« ラリー・モントレー 嬬恋2018 REG1(後編) | トップページ | フルモデルチェンジで発進! »

2018年8月 5日 (日)

絹織りの里に、ドルフィンが舞う~

昨日は群馬県桐生市で開催された「桐生八木節祭り」に登場のブルーインパルスを観に、レヴォーグを走らせて行ってきました~。

Bi000_2
飛来予定時刻の16時30分を過ぎても編隊は現れません。前日の予行動画から、渡良瀬川南側で待機。橋の上まで大勢の人があふれています。
 
Bi011_2
10分過ぎても音沙汰も無く、Twitterの#ブルーインパルス を覗いていたら、歓声が上がったので慌ててカメラを向けたら、一瞬で通過を見逃してしまいました。 
 
Bi007_2
演目の「サクラ」は、’64東京オリンピックで描いた五輪マークからの応用です。コンデジの18mmの広角(35mm換算)でも入り切りませんでした。
 
群馬初、ということで子供たちを中心に拍手や喚声が大きく沸いております。
 
Bi013
桐生は日本の機(はた)どころ
 
西の西陣、東の桐生 ~伝統的な絹織り産業で有名な市街は、北側と西側に山間部が広がる関東平野の端に位置するため、平野部よりも高度を上げて、水平系の機動による演目です。
 
Bi002
従いまして、ソロの機動は、600mm相当(APS → 35mm換算)でもかなり小さくなってしまいましたので、思いっきりトリミングしています~。
 
Bi004_2
同じ入間リモートでも、熊谷基地ではドロップタンクなしですが、往復で更に52km離れた桐生ではドロップタンク付きでした。ですが、これはこれで新鮮です。
 
Bi006ブルーインパルスの福田飛行隊長が群馬大学出身で、ここ桐生のキャンパスで学んだ縁もあってか? 今回の参加に喜びもひとしお、とのことです。
 
Bi009_2
 
桐生市は、桐生が丘遊園地や動物園に、子供が小さい頃はよく連れてきました。乗り物料金が超リーズナブル(30年前の相場位)で、一日中楽しむことが出来ます。
 
約20分の演目を終えて、リモートの入間基地にRTB ↓ 
Bi012_2
 
伊勢崎には華蔵寺公園や繭ドーム、太田には太田こどもの国、前橋には、るなぱあくや、前橋こども公園などもあり、子供達が小学生までは、家族でのドライブがてら、群馬の公園?には、本当にお世話になりました。
 
 
騒音や安全の関係で基地での航空祭のような機動は望めませんが、これからも、様々なイベントでの広報活動を広めていただければ、と思います。
 

« ラリー・モントレー 嬬恋2018 REG1(後編) | トップページ | フルモデルチェンジで発進! »

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絹織りの里に、ドルフィンが舞う~:

« ラリー・モントレー 嬬恋2018 REG1(後編) | トップページ | フルモデルチェンジで発進! »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話など
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマっ!
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。