無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月18日 (日)

カメラ&レンズ更新(後編)

前回、次期主力機種としてAPS-C機としての選択を結論としました。


フルサイズの選択肢も6D MkIIとかD750とか考えましたが、夕景や夜景等、高感度が要求されるシチュエーションで撮らないことと、また、その世界はさらに数年後のお楽しみということで()APS-Cで個人的にやりきった感が出てきて、新たな欲が出た時に原資があれば、次のステージに進むと思います。まぁD850+明るい広角レンズで星景☆撮影とかも、とても気にはなっているのですが。

 

そんなこんなで、昨年の秋口から悶々としていたのですが、Nikonなら操作系はほぼ同等ですし、画像処理エンジンもバージョンアップしたし、センサーの画素数は7200に比べて2割ダウンしましたが、1画素あたりという基本設計の部分で高感度耐性と画素間ピッチ拡大によるブレ耐性も上がっているはずなので、そちらを期待したいと考えます。

 

D7200lkD500+SIGMAで撮りました。D7200LKは、新レンズ購入時にドナドナです。

今までありがとうございました。

 

SIGMAの標準ズーム購入は娘の成人式用で、次の本体をCanonNikonか決めかねていた時期だったので、価格的にサードパーティ製の選択となりましたが、D500でも引き続き使用する予定です。APS-C機専用ズームですが、意外とシャープに写ります。← 設計が新しい同社の18-70(24-105)mm 2.8/4とどちらにしようか、本当に悩みました。

 

Nikon100周年懸賞やレンズキャッシュバックキャンペーンに加え、年末に個人的な収入があったことも一歩踏み出した理由です。主な原資は、マニュアルシフトで走りたく、リターンライダーを目論んで貯めていたバイク購入資金を切り崩したのが大いに関係している(実はD7200購入時もこの資金から捻出していたりする)のですが。この歳になるとバイクは走行できるシーズンや天候が限られておりますがカメラはオールシーズンなので、いつも一緒に行動できます。ですので、買ってもいない宝くじでも当たらない限り、バイクは買わない踏ん切りがつきました。

 

D500_n_s

こちらはコンデジG12での撮影ですので、上と比べないでください(汗。

 

結局、カメラ本体は昨年末に手にとることができましたが、レンズはキャッシュバックキャンペーン期間ギリギリに到着、実質D500+Newレンズの組み合わせは、この撮影からになりました(テレ端+クロップの縮小掲載)

 

D500_80400_01

 Nikon 400(600)mmテレ端

 

D500_70300_01TAMRON 300(450)mmテレ端

 

撮影日は違うのですが、D500(jpeg撮って出しノートリ縮小)でレンズ違いの比較です。被写体との距離あわせで大体同じ大きさとなるような写真を選んでみました。

 

 

2s

D500、その高感度で地球照にもチャレンジ(ISO3200 1/2 F8トリミング&レタッチ)

 

ハイスペックAPS-C機&レンズを入手したので、もう、言い訳はできません。

人物こそ撮る機会には恵まれませんが、風景、車、航空機等々、これからもたくさん撮ってゆきたいと思います~。


p.s.レンズのキャッシュバックは、先日、振替払出証書が届きましたが、本体の懸賞は音沙汰なしなので、外れちゃったみたいです。

2018年2月15日 (木)

カメラ&レンズ更新(前編)

平昌五輪の録画を観ていて目がさえちゃいました…

先月、カメラとズームレンズを更新しました。

 

きっかけは、松島航空祭でのブルーインパルスの連写です。

Matsushima2017_03  

もう少しAF動体性能が速いもの、レンズも追従性の良いものを、という欲が出てきました。今回は撮影条件の設定や切り替えが未熟という、ワタシの問題は棚上げで書かせて頂きます(笑。

 

As_02

使ってみたいレンズから行けばCanon純正の100-400mm、これにはD7200購入時から憧れていましたが、当時7DMkIIは、まだ敷居が高く使いこなす自信もないかな?という感じでした。結局はNikonAPS最上級機(当時)だったD7200を選んだ理由は、価格と所有していたD70からの操作性ということです。Canonレンズを選択の場合、本体はかつて憧れたAPS7DIIになります。発売から結構経っているので、ボディの価格もこなれています。 

戦闘機を撮り始めたころは、皆さんなぜ高速連射で湯水のごとくシャッターを切るのか疑問でしたが、今なら歩留まり(成功ショット数/全撮影数)向上のためと理解できます。

 

07s

一方、使ってみたい本体となると、2年前に発売されたD500です。Nikonの同範囲のレンズとなると80-400(120-600) mmVRです。戦闘機単機に絞るなら、200-500(300-750)mmという選択肢もありますが、ブルーの編隊マニューバを撮ろうとすると、200(300)mmではワイド端が足りません。画角と機動性のバランスからズーム範囲を導くと、80-400mmの選択となります。

 

欲しいレンズはCanonで、本体はNikonD500のスペックに近い7D MkIIIなんてNewモデルが出ていれば、間違いなくそっちに流れたでしょう。←いや、この先プレスリリースされるかもしれません。しかし「欲しい時が買い時」という言葉もありますし、こんな雑誌に背中を押された↓のがキッカケにもなり、D500購入となりました。

 

Magazine02

これらに掲載されている写真を見ると、半分以上はフルサイズデジイチで、APS-Cデジイチも3割程度、残りはミラーレスが健闘しております。プロの方の作例でも7DIID500にて(高級レンズを装着したものですが)大写しの作品を目にすることもでき、同程度の画素数ならデイライトではフルサイズもAPS-Cも大きな差がないと思いました。

 

01s_kai

気がつけば、三次元機動中の野鳥や昆虫、鉄鳥(ヒコーキ)撮りの難しさを知らずに踏み込んでしまった自分がいました。まぁ、左記の中では人が操るヒコーキが最も予測しやすいとは思いますが…。

今夜はこの辺で、残りは後編に続きますぅ~。

 

2018年2月 1日 (木)

スーパーブルー ブラッドムーン?

スーパーな青で、赤?…長っ!
 
Sbbm_01 
地球に近いので Super Moon
ひと月に2回目の満月なので Blue Moon
皆既月食なので Blood Moon
 
この3つを合体して、NASAが命名したとのことです。
 
Sbbm_02部分食の始まり
 
Sbbm_03皆既食直前
 
Sbbm_04食の最大あたり
 
自宅の庭では、雲が多かったのも歩留まりが悪かった理由の一つですが、
撮影条件が難しく、真っ赤に染まった月は、うまく撮れませんでした~
 
RAW現像のテクも、もっと磨かねば。
 
体が冷えたので風呂に浸かってしまい、その間に後半は終わってしまいました。←根性なしモード

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »