無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« スキー総括と今年の桜 | トップページ | 続・輝きを取り戻せ! »

2018年4月19日 (木)

まだ間に合う!? 真夜中のスーパーカー♪

先日、面白いドラマを観ました。

 

それは、愛知発の地域ドラマ「真夜中のスーパーカー」です。

以下、ネタバレになるので、未見の方は、ぜひ再放送をご覧になってからお読みください。

01kai 
*上の画像は、公式HPより引用させていただきました。

 

主役は二人。

 

一人は、某名古屋方面の巨大自動車メーカーのデザイン部門に勤務する、山本美月さん演じる前髪パッツンでロングのお姉さん、白雪。
アフター5はイジったハチロク、といっても旧世代のAE86をマニュアルシフトでブンまわすマニア。ただしヤンキーではなく純粋な走り屋さんで、博物館に展示されている2000GTのようなクルマを自らの手でデザインしたい気概十分なウーマン←死語?。

 

もう一人は、日系ブラジル4世で生まれたときから日本で育ち、派遣の仕事に見切りをつけて祖父の帰国と共にブラジルに渡る(帰る)まえに、大きなヤマを当てようとしている、リカルド。そのヤマとは、なんと博物館に展示されている、2000GTを盗むこと…!

 

デザイン部門の名古屋から自動運転部門の東京へ異動が決まり、退職をも視野に入れつつ、最後の2000GTのスケッチに閉館時間も忘れて没頭する白雪を物陰から伺う、上遠野太洸さんが演じるリカルド。
 
 

Mn_2000gt_02 *ウチにある2000GT、1台はコンビニで買った40周年記念トミカ(S30と共に)

  
 
「気をつけろ、夜になると、ここは危ない。」
 

そう告げた警備員が去った後に訪れる異変とは、そして、2000GTの前に現れた白いレーシングスーツの男は、何者…!?

 

トヨタ博物館やレーシングコース(劇中の看板は、どう見てもヤマハの袋井テストコース?)を中心に、オールロケに近い布陣で、大胆な撮影に挑み、脇を名優たちが固めます。その、白いレーシングスーツの男に、自らも2000GTのオーナーでもある唐沢寿明氏、ワケありそうな右頬にヤケドの残る警備員に大森博史氏、リカルドの祖父、日系2世で自動車板金の匠に団(帰マン)時朗氏、エレガントなフランス車の化身にMEGUMIさん、アメ車の化身に主題歌も歌う、我らが水木一郎アニキ!と、ワタシら&少し下のスーパーカー世代にはたまらないゲストとなっております。
 
スーパーカーがブームの時代、私は既に中学生だったので、どちらかというと街中で走る姿をよく目にする速いクルマのマッハ1やカマロ等のアメ車、市販車S20搭載のZ432や、2TG搭載のセリカ1600GT、ロータリーのRX-3(サバンナ)なんかが好きで、自転車でKPGC110(ケンメリGT-R)が飾ってある中古店のショウウィンドまで遠乗りしていました。蛇足ですが、バイクはナナハンキラー = RZ350伝説を高校時代に真に受けた世代です。まあ、4スト好きなので、その後VTやCBRにゾッコンになるわけですが。

 

2000GTが生まれた背景は日本の自動車技術、信頼性も耐久性も高いクルマであることを世界に証明するため。
 

時代に乞われ、その結果生まれたクルマであり、この1台が無ければ、日本の自動車産業を引っ張るトップメーカー、それに追随するライバルメーカーの今日の繁栄は無かったでしょう。 

 

 物語が進むにつれ、2000GT開発に参画したテストドライバー = 博物館の警備員が、当事者として語りはじめ、名も無き板金職人=リカルドの祖父が軍手でいとおしく板金の曲面をなぞる姿を映し、そして、2000GT自体の化身としてなぞの白いレーシングスーツの男が白雪を、もう一台のスーパーカーLFAと共に未知のレーシングコースへといざない、バトルを終えた先に、彼女は新たな希望を見出してゆきます。

 

Mn_2000gt_01

 *ウチにあるもう1台の2000GTは、作りかけのハセガワ製 1/24
~ フロントのホイールアライメントが決まらずホッタラカシですぅ ~

 

そしてその下のハコは?

…このドラマを観て、南米大河のサイトよりポチッちゃいました(汗。
 

 
終盤、リカルドは日系ブラジル人が日本の製造業を根底で支え来たこと、彼の祖父が自分より若い者たちから職人として慕われ、別れを惜しんでいることを目の当たりにし、新たな希望へ向けて祖父と共に旅立ってゆく姿、空港でその機体を見送る白雪の姿が、すがすがしく映し出され、新しい職場でスタートするエンディングへと導かれてゆきます~。
 
そう、自動運転は今、時代の要請に乞われているクルマなのです。
 
  
p.s.以下、余談ですが…
 
リカルドの祖父が勤めた自動車整備工場は「坂田モータース」ですし、エンディングの2000GTの板金職人とリカルドの祖父との2ショットにも、第二期ウルトラ世代は、要・注目です。
↑いやーこれは、広島発のL10B物語でやって欲しかったです !?
 
…ワタシの脳内ではもう、続編は決定ですねっ(笑。

« スキー総括と今年の桜 | トップページ | 続・輝きを取り戻せ! »

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/66627010

この記事へのトラックバック一覧です: まだ間に合う!? 真夜中のスーパーカー♪:

« スキー総括と今年の桜 | トップページ | 続・輝きを取り戻せ! »