無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)純正シートの座り心地 | トップページ | 電車の窓から~ふるさとへの想い »

2015年4月 5日 (日)

レヴォーグ(VM4)荷室容量について

インプよりは広く、レガシィよりは狭いと言った感じか?とくに前後長がそれを感じさせる。SHフォレのときは、ラゲッジルーム容量は大きく不満はなかったが、床面が後下がりだったので加、減速時に荷物が倒れて暴れ始めるとイヤな音が出て不快だった。エクシーガも機構はSHフォレと同等と見え、3列目シートを倒すと同じような傾向だった。その点レヴォーグはフラットなので心配は今のところない。また、タイヤハウスはマルチリンクサスになってから荷室への張り出しがかなり小さくなったのでラゲッジ床面の拡大に貢献していると思う。バケツをひっくり返したようなBF3,BG9のようなストラット形式では大きな張り出しだった(←ロングストロークのストラットダンパーは、ロール時に懐が深く、性能面では大好きだったのだが)。容積がレガシィ並みというカラクリは、スペアタイヤを廃止してその収納部をサブトランクに充てたので数字上の容積が確保されたというワケ。ゴルフをされる方には、ゴルフバックが4つ詰めることが必須らしいが、そうなると床下スペースには何を入れるのだろうなぁ。雑誌の記事では、パズルのように組み合わせて重ねないとツラそうに見えた。15r01また、トノカバーは、ラゲッジルームが濃色ガラスになってからのスバル車では必要と感じておらず、SGSHもオプションだったので今回も不要だ。背もたれを倒したフルフラット時や、後席リクライニングしたときの前側のカバーも妙に中途半端で取り外しも面倒なため、使用せず自宅保管している。今回もディーラーオプションで良いと思うのだが…。これは写真のようにサブトランク部に収納できるのだが、現在は前車同様に雨傘を収納している。

両サイドポケットのネット部は取り外し不可。また、ラゲッジフックは荷物の固定に結構便利で、結構使っている。サブトランクが深くなったので、そのネットの収納も楽チンだ。

« レヴォーグ(VM4)純正シートの座り心地 | トップページ | 電車の窓から~ふるさとへの想い »

レヴォーグ VM4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/61294431

この記事へのトラックバック一覧です: レヴォーグ(VM4)荷室容量について:

« レヴォーグ(VM4)純正シートの座り心地 | トップページ | 電車の窓から~ふるさとへの想い »