無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« アウトバック選定の経緯 | トップページ | 岐阜基地航空祭2018(後編) »

2018年11月20日 (火)

岐阜基地航空祭2018(前編)

初参戦の岐阜基地航空祭です。

往復の道中は別記事に譲るとして、イキナリ入場からです。

 

6時30分正門到着を目標に歩きましたが、既に開門されており、そのまま南エリアへ歩いてゆくと最前や2列目は埋まっていました。開門はかなり早かったようです。3列目を確保してトイレに戻り、売店等を少し散策。

 

Gifu_32陸自の装備展示も、まともに撮れたのは、朝のうちだけ。

ワタシが子供の頃、最新鋭としてデビューした74式戦車、憧れでした。

 

そうこうしているうちに、オープニングフライトの開始です。

 
Gifu_04
複座の「まそたん」、本年4月期、一部の熱狂的なファンに支えられた、ここ岐阜基地を舞台とするアニメのキャラです。

 Gifu_28F-2
 Gifu_23F-4
 
オープニングフライトとは思えませんでしたが、次の機動飛行も、気合が入ります
 Gifu_20 単座も「まそたん」でしたぁ~
 Gifu_24F-2はテストカラー機
 Gifu_11F-4は301号機、Made in USAの初号機です。

 

Gifu_09ドラッグシュート付きで、もう一枚
 Gifu_22KC-767の給油訓練デモです。15Jは、今まさにブレイクするところ。
 
写ってませんが、少し離れてF-4がエスコートしていた理由は、日本のファントムには空中給油装置が非装備のため。F-4導入検討時、野党の猛攻にあい、政治論争の犠牲として非装備となった経緯があります。航続距離の延長が軍拡に直結するという、そのような風潮が当時あったということでしょう。

 
後編のブルーインパルスに続きます。

« アウトバック選定の経緯 | トップページ | 岐阜基地航空祭2018(後編) »

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/67400863

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜基地航空祭2018(前編):

« アウトバック選定の経緯 | トップページ | 岐阜基地航空祭2018(後編) »