無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

信州上田、真田の里~

カミsanへの点数稼ぎ~
先週の土曜日に、好評のうちに終了した大河ドラマ「真田丸」にハマってしまった相方と、信州上田に行ってきた。
関越~上信越道経由で上田菅平ICへ、浅間山には雪雲がかかっており、拝めず。
午前10時過ぎに上田城址北側の有料駐車場に着くと、結構な人だかり。
門に向かって入口前の右手に真田石。Ueda02
中へ歩くと、真田神社。左手の西櫓や門の上部は別途有料だったので、進むことなく、次は「信州上田真田丸大河ドラマ館」に入る。場内は撮影禁止で、唯一甲冑のみ、撮ることが可能だった。
Ueda01
内容について、コストパフオーマンスは、あまりよくなかったとだけ伝えておこう。その後、出口付近の屋台?で軽く食事をして、真田氏も通ったであろう鳥居峠(国道144号)経由で長野原町に出る。
 
峠付近は雪道で、登り方向は通行した車両にトラクションがかかり、轍状にアスファルトが露出しているのだが、下りは逆に雪のままだ。ノーマルタイヤで来てしまったことを心配しつつ、3台前に慎重な先導者がいたおかげで、30~40km/hでゆっくり通過する。天候が晴れのち曇りで正午過ぎの気温が高い路面状況だったので通過できたが、雪だったら引き返えしていたと思う。
 
もうひとつの目的地、昨年もソロで来た岩櫃山は、カミsanのリクエストによる。
Ueda03
オープニングで有名な、このアングルにて、愛車とともに
144号から少し別れ登ってゆく、城址まで徒歩15分の位置に駐車場も整備されており、そこまで行ったのだが、気温も低くカザハナも舞って来たので、登らずに帰路に着く。子供たちにいつものお店で酒蒸し饅頭を買って帰ったのも昨年と同じだ。
 
途中、渋川市付近でゴールドカップが点灯
Ueda05
走行距離+残り走行可能距離=満タン1000kmに満たない数値でも点灯しているのでので、点灯基準は?だが、渋川伊香保ICから関越道に乗って、駒寄までの登り加速を行うまで点灯し続けていた。
 
沼田市もリクエストされていたのだが、日も落ちてきたので、次回にしようと思う。レジェンドとなった幸村よりも、個人的には徳川で生き延びた信幸の方に興味があったのだが、ドラマの脚本も演じた俳優(大泉洋)さんも納得の芝居だった。
 
 
○2016.12.26ひっそりと、ブログ再開しました。
お休みしていた理由については、いずれまた。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »