無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 2014年8月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月 4日 (木)

新型レガシィを見てきた日

サンバーディアスのリモコンキーのねじが緩んで落下し、電池を紛失してしまった。

その修理ついでに、近くのスバルディーラーに足を運んで新型レガシィを観て、触って、乗り込んできた。試乗車はまだ用意されていないが、CMや雑誌で見るより、デザインの力強さや、色の鮮やかさが見て取れる。個人的な主観では、先代より、かなり良くなっている。電池待ちの間に、キーと一緒に写っているパンフレットを読んでいたら記事にのめり込んでしまったので、お店の方にお願いし、いただいて来た。デザインの形状を決めるために競合車を3Dスキャン比較し、自分たちのデザイン結果の検証を行っているとの事。New_leg_2この記事を読んで、スバルの進化が更に加速した、と思った。今、スバルは北米を中心に世界中で売れ続けているとの事でネットのユーザーレビューなんかを読んでも、他銘からの乗り換えユーザーの客観的な意見が多くなってきている。以前なら「独自技術で、わが道を行く」「それが個性だ」と言うポリシーでリピータ中心の顧客を対象の車両展開であった。しかし現在は古くからのユーザーを重視しただけのクルマづくりではない境地に入っている。これを大衆に迎合しはじめてしまった。と取るか、マーケティングのターゲットが広範になった。と取るかは人によって異なるだろう。オレ自身は後者、「世界中の良いクルマが分かっている人たち」へとシフトした結果が、昨今の新型車であると認識している。

エンジンは2.5リッターオンリー。ターボはフォレスターやレヴォーグ&WRX S4に任せたことは理解できるが、6気筒がバリエーションになかったことには少し驚いた。価格体系を見ると、ベースグレードを最下位にマッキントッシュからハマーンカードンにスイッチしたプレミアムオーディオ装着の上級グレードまで、5代目レガシィからレンジが上方へシフトしていると思う。今後はフラッグシップとして国内ではレクサスやアキュラらの土俵を目指すのだろう。個人的にはエンジンがNAであり、購入する興味はないのだが、グランドツーリングやスノードライブの際には、ぜひともチョイスしてみたい一台だ。

さらに続く新型車も、更なる高みに登り詰めてゆくことを期待したい。

« 2014年8月 | トップページ | 2015年1月 »