無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 今年もスバルは安全にっ! | トップページ | みんな大好きで困ってしまうが… »

2012年1月 8日 (日)

初滑りは信州方面!

1月3日に今シーズンの初すべりに行って来た。前日まで同行予定の息子は、夜になり友人からの誘いをTelで受けて急遽キャンセル。家族で行く機会は減る一方だが、親離れが始まったと喜ぶべきか?ということで今回はソロスキーだ。今後は増えるかも…。
冬型の気圧配置が厳しいので、翌日の天気予報をネットで調べながら、行き先を信州方面に絞る。朝起きた時点ではルートとなる高速道路上に混雑は見られなかったので、ライブカメラでの各地の路面状況をチェックしてイザ出発、関越道高崎JCT経由で上信越道佐久ICへと向かう。インターを降りたら昨年車山スキー場へ行ったままのルートで目的地へ向かう。国道142号線の白樺高原入り口のランプを左折して少し走ると、雪道になった。1201 往路は緩やかなのぼりのため、見通しの良い直線路でABSの動作確認。30,40,50km/hと確認しつつ上ってゆく。今期スタドレスを本気で導入しようと思っていたのだが、結局多忙で購入することなく4シーズン目に入ったオールシーズンタイヤで過ごすことたったため油断は禁物だ。ワダチの下も凍結なのか通常の路面なのか不明瞭のため慎重に上るが、蓼科牧場付近になると路面凍結&雪の量も多くなってきた。しかし目的地はもうすぐだ。白樺湖方面も湯の丸やアサマ2000同様に意外と近いことが分ったし、下道の距離が長い分、凍結路面走行のリスクは多くなるが旧な登坂路やヘアピンカーブは圧倒的に少ない。今回は初めて行く白樺高原国際スキー場。1203m じつは昨年車山高原に行った際に蓼科山中腹に存在しており気になっていたスキー場なのだ。コースレイアウトは縦長でクワッド、ペアリフト各1機とゴンドラ1機のみ、コースは大きく分けて、メインコース、ラビットコース、サラブレットコースの3つだ。全長1300m上級サラブレッドコースの最大斜度30度でスキー専用ゲレンデ。ちょうど湯の丸スキー場、東側ゲレンデのレイアウトに近い構成だが、あそこまで裾野広がりではなく、平行に3レーンと言う感じで、一番下もレストハウス前で合流するので、迷子になることも、まずない。客層は家族連れとヘルメットを被ったレーサー、スキー教室という構成で、オレのような中年おじさんのソロスキーヤーともクワッドやゴンドラでよく乗り合わせた。たぶん家族と別行動で滑っているだけだとは思うが…。1202m 最初はクワッド~ペア乗り継ぎのコースで数本滑ったが息も絶え絶え。4~5本滑って慣れてきたので、ゴンドラでサラブレッドコースにチャレンジ。雪質はこの地方らしいパウダーで、一部アイスバーンがあるが気持ちよくパラレルターンで滑れるがスピードの出しすぎには注意する必要がある。このコースを数度滑ってビジターセンターで少し休む。滑り始めて1時間半くらいだが、昼食を摂ると睡魔が襲ってきそうだったので、食事を摂らずに数本滑ったが足はむくみ息も上がってきたので上がることとする。 風も無く車内は暖かったのでダラダラと着替え、うたた寝から起きたら時刻は14時過ぎ。駐車場を後にして帰路につくが往路での凍結路はほぼ融解していた。翌日の朝の凍結はきっと少ないことだろう。帰りは佐久IC付近で遅めの昼食そばを食べ、釜飯を家族分購入してから帰路についた。

« 今年もスバルは安全にっ! | トップページ | みんな大好きで困ってしまうが… »

スキー&ゲレンデリポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/53683550

この記事へのトラックバック一覧です: 初滑りは信州方面!:

« 今年もスバルは安全にっ! | トップページ | みんな大好きで困ってしまうが… »