無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)納車から1年 | トップページ | New Year's Greetings 2016 »

2015年12月31日 (木)

初すべりは、高峰高原

昨日、何とか年内に初滑りに行くことが出来た。

場所は長野、群馬県境の高峰高原、アサマ2000スキーパークだ。

アプローチは長野県側から。峠を越えるのでスキー場自体は群馬県だったと、今回ナビで初めて知った。

 

藤岡JCTを左に折れ、上信越道で西へ。

暮れとあって、自分のようなレジャー客に交じって帰省客、営業車と、混雑しており、左車線はせわしく120~130km/hで流れていたので、クルコンを100km/hにセットし、右車線でのんびり進む。

8:00に到着、着替えてリフト券を購入したらリフトの営業開始時刻ドンピシャ。15_asama2000_02天気は快晴で無風。正面の万座方面は雲がかかっており、天気予報が的中した。

営業リフトは3本、ゲレンデもそれに並行した3本のみだ。人工雪とはいえ標高が高く締まっており、たくさん滑ることが出来た。15_asama2000_04

運休中の第三リフトとStage4ゲレンデの左手奥に進むのは冬季閉鎖中の高峰林道で、この先、写真の尾根を回ると左側には池の平湿原、さらにその先は湯の丸スキー場のある地蔵峠へとつながる。

 

10時を過ぎるとリフトが混んで来たので、さらに30分ほど滑って少し休憩。

休んでいるとレストハウス内の混雑が増加し、逆にリフトが空いてきたので再度滑る。斜度も緩く、ワイドなバーンなので、西隣に位置する湯の丸と並び、足慣らしにはもって来いのスキー場だ。

15_asama2000_03パーキングよりゲレンデStage2を望む。

道に雪はなく、こんなにキレイなボディでスキー場についたのは初めてでは?

 

結局、午前券終了の12:30分ギリギリまで滑って上がる。正味3時間半。15本までは数えていたが、そのあとは忘れてしまった。

帰りは高峰高原ホテルのパーキング脇から、佐久平方面を望む。15_asama2000_01

正面に見える山並みは、富士山を含み絶景なので、帰り際には一望をオススメする。

 

さてさて、これをUPしたらガソリンを満タンにし、洗車もしなくちゃ…。

 

この1年お世話になりました。

« レヴォーグ(VM4)納車から1年 | トップページ | New Year's Greetings 2016 »

スキー&ゲレンデリポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/62973996

この記事へのトラックバック一覧です: 初すべりは、高峰高原:

« レヴォーグ(VM4)納車から1年 | トップページ | New Year's Greetings 2016 »