無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月28日 (土)

草津良いとこ2020(後編)

朝食後はホテルの売店でGoToトラベルチケットでお土産を買いこみ、チェックアウトの後はお饅頭を同様に買い↓
Kusatsu2020_13
次に、いつものパーキングで一休み。冬キャベツ↓は、もちろん道の駅で購入しました~
Kusatsu2020_14 その後はつまごいパノラマラインにて浅間方面の景色を堪能しつつ、一路愛妻の丘へ~

Kusatsu2020_16星景写真撮影スポットとしても有名みたいです。

ここから嬬恋村大笹のランプに向かう途中で通行止め(昨秋の台風による吾妻川の崩落のため?)に遭遇、田代湖をぐるっと迂回して近道しようと思ったら、細い道が入り組んでおり、結構ハマってしまいました。結局、20分くらいロスして北軽井沢に到着。

Kusatsu2020_17こちらは、かつて軽井沢から草津まで運行されていた草軽電気鉄道鉄道の北軽井沢旧駅舎です。戦前から別荘地として開発され、駅前のロータリーや商店街等が、当時の賑わいを思い起こさせてくれます。

ここで休憩後、本日メインの目的地へ向かいます。めっちゃ駐車場が混んでいた白糸ハイウェイを抜け、旧軽井沢の歩行者に辟易しつつ、とどめは狭い駐車場の入れ替え待ちでぐったり…。
Kusatsu2020_18ようやく熊野皇大神社に到着です。

ここは、旧碓氷峠で、向かって左が長野県、右が群馬県と、二つの熊野神社があります。境内は七五三の家族連れや、バスツアーらしき団体客でごった返していました。
Kusatsu2020_23上が長野側↑で、下が群馬側↓となります。
Kusatsu2020_25女子会3名はそれぞれのブームに乗って御朱印を記帳いただき、

Kusatsu2020_24ご神木も眺めて、帰路につきました。ここでの食事はどこも待ち時間が長そうでしたので諦めました。

たまたまでしたが、限定の飛び出す御朱印?をゲットできたと、カミさんが喜んでおりました。

そして最後に残ったGoToチケットで横川にて家族全員分、峠の釜めし6個を購入し、帰宅後、おいしくいただきました~~

2020年11月26日 (木)

草津良いとこ2020(前編)

先々週の11/14(土)、15(日)に1泊で県内GoToに行ってきました。
 
毎度のメンバーで、義母、カミさん、娘の3世代女子会に、運転手として?参加です。
 
第三波の影響が出てきたので今回の記事はそこそこに、多めの写真でお届けします。
 
新しく開通した上信自動車道は2度ほど通ったので、今回は関越道、駒寄スマートETCから水沢経由で山越えルートを選択。途中の展望を楽しみつつ、着いた場所はこちら↓

Kusatsu2020_01来年公開が予定されている、某特撮映画の背景地です~ 
ちょっとここで休憩した後は、高崎東吾妻線で岩櫃山方面へ下り、国道145号経由でお馴染みの八ッ場ダムへ。

Kusatsu2020_11立派なビジターセンターができており、個人的には中に展示されている地形の模型に惹かれました。

Kusatsu2020_08堤頂を歩きつつ放水の虹などを眺めてから、次の目的地へ向かいます。

長野原駅から野反湖方面にステアリングを向けて、着いた場所はここ↓

Kusatsu2020_28kai太子(おうし)駅跡です。ここは、鉄鉱石を長野原駅まで運ぶ貨物用路線として、後は人員も運ぶ旅客用として栄えました。そして、この鉄鉱石の産出元が次の目的地。
 
オール舗装ですが、すれ違い困難な林道をかなり登ってゆきます。パッセンジャーの乗り物酔いに注意しながら、ワインディングを少々楽しみます。

駐車場からバスに乗り、少し歩くとチャツボミゴケ公園です。
Kusatsu2020_27湧き出る鉱水の成分と苔が化学反応して鉄が析出、沈殿され鉄鉱石となり、鉱山として戦時中に開発され、戦後の復興も支えました。
ここから、直線で8km程度、索道にかけられたホッパーにて、先の太子駅まで輸送されたとのことです。
 
Kusatsu2020_02その後、時間があったので野反湖を眺めてから、宿泊地の草津温泉を目指します。
 
今回はちょっと名の通った、料金も少しお高めの部屋を取りました。GoToキャンペーンでは、普段よりランク上の宿/部屋の予約が多い傾向とニュースで言われていましたが、ウチも同じような傾向でしたぁ~。
 
Kusatsu2020_29ちなみに、太子駅の入場きっぷ?には、隆盛だったころの写真が印刷されていました。

Kusatsu2020_00kai
後編に続きます~。

2020年11月22日 (日)

野辺山宇宙電波観測所のクラウドファンディング

先日、この記事を上げ、表題のような思いを綴りましたが、すでに実施されていました。

予算的な窮状も、先日NHKテレビ(製作はテレビ信州)で放映されていましたが、ワタシが想像していた以上に深刻のようです。

とりあえずワタシも昨日、ポチりました。

Nagano_15詳しくは、こちらのリンク先をご覧ください。

続報は改めて述べたいと思いますが、取り急ぎUPします。

2020年11月 6日 (金)

OUTBACKで行く紅葉巡り2020秋

先週末、カミさんと義母が何やら電話で相談中…切った後に聞けば、土曜日に車で大間々駅まで行って、わたらせ渓谷鉄道で足尾まで日帰りを画策との事。週末の天気は良かったので、ワタシが別の案を提案。採用され、国境の長いトンネルを超えて越後へGo~って、この一節は列車での描写だと思いますが(汗。
 
「ドラゴンドラで、ウエから紅葉を楽しみましょう~」と、着いたところは苗場プリンスのチケット売り場。晴れ予報だったので、絶対混むと思い、早朝出発の待ち覚悟でゴンドラ営業前の8時過ぎに到着。ついてみたら結構な数が並んでいます。
 
Kouyou2020_06後ろのビルは苗場プリンスタワーでしたっけ?
 
最初の1時間くらいはおしゃべり等で過ごしながら、チケット販売開始で動き出したクルマを眺めていましたが、その後3~40分過ぎたあたりから全く動かなくなってしまい、あきらめて待ち列から離れる車も散見。2時間を超えたあたりでも1時間近くまったく列が動かず、我々も列を離れ入り口へ~すると「最後尾は、4時間30分待ちです。」とハンドマイクを持った係員が国道からの分岐で放送しています。
 
もっと早くあきらめるべきだったねぇ…などと話しながら、湯沢方面へ直進。営業してないかぐら・みつまた方面へのロープウェイ駅を横目で見つつ、トンネルを過ぎて着いた場所がここ↓
Kouyou2020_07 道の駅・みつまた 駐車場の東側も↑、国道挟んだ西側も↓
Kouyou2020_09 見事な色に染まっておりました~
 
休憩の後は、このまま湯沢町へ降り、湯沢ICから関越トンネルで再び上州へ。
時刻は、ちょうどお昼。水上ICで降りて、奥利根産、石うす挽きの粉で打った蕎麦、という看板に惹かれてお食事処「諏訪峡」さんに入る。

あいにく蕎麦は品切れで、他のメニューということでワタシは久々にダムカレーを注文。
Kouyou2020_08 これは、八木沢ダム(1000円)。結構リアルで、シャベルデザインのスプーンで、福神漬け先端の壁に穴をあけ、湖水(カレー)を放流させてから、ダム提を崩していただきます。ボリューム満点でした~

いずれも税別ですが、この他に藤原ダム(1050円)、奈良俣ダム(1100円)があって、紹介した順にダム=ライスの量が増量となり価格もUP
で、食べながらの会話の中で義母が奈良俣ダムへは行ったことがなく、珍しい構造なので見に行きたい、という話になって食事後にステアリングを向けます。
Kouyou2020_04 途中の藤原ダムではダムカード配布は中止とのことで、そのまま通過して、30分強のドライブで奈良俣ダムへ到着。
 
Kouyou2020_10今回は、左の至仏山、右の笠ヶ岳も本日はバッチリ望めました。
紅葉の時期ですと、この時とはまた違った趣で、皆感激。
 
Kouyou2020_03 こちらもダムカードは配布停止中のことで、Outbackで降りてきて下から提体を見上げます。右が放流口です。

Kouyou2020_05 景観は望めませんが、帰りは藤原湖を経ずに、近道でまっすぐ水上市街へ抜け、関越道経由で帰路につきました。

ドラゴンドラには振られちゃったけど、とても楽しい秋の一日でした~


p.s.今年の年賀と同じ場所にて。
Kouyou2020_01
日が傾いてクルマが山の影に入ってしまい、露出条件がムズカシィ~っ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »