無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月 6日 (月)

フルモデルチェンジで発進!

新型フォレスターの受注が好評らしいので、Dラーで眺めてきました。

元フォレスター乗りとしては、SHからSJに替わったときはターボ5MTがなくなり残念でしたが、今回のモデルチェンジではターボがどうなるのか、気になるところでした。結局NAのみになってしまい、この流れ1モデル先行しているレガシィB4/アウトバック系と同じなのかなと考えます。

 

Forester01写真はすべてスバルHPより引用しました。
 
レガシィBL/BP系は2.0/2.0ターボ/2.5ターボ/2.5/3.0まで、6気筒モデルも含むバリエーションが多岐にわたりました。BM/BR系では、2.0/2.5/2.5ターボ/3.0に整理され、現行のBN/BSでは2.5NAの1本に絞られてしまいました。北米向けの6気筒3.6のアウトバックは、国内には展開されていません。

グレードについては、国内外のメーカーがSUVに力を入れてきているので、高級感を纏ったグレードが増えてきました。かつての「ターボ車にしては、コスパいいじゃん!」というキャラでは時代にそぐわず、売れないという判断なのでしょう。

今回エンジンは2.5NAと2.0ハイブリッドの2種類のみ。(輸出向けには2.0NAがあるようですが)予想通り、フォレスターにもハイブリッドが展開されてきましたし、冒頭の記事では最も受注数が多いようです。モータで出足しキビキビをうたっておりますがガソリンエンジンの加速をモーターが補ってくれるような制御ではないでしょうから、ターボの加速フィーリングは味わえないと思いますし、2.5NAのフィーリングではアウトバックとかぶってきますねぇ(特にPuremiumグレード)。スバルの4駆に2駆並みの燃費を求めるのは、E-Boxerでも無理な話でしょう。むしろX-Modeやアドバンスドテクノロジーを売りにしたほうがスバルとしても適正な広告戦略かと思います。

Forester02

 

アイサイトや先進安全性ではアウトバックより一世代進んだ制御でしょうから、次の年改(E型?)でアウトバックも安全性は向上させてくるかもしれません。ワタシは絶対的なスペックには拘らず、高速道等での合流や追い越し加速時に+αのブーストが欲しいだけなので、パワーユニットとしてダウンサイジングターボが性に合っているんですけどねぇ。

モデルチェンジのウワサがある次期レヴォーグの1.8ターボを3年後のビックマイナー(2021年型あたり?)で積むことは…ないでしょうねぇ。個人的にはX-Breakのギア感が最もフォレスターらしいと思うので、これだけでもターボを搭載してほしいと、切に願っております~。

Forester04

 

ここからは予想ですが、次のアウトバックも2.5と2.0E-Boxer、LEVORGはウワサどおり1.8ターボだとすると、WRX S4はLEVORGと同じエンジンだとして、STI系は、まさかEJ20を使い続けるということなんて、ありませんよねぇ~??

などと妄想を巡らしつつ、フォレスターのカタログや雑誌とにらめっこしていた脇から息子が、

「レヴォーグ、下取るよん!」

とささやきかけて来ますが、今回は心が動きませんでしたし、ワタシもVM4-Aには、まだまだ愛着があります。

それより、SUBARUではありませんが、最近出たジムニーが気になっていますぅ~。660ccターボ、マニュアルでパートタイム4WD、Hi-Lo切り替えのトランスファーもあります。

 

ええ、甲斐性があればセカンドカーに欲しいのですが、義母も母も、それぞれ実家で一人暮らしのため、ワタシもカミsanも4枚以上のドアのクルマが欠かせません…。

DAIHATSU(SUBARU)の軽より、SUZUKI、HONDAの軽が気になって気になって~。

 
ウチの初代ステラ(2006年型)の買い替えがそろそろなので、スバルのお店からもロックオンされています…。

2018年8月 5日 (日)

絹織りの里に、ドルフィンが舞う~

昨日は群馬県桐生市で開催された「桐生八木節祭り」に登場のブルーインパルスを観に、レヴォーグを走らせて行ってきました~。

Bi000_2
飛来予定時刻の16時30分を過ぎても編隊は現れません。前日の予行動画から、渡良瀬川南側で待機。橋の上まで大勢の人があふれています。
 
Bi011_2
10分過ぎても音沙汰も無く、Twitterの#ブルーインパルス を覗いていたら、歓声が上がったので慌ててカメラを向けたら、一瞬で通過を見逃してしまいました。 
 
Bi007_2
演目の「サクラ」は、’64東京オリンピックで描いた五輪マークからの応用です。コンデジの18mmの広角(35mm換算)でも入り切りませんでした。
 
群馬初、ということで子供たちを中心に拍手や喚声が大きく沸いております。
 
Bi013
桐生は日本の機(はた)どころ
 
西の西陣、東の桐生 ~伝統的な絹織り産業で有名な市街は、北側と西側に山間部が広がる関東平野の端に位置するため、平野部よりも高度を上げて、水平系の機動による演目です。
 
Bi002
従いまして、ソロの機動は、600mm相当(APS → 35mm換算)でもかなり小さくなってしまいましたので、思いっきりトリミングしています~。
 
Bi004_2
同じ入間リモートでも、熊谷基地ではドロップタンクなしですが、往復で更に52km離れた桐生ではドロップタンク付きでした。ですが、これはこれで新鮮です。
 
Bi006ブルーインパルスの福田飛行隊長が群馬大学出身で、ここ桐生のキャンパスで学んだ縁もあってか? 今回の参加に喜びもひとしお、とのことです。
 
Bi009_2
 
桐生市は、桐生が丘遊園地や動物園に、子供が小さい頃はよく連れてきました。乗り物料金が超リーズナブル(30年前の相場位)で、一日中楽しむことが出来ます。
 
約20分の演目を終えて、リモートの入間基地にRTB ↓ 
Bi012_2
 
伊勢崎には華蔵寺公園や繭ドーム、太田には太田こどもの国、前橋には、るなぱあくや、前橋こども公園などもあり、子供達が小学生までは、家族でのドライブがてら、群馬の公園?には、本当にお世話になりました。
 
 
騒音や安全の関係で基地での航空祭のような機動は望めませんが、これからも、様々なイベントでの広報活動を広めていただければ、と思います。
 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »