無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« レヴォーグ(VM4)スタッドレス&ホイールのサイズ選定を考える(後編) | トップページ | レヴォーグ(VM4)アイドリングストップの賢さ »

2015年2月22日 (日)

快晴!蓼科からの眺望

今週も日曜日は崩れるとのことで、昨日の土曜日にスキー&ドライブに行ってきた。場所は、初めて訪れるピラタス蓼科。

往路は上信越道で佐久IC、そこから下道で白樺高原国際までは以前訪れた時と同じルート。そこからスズラン峠に向けてビーナスラインを南に進む。峠は特に眺望に優れているわけでもなく、そのまましばらく進む。日陰の一部を除いて凍結部はなく、路面もほとんど乾いており、除雪が行き届いている。ビーナスラインからスキー場へ向かう道に左折した途端に路面は雪道となり、ここからの最後の約3kmのアプローチのみスノードライブだった。

15piratasu04↑ロープウェイ駅から一気に下り降りたかもしかコース中盤にて。遠くの山々の眺望がすばらしい。

ゲレンデは上下で2つに分かれる。上半分は、ロープウェイ終点の標高2237mからクワッド降り場までのコースだ。また、下半分はクワッドとトリプル、2本のリフトにより構成され、ゲレンデも3本ある。15piratasu02

↑クワッドを降りて北に進んだもみの木コース途中にて。正面は木曾の御嶽山で、この日も噴煙を上げていた。右下がテクニカルバーン頂部で、左下はその迂廻路の入り口だ。

15piratasu01

↑テクニカルバーンよりセンターハウスを望む。スピードに乗ったロングターンで気持ちよく滑り降りたい。

9時前に到着し、午前券で13時まで、休憩をはさんでリフト9本、ロープウェイ2本滑る。天候はピーカンで無風。西向き斜面なので午前中の方が順光のため、眺めは最高だった。

スタミナ切れなので着替えて帰路につく。佐久市までは順調に降り、道の駅で遅い昼食を摂り、国道254号にて内山峠超えで下仁田まで降り、上信越道で帰路についた。

« レヴォーグ(VM4)スタッドレス&ホイールのサイズ選定を考える(後編) | トップページ | レヴォーグ(VM4)アイドリングストップの賢さ »

スキー&ゲレンデリポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/61181325

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴!蓼科からの眺望:

« レヴォーグ(VM4)スタッドレス&ホイールのサイズ選定を考える(後編) | トップページ | レヴォーグ(VM4)アイドリングストップの賢さ »