無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 春先のスキー&ミニドライブ(前編) | トップページ | 新型インプレッサ発表に想う »

2016年3月11日 (金)

春先のスキー&ミニドライブ(後編)

たんばらスキー場の駐車場にて着替え終わって、12時30分。来た道を戻りつつ次の目的地を物色…。
 
途中、上発知のランプを右に折れ、池田トンネルをくぐって左折し、来た道の尾根一つ西側を沼田駅方面へ進む。利根川を渡り、右折して進み、スポーツパーク川田の駐車場から観た沼田城方面がココ↓
 20160305_tanbara06
 
西に利根川、北に薄根川、南に片品川という3つの河にの侵食による河岸段丘の上に建つ城下町が沼田市街だ。写真中央が段丘の北西に位置する、沼田城址。
 
最近、大河ドラマで有名な真田昌幸、信幸らがおさめ、特に信幸の妻、小松姫の逸話は有名である(今回の大河では吉田羊さんが演じるので、とても楽しみ…)。ここは武田家亡き後、上杉、北条、徳川からも常に狙われ続けていた拠点となる城だ。沿道を走っていると、「真田の里、沼田へようこそ」ののぼりが目に付いた。で、ここから国道145号でロックハート城(←駐車場には、意外とクルマが多かった)、高山村経由で中之条町に進む。
 
中之条町のコンビニで昼食を摂った後、前回も寄ったお饅頭屋さんで、またしても家族に講評だった酒蒸し饅頭を買い、すぐ近くの郷原のランプから吾妻川を渡り、岩櫃山をショットに収める。
20160305_tanbara05
 
この山の東、写真の右側の山中に、やはり真田にゆかりのある岩櫃城があったとのこと。前回、これを撮りそびれてしまった。城址にもいずれは行ってみたい。
で、前回同様、帰路は榛名山に登る道(県道28号線)を選択し登ってゆくが、途中で左折し、榛名山腹を西から南にぐるっと周回する道を選択する。結構アップダウンが多く、一部舗装の厳しい箇所もあるが、道幅は充分確保されているので、走りにくくは無い。JCMロイヤルオークゴルフクラブを左に見ながら下る道にて406号に降り、高崎経由の下道で帰路についたが、今度はノーマルタイヤで来たいと思った。
 
以上、今シーズンのスキー&ドライブは、ちょっと早いが終了となった。

« 春先のスキー&ミニドライブ(前編) | トップページ | 新型インプレッサ発表に想う »

ドライブ紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/63318558

この記事へのトラックバック一覧です: 春先のスキー&ミニドライブ(後編):

« 春先のスキー&ミニドライブ(前編) | トップページ | 新型インプレッサ発表に想う »