無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

やっぱクロスカウンターっしょ!

ブログネタ: 一度やってみたいアニメの必殺技は?参加数

肉を切らせて、骨を絶つ。相手の勢いまで反作用として自分のパンチに乗せ、破壊力倍増を狙った抜群の必殺技だっ!

真っ白な灰になるまで燃え尽きる…好きだったなぁ、「あしたのジョー」。あしたのために、その3に当たる極意…(その1は左ジャブ、その2は右ストレート)だったと思う。

上映中の実写版、ジャニーズ系の主役は置いておいて、伊勢谷さん演じる力石は見てみたいけど、なぜにあんパン一個と牛乳一本の丹下段平が香川照之??…レンタル待ちかなぁ。

原作連載時は小学生だったけど、講談社屋上では坊さんまで呼んで本当に力石徹の告別式が執り行われ、高校生、大学生等たくさんのファンが詰めかけたと、新聞に載ってたなぁ。

漫画は子供の物だけにあるのじゃないと、はじめて思った出来事だった。

拍手

2011年2月22日 (火)

車検を前に…涙っ

チッピング(石はね)が原因だと思う。

サイズが小さく深さも浅い状態ならリペアで修復できるのだが、メジャーをあてると60cm!…馴染みの購入先(個人経営の修理工場)の社長によるとここまで長いとリペアは無理で交換とのこと。Kiretu_01 週末以外は殆ど乗っていなかったことと、運転席からはターボバルジの陰になってしまい、見えない位置だ。デフロスターが直接当たる位置なので、朝の冷えた温度から直接熱風がかかり、ガラスの収縮と膨張の差も大きく、亀裂の進行が早かったのかも?

亀裂起点の拡大↓あわせガラスの外側のみで進行は止まっている。こればっかりは不可抗力で防ぎようがない。Kiretu_02 見積もりとって唖然!車両保険が効くらしいが、20年以上も入ってない。二輪を乗り始めた頃から、自分の車輌を事故で壊したときは自己責任でリスクを負う覚悟で転がすのが基本、というのがマイポリシーなので。まぁ、中古部品で費用圧縮というテをいつも使って凌いでいるのだが。今回はメーカー純正ではなく、社外品にて対応したので交換にかかった工数は同じなのだが、部品代は純正品に対しておよそ半額に圧縮できた。よく分からんが、エアーフィルターやオイルエレメントなんかがメーカー純正品よりDIY点の無名(自動車メーカー純正じゃない)ブランドの方が安いのと同じカラクリなんじゃないかな?視界用件等の法規がウルサイだろうと思われるフロントウィンドシールドにも社外品があるとは思わなかったが、実用上は支障ない。

免許を取って四半世紀(あと数年で30年)、30万キロ以上マイカーを乗り継いだ中でシールド交換1回は幸運なのかもしれない。会社の同僚は2~3年ごとに3回交換した者もいる。駐車中にぶつけられたドアのエクボの板金修理と一回上げちゃったバッテリー交換は次回車検時に先送りかなぁ。アライさんちの小径ステアリングホイールSTiシフトAssyなんかも魅力的だったのに、手痛い出費だった。

2011年2月11日 (金)

草津よいとこ 薬のいで湯っ!

湯の丸高原スキー場からの続き…。帰路は鹿沢方面へ下る。群馬県側の湯の丸牧場までの数キロは見通しが悪く勾配のキツイ下りカーブが続く。北斜面の日陰道なので残った雪も凍り始めている。対向車は勢い良く登坂してくるが、時々すれ違うのに狭い箇所もある。ここはローギアでエンブレをかけながら、カーブの手前は殆ど停止状態まで減速して慎重に下る(後続がいなくて良かった)。その後、鹿沢温泉を過ぎるとほぼ直線の緩やかな下りなので、3速と2速を交互に速度調整しながら田代のランプまで下る。国道144号まで出ると道に雪は無く、大笹を越えて万座鹿沢口へ~。ナビはもっと直進し大津のランプまで進めと指しているが、ここからは勝手知ったるなんとやらで、ステアリングを左に切って万座から草津へのバイパスルートを進む。ゼッケンを貼ったインプやヴィヴィオのラリー車数台とすれ違うが、何かイベントでもあったのかな?このルートは草津から万座方面へのバイパスルートとして整備され道幅も広く、適度なアップダウンがありハンドルを握っていて楽しい。反対車線の草津方面からなら、浅間の雄大な景色を楽しみながらクルーズ出来る。大津からの国道292号との合流点にあるセブンイレブンで酒類と明日の朝食を買い出して目指すは草津の温泉街へ~。1112 本日は会社の保養所に宿泊だ!ここ数年来ていなかったが、子供が学校に上がる前は、ほぼ毎年のように夏か冬には来ていた。

荷物を下ろして部屋に着き、暖房が効いてきたら、ついウトウト…寝過ごしてしまい時刻は19時前。女性陣は先に温泉につかり戻ってきたあとで、息子と地下の大浴場に入りに行く。湯冷めの心配もあり、結局、外出せずに店屋物にて夕食。ここのところ仕事がハードで疲れ気味のカミさんはゆっくり出来てホッとした様子。1103m翌朝5時に起きたら外は雪。本日も滑りたかった息子をカミさんが説得してスキーは中止に。オレは帰りの運転を考えると…どっちでも良かったので、もう一度床に入り寝る。7時起床でゆっくりと朝風呂につかり、朝食を摂って部屋の掃除を分担で行い、10時ジャストにチェックアウト。粉雪だったのでクルマに積もった15cmほどの雪は簡単に落ち、大通りまでは圧雪路だったが、それ以降は除雪も行き届いており、湯畑の駐車場へ~しばらく振りだったが、日曜の午前中ということで人出はかなりあった。お土産を買いつつ、ぐるっと廻り饅頭をほおばりつつ、足湯も楽しんだ。
1109 帰路は前橋市まで下道を走ったが、バイパスが出来ており2度もビックリした。一つ目は八ッ場ダム開通にまつわる迂回ルートで、146号の北側を走る道。ダムで水没する予定(だった?)方々のために用意された代替地も造成されており、新築の家も数件並んでいた。オレがスキーを始めた四半世紀前の頃から、反対運動の看板が国道沿いの目に付くところに掲げられていた。未だ決着の見えない地域の方々にとっては、複雑な心中をお察しいたします。

もう一つは、渋川インターの先から前橋市の国道17号までバイパスが開通していたことだ。いずれは国道50号から伸びてきた上武道路へと接続するのだと思うが、阪東橋の渋滞を嫌ってここ数年高速しか使っておらず、この数キロ間は浦島太郎状態だった。接続されれば、高架化も進んでおり信号も少なく、東京方面からの下り線は群馬の山々を望む観光道路になると思う。この後、前橋市内で遅めの昼食を摂った後、早めに自宅に向かった。スキーは初日の湯の丸のみであったが、温泉で疲れも癒え、楽しい一泊ドライブだった。

2011年2月 7日 (月)

信州湯ノ丸2011っ!

先週の土曜日は、湯の丸高原へ。本当は万座、嬬恋方面を狙っていたのだが天気予報とにらめっこで湯の丸に決定!子供たちも賛成と言うことで先週に続き、朝の関越道の混雑をよそに下道で藤岡ICまで行き、上信越道で長野方面へ。八風山トンネルを抜けても日が差しているので、先週よりは晴れの予感。スポット予報では、湯の丸スキー場の15時頃は雪なのだが…。湯の丸PAで休憩した後、お昼近くにスキー場に到着。1111 一番奥の第4駐車場に進み、着替えた後に3人で数本滑る。体調不良のカミさんはレストハウスにてテーブル番。このところ仕事がキツイらしく今回スキーはお休み。替わりに成長して自分のスキー用具一式がキツクなった娘が、カミさんの用具を借用。何とピッタリだ。スタートはちょうど12時。午後券で数本滑った後、そそくさと昼食へ。1108 オレはチョイ辛のスタミナ丼と皆でツツク野沢菜、娘は醤油ラーメン、カミさんと息子はカツカレー(写真忘れた)。その後5~6本、午前のコースとあわせて、東側の全コース全てを制覇する。娘がヘタレて来たのでレストハウスへ。テーブルに根を張ってしまったカミさんのところでホットドリンクを飲むと言う。息子もそれに乗っちまったので、自分ひとりで第一ゲレンデへ~。

このコースへ最後に来たのは20代だから、約20年振り位の滑走だ!
1102 雪質もバッチリ、ゲレンデの両脇にはポールがセットされ、別々のチームが練習していた。短いバーンなので5~6本滑って家族の待つレストハウスへ。終日曇り+薄日が差す程度だったのでたくさん滑った。後、宿泊先である草津温泉に向かった。

To be continued...

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »