無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)洗車したらキズがついていた | トップページ | 首都圏の水がめめぐり(前編) »

2015年4月30日 (木)

レヴォーグ(VM4)のガソリン給油口

給油キャップの仕様が変わった。自分が乗っている中で、SHフォレまでは閉めすぎてオーバーランするとカチカチと空転し、それ以上しまらないと音で合図してくれるタイプであり、ウチにあるステラ(RN1)やサンバー(TV2)も同じタイプだ。しかしレヴォーグは閉まるとワンタッチでロックされ、それ以上は回らない構造に変更された。15_flap02

給油口に対しては、SHまでは深かったが、今回、かなり車体の外側までせり出し、浅くなった。初代レガシィ(BF3)なんか、かなり深く、こぼれたガソリンを下に流す穴まで開いていたと思う。レヴォーグでのこの改善は、デザイン上、外装上Rフェンダー後部は強く絞り込まれているが、内装上はRラゲッジ内のスペースは確保したいと言うトレードオフの結果であろう。給油口がかなり外と言うことは、満タン後にノズルからガソリンがこぼれたとしても、車体に残るリスクが極めて小さくなると思うのでGoodだ。15_flap01また、フタの内側も板金プレスから樹脂成形になり、フタを置くスペースも確保された!今まではキャップと車体をつなげている樹脂製のヒモを引っ掛けておく形状がついており、そこに止めると車体に触れないようホールドしてくれていたが、今回からはキャップ自身を置くスペースの登場で、分ってしまえば、とても便利(←ちなみに納車後数回は夜の給油だったので、これに気づかず、右手でフタを持ちながら左手で給油していたというのはナイショの話だ)

 

こんなところにも、細かな改良が加えられており、脱帽した次第だ。

« レヴォーグ(VM4)洗車したらキズがついていた | トップページ | 首都圏の水がめめぐり(前編) »

レヴォーグ VM4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レヴォーグ(VM4)のガソリン給油口:

« レヴォーグ(VM4)洗車したらキズがついていた | トップページ | 首都圏の水がめめぐり(前編) »

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話など
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマっ!
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。