無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月28日 (水)

極上の湖底ツアー~八ッ場ダム建設地見学

夏休みの最終日に、カミsanと義母と3人で行ってきました。

国土交通省主催?の八ッ場ダムバスツアー。
春先にTVで観て、湖底に沈む前の最下部が見学できる最後のチャンスとのことで応募しました。

Yamba03   その時点で、土、日、祝日はこの日まで埋まっており、このツアーも9月中旬ころまでで終了とのことでした。

集合はダム南側の駐車場、義母宅を朝7時にアウトバックで出発して到着は9時30分。
Yamba01マイクロバスに乗り込み、工事用ダンプのために作ったであろう道を下ってゆきます。

すぐ後ろの八ッ場大橋では、期間限定ですが日本一のバンジージャンプを行っております。Yamba04このジャンパーさんは、飛ぶ前にこちらのバスに向けて手を振ってくださいました~

急な坂道を徐行で下ってゆき、ついに底部に到着!

アブが飛び交っているので窓を開けることはできませんでしたが、窓越しに撮影を実施。
Yamba02
ここが将来の湖底予定地。放流口は、大きく3つ開いております。

ここの場所的には、ちょうど旧湯河原温泉駅の少し渋川よりで、旧R145号線の橋と吾妻線の鉄橋が並走する区間です。ワタシもスキーやバイクで何度も走っているので思い当たります。ガイドさんのお話によると、線路を撤去した後の吾妻線跡は、数キロ先上流の採石場からセメント原料となる砕石を運ぶためにベルトコンベアー(現在は撤去)を通して利用していたとのことです。

Yamba06来月末から貯水試験が始まるとのことなので、国道から鉄橋をなめて望む渓谷の紅葉はもう望むことも出来ません。

スキーに夢中だった80年代後半から十数年、初滑りや雪のない年等は早朝の湯河原温泉駅に着いたら、そこの電話ボックスで各スキー場のテレホンサービスにて積雪や天候情報をゲットしまくり、草津、万座、嬬恋、鹿沢、湯ノ丸等、どのスキー場にしようか決めたものです。

Yamba07中央のクレストゲート(オーバーフロー防止のための放流門)が開いているのはレアみたいです。

思えば当時から「ダム建設反対!」の派手な看板が立っておりました。

数十年を経たダム建設運動も、住民の皆様の納得やあきらめも混じった建設推進で決着。
しかし、その半ばに政権交代でまさかの中止 → 建設再開でようやくここまで来たということに思いも複雑ではないかとお察しいたします。

Yamba10見学者に配布された、建設中のダムカードは、近隣のお店でうれしい特典が受けられます。

Yamba08住民の反対運動もあって、吾妻渓谷の3/4を守る形でダムを上流側に移動させて着工したということで、ダムから下流は、渓谷の雰囲気が楽しめるとのこと。こちらの写真は、出発地に隣接した東岸展望台からのショットです。見学後、八ッ場大橋を渡り対岸の展望台「八ッ場見放題」に行ったのですが、昼時で駐車場は満車だったので諦めました。

Yamba09渋滞必至の紅葉の時期は、ずっと前にバイクでしか来たことはありませんが、休暇が取れれば平日にドライブで来たいと思いました~。

p.s.

本記事をUPした本日現在、今ならGoole mapのストリートビューで在りし日の川原湯温泉駅周辺を見ることができます!
興味のある方はお急ぎ下さい~~

 

 

 

2019年8月17日 (土)

京アニよ、再び立ち上がれ!

先ずは、この度、犠牲になられた皆様に心より哀悼の意を表します。

京都アニメーションの作品は、「響け!ユーフォニアム」シリーズしか観ていませんが、本作の評価は巷で語り尽くされているとおりだと思います。

ワタシの場合、宇宙戦艦ヤマト2202の何作目の劇場上映イベントの時だったでしょうか?
その時に流れた「先輩と吹きたい!」という劇場版の予告編が気にかかり、NHKBSで放映された第一作TV版を観て見事にハマってしまいました。

Yufo_003_20190818165501まず宇治市出身の武田綾乃さんの原作が発行され、同じ京都を舞台にした原作を探していた京都アニメーションの目に止まり、アニメ化が実現し、TV化、映画化、原作の続編と沢山のヒットによりシリーズ化されているとのことです。
第一作では新入部員だった主人公(黄前久美子さん)が、シリーズの中で二年、三年と学年が進むにつれ、成長してゆく過程が描かれます。

Yufo_001音楽を追求する理想の高さ、演奏の限界に取り組む真摯さ、部活に賭ける一途な姿勢、家族、友人、先輩後輩との対立や思いやり等、吹奏楽部員たちの織りなす青春の瑞々しさが秀逸で、原作もさることながら、実際に音のついたアニメ作品に引き込まれてしまっております。

コンクールや演奏会の吹奏楽は、洗足学園大学1年生による演奏だそうですが、このレベルがハンパないです。

ワタシは吹奏楽部ではありませんでしたが、高校、大学と音楽系の部活を足かけ7年通して、彼女らと同じ気持ちの多くを経験しており、原作もさることながら、その映像化された作品を高く評価しております。
音楽系の部活も本気で真剣に取り組むと、体育会系や企業の組織運営と変わりません。

Yufo_002最新作「誓いのフィナーレ」主人公が表紙のパンフと上映プレゼント。
コースターイラストの「Happy Ice Cream」~ワタシの中学、高校時代には耳たぶをタッチするというローカルルールがあり、女子同士は結構盛り上がっていました←さすがに男子は行っておりませんでしたが。
いつもいがみ合っている部長と副部長のこの二人も、要、注目です!
 
まぁ百合っぽい表現はオジサン的にはどうでも良く、保護者目線では異性との健全な感情を育んでいただきたいな、と思うのですが、友情と愛情のせめぎ合う表現、ドキドキ感も中高生を中心に支持を集める要素だと思います。

同社作の「けいおん」等のユル系や、他の萌え系の作品とは一線を画していると思います。

被害に遭われた方の中には、未だ予断の許さない収容者の方々もいらっしゃるとのことですが、心よりお見舞い申し上げます。

基金も沢山集まったそうで、ワタシも自分で出来る限りの応援をさせていただこうと思います。

この苦難を乗り越えて、是非とも新作の製作&リリースを、期待せずにはおれません。

何年かかってもかまわないので、心よりお待ちしておりますっ!


〇2019.8.27追記
本日のニュースにて私のリスペクトしているスタッフさんの犠牲も発表されました。
今まで優れた作品をありがとうございました。

一ファンとしては安否がわかっただけでですが、ご遺族の方々にはお悔やみ申し上げますとともに、重ね重ねではありますが、故人のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

2019年8月11日 (日)

衝動買いでドラレコ装着!

先日(、PC専門店へBD-RWディスクを買いに行ったときに、数量限定でClass10のマイクロSDカード32BMつきで5000円で販売されているのが目に入りました。
 
一度駐車場に戻り、機種をネットで調べてみるとTECH社のTDB-FHD(中華製?)でした。Full HD、オモチャ的にお試し利用の価値ありです。価格.comでは、メディアなしで5400から6200円前後の価格となっております。
Dr00昨年の夏にとても残念な事があって以来、いつかは装着しようとは思っていましたが、カミsanのPLEO Plusのドラレコ(KENWOODナビ連動)画像が優れものだったので、安物でしたが、手にとってレジへ。
 
自宅に戻り、早速、動作と録画した動画の確認まぁ、ちゃんと動くので助手席側に装着して電源はフロント側のシガープラグから引き回し。OUT BACKへの取り付け時間は配線の引き廻しを含めても30分程度で完了。
Dr05画質は2種(1920 x 1080/30fps | 1280 x 720/30fps )が選択可能。またWDR(Wide Dynamic Range)対応で白トビや黒ツブレの抑制を行ってくれる模様。
 
Dr04s32MB容量のフルハイビジョン設定で、140分。1分で1ファイルで、Gセンサーで検知した衝撃の瞬間の動画がファイルは自動的に検知して上書きを回避…まぁ、この辺りは他のドラレコと同じ仕様なのでしょうが。
 Dv2kai実際の走行画像はフルHDとはいえ、レンズがチープなのか、圧縮率が高すぎるのか、画像はイマイチ。
道路標識は読めますが、前を走る車のナンバープレートはダメです。
 
中華製は耐久性が気になるところですが、しばらく様子見で運用してゆこうと思います~。

2019年8月 8日 (木)

秘境のグンマーに巨大寺院がっ!

猛暑の中、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
 
信仰に厚い訳でもないのですが、時々神社仏閣めぐりをカミさんと行ったりします。
神前で結婚式や七五三を行い、お宮参りや彼岸や盆には寺に行き、クリスマスには七面鳥やケーキを食すという、典型的な多宗教な生活です。
  
そんな訳で、先日某、国営放送のTV番組で取り上げられていたG馬県S市にある巨大な寺院に娘も含め3人でいってきました。
アウトバックで関越道に乗って前橋インターで一度下車し、ちょっと早めの昼食をここで↓軽く食し、
Hustler_00
再び関越道に乗り、一つ先の駒寄PA出口で下車、榛名山麓を伊香保・水沢方面へとステアリングを向けます。
うどん屋さん街や水沢観音を抜け、しばらく走ると左側に巨大な施設が見えてきます。
 
Ikaho01はい、本日の目的地はこちら、水沢山の北東側に位置する佛光山 法水寺です。
敷地も広く、かなり長い階段を上ります。
 
入り口には謎の像が…もうこの辺から台湾らしい。
Ikaho02登っている途中にもかわいらしい石造りのお地蔵さんのようなものと出くわします。
 
Ikaho04上りきると本堂↑があり、振り返ると赤城↓、子持、小野上の山々が広がります。
 
Ikaho07向かって右側の入り口から入ると、途中でお茶が差し出され、その後、お坊さん(年配の女性)が中の施設を案内してくださりました。たまたま午後の早い時間だったのでウチらともう一組(家族連れ)が一緒に案内されました。写経や座禅を行う部屋もあり、開祖の方が書した書物も美術展のように展示されております。
 
元は台湾・高雄にある仏教(臨済宗)で、アジア、南北アメリカ、欧州等、世界各地にあり300万人もの信者がいるそうです。で、ここが日本各地に数箇所あるうちの本山ということです。
 
Ikaho05で、娘はコレが目的、中のカフェで販売しているタピオカミルクティー ←カップはぐんまちゃん、ってギャップがTVで紹介されて気になっていたそうです。ロイヤルミルクティーでなくウーロンティーベースというのが台湾らしいと申しておりました。
 
Ikaho03  
駐車場の近辺には謎の鍾乳石が沢山生えておりました ←いや、海外から持ってきて設置したらしいのですが、日本の雨で溶けてしまわないのか、そこが気になりました。
 
まぁ、他の方のブログを見ると禁止ではなさそうですが、内部の撮影は控えておきましたので画像はありませんが、この寺院の1区画だけ日本ではないような雰囲気が味わえます。ワタシ達が回ったのは午後の早い時間だったので人が少なかったのですが、駐車場に戻る頃には何台も入場し家族連れやカップル、若者のグループ等、結構な人が訪れて来ました。
 
寺院を見た後はコチラ↓
Ikaho08
伊香保温泉、石段の湯に浸かり気分を癒し、その前のお店の串刺しこんにゃくも楽しみましたが、週末の午後は利用客も多く、混んでいました。
 
Ikaho09伊香保温泉石段街は、某とうふ屋漫画でも主人公たちが楽しんでおりました。
春先までは、期間限定で巨大カップ焼きそば(地元群馬の企業)のオブジェがあったとか?
 
この手の散策は義母も大好きで、娘もしばらく休んでいたご朱印帳を持って、また来たいと申しております。
恐らく彼女はタピオカアゲイン目的でしょうが…。

Ikaho06   涼しくなったら、もう一度訪れて見ようと思います~!

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »