無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

2013年12月 3日 (火)

(参考)レヴォーグのスペックを比較してみた

あくまでもお遊びです。念のため。Levorg_2_2

参考サイト  現行インプ&レガシィ2.0R スペック → カーセンサー.net より引用 レヴォーグスペック → responseclicccarautoblog他 より引用 

2013年12月 2日 (月)

次期レガシィに期待すること…新しいスバル2013~後編

前回「レヴォーグに想う…新しいスバル2013~前編」からのつづき

その2 レガシィコンセプト

現行レガシィ発売前もレガシィコンセプトとして、海外のショーで公開され、その半年後には新型がリリースされている。現行が北米で好調なので、たぶん、さらにワイド&ラグジュアリーの方に転換させるのかもし知れない。現行フォレスターもそうだが、個人的にちょっとサイズが大きくなりすぎている面もあるため、どのような商品構成でリリースされるのか楽しみ。北米では現行車にもツーリングワゴンは無いらしいので、レヴォーグがそれに変わると、国内のレガシィもセダンB4とアウトバックの2タイプになることが予想される。EGについては上級モデルが6気筒3.6lなのであろうが、エントリーモデルは2.5NA並みの性能を1.6DITがカバーすると言われているので、軽量化や燃費、コストの面で後者にメリットがあれば、こちらが搭載されるかもしれない。理屈では高速巡航時の燃費はハイギヤードで回転を落とし、排気量が少ない方が良く、追い越しや登坂時等、加速時のみターボでブーストをかけて補助する方式が最も経済的とされる。小排気量、小径ターボなら過給のレスポンスも良いし…。
後は価格と装備との比較になると思うが、個人的にレガシィには興味が薄くなりつつある。しかし車高の高いSUV系もキライじゃないため、アウトバックがどのようになるかは期待している。アイサイトVer.3もレヴォーグが先に搭載されるので、スバルの基幹車種であるレガシィとしての「商品性の隠し玉」が何なのか気になっている。

ズバリ、気になる発売時期は?

レヴォーグは年明け早々販売予約開始、との事なので春ごろといわれている発売が待ち遠しい。というか1.6DITには、ぜひ試乗してみたいと思う。レガシィも、来年で発売5年目となるので、もしかしたら14年中に発売も考えられる。
ウチのSHフォレの車検は15年3月なので、それまでに、上記2車種がデビューするかもしれない。となればスバルの新車ラッシュなので、じっくり比較してから購入検討しようと思う。←我が家の財務大臣から認可は下りてないが(汗)。

2013年12月 1日 (日)

レヴォーグに想う…新しいスバル2013~前編

更新もままならなかった割にはアクセス数もコンスタントに上がっており、お越しいただく皆様には恐縮です。多忙にかまけてドライブやクルマいじりも行っておらず、更新が半年以上も停滞しておりました。
そこで、今回は2回に分けて国内外のモーターショーで公開されたモデルをもとに、ニューモデルの予想を大胆にも行ってみようと思う…といっても、モーターショーには行けてないので、webや雑誌記事が元ネタですが(汗)。

その1 レヴォーグ
いよいよダウンサイジングターボ1.6DIT搭載車の登場だ。サイズUPしてしまった現行レガシィから離れてしまった国内ユーザー向けにアウトバックとの棲み分けでツーリングワゴンの復権を狙ったモデルと言うことらしい。
ということなので、個人的な興味でサイズやスペックが近い1世代前のBPレガシィ2.0Rとレヴォーグ1.6DITの比較を行ってみた。

ボディサイズについて、全長や全高に比べレヴォーグの幅がBPに比べワイドなのは、現行インプレッサのシャシーがベースだからであろう。5ナンバーサイズがラインアップに無い現行スバルのプラットフォーム共用だから、国内市場オンリーとして起こすわけには行かない事情は分かる。また、北米で公開されたWRXにも2.0DIT+リニアトロニック搭載グレードがあるとの事なので、同様のグレードがあるレヴォーグも、車名やボディタイプは異なるが、WRXと兄弟なのかもしれない(←いや、発表時期からして、そうだとしか思えない)。
話を2.0Rとの比較に戻そう。エンジンはレヴォーグが馬力は10ps落ちるがトルクは5.5kgf・mもupしており、乗りやすくなっているんじゃないかな。トランスミッションについてはATとリニアトロニック(CVT)で出力特性が異なり、加速や変速感が大きく異なると思われるが、マニュアルモード選択時のギア比は公開されてないが、現行インプレッサの例からだと、おそらく6速になると思われるので、燃費やスポーツ走行に時におけるドライバーの選択の余地はあるかと思う。2.0DITの方はマニュアルモード(SIドライブのS#)時には8速が選択できるので、これは現行フォレスター2.0DITと同じ制御系なのだと思う。リニアトロニックの良いところは、マニュアルモード時のギア比を車種やエンジン出力特性に合わせて変化させられる点で、多数の実ギアを用意して組み合わせずに済むところが合理的だと思うし、車種によるチューニング(キャラクター性)を重視するスバルには持って来いなのだと思う。

「次期レガシィに期待すること…新しいスバル2013~後編」 につづく

« 2013年4月 | トップページ | 2014年2月 »