無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 新型レヴォーグ、そろそろエンジンの答え合わせでも? | トップページ | 月下美人と中秋の名月 »

2020年9月27日 (日)

ワタシのパソコン事始め(ソフトウェア追記編)

先日、お彼岸で実家に帰った際に、かつて自室だった部屋の荷物整理を行いました。まぁ、断捨離というやつです。書籍だったりトイガンだったり、作っていないプラモだったり…結婚前に置き忘れていったものばかりです。息子が小さい頃は、そんな在庫からミニカーやプラモを渡したりしていましたが、遊び倒されて傷みが激しいものは不燃ごみの日へ直行です。買取価値があったものは売り倒しました。

同様に実家に置いたままのPCソフトも整理しました。1990年代中盤、日本は最もポピュラーだったPC9800シリーズのMS-DOSから沼に入った皆様には懐かしいソフトが見当たるかも知れません?

Zokupc_01ヘルシーなソフトたち:98DOSの家計簿や占い等、実用的、趣味的なフリーソフトウェア集
もう一方のものも、占い中心でWin版の似たようなソフトウェア集

Zokupc_03エアーコンバットIIと、追加シナリオ集
前回紹介した「TAKERU」で購入した同名ソフトのシナリオ集のみが欲しくて秋葉原のショップにて中古購入。シナリオ集はRAMドライブ等にコピーして使えるのですが、セット購入が条件だったので本体も込みでしたが、メディアは2HD-5インチディスクですぜ、旦那っ!シナリオ集のみ友人宅のドライブでガコガコと3.5インチにコピーさせてもらいました。

Zokupc_02Newオーロラエース
98DOS版とWin3.1版の2種類が同梱。DOSでは使い勝手が良かったのですが、Win版は今一つ…でも、待たされたWin3.1版の一太郎Ver.5よりは軽快に動きました。画面設計もWYSIWYGのWordを模していました。FEPは「KATANA」が搭載されていましたが、こちらはATOKの方が優れていました。FEPは、いつ頃からIMEと呼ばれるようになってしまったのでしょうか?
 Zokupc_04RED SHIFT
外国製のWin3.1向け天体マルチメディアソフトです。箱と小冊子(日本語マニュアル)のみ現存していました。メニューはすべて英語でしたが、直観的で操作しやすかったことを覚えています。
月や太陽系惑星とその衛星も256色で詳細に描かれていて、それが楽しかったです。

Zokupc_05多機能地図変換ソフト「地図をください」98DOS用アプリケーションの傑作!
ASCII製のソフトで、地球上の海岸線座標データベースを各種の平面地図作成手法に則り、メルカトル図法やモルワイデ図法、三角法等にぐりぐり変換させて白地図を作り出すソフト。この当時、まともに動かすためにはRAM容量もCPUパワーも必要としました。NS/AのCPUをDX4に換装しRAMをMax16MBまで積んで挑んだときはサクサク変換されて気持ちが良かったです。Win3.1に移植されなかったのは残念でした。

以上、まったくもって価値のなくなってしまった、これらのDOSやWindowsのアプリケーションもここで供養して、燃えるゴミへ直行です。メルカリやオクなら値が付くかもしれませんが、面倒なので処分しました~。

« 新型レヴォーグ、そろそろエンジンの答え合わせでも? | トップページ | 月下美人と中秋の名月 »

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型レヴォーグ、そろそろエンジンの答え合わせでも? | トップページ | 月下美人と中秋の名月 »