無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月27日 (月)

誕プレは、一日券

1月25日は、ワタシの五十ン歳のBirthdayでした。
で、土曜日なのでバースデーリフト券プレゼントのスキー場を探して行ってきたのがココ↓

上州は片品村のオグナほたかスキー場です。
Oguna_03
国道17号で渋川伊香保ICまで走り、そこから沼田ICまで関越に乗り、国道120号をしばらく走ったのですが川場への分岐を過ぎても流れが滞っていたので、いくつかある右折ポイントを折れ、片品川に沿って河岸段丘の下側を進み、薗原湖経由のルートを進みます。

スキー場に到着したら着替えて、センターハウス迄徒歩で登ります。シャトルバスもありますが、準備運動を兼ねてスキーを担いで進みます。
リフト券をGet後、リフト2本を使って一番上の尾根まで登ります。
Oguna_05左が至仏山、正面は燧岳、その下は尾瀬岩鞍スキー場でしょうか?岩鞍のてっぺんより、標高はこちらの方が若干高いようです。

緩斜面の第五リフトを数回乗って、慣れてきたので、第六リフトに乗って一番標高の高い第六ゲレンデを滑ります。
固く締まったバーンで楽しく滑ります。

その後は尾根コースを下って、南端の第一ゲレンデを数度、その少し奥の第四ゲレンデへとチェンジします。
ここは斜度も適当で、結構楽しいコースなのですが、本日は残念ながらアイスバーンとなっておりエッジのコントロールが効かず、1度滑っただけでやめちゃいました。
Oguna_04ワタシがスキーを始めた1980年代後半~90年代前半の頃は国設武尊(国有林内の村営)スキー場といって、バブルの頃の拡大投資には乗り遅れたが、マイナーで客も少なく、雪質バッチリなスキー場として一部のスキーヤーの支持を得ていました。その頃は毎年草レースに出場しておりましたが、後ろから数えると、常時入賞圏内でした(汗。

Oguna_02
トイレ休憩の後は再び上まで登り、第六ゲレンデを何度も滑り込みます。
Oguna_01正面は日光白根で、その左下は丸沼高原スキー場でしょうか

時刻はお昼。晴れていて気温も高く春スキーの様相を呈してきました。
最後に第一ゲレンデを2本滑って上がりです。


のどが渇いたので、国道沿いのコンビニで飲み物を買って帰りました~
Oguna_00
帰路はR120号で沼田市街手前まで進み、そこから再び右折で片品川沿いに出て、昭和ICにて関越に乗り、帰路につきました~

 

2020年1月17日 (金)

海の向こうの北見サン

悪魔のゼットォ~~

にしか、ワタシには見えません♪

2020年1月14日 (火)

正月休み明け前にもう1回

正月休み最終日の1月5日(日)、この日は上州、越後方面は曇りや雪の予報だったので今回は山梨県のサンメドウススキー場へ

往路は北回りで上信越道を下仁田ICで降りて内山峠経由で佐久から国道141号、野辺山を過ぎてから左に折れて上ってゆきます。
ドライブ時間的には小海リエックスへの道のり+30分程度先でしょうか。
前日に降雪があったと見え、一部凍結があります。

ここは初めて訪れるスキー場です。到着後は着替えてセンターハウスへ。
駐車場からはエスカレーターで上れるので、子供連れやシニアには優しいです。
ゲレンデに出るにはもう1フロア階段で上り、室内でリフト券を購入してスタートです。

Sanmedo_01滑り始めは午前9時。フラワーリフト両脇のG-1,G-2コースから、まずは足慣らし。
正面は赤岳でしょうか?真っ白です。

リフトは3本ある内の2本が稼働中。
急斜面で雪の着きが少ない上級コースと連絡コースの一部がクローズでしたが、雪質はまずまずです。

Sanmedo_02さすが山梨だけあって、富士山が近いっ!

本スキー場は、日本一の名峰を木々の切れ間から眺めながら滑り降りることが出来ます!
脚が慣れてきたところで、パノラマリフトを使ってAコースもしくは途中からC→G-2コースに抜けるルートを何度となく楽しみます。
Sanmedo_03こちらは秩父方面だと思いますが、山の名前がイマイチ分かりません。

八ヶ岳周辺は晴天率が高く積雪は少ないですが標高が高いため、一度降ると天然雪も人工雪も溶けにくく、バーンも硬くスピードに乗ります。

Sanmedo_04中腹は一部凍っていましたが写真のAコースが一番楽しくてオススメ!
標高1900mから2kmのコースを一気に滑り降ります…って、オッサンには息が切れますがっ。

一度トイレ休憩を挟んで12時過ぎまで滑り、上がりましたが、団体さんはジュニアのスキー学校くらいでした。

帰りは南に降りて須玉ICから中央道上り線で富士山を観ながら双葉スマートICまで行き、甲府市経由国道140号で秩父に出て帰りました。
今回、SAで放蕩を買ったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。


P.S.帰り道に良い景色があったので閉店中の農産物店の駐車場に止めてパチリ。
Sanmedo_05   楽しいドライブ&スキーでした~








2020年1月12日 (日)

年明けは八千穂高原スキー場

世間は3連休ですが、ワタシは月曜日は出勤なので、なかなかまとめられなかった年始休み中のスキーレポートを2本連続でお届けします。

まずは1本目、おとそ気分も抜けない1月2日、八千穂高原スキー場に行ってきました。

天気は晴れ、今回も上信越道の妙義松井田ICから八千穂高原ICまで走り、そこから左折して上ります。


標高は高く、雪はまあまあ。

Yachiho_01
足慣らしの第四コースより、浅間山がクッキリと見えます。

今シーズン3回目ですが、初回2回目はなかなか板に乗れている感じがしませんでした。
Yachiho_03
なので、先ずは第四コースの緩斜面を中心に何度も重心位置を確認しながら滑走します。
慣れてきたところでリフトを移動し、比較的長い第二コースに挑戦です。

Yachiho_04
こちらは第四コース。トイレ休憩でセンターハウスに入ったら、バスツアーの皆様でレンタル受付や更衣室入り口が混雑状態。

アゼリアコースもオープンし、休憩後は足も慣れてきたので、ガンガン滑ります。
Yachiho_02
この第三コースがキモチイイです!連絡通路経由第四コースも面白かったです。

Yachiho_05
帰りは初回同様、R254内山峠経由で帰路につきました~

当然、道の駅下仁田に寄りましたが、今回はこんにゃく、椎茸、白滝を購入し、おでんを作りましたぁ~

2020年1月 2日 (木)

実業団駅伝2020

昨年のリベンジとして今年も実家に行く途中に寄り道して、実業団駅伝を応援してきました~

レンズは1年ぶりにTAMRON A005を持ち出してD500に装着です。

場所は第4区、昨年より数キロ西寄りで旧国道354号の太田市と伊勢崎市の境界辺りです。

Ekiden2020_01先導車?はLEVORGのSTi SPORTS

昨年、順光を狙って対向車線側の歩道で構えていたら先頭集団を併走する車両たちに阻まれましたので、今年はこちらから狙います。

Ekiden2020_03  トップ争い、後ろの走者はスリップストリーム?←知識が無いのですが陸上競技でも利用しているのでしょうか。

Ekiden2020_08第二集団は目の前で、4位が3位をパスして入れ替え。
帰宅して画像を確認するまで気づきませんでした。
 Ekiden2020_05われらがSUBARUは、そこからかなり遅れて十数位

Ekiden2020_02中継のヘリコプター。群馬1県がコースだと中継所も赤城山のみで済むので切り替えの煩わしさは無いようです。

どの走者にも地元の皆さんの声援が真摯なので、ワタシもシャッターを押した後は背中に向けて応援
Ekiden2020_09「ガンバレェ~!」
浅間山はクッキリでしたが、電柱に阻まれてしまっていますぅ~

Ekiden2020_06裾野は長し、赤城山


P.S.オマケは自宅に到着後、夕方の月です

Ekiden2020_07

2020年1月 1日 (水)

New Year Greetings 2020

いつもお越しくださり、誠にありがとうございます。
 
2年落ちで購入したアウトバックも車検を通し、オーナーとして2年目に突入し、徐々に慣れてきました。Obk2020_kai02m車中泊も何度か経験しましたので、今シーズンも楽しもうと思います。

昨年の秋は、台風19号の水害で勤務先の子会社や取引先が被害に遭われ、その復旧と対応に奔走しておりました。
なので、秋の航空祭の浜松や入間はキャンセル。夏の松島や小松も私用でキャンセルでしたので、今シーズンはもう少し各地に展開したいと思います。ブルーもカラースモークが復活するとのウワサもありますし、56年前同様、東京の空に鮮やかな五輪を描かれんことを切望します。

また、こちらのブログと並行してYahoo!にて模型、ミリタリー、特撮・アニメ系のオタなブログを十数年運営して参りましたが、ブログ閉鎖に伴い運営を終了しました。そんなこともあって、昨年後半は一部、そちらのネタもUPいたしましたが、こちらに統合するか、新しいブログを始めるか、悩んでいる最中です。
 
上の画像は本ブログ専用ですが、もう一枚、ワタシの写真趣味を知っている友人たちに年賀状に印刷した画像を掲載します↓
F2_05逆光なので、官製はがきへの印刷は暗くなってしまいました~
 
カメラについては、オリンピッククイヤーなので各社からの新型機を期待したいところです。自分が買えるかどうかは別の話ですが、やはりフルサイズは一度経験しておかないとという気持ちが高いですが、ウデも無いのに機材だけ高級化してもどうかと思っていたり…先立つものが無いことが最も大きな理由ですが。

 

こんなクルマと趣味が中心のブログですが、本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »