無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

輝きを取り戻せ!

私は制限速度60km/hの道を65km/hで走ったことが4回あります。
 
245回は60km/h以下でしたが、最大で17回は65km/hでした。
 
制限速度は遵守しますと言っておきながら、実態は乖離しておりました。
 
車速センサーでは59km/hだったので、その時点で法令は違反していないと報告することも出来ましたが、装備されていた速度計では明らかに60km/hを超えていましたので、本日報告いたしました。
 
…とまあ、当を射てるかどうかは別として個人の行動に例えるとしたらこんなところでしょうか?
 
 
各自動車メーカの検査員資格調査報告の期限である昨日までに報告のあったメーカーは2社だけでした。その検査員の不備で、品質、性能上の大きな問題(公害や事故等)が市場で起きてしまえば別の話ですが。
 
一個人が速度を違反した、つかまらなかった、事故を起こさなかったという社会的責任(恐らく初犯なら不起訴)に比べれば、年間数十万台を供給するメーカーが法令遵守を逸脱した場合の影響度は、当然その規模に応じた責任を負わなければならないと考えます。著名人なら、接触事故でもニュースになります。また、法律が古いなどと擁護する声もありますが、改正の声を上げるならば、現法を遵守した上でないと説得力ゼロです。
 
それよりも、「正規検査員の印鑑を研修生が押印していた」
↑こちらの方が、文化的にマズイでしょう。

 

日本は署名と同じ効力を印鑑が持ちます。最近は署名を重視してきているとはいえ、これに対しての感情的な拒否を生ずるユーザーのほうが多いではないでしょうか?
 
記者会見のすべてを動画で見たわけではありませんが、言葉を選び、真摯な対応だったと感じます(贔屓目かもしれませんが)。30年前といえば最初の1社の車を委託生産していた頃であり、その関連性も質問されましたが、「分からない」と明言は避けました。おそらくその当時の規定類を整備した関係者もすでに社内には存在していないと思いますので、本当に分からないのだと考えます。
 
12月には私の愛車も車検を迎えます。対象となるのかどうか分かりませんが、今のところ不具合、不都合は出ていません。とはいえ、使い続けるユーザーの不安は取り除かなければなりません。
 
私も製造業に身を置く立場ですので、品質管理とコストのせめぎあいには、常にさらされています。

 

今回の件に関しては愚直に対応いただき、我々は信頼を回復するまで、信じて耐えるしかありません。
 
 
そこで最後に一ファンとして、喝を入れさせていただきます。
 
 
「この逆境を乗り越え、更なる輝きを発揮してください、SUBARU!

2017年10月23日 (月)

台風一過

今朝の通勤時は、台風で大変でした。
 
私の通勤路の南側には、一級河川がほぼ東西に流れており、その北側に支流や用水路が南向きに流れ込んでいるので、幹線道を西から東に通勤する私にとって、支流の氾濫は行く手をふさぎます。
 
Uターンや迂回を繰り返しながら、なんとか勤務先近くの南北を走る主要道に着きましたが、その先に踏切があり、さらに先の国道との交差点まで大渋滞。私の勤務先は、田畑を埋め立て造成した工業団地にあるので、周辺の用水路が氾濫して、工場外の社員駐車場から工場内に横切る道路が冠水しており、歩いて渡ると、ひざ上まで浸水。勤務先を囲む道路は、すべて冠水&渋滞で大変でした。
 
20分早く家を出たのに、到着は30分後で、いつもより50分余計に渋滞やUターン、歩行にかかっていたことになります。始業には余裕がありましたが、同じ部署のメンバーからの連絡や工場周辺の徒歩事情等の電話対応に追われました。
 
ここまで酷かったのは、現在の自宅に越して20年以上経ちますが、初めてです。
 
路肩にはBRZ(86?)やプリウス、フィットらが立ち往生しており、フロントリップの割れたSTi(S4?)ともすれ違いました。しかし、私のレヴォーグはアプローチアングルを大きく取りたく、前後のバンパーには何もつけてないので問題ありませんでした。
 
Rev
 上の写真は、以前撮った物です
 
10時頃には晴れ間が差し、午後は工場周辺の水も完全に引きました。今回の経験で、付近の高低差と冠水(氾濫)の程度は分かったので、さらに対策を考慮して通勤時の危機管理をしたいと考えます。
 
今回の台風で被害にあわれた皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。
 
また、犠牲になられた方々には、安らかなご冥福をお祈りいたします。
 

2017年10月17日 (火)

おめでとう室谷選手、シリーズチャンプ

先週末は雨だったので、せっかく駐車場が当選していたにもかかわらず、エアフェスタ浜松はキャンセルして、最近撮った写真や、iPhone/iTunes内の楽曲の整理、先日実家から持ってきた古いコミックを読みあさったり、自宅でのんびりくつろぎました。

 Airfesta_tyuusi
まあ、そのあたりは追々UPするとして、本日は空つながりによるウレシイニュースを。
 
Red bull Air Raceに参戦する室屋選手が、最終戦、インディアナポリスでシーズン4勝目、遂に日本人初のシリーズチャンピオンに輝いたとのことです。
 Muroya03
思えば昨年、インディアナポリスで応援したのが記憶に新しいです。
 Muroya02
今年は地元、千葉のエアレースでは昨年に続き2連勝、勢いだけではありませんでした。
 
飛ぶことにすべてを賭け、好きだけでは乗り越えられない様々な障壁を持ち前のバイタリティと努力、そしてクレバーな戦略で挑戦してきたアスリートの結果が、今ここに結実したということでしょう。
 Muroya01
今年は本レースの室屋選手といい、Indy 500の佐藤琢磨選手といい、ほんとうに日本人とIndiana Speed Wayには縁があります。このサーキットのスタートラインはレンガ製ですが、ウィナーは、このレンガにキスすることが伝統です。
 
 
昨年は双方のレースを観戦した私としては、後任で、現在出張滞在している後輩がウラヤマシイです。上の写真は、昨年のインディアナポリス戦のものです。
 
今宵は、お二方に乾杯です。
 
 
Congratulation!
 
 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »