無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)助手席&後席の居住性について | トップページ | レヴォーグ(VM4) タイヤ交換 »

2015年3月30日 (月)

滑りおさめは、トンネル越えて

先週末は寒の戻りで関東甲信越山間部では積雪となった…ということで土曜日はステアリングを越後方面に向け、いざ出発。関越道の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。有名な小説の冒頭とはちょっと違うが、トンネルの暗がりに慣れた目には雪景色が眩しい。群馬県側の関越両脇にはほとんど雪はなかったが、新潟県側の山にはは雪が多い。湯沢ICを降りて国道17号を少し走り左折、目指すはガーラ湯沢スキー場だ。バブルも終わりカミsanと付き合い始めた頃、サエラ同様、「新幹線で一緒に来ようね。」と約束したまま果たせず現在に至る。たぶん彼女も忘れていると思う。ということで、はじめてのゲレンデだが、決してすずちゃんのCMに惹かれた訳ではない(断言)。
7時30分に到着し、駐車場は駅と同じフロアの方に誘導され、結構奥に案内される。着替え後に板を担いでガーラ湯沢駅へ~通常の3F分の高さの階段を板を担いで登る。駅の建物内は暖房が効いており、スキーウェアではサウナ状態。
チケットを購入し、ゴンドラで山頂駅に登り、8時過ぎには滑走スタート。降りた所は、気温も雪質もグッドコンディション。南、中央、北と3つのエリアにまたがるスキー場であるが、南コースは大会貸切のため滑走不可。1502「エンターテイメント」コース中腹から湯沢町方面を望む。中央のモノリスのように見えるバブルの象徴、ビクトリアタワーは、いまも健在だ。湯沢パークスキー場の奥にかつての加山キャプテンコーストが小さく見える~ここも、一度は行こうと思っていて終わってしまった…涙)

まず初めは下のクワッドで「ジジ」「エンターテイメント」を交互に数本滑って足慣らし。クワッドは1人用の別レーンがあり、合理的に乗客を輸送している。このあたりが徹底しているのはJRらしい。先週の岩鞍などは状況に応じ臨機応変なのか、少し混んでいてもゴンドラでさえ1に乗りのときがあった。その後は最上部の「グルノーブル」コースのオープンを待って移る。ここのペアリフトは比較的空いており、シングルでも後続の人がいなければOKだった。ここは尾根伝いで気持ちい。しかし両サイドにネットが張ってあるとはいえ、オーバースピードのコースアウトには要注意だ(二度ほどボーダーの方と接触しそうになった)。1501もっとも標高の高いグルノーブル頂部から魚沼方面を望む。関越道の右側に八海山スキー場が見える。

その後は水分補給の休憩を取った後、北エリアに向かう。10時30分を過ぎるとかなり雪が融けてきてシャーベット状になる。日陰気味だった「ジョアンナ」はスクール真っ盛りで3クラスほどレッスンをしており混んでいたが、コンディションが良かったので何度も滑る。11時を過ぎると午前のレッスン終了と見え、一気に空いたので、仕上げに数本滑り、下山コース「ファルコン」へ向かう。標高が下がるに連れ、日当たりの良い斜面はカップに最後に残ったカキ氷のように水+シャーベット上でまともに板が滑らない。エッジングのヘタさ加減が露呈してしまった。
滑り降りた後は、スキーブーツのままガーラの駅社内をしばし散策。本当に改札口に直結している。ゆっくり休み着替えた後は帰路につく。1504ここについたときは、国道17号で三国峠越えで帰ろうか、とも思っていたのだが疲れてヘロヘロだったので、往路と同じ関越トンネル経由で月夜野ICまで関越道を利用、その後は国道で前橋市内へと向かい、遅めの昼食を採った後、再び17号(上武道路)で帰路についた。

« レヴォーグ(VM4)助手席&後席の居住性について | トップページ | レヴォーグ(VM4) タイヤ交換 »

スキー&ゲレンデリポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/61363957

この記事へのトラックバック一覧です: 滑りおさめは、トンネル越えて:

« レヴォーグ(VM4)助手席&後席の居住性について | トップページ | レヴォーグ(VM4) タイヤ交換 »