無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)ステーションワゴンのデザインに惚れたぜ! | トップページ | 雪を求めて2015 »

2015年2月12日 (木)

レヴォーグ(VM4)ステアリングホイールの利点と欠点

Dシェイプの操作性に脱帽

このステアリングホイールは真円ではなく、下側が少し直線にエグれており、アルファベットのDを左に90度回転させたような形状をしている。最初は腿が当たるのを避けたデザインなのかな?と思ったが、回転すれば円周部は下に来るので、そんなことはない。試乗車(1.6GT)に乗ったときから、このステアリングには感動していた。こんな驚きはSHフォレのウィンドウォッシャー液の飛び具合以来だ。特に交差点や切り替えし等ですばやい回転操作を行ったときに分かりやすい。SHフォレに比べ少し小径な点もグッドだ。

2015lev050

GTSグレードの表皮は、とにかく滑る。

SHフォレは革巻き、SGフォレとBGレガシィはMOMOステで、握り心地で困ったことはなかった。今まで乗った中で一番滑るっ!

1ヶ月点検をディラーで待つ間、展示車両の新型B4SJフォレ(NA)の本皮ステアリングを握ったが、それには及ばなかった。特にB4はシボが絶妙で、手に吸い付く感じ。対してウチのレヴォーグはツルツル。帰宅時にはバックで駐車するが、その時に後ろを見ながら片手ハンドル操作し、滑る度に「ドキッ」となる。こりゃドライビンググローブが必要かと思いカーショップに行ったら、近隣では、どこも取り扱っていなかった。オレも教習所に通い始めた30年前に一度購入しただけなので、利用者なんて、今は皆無かも。同じデザインのセダン、S4は、直線時に両手で握る915分の位置がディンプル加工されているので、遥かに握りやすいと思う。社外からも専用ホイールが販売されているので、もうしばらく乗ってガマンできないようなら、交換するかどうか検討中だ。

 

 

« レヴォーグ(VM4)ステーションワゴンのデザインに惚れたぜ! | トップページ | 雪を求めて2015 »

レヴォーグ VM4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/61068358

この記事へのトラックバック一覧です: レヴォーグ(VM4)ステアリングホイールの利点と欠点:

« レヴォーグ(VM4)ステーションワゴンのデザインに惚れたぜ! | トップページ | 雪を求めて2015 »