無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 満開の梅と | トップページ | ノーマルタイヤ戻し »

2015年3月18日 (水)

レヴォーグ(VM4)運転席の視界について

前車SH5AよりAピラーが前に出てフロントガラスが寝ている割には、見通しが良いと思う。SHより下がった床面に準じてヒップポイントも下がったはずだが、アイポイント(視界)はあまり下がった感じを受けない。BG9からSG5に乗り替えたときは、アイポイントが結構上がった気がしたのだが、やはりAピラーが前に出たことが効いているのだろうか?2015lev055また、サイドミラーの取り付けがドアになったことで、右折時の見通しがとても良くなった感じがする。従来のスバルのクルマは、Aピラーとドア上部が交わるところに三角の補強板にてドアミラーが取り付けてあったが、現行インプレッサ以降、前に出たAピラーからウィンドとサイドミラーの間に隙間が出来ることで、物理的な面積差以上に視界良好と感じる。

余談だが、戦闘機のパイロットも、F-4のように狭く視界が悪いフレームタイプのキャノピーよりも、空気抵抗が少し増えてもシートポジションを若干上げ、視界をさえぎる枠がほとんどないドーム状のF-15,16タイプのコクピットの方が好評との事だ(レシプロ機ではP-51、48の後期型も同様)。2015lev056話をクルマに戻そう。ピラーが伸びた分インパネ上面の面積が増えたが、若干、後下がりとすることで開放感を演出している。中央は途中から前下がりとなり、MFDパネルへと続いている。ナビの位置がちょっと低いとも思うが、ツインエアコンの吹き出し口とのトレードオフの結果だと思う。ナビのモニターがMFDのすぐ下だと、表示変更時にゴチャつく印象を受けるとも思う。
後方視界はルーフが下がり、側面が絞り込まれた分、リヤガラスの面積が狭くなったので、ルームミラーに写る範囲が狭くなった。
2015lev036左後方のクウォーターガラスの確認用に、免許取得以来、ずっとワイドミラーを装着していた(写真上)のだが、アイサイトに干渉しそうなことと、助手席のヘッドレストにさえぎられてしまうことが分かったので、LEVORGでは使用しないこと(写真下)にした。
フレームレスインナーミラーなどという舶来品も最近人気が出ているが、純正ミラーで不満が残るようなら、こちらに取り替えるという手もあると思う。

« 満開の梅と | トップページ | ノーマルタイヤ戻し »

レヴォーグ VM4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/61294369

この記事へのトラックバック一覧です: レヴォーグ(VM4)運転席の視界について :

« 満開の梅と | トップページ | ノーマルタイヤ戻し »