無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

6年間、ありがとう~サンバーディアスワゴン~

もうすぐ車検満了を迎えるため、一昨日、サヨナラしました。
 
Sb05
 
Sb02
で、当初はカミsanのステラも車検が来たら売り払ってしまう予定だったのですが、サンバーの左後方の感覚が掴みにくく苦手なのでステラは手放さずに免許人口2人に対して3台所有の時期が数年続きました。18歳で娘が免許を取得してからはステラorサンバーをカミsanとシェアして乗っており、息子も免許取得後、サンバー中心に運転しておりました。
 
Sb01_2 今回の車検継続に対しては、娘もマイカーの新車購入資金(スバル/ダイハツではない軽)にめどが立ち、息子も働き出した同級生達が小型車(BRZ,プリウス等)に乗り出したことから軽では満足できず、親から借金で中古小型(スバル!)を物色。我が家の敷地も4台(軽2+小型車2)が最大キャパであり、あと2年は乗っていたかったのですが、熟慮の末、ドナドナを決断しました。
 
9月に入ってからは通勤で4週間近く、ワタシが別れを惜しむようにステアリングを握りました。
 
Sb06_2
9年落ち、走行6.7万キロ、屋根が大雪でベコベコなのにもかかわらず結構な値段(購入時の1/3以上)がついたということは、お色直しをして中古市場で再度販売されるのだと思います。ルーフの内装に水漏れが無いか、査定士が細かくチェックしていましたが、ルーフのへこみが無ければ購入時の1/2以上はついたでしょう、とのことでした。
 
新しいオーナーとこれからも歩んでいただきたいと思いながらサヨナラですぅ~。

2018年9月 2日 (日)

息子と観る、午前10時の映画祭

この時以来、昨日、息子と2人で映画を観てきました~

 
彼が以前から観たいと言っていた作品です。
Topgun01
主演トム・クルーズの出世作である「TOP GUN」です。
当時のパンフレット(左)、サントラCD(右)と。
 
数ヶ月前にDVDを持っているか?と訊かれて、DVDもBDもあるが、今度、大スクリーンで上映するから、そのとき一緒に劇場で観よう、と誘っていました。
 
公開当時、ワタシは新宿の映画館で行列に並び、それでも待てなかったので最後列で立ち見しました。
 
今回はデジタルリマスター2Dのドルビーサラウンド版で、当時と音響は違っていました。近年の高画質なデジタル作品に見慣れた目にはフィルムグレインが目立ちましたが、かえってそれがフィルム作品の味です。
Topgun02
その後は実家に寄り、ワタシの母と3世代で昼食を摂った後、当時の書籍をいくつか持って帰ってきました。
 
左は、当時米国で出版され、日本で翻訳された「TOP GUN」実在する部隊の解説本。
右は、F-14のプラモデル作例集と細部写真、部隊マーク解説が網羅された、特集本。
二冊とも模型誌「月刊モデルグラフィックス」の別冊で大日本絵画社刊です。
 
また中央は公開の数年前、月刊航空ファン別冊イラストレイテッド、文林堂刊です。
 
三冊ともすべてまるごとF-14の特集となっております。
 
Topgun0430年近く前、TOP GUN熱も醒めやらぬウチに作ったF-14プラモ!
ハセガワ1/72完全新金型のトムキャットです。写ルンですネガのCDスキャンのため、白飛びはご容赦のほどを(汗
 
ワタシは当時、F-4や15が大好きでしたが、この映画のおかげで、14も大好きになってしまいました。
最後にもう一枚
Topgun03シナリオから学ぶ英会話(左)…なんていう本も後年出版されました。航空宇宙用語は英語が主なので、スラングとともにナマの言い回しは参考になります。
蛇足ですが、同様の書籍では「アポロ13」も購入しました。
 
右はブルーレイディスクです。
 
息子は音楽もヨカッタと申しておりましたので、冒頭のCDを貸しました~
撃墜シーンと一部の合成を除き、98%は実機を飛ばした撮影だと教えたらびっくりしていました!
 
来年公開とのウワサもある続編が楽しみですぅ~

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »