無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 絹織りの里に、ドルフィンが舞う~ | トップページ

2018年9月 2日 (日)

息子と観る、午前10時の映画祭

この時以来、昨日、息子と2人で映画を観てきました~

 
彼が以前から観たいと言っていた作品です。
Topgun01
主演トム・クルーズの出世作である「TOP GUN」です。
当時のパンフレット(左)、サントラCD(右)と。
 
数ヶ月前にDVDを持っているか?と訊かれて、DVDもBDもあるが、今度、大スクリーンで上映するから、そのとき一緒に劇場で観よう、と誘っていました。
 
公開当時、ワタシは新宿の映画館で行列に並び、それでも待てなかったので最後列で立ち見しました。
 
今回はデジタルリマスター2Dのドルビーサラウンド版で、当時と音響は違っていました。近年の高画質なデジタル作品に見慣れた目にはフィルムグレインが目立ちましたが、かえってそれがフィルム作品の味です。
Topgun02
その後は実家に寄り、ワタシの母と3世代で昼食を摂った後、当時の書籍をいくつか持って帰ってきました。
 
左は、当時米国で出版され、日本で翻訳された「TOP GUN」実在する部隊の解説本。
右は、F-14のプラモデル作例集と細部写真、部隊マーク解説が網羅された、特集本。
二冊とも模型誌「月刊モデルグラフィックス」の別冊で大日本絵画社刊です。
 
また中央は公開の数年前、月刊航空ファン別冊イラストレイテッド、文林堂刊です。
 
三冊ともすべてまるごとF-14の特集となっております。
 
Topgun04TOP GUN熱も醒めやらぬウチに作ったF-14プラモ!
写ルンですネガのCDスキャンのため、白飛びはご容赦のほどを(汗
 
ワタシは当時、F-4や15が大好きでしたが、この映画のおかげで、14も大好きになってしまいました。
最後にもう一枚
Topgun03シナリオから学ぶ英会話(左)…なんていう本も後年出版されました。航空宇宙用語は英語が主なので、スラングとともにナマの言い回しは参考になります。
蛇足ですが、同様の書籍では「アポロ13」も購入しました。
 
右はブルーレイディスクです。
 
息子は音楽もヨカッタと申しておりましたので、冒頭のCDを貸しました~
撃墜シーンと一部の合成を除き、98%は実機を飛ばした撮影だと教えたらびっくりしていました!
 
来年公開とのウワサもある続編が楽しみですぅ~

« 絹織りの里に、ドルフィンが舞う~ | トップページ

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/67124768

この記事へのトラックバック一覧です: 息子と観る、午前10時の映画祭:

« 絹織りの里に、ドルフィンが舞う~ | トップページ