無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

ウワサのXV、No.1@Switzerland!

まだ日本では発売前だが、既に発売された欧州のスイスでは売れ行き1番だったらしい
インプレッサワゴンの最低地上高を上げ、ルーフレール等を装着した、いわゆるアウトバックスタイルに変更したスタイリングが受けているのだと思う。話題の1.6DITの搭載は無さそうだが、年次改良で隠しダマを打ち出してくるスバルのこと、最初からはリリースしないのかもしれない。ウワサされているSTIもまだのようだし…。最近のフルモデルチェンジでレガシィやフォレスターがサイズUPしたので、このサイズのアウトバックモデルはその下位を埋めるのにデビューしたと考えるのが妥当かも?スイスは山岳地帯で、冬季は積雪、凍結路も多いと思われるため、スバルユーザーは多いと考えられるが、このスタイリングにはスイスっ子も大いに刺激を受けたのかも!

個人的には、トライベッカユーザーも取り込もうとして更なるサイズ拡大がウワサされている新型フォレスターよりも、このXVクラスに1.6DITを積んだモデルがあれば、充分だと思うようになった。スバルのサイトを見ると、エンジンはNAのみ、ミッションはリアトロニック(CVT)のみで、ターボMT好みにとっては残念だが、アイサイトは試してみたい気もするので、DIT+パドルシフトMTモード付きCVTなら、触手を伸ばしてみるのもいいなぁ…なんて思う今日この頃だ(現行ユーザーとして新型フォレスターも、気にはなっているのだが)。

2012年9月24日 (月)

18年間ありがとう

平成6年初年度登録~型式KK3 VIVIO 5ドアハッチバック 

Vivio_04m 父親が乗っていた愛車。それを譲り受けてから丸三年。

新しい仲間を我が家に迎えるにあたって、旅立っいった。処分しようかどうしようか悩んでいたときに、SUBARU Web Communityの皆さんからのコメントで背中を押してもらい、名変&車検を通したのだった。春先にはタイヤを替えたばかりで、あと一年は乗るつもりでいたのだが、家族の都合で手放すこととなった。

Vivio_14m
残り一年、新しいオーナーの元で元気に働く予定だ。

62歳でリタイヤ後免許を取得し、病に伏せるまで14年、祖母や母を乗せて、子供らのイベントごとにウチまで通ってくれた。彼らが保育園児の頃、実家にお泊まりするときはお袋と一緒に向かえにきてくれ、助手席と運転席後部にチャイルドシートを二つセットして4人で実家に向かっていった。その子供らも、もう中学生。二人とも別れを惜しんでいた。ウチの子供らが生まれる前、もっと言えばオレが結婚する前から、実家にはこのヴィヴィオが、父と共にあったのだ。Vivio_13m

この場を借りて感謝の言葉を贈りたい。

18年間ありがとう。ご苦労様でした。

p.s.次の仲間も、富士重工製の軽自動車だ。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »