無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 極上の湖底ツアー~八ッ場ダム建設地見学 | トップページ | こんにゃくとキャベツと榛名湖と。 »

2019年9月 6日 (金)

レヴォーグVM4 最終燃費報告

今回は、かつてワタシの愛車だったレヴォーグVM4の最終燃費報告となります。
 
一周忌も過ぎたので、やっと、まとめる気になりました。
お別れした経緯は、こちらとこちらをご覧ください。

データ取得方法は、給油の度にレシートに走行距離、MFD表示燃費、アイスト時間と節約ガソリン量を記録。そのデーターを元にグラフを作成し傾向を整理しました。

Nenpi_las_01
時系列燃費の推移、長距離高速ドライブの時や峠を攻めたときの燃費を除外すると長期的推移では若干ではありますが、徐々に燃費が下がっていることが分かります。

基本データ
2014年12月~2018年*月
サンプル数 n=108
上記データーの走行距離数 49286.7km 

最良燃費 km/L    MDF表示:15.3 満タン法:14.2
平均燃費 km/L    MFD表示:11.3 満タン法:10.6
最悪燃費 km/L  MFD表示: 8.5 満タン法:7.4

このデータをヒストグラム表示すると、下記になります。
Nenpi_las_02
横軸が燃費 km/L、縦軸がn=108データの頻度を0.5km/L   刻みでプロット
MFD表示の方が高めに出ていることが分かりますが、分布は同じような曲線を描いているので、両者間に相関はありそうです。

これを定量的に整理すると次のグラフになります。
Nenpi_las_03

左下が最悪燃費、右上が最良燃費の実力となります。
Y切片=0でもY切片ありで1次回帰してもR2乗に差はありませんが、共に0.95付近なので、上記の通り強い相関があるといえます。

Nenpi_las_04_20190908060301  
アイドリングストップ時間とガソリン節約量の関係
1回の給油あたりの停止時間が長いほど節約できた燃費に差が出る事が分かります。

ただし、なぜか2系統の傾向分布になっているところが面白いところです。二つの破線は手動で引きましたが、中央の赤線の全データーに対して緑と青のプロット時期はランダムなので、長距離乗った時だからとか、リプロ後だからとかでもありません。いくつかの仮説でデータ分析を行いましたが層別の原因特定は出来ませんでした。

Nenpi_las_05
4年弱の相棒でしたが、本当にありがとう。

合掌です。


 

« 極上の湖底ツアー~八ッ場ダム建設地見学 | トップページ | こんにゃくとキャベツと榛名湖と。 »

その他スバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 極上の湖底ツアー~八ッ場ダム建設地見学 | トップページ | こんにゃくとキャベツと榛名湖と。 »