無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« EVシフトに想う ~前編 | トップページ | おめでとう室谷選手、シリーズチャンプ »

2017年9月30日 (土)

EVシフトに想う ~後編

自動運転との親和性が高いEV

 

新型リーフなどのCMなどを見ると、特にそう思います。また、GoogleやAppleなどは、いきなり自動運転レベル4のクルマを投入してきそうな勢いですが、衝突安全性の開発力、前述の種類の異なるパワーユニットを交互に作り分ける、パッセンジャーに心地よい操縦安定性etc.の技術は、やはり従来の自動車メーカーに分があるように思います。

 

トヨタのHVやPHVがそうであったように、早く顧客に提供し、自分たちの想定する外からの情報、そこから得られる知見をどれだけ持つかが重要だと思います。先行している日産やテスラなどがオピニオンリーダとなってゆくのか、今後目が離せません。 

 

まあ、先のIT企業が、どこかの自動車メーカーを買い取ってしまうようなことがあれば、既存の他社は、かなりの脅威ですが。

 

水平対向エンジンのないSUBARUのEV

 

SUBARUの目指すEVは?

 

水平対向エンジンが必要なくなるため、シンメトリカルAWDのメリットはなくなると考えます。
上記、パワーユニットの搭載によるつくり分けは、圧倒的に横置きエンジン搭載車に有利だと思えるからです。縦置きエンジンによる駆動軸の振り分けのほうが、重量面でEVには不利なように感じます。
AWD化もデフ部にモーターを置けばよいので前後の駆動軸をつなぐ必要はありません。

どのメーカーのクルマもEVになれば吸排気系もタンクも無くなるため、パワーユニットを低く、後席下部にもスペースが生まれます。排気系やプロペラシャフトが入るスペースも不要なので、床面はフラットになります。そのかわりに生まれたスペースにはバッテリーが搭載されるわけで、走行距離に反比例した重量変化は無くなりますが、走行距離に比例する大型バッテリーの重量は、変化なくウェイトとして抱え続けることになります。

 

経済誌や新聞等のSUBARU社長へのインタビューなどでは、来るべきEV化に向けては、もう考えているとのコメントですので、楽しみに待ちましょう・・・まず個人的に興味があるのは、T社の技術が投入され、デビュー間近とのウワサがあるPHEVです。以前のように新型XVなのか、フルモデルチェンジのウワサがあるフォレスターなのか、先日ビッグマイナーがアナウンスされたレガシィ系やWRX/レヴォーグ系では発表はなかったので(モデル末期に向かうから?)、今後の動向を気にしてゆきたいと思います。

 

EVになっても、走りとエコが両立するスバルを期待しましょう!

 

来月末から始まる東京モーターショウで、新たな発表があるのか?楽しみです~~~。

« EVシフトに想う ~前編 | トップページ | おめでとう室谷選手、シリーズチャンプ »

ヨタばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/65839687

この記事へのトラックバック一覧です: EVシフトに想う ~後編:

« EVシフトに想う ~前編 | トップページ | おめでとう室谷選手、シリーズチャンプ »