無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

夢をつむいだその先に

先日紹介した新型インプレッサでは、後退時も衝突防止のブレーキ制御が入るという。
原理はアドヴァンスドセーフティシステムの延長なのか、後方カメラの設置なのか不明(たぶん前者?)ではあるが、振り返って、ここ最近の運転者支援の機能を挙げてみると、
 
プリクラッシュセーフティ、アクティブレーンキープ
全車速追従クルコン、車線逸脱警報 etc.
 
注意喚起や案内情報のMFD表示→ ゆくゆくはヘッドアップディスプレイ化へ
 
B型以降の 、アドヴァンストセーフティーパッケージ
  
今後の搭載が期待される、アダプティブヘッドライト(フォレスターの横展開)
 
 
また、他社事例として、自動車庫入れ機能や、ウィンカーと同時に車線変更
 
インフラ面では、Google map等、あらゆる公道のデータベース化
ITSやETC2.Oによる車両移動、渋滞分布状況のビッグデータ化
上記のインターネット経由による集計結果や分析予測のドライバーへの展開…  etc.
 
これらの機能が複合的に紡がれたその先には、夢の自動運転が待っているのだろう。
 
自動運転が実現された未来は、果たしてドライビングプレジャーが残っているのだろうか?
 
誤解なきように言っておくが、運転疲労の軽減、ユニバーサル支援、高齢者支援を否定するわけではない。しかし、某企業の、映画を見たり本を読んだりする自動運転(オートノマウス)カーの映像なんて、無人タクシーや無人巡回バスのようなイメージしか浮かばず、感性で操る人車一体の爽快感なんて言っている連中はサーキットにでも行けと、押し込まれているような気がしてならない。
 
これらはもちろん、「運転を楽しむ」以外のシチュエーションでは大いに進化してほしいと賛同するが、それだけでは味気ないと思う。
 
夢の自動運転が開く未来、その先はどんなものか?
 
某国首相が語る、2020年には、一定の結論が出るのであろうか??
 
Levo02_s
冒頭アイサイトの機能に感嘆しつつ、フロアにマニュアルシフトモードがないことや、パドルシフトの操作性に不満を持つという、一見、矛盾したような姿の自分がここにいる。
しかし、スバルなら走る喜びとアクティブセフティ(安全支援)テクノロジーが、もっと、もっと高い次元でバランスできると、信じている。
 
 
 
 
○結びになりますが…
 
いつもお越しいただき、ありがとうございます。
 
まだまだスバルやレヴォーグ、クルマや他の趣味について書きたいことは沢山あるのですが、お休みをいただきます。
再開の時期のめどは立っておりますので、新しい記事をUPするときに、再びお会いできれば、とおもいます。
 
それまではしばらく、See You Again ~

2016年3月27日 (日)

暑さ寒さも彼岸まで~ノーマルタイヤ戻し

タイヤ交換終了

実は先々週の3月13日には終了していたのだが、新型インプレッサに関するたわごとが先になってしまった。

スタッドレスタイヤの山は下記の通り。
昨年と今年、合わせて約8,000km走行。

Hyou1

 

偏磨耗なし。フロントに履いていた方のサイブの目が粗くなってしまっているが重量配分からくる付加の関係上しかたない。来シーズンは前後でローテーションだ。←これは、後述のノーマルタイヤも同じだ。

 

これから使用するノーマルタイヤの山は、以下の通りで、まだまだ使える。
今までで11,000km走行。

Hyou2

左右どちらに履いていたかは記録に残していなかったが、前か後ろかだけはサイドのヒゲの減り具合で確認できた。

ざっと目視した限り、トレッドに偏磨耗等は見当たらない。が、ノーマル用18インチホイールのリムに1cmのがり傷を発見した。昨年暮れに外した時には気づかなかった…orz

今まで愛車のタイヤのヤマについて測定したことはなかったが、しばらく追いかけてみようと思う。

 

 

 

2016年3月25日 (金)

新型インプレッサ発表に想う

ニューヨークモーターショーで発表されたので、ご存知の方も多いと思う。

 

パッケージングは現行とほぼ同じっぽい。エクステリアデザインはコンサバティブだが、ドアパネルのプレス面形状なんかがんばっていると思う…これは、板金、デントリペア職人泣かせだなぁ。インテリアはガラッと変わっている。今回から北米工場でも生産されるとのことだが、アメちゃん好みになっていると思うし、インプレッサにはあっていると思うが、従来どおり兄弟車、フォレスターにも踏襲されるのかなぁ…(次期レヴォーグも、これベースだよなぁ…)。台数が伸びて儲かっているのだから、専用デザインにできないものかなぁ…。

 

まぁ、デザイン系は置いておくとして、最も気になるのはSGP(Subaru Global Platform)と呼ばれる新型プラットフォーム。これが今後10年に渡る?スバルの走りを決める基本アーキテクチャーとなるのだ。SIシャシーの時も、GE系インプから始まってBNレガシィで2順目。まぁ、レガシィのフロントはクレードルタイプでBRZはFRレイアウトなのでちょっと異なるが、リヤサスは基本、同じ思想だと思うが、これが厄介なシロモノだ。

 

SIシャシーシリーズのRサスは、ラテラルリンクリヤにマウントされる、ダンパー&コイルがナックルの内側、スタビライザーに至ってはさらにその内側に配置されているため、短いストロークの中で性能を出さなければならない宿命にある。さらにスタビ回転中心に至ってはサブフレームの後ろ側にマウントされていることで高速急旋回などの大入力が入った時に、フローティングマウントされているサブフレーム全体がよじれてしまい、スタビも、それに習ってしまう悪癖がある。これは、荷室やトランクの床面フラット化を狙ったツケで、量産大衆車の宿命ともいえる妥協点だと思う。個人的にはストラットタワーバーの張り出しでアウトドアユーザーに不評だったストラットが性能、整備性、シンプルさなどから強く推したい。←これならスタビの回転中心もボディにマウントできる。しかしネット上に公開されているイラストを見る限り、リヤサスはSIシャシー同様、サブフレームタイプのダブルウィッシュボーン形式であるのが悲しい。蛇足だが、そんな理由からラテラルリンクのピロー部品もSTIから出ていると思うのだが、基本構造がダメダメなので焼け石に水だと思う(夢を壊して申し訳ない)。逆にフロントサスのスタビリンクは、初代インプレッサからアルミアーム製はピローボールタープで、板金アームのものも、ゴムブッシュからピロータイプになった。フロントスタビは回転中心がエンジンマウントメンバー直下の剛性の高い部分に取り付けられているから、当然その効果も高いと考える。

そのスタビ取り付けが、冒頭リンク先の記事ではボディ取り付けとなっているのだから期待せずにはいられない。スバルもSIシャシーのデメリット部はわかっていたということなのだろう。

 

リヤサスも、次期WRX/レヴォーグ/BRZ系のみ設計変更してストラットにできないものかなぁ…。通常のセダン/アウトバック/XV系は荷室重視の現行の設計思想でOKなので。

SGP構想を打ち出した以上、現実味は薄くなってしまったが、今のスバルなら(儲かっているので?)作りわけの投資も可能だと思うんだよなぁ…(遠い目)。

 

発売後には、Motorfan illutlatedなどで解説してくれるだろうから、上記の評価が明確になると思うので期待したい。 

参照記事

2016年3月11日 (金)

春先のスキー&ミニドライブ(後編)

たんばらスキー場の駐車場にて着替え終わって、12時30分。来た道を戻りつつ次の目的地を物色…。
 
途中、上発知のランプを右に折れ、池田トンネルをくぐって左折し、来た道の尾根一つ西側を沼田駅方面へ進む。利根川を渡り、右折して進み、スポーツパーク川田の駐車場から観た沼田城方面がココ↓
 20160305_tanbara06
 
西に利根川、北に薄根川、南に片品川という3つの河にの侵食による河岸段丘の上に建つ城下町が沼田市街だ。写真中央が段丘の北西に位置する、沼田城址。
 
最近、大河ドラマで有名な真田昌幸、信幸らがおさめ、特に信幸の妻、小松姫の逸話は有名である(今回の大河では吉田羊さんが演じるので、とても楽しみ…)。ここは武田家亡き後、上杉、北条、徳川からも常に狙われ続けていた拠点となる城だ。沿道を走っていると、「真田の里、沼田へようこそ」ののぼりが目に付いた。で、ここから国道145号でロックハート城(←駐車場には、意外とクルマが多かった)、高山村経由で中之条町に進む。
 
中之条町のコンビニで昼食を摂った後、前回も寄ったお饅頭屋さんで、またしても家族に講評だった酒蒸し饅頭を買い、すぐ近くの郷原のランプから吾妻川を渡り、岩櫃山をショットに収める。
20160305_tanbara05
 
この山の東、写真の右側の山中に、やはり真田にゆかりのある岩櫃城があったとのこと。前回、これを撮りそびれてしまった。城址にもいずれは行ってみたい。
で、前回同様、帰路は榛名山に登る道(県道28号線)を選択し登ってゆくが、途中で左折し、榛名山腹を西から南にぐるっと周回する道を選択する。結構アップダウンが多く、一部舗装の厳しい箇所もあるが、道幅は充分確保されているので、走りにくくは無い。JCMロイヤルオークゴルフクラブを左に見ながら下る道にて406号に降り、高崎経由の下道で帰路についたが、今度はノーマルタイヤで来たいと思った。
 
以上、今シーズンのスキー&ドライブは、ちょっと早いが終了となった。

2016年3月 8日 (火)

春先のスキー&ミニドライブ(前編)

今週は日曜出勤だったので、土曜日にスキードライブ。
最近、高速料金が高く感じるようになった。休日割りや通勤割りはだいぶ前に終わっていたと思うが、ETC料金の明細をじっくり見ることが無く、先日まとめて支払いリストを見たがびっくり!特によく使うICの3~4区間が意外と高いと認識した。ということで、朝の道路情報でも関越道の下りは駒寄PAあたりから混雑という情報があったので、上部国道経由で渋川ICまで下道、渋川から乗ったら60~80kmの緩い渋滞で赤城高原SAまで続く。あまりメリットは無かったと思いつつ沼田ICで降り、しばらく側道を下って右折、そのまま1本道で到着したのは、たんばらスキー場だ。
ここにはカミsanと結婚した年の夏以来なので、なんと20年ぶりだ。スキーに来たのはそれより前となる。当時、夏はゲレンデにラベンダーが植えられており、ラベンダーのソフトクリームを食し、石鹸を購入した記憶がある。
駐車場を除雪協力費で\1,000支払うのも数年ぶりだ。
20160305_tanbara
春先なので視程はよくないが、それでも、上越の山々がきれいだ
家族連れが多く、結構混雑している。
9時少し前にリフト券を購入。昨日まで3本の営業だったリフトも本日はフル操業。アイスバーンとなっているので注意するように何度も放送していた。
まずは第一リフト、乗り、第三リフト沿いのチャレンジコースで足慣らしを数回。きれいに慣らされたバーンは確かに少し凍っていた。次に第二高速リフトにてセンターコースを数本滑る。
20160305_tanbara02
たんばら湖を見下ろしながら滑るセンターコース頂点より
足が慣れてきたので、フォレスター、ウッディと1本ずつ滑ったら第四リフトを中心にその脇のレイクウッド、トライアルの各コースを交互に滑る。トライアルコースではコース2/5くらいの幅でポールが立てられており、レーサーがトレーニングを行っていた。
 
20160305_tanbara03
ここのスキー場は全コース斜面がなだらかで、林間コースが多い。また、ペアリフトのスピードがゆっくりなので、乗っている間にゆっくりできるのが嬉しい。
夢中で滑っていると時刻は12時5分。シニア午前券が終了となったので、ファミリーコースを下って着替えに戻った。

2016年3月 1日 (火)

ナビのVerUPとかETC2.0とか、PCのOS更新とか

先月、LEVORG純正パナソニックナビの2回目の地図更新を行った。
 
T字路で終わっていた自宅から東へ12.8km地点の近くの国道バイパスが、立体工交差化されて東へ延伸、同じバイパスの西方向へ6.0kmの地点では橋梁が架かりその先までの工事完了区間と接続した。この区間はよく使うので、接続は一昨年に完了していたのだが、ようやく地図に表示された。よく使う道は、1年の地図頻度では少ない気がする。どこのメーカーだったか、有償で通信の度にクルマの8km四方を自動更新してくれるようなサービスがあったと思うが、業務で使うような方は必須のアイテムだと思う。個人的にはそこまでの要求はないが、地図更新は3ヶ月程度に行われ、必要時に安価に差分をUPデートできる有償サービスがあると嬉しい。
 
そういえばETCも年初に黄色い帽子のお店でDSRC→2.0に無料キャンペーンでVer.UPしたのだが、関越~中央道に至るまで圏央道を横断した際には割引があったのかな?←これからそうなるのか??
 
 
-----------閑話休題----------
 
 
ウチのデスクトップ、OSはWin7 Pro64でスペック(PenD 3.2GHzでMBの仕様上、RAMは4GBまで)の古いモデルだ。このスペックで新しいOSに切り替えて大丈夫なのかなぁ…。現在、家族共用マシンとして3つのユーザー環境を使い分けているが、「このPCはWin10のスペックを満足している」のメッセージに辟易したので、とりあえず更新しておいた。そうしたら、OFFICE10が認証でハネられた。正規品なのだが?Win95の頃、持ち込み残業等の理由で会社と同じバージョンを購入してきたが、セキュリティの関係から、ここ10年以上は、My PCで仕事は行ってないので、MS製Officeのは、そろそろ潮時かも。
Pc マイデスクトップ環境の壁紙は、マクロスの河森正治氏デザインのアイサイト君だ!
 
もう1台は必要に迫られて昨年暮れに買ったアウトレットのノートPC(Core i5 RAM8GB、キャッシュ用?SSD 32GB、HDD500GB)で、こちらは購入後すぐにWin10に上げてからアプリケーションをインストールしたが、スリープからの復帰時やリセット時に時々フリーズが起こる以外は、今のところ問題は出ていない(原因がOSなのかハードなのか不明だが)。HDD容量が500GBと少ないのがタマニキズではあるが、家族用デスクトップマシンの更新はもう少し先の予定なので、個人使用のメイン機は徐々にこちらに移行する予定だ。ネット認証を家庭内Wl-Fiで行っているのも、起動が遅い原因かも?
 
PCいついては、白黒98ノートのMS-DOS Ver5.0から始まってWin98までの頃は最新スペック、フライトシムやラリー系のゲームにハマリ、デバイスドライバーや周辺パーツなどは人柱的なチャレンジで苦しむという楽しさ(←マゾか?)を味わっていたが、結婚し、XPマシンを構築の頃からはコスパと安定性にシフトしてOSもMe、2000、Vistaなどは様子見しつつ飛ばしてWin7(結果的にWin8も飛ばした)を常用。 HDや4K動画を編集するでもなく、最新3Dのゲームをバリバリやるでもないので、ハードウェアが格段に進歩しているノートPC環境でも、その差が分りにくい。 PCやOSの選択は各々の目的に応じてチョイスすれば良いと思うが、個人的にはデジイチを替えたのでRAW現像にはちょっと興味がある。まずはこの辺りをノートPCで試してみようかなぁ。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »