無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 一日遅れ | トップページ | 初滑り(2018.1.4)は信州方面 »

2018年3月29日 (木)

World Premiere of New Forester

本日、スバルのサイトで公開されました。

フロントフェイスは一瞬、「ン?」と思わせるほどコンサバティブに纏め上げられましたが、リヤコンビランプは一新されました。

 

サイドビューも、もう冒険できないのかなぁ…。

 

公開されたのは米国仕様で、エンジンは2.5L水平対向(たぶんNA)+CVTの組み合わせ。ストローク90mmなので、FBエンジンのボアUP版かも?(FAは同、86mm)、一部の車種にはS#モードも搭載されるようです。

 

安全装備ではドライビングアシストが装備されるということで、ドライバーの居眠りや脇見運転をどのように検知するのか、興味は尽きません。恐らく現状のアイサイトでも中央維持機能ONのときは、ドライバーのステアリング操作(両手放し運転等)をモニターしているのでそこからだと予想します。

 

どのこメーカーかは忘れましたが、ニュース番組ではドライバーの顔をモニターして居眠りや脇見の解析の研究も進んでいるとか…顔認識処理もコンデジに搭載されるくらいなので、コストはかかりますが、こちらの手法も結構進んでいるのかも?

 

北米では、OUTBACK、CROSSTREK(日本名XV)とのSUV3兄弟の真ん中を担うボリュームゾーンの車種ですが、現地では長兄ASCENTが新たに加わり、さらに磐石の態勢となります。

 

奇をてらわないエクステリアは、この4兄弟中のポジションでは変える必要のないパッケージと判断したのでしょう。カタチとして現れないところの向上はSUBARUのお家芸ですから。

 

基本の「走り」の部分では、シャシーがSGPとなるため、悪路や雪上の走破性がどのように進化したのか興味は尽きません。

 

 

詳細は、株式会社スバルHPのニュースリリースから読むことができます~。

« 一日遅れ | トップページ | 初滑り(2018.1.4)は信州方面 »

その他スバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/66550274

この記事へのトラックバック一覧です: World Premiere of New Forester:

« 一日遅れ | トップページ | 初滑り(2018.1.4)は信州方面 »