無料ブログはココログ
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 月下美人と中秋の名月 | トップページ | フォレスターがCB18を搭載したのでFB16とスペックの比較をしてみた »

2020年10月17日 (土)

歌の力とウタノチカラ

毎朝録って夕食時に見ている朝ドラ「叫び声(の英語読みカナ表記)」

先週のタイトルは、本ブログにおけるこのカテゴリーと同じ「歌の力」。
ウチのブログはカタカナ表記ですが、縁を感じたので今回のタイトルに採用。
 
昭和初期から実在し、明治、大正、昭和と活躍し平成最初の年に逝去された作曲家をモデルとした主人公(演じるは花子の朝市)の生きざまを伝えるドラマです。
  
戦前、人気の流行歌を輩出し、戦中は軍の要請に応える形で数々の軍歌を生み出し、こちらも多くの流行を生み、その曲に触発された若者が多数志願し、戦地に赴きます。という影を落とすまでが先週「歌の力」までのお話。
 
今週、「戦場の歌」は、自分の曲に感化されて送り出された若者の戦場の様子を確認するために慰問として戦地に赴き、自分の進む道を決定づけてくれた恩師と再会します。指揮官として軍務を貫く恩師とのつかの間の演奏、そして彼の妻へと託された一通の手紙、帰国してその文を読んだ彼女は…というのが今週のお話。
 
私も学生時代は合唱団のメンバーであり就職してからもカラオケ等、歌うことは大好きです。J-POPを中心に聴くことも大好きです。ですので、歌がうれしさ、驚き、癒し、慰め、元気…数えきれない刺激をいただきました。でも、この2週は、結構重く、鼓舞、洗脳、悲壮等、ネガティブな気持ちに向かうシーンが多かったように思います。最終、金曜日の薬師丸さんのアカペラ(讃美歌)が、絶望と喪失の中で美しく響くのが、言いようもなく切なかったです。
 
次週からは戦後編、あの名曲にまつわるエピソードも見られると思うので、前向きになれるような歌にまつわる展開になってゆくことを期待します。

 

« 月下美人と中秋の名月 | トップページ | フォレスターがCB18を搭載したのでFB16とスペックの比較をしてみた »

ウタノチカラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月下美人と中秋の名月 | トップページ | フォレスターがCB18を搭載したのでFB16とスペックの比較をしてみた »