた時から65年後に、F-15Dにて再び音速突破(2012)を行った御年89歳のことも印象に深くエピソードに事欠きません。
 

Ch_02  ワタシは学生時代の1983年に公開された映画もサントラも大好きで、ロードショーはもちろんのこと、以降レンタルビデオから始まり、 DVD - Blue Rayとメディアが進化するたびに買い替えて楽しんでおります ←あと「TOP GUN」や「APPOLO13」も♪
 

Ch_06 彼が駆った超音速試験機 ベルX-1 マッハバスター。実家からタミヤ1/72(元は池袋のホビースポット・ユウが開発した金型)のキットと、映画原作本を持ってきちゃいました~
 Ch_05イェーガー氏がロシアの高高度記録を破るために挑んだNF-104A(1963)
左はその1機種のみ特集した専門誌、モデルアート社刊行。右は同社製NF-104Aへの改造用ガレージキット。キットは再販の報を受け、本当に先月末に購入したばかりなので未開封。ベースとなる本体のキット(ハセガワ1/48 F-104J)も購入しなくちゃデスねぇ。
 
Ch_03「ライトスタッフ」BD挿入のブックレットより。
左はイェーガーを演じたサムシェパード。右はNF-104Aを演じた、西ドイツ空軍よりリースのF-104G(撮影当時、米軍のF-104はすでに無く、西ドイツ軍が米国で機種転換訓練を行っていたので可能となった)映画のラストシーンで高高度記録に挑む姿が目に焼き付いております。余談ですが、マニア目線では射出座席が米軍型と異なるのですけど、実機を飛ばしてくれただけで、充分です!墜落シーンの特撮モデルは、ハセガワ1/32のキットだったというウワサも…?

イェーガー氏ご本人も、全編にわたりテクニカルアドバイザーとして本映画の製作に参加。カメオ出演もされているので、そのシーンを探してみるのも一興かと。

今宵はこれらのアイテムに囲まれて映画を鑑賞しつつ、彼の功績にグラスを傾けるとしましょう。←いや、実際は湯飲みに注いだ冷酒なのですが…
 
 
レジェントとなった彼は、今後も空の彼方へと挑戦し続けることでしょう~

2020年12月 8日 (火)

新しいチャンピオンの誕生~

嬉しいニュースです。

TEAM ARAIの新井大輝選手が全日本ラリーのチャンプを決めました!

Daiki02遅まきながら、おめでとうございます。

全4戦となってしまった本年の全日本。
その中でも変則的なスケジュールとなった唐津。

3戦までに結果で上位4人が6ポイント差にひしめく中、最終戦の勝者がチャンプということで色めき立っています。

その中で抜け出たのが奴田原、大輝の2名。詳細はコチラに譲るとして、結果は大輝選手がトップをGet。

オヤジさん(新井敏弘選手)はシーズン3位でしたが、この先の成長が楽しみですねぇ~

Daiki01今シーズン行われるはずだったラリーモントレー。本来なら舞台を嬬恋から西上州に移しての開催だったので、初夏→秋に延期、そして中止となったのには残念で仕方ありません。

来シーズンはフル開催が行われることを、また親子鷹での1-2フィニッシュを期待して、応援してゆきたいと思います。

写真はJRCASUBARU MOTORSPORT MAGAZINEの各サイトより転載させていただきました。

2020年12月 3日 (木)

小春日和の冬桜

先日、TV番組で埼玉県本庄市の特集をやっていましたので、先々週末の朝に朝食を摂りながらカミさんと再生鑑賞。

地元で生活する皆さんは、地名の読み(イントネーション)にこだわりを持っていて、本にアクセント(「根性」等と同じ)ではなく、平坦(「温情」とかと同じ)に読むということです。

ワタシの身近にも本庄出身の方がおり、前者の読みでは、確かに違和感がある、と言っております。

番組では百体観音堂が紹介されており、行き先は埼玉北部~群馬南西部に決定!

ドライブしたのは3連休中日の11月22日~まず最初は本庄市児玉町小平地区にある成心院百体観音堂へ。

Mtsk_01助手席にカミさんを乗せて本庄児玉ICから南へ進み、ナビ子ちゃんに従って間瀬湖へ行く道へ~途中左折して、しばらく案内通りに進むと本庄市観光センターに到着。

ここで拝観料を支払います。御朱印もここで受け付けているようですが、今回は御朱印帳は持参せず。少し登ってゆくと石段があり、その上に鎮座ましますお堂があります。
Mtsk_02お堂の中は撮りませんでした。2階建てのように見えますが、中のフロアは3階分あり、そこには多数の観音像が安置されております。

お次はすぐ近くの間瀬ダムに行ったのですが、こちらも冒頭の番組で紹介されており、また駐車エリアも少なくて超混雑。なのでそのまま、間瀬峠へと駆け上がります。ワタシがバイクに乗っていた80年代中盤~90年代中盤当時は、ココは二輪車通行禁止でした。ローリング族による事故が多発して週末夜はパトカーや白バイが取り締まりを行っていました。ワタシは見ていないのですが、某、豆腐屋アニメでも登場したようです。

で、走ろうとしていた鬼石方面に抜ける林道(と、言ってもオール舗装)は通行止めでした。ワタシの歴代の愛車でもFFレックスを除き、この道は走っているのですが、今のアウトバックでは、もう走れそうにありません。長瀞方面に一度向かい、国道140号に出たら、すぐ藤岡市の標識に従い次の地点を目指します。で、しばらくドライブを楽しみ、着いたところがここ。

Mtsk_03桜山公園です。クルマも人の出も多かったです。

ココの駐車場周辺のお店で昼食を摂ろうと思ったら、どこも盛況で待つのも惜しかったので、以前の時と同じ桜饅頭+今回はみそ饅頭ときのこスープを購入し、少し登った池のベンチで昼食代わり。
Mtsk_04スープにはシメジと野菜がたっぷり入っており美味でした。
 

Mtsk_06三波石とともに名高い冬桜
 
Mtsk_10サクラの方はつぼみも多く3分咲き、というところでしょうか?今週末(12月初旬)あたりまで見ごろかも?

桜山から降りてきたら、下久保ダムへ
Mtsk_05だいぶ陽が傾いてきたので、少し眺めて帰路につきました~


Mtsk_08

2020年12月 1日 (火)

ビーバームーンの半影月食

昨夜は半影月食でした。
 
皆既月食などは月が本影に入るので、影がくっきりと現れますが、半影の場合は薄く表れるとのことです。
 
ちょうど雲がかかったり晴れたりで、その合間を狙って撮影しました。
Moon_01sF8.0 SS1/400 ISO400  D500 1100㎜相当の画角からトリミング
食の最大を過ぎた19時過ぎの撮影でしたが、何となく左上にうっすらと影が見えます。
 
レタッチソフトにてアンシャープ + コントラストを上げています。
クリックすると拡大できますが、この画面サイズの方がわかりやすいかもです。
 
Moon_02s
食が終わった21時頃の様子です。この頃は雲もなく撮れました。
上の2枚はD500+80-400㎜にテレコンTC-14EII(最新のEIIIは本レンズに対応せず)を噛ませて手持ち撮影で、撮影条件が異なるので比較にはちょっと難がありますが、トリミングサイズ、レタッチ工程は、ほぼ上と同じです。
 
今年買ったカメラ機材はこのテレコンだけでしたが、AFスピードがガクッと落ち、画像も精細さに欠けるような気がしました。晴天で静止状態なら結構良い画が撮れますが、ワタシの望む被写体に対してはメリットが無さそうです。 
  Moon_03sこちらは、本日18時過ぎの撮影です。テレコンなしの800㎜相当からのトリミングです。
 
11月の満月はビーバームーンと呼ばれているようです。
 
満月はいつ観ても不思議な感慨がありますねぇ~~。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話などを語ります。
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート!
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題です
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマ~
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。