無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« Pleo Plus、1ヵ月点検終了 | トップページ | いつか、その声が果てるその日まで~♪ Crossover Live 2019 後編 »

2019年6月 4日 (火)

俺の歌を聴けぇ~っ♪ Crossover LIVE 2019 前編

娘は音楽好きで、友人たちとよくコンサートに行っていることは以前書きました。


しかし、アニソン系の音楽好きの友人はおらず、こと、マクロスシリーズに関しては何度か私もお供しております。

超時空要塞マクロスのコンサートに関しては以前記事に書きましたが、今回もマクロスのLIVEネタです。

で、クロスオーバーコンサート2019 今回はコンサート前半の様子をお届けします。


開場の幕張メッセまでは東北道 川口JCTから外環道(C3)で高谷JCT経由で自宅から、2日間往復で2連チャンです。 三郷南ICから先ははじめて走りましたが、かなり空いていましたし、アップダウンや地下トンネル区間?もありましたが快適にドライブできました。

息子にはガンダムやヤマト、ゴジラやウルトラマン系を小さい頃から仕込んでおり、中学生くらいまでは、それを理由によく映画館へ連れてゆきました。一方、娘にはあまりそのような仕込みはしておりませんでしたが、マクロスFの歌姫、シェリルノームにはハマってしまったようで、TV版を毎週観ており、劇場版は息子と3人で観に行ったりしました。その後もマクロス系の音楽は追いかけていたようで、最新作のマクロスΔでは2017、18年と5人グループの歌姫たちのコンサート(横アリ)に父娘二人で足を運びました。

そして、一昨年のコレと今年に入っての犬フェス、今回の超時空クロスオーバーライブへの参加と相成りました。

Live07当時、美少女キャラデザで一世を風靡した美樹本晴彦さんからは真理さんへのお花が…

16時開場ですが、モギリのスタッフさんも多く、バッグ内確認も無く入場はスムーズです。Live11


○ステージ前半

飯島真理さんについては、記事を書き出すと2本くらいのボリュームになってしまうので、別途UPしようと思いますが、ご本人も初代マクロスの劇中同様に作中でヒロインが成長するように、実歌手としてもブレイクしたことは我々の年代にとってはご存知の事と思います。

そして、BSマクロス投票番組でも歌部門でトップを取った「愛・おぼえていますか」二日目はサビの部分を客席に振ってくださり、会場全員で歌いました。この曲はマクロスシリーズのキーとなって、以降の作品でも歌い継がれてゆきます。オープニング「小白竜」では愛さんとのデュエットで始まった初日でしたが、二日目はバサラとのオープニング「息をしている 感じている」は、また違った印象の曲を聴かせていただけました。

Live09 最初はこの、ミンメイのステージ、次がマクロス7のサウンドユニット「Fire Bomber」(福山芳樹、チエ・カジウラ)、この作品の放映当時はバイクとスキーに夢中で、個人的にはアニメーションから離れた時期だったのですが、彼らのサウンドクオリティーの高さからアルバムは何枚も購入しており、スキーで行く車中で彼らの曲を流すと友人たちは決まって「どこのバンド?なんて曲??」と聞かれることが多く、「Fire Bomberって言うんだ」とドヤ顔で答えておりました。
 
まぁ、アラサー(当時)独身スキー仲間なんて、アニメは観てないですよね~。
 
バサラの曲はアコースティックな「Remember16」、OVAのOP「Dynemite explosion」などがワタシの好み。ミレーヌの初日ソロ曲、カジウラさんのアレンジは妖し過ぎてトイレへ立つ人しきり?二日目はまともでしたが…。また、二日目のみのバサラ、銀河クジラへの雄たけびは皆で叫びましたぁ~。
Live13_2  

バサラ、カッケェ~~ということで後編へ続きます♩

« Pleo Plus、1ヵ月点検終了 | トップページ | いつか、その声が果てるその日まで~♪ Crossover Live 2019 後編 »

ウタノチカラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Pleo Plus、1ヵ月点検終了 | トップページ | いつか、その声が果てるその日まで~♪ Crossover Live 2019 後編 »