無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 上越方面再び、神立高原へGo~ | トップページ | こちらも初! しらかば2in1スキー場へ~ »

2019年3月13日 (水)

星野之宣作品と月~ 後編

「残像 -An after image-」

こちらは前編の満月に比べ、今宵、月齢6.5上弦の月です(20時頃撮影)。
 
Moon_10
満月に比べ、少し欠けていたほうが太陽光が斜めに差すため、クレーターや山脈に立体感が生まれます。
 
 
「月は地球から遠ざかっているという。」
 
 Moon_06  こちらは早朝、明るくなった頃の下弦の月
 
「あなたの月になりたい。月になって、あなたの回りをぐるぐる回っていたい」
 
  
前回紹介した「月夢」と同じ作者である星野氏の「残像」も月にまつわる切ないSF作品となっています。
 
-月面の隕石落下事故で一人の女性が命を落とす。その女性の遺した一枚の写真には、古代パンゲア大陸が鮮明に写りこんでいた。調査に訪れた男は、高名な宇宙カメラマンで彼女の元夫。その写真が撮影できたナゾと、彼女の気持ちが理解される時、男は彼女の真の思いを知る-
 Photo 
写真もジャンプコミック「残像」より。
 
こちらは太陽系内の地球のすぐ内側の金星を舞台とする「神美曲」、すぐ外側を巡る火星が舞台の「世界樹」との3部作で、SFと人間ドラマが重厚に織り成す短編集となっております。
 
 Photo_3 
こちらは先月末に発売された最新刊「龍星」。
 
といっても2010年代の作品は1編のみで、それ以外は70年代から90年代の物が収録されています。懐かしいところでは「冬の惑星」「タールトラップ」などもあり、前編で紹介した「妖女伝説」未発表の下書きも1編、習作として収められています。
 
他にも多数の秀作を描いている氏の作品群を、皆様も春の匂いを感じ始めたこの季節の夜にご一読されてみては、いかがでしょうか…。

« 上越方面再び、神立高原へGo~ | トップページ | こちらも初! しらかば2in1スキー場へ~ »

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星野之宣作品と月~ 後編:

« 上越方面再び、神立高原へGo~ | トップページ | こちらも初! しらかば2in1スキー場へ~ »