無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月27日 (水)

平成最後の苗場スキー場へ~

本当はその前の週末に行こうと思っていたのですが、天気もよろしくなく、断念し、先日の日曜日に滑走してきました。
 
その前の2週はインフルで寝込んでいたので、エコーバレースキー場もキャンセル。
 
どうも私は、スバルゲレンデタクシーには縁が無いみたいです。
 
それはさておき、ワタシはかつて苗場スキー場が大好きでしたが、平成のはじめごろに大嫌いになってしまい、全然訪れていませんでした。何しろマイカーで来たのは、AJ5以来です。その先の、かぐら・みつまたスキー場にはよく来ていたのですが、苗場は通り過ぎていました。友人のクルマでは春スキーに何度か来た記憶があります。
 
スキーを始めた頃は変化に富んだゲレンデや横長で幅広のコースには初心者から上級者まで楽しめるスキー場、ワールドカップも開催されたハードなコースもある硬派なイメージがあり好きでした。しかし、平成のバブル、スキーブームと共に、シーズン中は土日はリフトも超混雑、駐車場もいっぱいで遠くから歩く、輪をかけてこんなCMやコピーで嫌いになりました↓
 
「あの人と行って、この人と帰る、苗場」
 
190225_01 
みたいな…
 
なんか、もうイイヤという感じで三国峠を越えず、大きなスキー場へ行くときは尾瀬岩鞍や宝台樹に行っていました。仲間内では、神立高原なんかも嫌っていましたので、彼らや、家族で行くスキーも三国峠を越えたことはありませんでした。
 
前置きが長くなりましたが、本題に移ります。
 
かつてのスキーブームも時の彼方、17号を挟んで買収した浅貝スキー場も、仲間にナイショで有休とってポールレッスンに通った三国スキー場もすでに廃業となって久しく、本家苗場スキー場もリフトの本数も減り、かなり様変わりしているのだろうなぁ、と想像しつつ、ステアリングを新潟方面へ。 
 
190225今回ヘルメットデビューです(中央右) 
  
上武国道を渋川伊香保ICまで走り、そこから関越道で月夜野ICまで、再び17号にて三国峠を越えて苗場スキー場へ。久しぶりの三国トンネルを越えたら、路面は乾いてましたが、景色は雪国でした。 
 
5時間券を購入して滑り始めは8時20分。天気は晴れ、前日は雪の予報だったが、道の様子からはあまり降らなかった模様。 
 
筍山へ登るリフトのみ異様に混雑していましたが、それ以外のリフト、ゴンドラはきわめてスムーズ。
190225_02越後の山々のその先、遠くに見えるは日本海の水平線?
 
日帰りエリアのレストハウスでは気がつきませんでしたが、プリンスホテルの出入り口では外国語が多く飛び交っていました。欧米系もさることながら、やはり中華系の皆様が多かったです。
 
190225_08
スキーレッスンご一行様も、中華系の言葉が多く飛び交っておりましたので、宿泊+レッスン付きツアーの団体さんが多いことでしょう。さすがに韓流系は耳にしませんでしたが、日本のリゾートを楽しんで、思い出を持ち帰っていただくことは良いと思います。
 
190225_06国道17号を挟んで、奥のビルは高級リゾートマンションです…
ああバブルの夢よ、今いずこ~♪
 
190225_07関東平野から見える有名な山も、まるで鏡に映したようです。
 
何本滑ったか忘れてしまったほど結構リフトに乗り、コースの雪質も高い気温でベタついてきたので、お昼にはあがりました。
 
今シーズンは1度の予定なのでワタシにとっては平成最後となります。
 
新しい元号へ変わったら、苗場伝説が復活となるかっ!?
 
たぶん、いまの20~30代の皆さんが生まれた頃の苗場の状況はきっと知らないことでしょう。でも、この広いゲレンデを目いっぱい楽しんでいただければと思います~。

2019年2月20日 (水)

星野之宣作品と月~ 前編

先ほど撮った、本年のスーパームーンです。本日といい、昨年の皆既月食といい、月には、不思議な感慨が込み上げてきます。

S_moon_19_02ISO100 F8 1/400 35mm換算600mm相当でサイズSをクロップし等倍切り出しです。
↑トーンカーブ調整のみ行っています
 
満月をPCモニターで引き延ばして眺めていると、星野之宣氏のコミック作品「月夢」を思い出します。

 

-満月の夜に月に帰ったわが娘の思い出を胸に、数百年の歳月をかけてNASAの宇宙飛行士となった男、その思いが叶い、月に降り立ったとたんに、育ての父が起こした行動とは-
 
Kaguya02
-再びめぐり合った乳飲み子を、女手ひとつで育ててゆき、彼女の人生を見ることで、はるか昔にもそのような事があったと、数百年も生き続け八百尼と呼ばれるようになった育ての母の想いとは-


竹取物語を下敷きに、古典とSFが交錯する秀作で、娘の成長を見守る親心と、その幸せな一時が忘れられず、一途な想いが織り成す、儚くも美しい短編です。

 
Kaguya00

写真はジャンプコミック「妖女伝説」全二巻。第一巻の表紙が月夢です。
 
各地の伝説、その中の女性をキーに描く人間の欲望や怨念を見事に織り込んだ作品集となっております。

2019年2月17日 (日)

ワカサギ釣りを眺めに、赤城山大沼へ~

昨日、朝の情報番組で赤城山、大沼から生中継レポをカミSanと二人で観ていたら、「行きたい」というので、約一名への家族サービスのため、アウトバックに乗り込み、二人でドライブしてきました←嫌いじゃ無いです。
   
上武国道で前橋市に入ってから大鳥居近くの手打ちそば店で昼食を摂り、そのまま上ってゆきます。昨年末の冬タイヤ確認時に比べ、道にはほとんど雪も無く、アッサリ山頂記念展望台まで到着。

Akagi01来る時に山の形がくっきり見えたので、ここから関東平野方面の眺望もバッチシ。
 
Akagi08
定番の記念撮影も撮りましたが、風の通り道で、外にいられません。
その後ガンガン登り、小沼を超えて通行止めの八丁峠まで。
 
Akagi02
LEVORGで訪れた時はここの2枚目の写真と同じ位置です~。
  
Akagi04
小沼も晴れて穏やかで、周囲を散策したり、地蔵岳に向けてスノーシューを行う方にも数多く出会いました。
大沼まで降りてきて、ワカサギ釣りの様子を眺めます。
 
Akagi06_2  
Akagi03 
Akagi10 大沼の上は風が冷たく、結構寒いです~氷の上を歩くこと数分、そそくさとクルマに戻ります。
 
馬事公苑付近まで降りてきて右折し、「道の駅富士見」に併設されている「富士見温泉」にゆっくり浸かります。
Akagi07ここの温泉は、地下千数百メートルで太古の海が熱せられた、塩分を含む成分となっておりガッツリと暖まります。
 
くつろいだ後は日も落ちてきたので帰路につきました。

2019年2月15日 (金)

北米版、新型B4発表~

ちょうど5年前のシカゴオートショウで、現行レガシィが発表、今年の同ショウで、新型レガシィが発表となりました。
  

20190208002718
日本ではB4の方が名称として馴染み深いです。今回の発表は前回同様セダンのみ。サイズ的には前回より全長が少し伸びた程度。

 

20180329103012 パワーユニットが今回は2種類で、NAの2.5と、2.4ターボ。公開されたスペックを比較して無いので、あくまでも想像ですが、2.5の方はフォレスター同様の直噴化で、2.4はアセントのパワーユニットでしょう。現行は北米でもNA2.5オンリーだったと思うので、ターボが載ることでパワフルなセダンが復活しました。
  
20190208002835正面は現行に近いコンサバなデザインですが、ヘッドライトやテールランプの意匠、フロントウィンドシールドからBピラーを頂点にルーフからトランクに流れるサイドのラインにはインプレッサセダンとの共通性が垣間見えます。
 
  
そして、気になるのが次期アウトバック。こちらも前例からすると、4月のニューヨークモーターショウでワールドプレミアでしょうか?
 
NA3.6は残るのか?セダンと共通の2.4ターボに置き換わるのか?目が離せません。
  
ワタシは何度も書いておりますが、恐らく秋には公開されるであろう?国内仕様にもターボ仕様が欲しいです。もっとも現行モデルは販売に苦戦しているようなので、エンジンはNA1本ということもありえます。日本の5年前はLEVORGの注文がすでに始まっていたのですが、今回は聞こえてきませんねぇ~。

 

ただ、世間を賑わせた製造ラインの検査関係や品質がらみの工場の操業等の影響で、国内の販売開始が現行モデル同様のスケジュール通り行くかどうかは、何とも予想がつきませんが…。
  
ここはLEVORGも含めて、国内仕様のプレスリリースを静かに待ちたいと思います。
 
 
画像は、WEBの各紹介記事より引用させていただきました~。

2019年2月 5日 (火)

とんだバースディだぜ、こりゃ~

1/27(日)発熱(Max39.0度)休日診療で6時間も待ったが、インフル結果はシロ。
28(月)熱下がらず(38度中盤)、AM通院で検査結果はクロでA型。

Inhuru02

ゾフルーザ処方で当日1回飲むと、30日(水)には平熱近くまで解熱。
ただし、頭痛は継続し、咳もあるため、勤務先の指示に従い、2/1(金)まで強制休暇。

 

まぁ、足掛け8日間、仕事もプライベートも滞りましたが、順調に回復したので昨日から職場復帰しました。

 

ただし、辛いことばかりではなく、娘からキーホルダーの誕プレをいただいたり…

Inhuru01
もう、ほとんどのスキー場でシニア料金となってしまいました~。

 

頼んでもらえるものじゃないので、とても嬉しかったです。
有名なレザー製品のブランドみたいです。

Inhuru03
早速、アウトバックのキーに取り付けてみました~

 

ありがとさん!

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »