« 平成と共に去り行くオジロワシ | トップページ | 新車購入!Pleo plus~ »

2019年5月10日 (金)

新型アウトバックについて

GWも空けて週末がまたやってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

いくつか振り返り記事が続きますが、ご容赦の程を…。

Subaruoutback02遅ればせながら、B4のときに予想したとおり、新型アウトバックが先月のニューヨークモーターショーにてデビューしましたので、その公開写真から思いつくままをつれづれに語ってみます。

1409487エンジンはB4同様の2.5NAと2.4ターボの2種類。後者はアセントに積むエンジンの量産効果によるコスト低減を狙ってのことと思いますが、3.6NA6気筒と同等の出力で、かつより低燃費かつクリーンであることが要求されていると思います。重量もたぶん軽くなるのではないでしょうか?個人的にはLEVORGに搭載とウワサされる1.8ターボで充分なのですけど…。

上はワタクシの現行モデルBS9、下が今回発表の新型ちゃんです↓
00_obk04_1エクステリアについては、サイドビューのウィンドの後方への絞込みが、BS9より更に切れ上がっていると思います。前後についても、ワゴンバンパーに付け足した樹脂パーツというより、今回はSUV前提の造形と思われますが、一つ上の写真のようにリヤバンパーの切り替えしがエグくなっているので、この辺りは好みが分かれることでしょう。

Subaruoutback09インテリアについて、本皮シートはフォレスター同様の進化が見られます。ノーマルシートがどのようなデザインになるかは分かりませんが、背中の両サイドのホールド感を重視した張り出しにしてくれるとウレシイです。インパネやドアトリムはB4と同一デザインで、色や表皮生地を若干変えていることと思いますが、このパターンは現行や先代と同じ差別化です。

Subaruoutback11スキーヤーとしては後期型レヴォーグのようにセンターだけ分割してくれるとウレシイのですが…。

Subaruoutback08縦長の大型液晶画面にすることで、エアコンやオーディオの設定もすべてタッチパネルに変更となってしまうのでしょうか?まぁ、インターフェイスの自由度が高くなったので、操作画面も自分の好みなレイアウトが数種類用意されて選べるようになるのかもしれません。個人的には旧インプ/フォレ系の3連ダイヤルが、視線を変えずに指の感触だけで操作できるのですきなのですが、BS9はちょっと使いにくいです。

Subaruoutback14日本でのデビューについて本年はなさそうなので、来年以降を期待して待ちたいと思います~。

 

写真はネットより引用させていただきました。

車知楽COBBYRESPONSE

« 平成と共に去り行くオジロワシ | トップページ | 新車購入!Pleo plus~ »

その他スバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成と共に去り行くオジロワシ | トップページ | 新車購入!Pleo plus~ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー