無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)新エンジン1.6DIT(FB16)にぞっこん | トップページ | 昨夜、雪の予報が… »

2015年2月 6日 (金)

レヴォーグ(VM4)リニアトロニック(CVT)ミッション~Iモード編

SIドライブのIモードでのクルコン巡航では、60km/hでおおよそ1300rpm80km1600rpm100km1900rpmである。それぞれの速度域での踏み出し加速も、変速ショックやキックダウンもほとんどなく、過給で前に出てゆく感じが気持ちイイ。

残念なのはIモード時の低速(20km/hで1800rpm以下)の操作で、ブーストが効き始めるまでは1.7トンの図体を1.6NA-AWD(4分割)のトルクで引っ張らなければならないことだ。また、ちょっと深く踏み込むと急に回転が上がり、急に前に出る感じに違和感がある。この辺はエンジン性能とCVT制御に改善の余地がある。個人的には交差点左折時に減速し、ステアリングをきり終えて回復させながらアクセルを踏んだときの出足のレスポンスに違和感がある。同じシチュエーションでもSモードなら問題ないので、制御の問題とする根拠だ。急後退抑制モードなんて、エンジンとミッションのマッチングから後付け標準装備になったと勘ぐってしまうくらいだ。 2015lev038まあ、常時Sモードと言うわけにも行かず、ことさら低速ではIモードだと思うので、体が慣れてゆかなければいけないとは思うが、些細だがちょっと不満だ。速度が乗ってしまえば全く気にならないので、ツアラーとしてのエンジンとミッションとのマッチングの完成度は、かなり高いと思う。

P.S. Sモードでのフィーリングについては、春先にノーマルタイヤに戻してから楽しんでみよう。

追記:こちらの記事も併せてご覧ください。

 

さて、今日はどの道で笑おうか?

 

 

« レヴォーグ(VM4)新エンジン1.6DIT(FB16)にぞっこん | トップページ | 昨夜、雪の予報が… »

レヴォーグ VM4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/61068339

この記事へのトラックバック一覧です: レヴォーグ(VM4)リニアトロニック(CVT)ミッション~Iモード編:

« レヴォーグ(VM4)新エンジン1.6DIT(FB16)にぞっこん | トップページ | 昨夜、雪の予報が… »